2021年5月31日 (月)

TSUTAYAでDVD5枚

練馬のTSUTAYAでDVD5枚(日本映画×3、外国映画×2)をレンタル。
日本映画は
みをつくし料理帖
約束のネバーランド
佐々木、イン、マイマイン
外国映画は
ヒトラーに盗られたうさぎ
シェイクスピアの庭

『みをつくし料理帖』は、角川春樹監督作品。テレビドラマでの黒木華のイメージが良かったので、こちらの松本穂香さんはどうでしょう。>きちんと作っているとは思いますが、残念ながらテレビを超える何かはありませんでした。女優陣にも見せ場あったのですが、ここぞという輝きは感じられませんでした。
『約束のネバーランド』は、浜辺美波さんが主人公の少女。過去未来的なSFファンタジーをどう映像化しているかが心配なところ。>ほとんど評価されていない作品ですが、原作コミックもアニメも知らない身としては違和感もなく楽しめました。設定そのものはひどい話なのですが、ウェットにならずに子供っぽくしたのは正解でしょう。浜辺さんがあまり感情を表現せずに演技をして、少女というより少年のようでテレビなどよりもいい味を出していました。ラストの一騎打ちは時代劇じみてやり過ぎでしたが北川景子さんもうまくはまっていました。
『佐々木、イン、マイマイン』は、よくわかりませんが、普通に青春している作品かと期待しています。>つい思い出してしまう高校時代のお調子者。現在と記憶を往復しながら、佐々木コールへと収斂する。というとかっこいいが、グダグダしすぎて困ってしまいます。
『ヒトラーに盗られたうさぎ』は、関係ないけど『ジョジョ・ラビット』をタイトルだけで思わせます。ヒトラーとウサギの2題話。>ヒトラー政権成立直前に危険を察知してドイツを離れたユダヤ人一家の物語。ドイツからチューリッヒ、パリ、ロンドンへと亡命。といっても小さな少女の眼からは政治的というより親の都合による見知らぬ地への引っ越し。ドイツ国内に残った親せきや知人に迫害が及んだとの情報はあるものの、一家に切迫感はない。その辺、やや知識人階級のいやらしさも垣間見えるあたりも面白いところ。
『シェイクスピアの庭』は、コスチュームと庭園風景が楽しめればOKかと。>ま、そういう映画でした。ストーリーは淡々と進み、あるのは心のさざ波ぐらい。当人にとっては深刻でも、ほかから見ればおだやかな人生。それもまたよし。

本当はもっと借りたい日本映画がいくつかあったのだけど、
どれも貸し出し中だったり取り扱いがない作品。
外国映画は無理やりの選択です。
このところ在庫がすっかり減ってしまいました。
しらべたところ近辺の店舗にもない様子。
いやそもそも店舗自体が減少しています。
もはや店舗でレンタルする時代ではないのかも。
ほかの選択肢を検討すべきなのかもしれません。


| | コメント (0)

2021年5月23日 (日)

川口図書館でDVD3枚と1冊

川口駅前の図書館で外国映画のDVD3枚
ショコラ
潜水服は蝶の夢を見る
黄金のアデーレ 名画の帰還
感動の実話が2作。押しつけがましくなければいいのですが。
ファンタジーの『ショコラ』が『バベットの晩餐会』みたいならいちばんの期待作です。

また開架図書からは
グローバル・ヒストリーとしての独仏戦争: ビスマルク外交を海から捉えなおす
蔵書で参考文献として挙がっていたのは
ドイツ史10講」「清朝と近代世界―19世紀

 

| | コメント (0)

2021年5月11日 (火)

TSUTAYAで5本、BOOKOFFで1冊

練馬のTSUTAYAでDVDを5枚レンタル。
サイレント・トーキョー
罪の声
望み
さくら
はちどり
日本映画はサスペンスばかりです。
『サイレント・トーキョー』は、面白かったこともない劇場犯罪サスペンスですが、ひたすら石田さんと広瀬さんのために。>たとえば“相棒”の1話だったら許されるでしょうが、映画として成立しているのかと言えばそんなことはありません。石田さんにあれだけの犯罪を起こす説得的な意思も能力も犯罪全体を構想する工夫も感じられませんでした。広瀬さんもバカなお嬢さん以上の何かがあったでしょうか。残念です。
『罪の声』は、私の不得意なまっとうなサスペンス。なんせメインは男ばかり。心配です。>しっかりと作られてます。最後までよどみなく観ることが出来ました。星野源のキャラクターのなせる業でしょう。ただし、ストーリーが面白いかと言えばまた別。もうひとつ“声”の悲惨な家族についてはあれで良かったのでしょうか。あの少年の心がめちゃくちゃになっていないのが奇跡的なぐらい。ラストも尻切れトンボというか、結局何の映画だったんでしょうという感じです。
『望み』は、流行の家族&犯罪映画。嫌な気分になりそうで怖い。>こちらもちゃんと作られているサスペンス。事件そのものは嫌な気分にさせられるし、マスコミやSNSの扱いはいつも通りの皮相的なものだけど、救いは主要な登場人物にイヤな人間がいないこと。それにしても、死んでからいい息子だとわかっても親としてはツラいだけだと思うです。
『さくら』も家族映画だけど、いつも気になる作品を作り続ける矢崎監督のこと、今作も相当な変化球らしい。期待以上の小松さんに期待しましょう。>そうとうマイナス要素の多い作品です。兄を愛する妹の物語と思えば矢崎監督の傑作『三月のライオン』を想起させるのですが、あのヒリヒリするような映像には遠く及びません。そのなかで兄が不幸になればなるほど生き生きしてくる妹を演じる小松さんは素敵でした。兄の恋人も、弟の恋人(彼女の部屋が最高です)もへんてこなキャラで楽しめました。ただし、話はめちゃくちゃ。兄の死に相当の責任があるはずの妹も含め、幸せそうに終わっているのが不思議です。で、タイトルのさくらはどこへ行ったでしょう。
『はちどり』は、少女の生き難さを描いた韓国映画。どこまで感情移入できるかが決め手でしょう。>女の子の表情が、そしてそれをとらえる映像が素晴らしい。岩井俊二の作品を思い出しました。彼女のまわりのくそったれな父親、兄、教師、塾、ボーイフレンド、すべてが彼女を孤独にしていく。唯一彼女が心を開くことのできた漢文塾の女性講師も理不尽な事故で死んでしまう。でも嫌なことをされたら立ち向かわなくちゃだめだという教えを胸に彼女は生き続けていくに違いない。ただ修学旅行(?)に向かうラストは、年代は違うけれど、2014年の海難事故を連想させて悲しくなりました。

ついでに寄った階下のBOOKOFFで1冊購入。
通過儀礼
Vangennep_lesritesdepassage
いま読み通す体力はないでしょうが、
古書店の棚でいつも探していた文化人類学の古典。
ここで出会うとはラッキーでした。
蔵書のうち解説の本文や参考文献にあったのは
金枝篇」「古代社会」「生と再生

| | コメント (0)

2021年5月 4日 (火)

川口図書館でDVD3枚、新書1冊

立ち寄った川口駅前の図書館でDVD3枚と新書1冊を借り出しました。
DVDは
日の名残り
ムーラン・ルージュ
ロスト・イン・トランスレーション
と、外国映画3本。
見逃してる名作だからと期待して観ると意外とピンと来ないことが多かったりします。
見逃してるにはそれなりの理由があるということでしょう。
今回の3作はどうでしょう。

せっかく図書館に来たからついでに新書を1冊。
みんなの民俗学
蔵書のうち参考文献(読書案内)に挙がっていたのは
民俗学への招待」「南方熊楠コレクション」「霊柩車の誕生
共同幻想論」「コーヒー・ハウス
コーヒーが廻り世界史が廻る

 

| | コメント (0)

2021年4月21日 (水)

TSUTAYAで5枚

徹夜明けに練馬のTSUTAYAに寄って
新作DVD5枚をレンタルしました。
日本映画は4本
生きちゃった
人数の町
恋恋豆花
きみの瞳が問いかけている
外国映画は1本
ペイン・アンド・グローリー

日本映画は当たりはずれの大きそうな4本。
『生きちゃった』は、はやりの家族もの。大島さんが見所なのでしょうか。>間違いなく大島さんだけが見所。子役をのぞけばあとはゴミです。男たちは誰も思ってること言わないのがエライと思ってるイヤな映画です。言いたくても言えないとごまかしているだけです。不倫でセックスしてもデリヘルしても脱がない大島さんはつわものです。彼女だけが生きていました。
『人数の町』は、ディストピアものだそうですから気になります。それに、はずれがなかった石橋さん出演ですから。>予想外に悪くない。動員された投票、やらせの繁盛店、フェイクニュースのテロ、でっち上げの社会運動、新薬の治験の人数合わせ。それでも多くの人は何事もなかったように生きている。私たちはそんな社会に生きていると言いたいのでしょう。そこまではいいのだけれど、映画としてハッとするような描写があったかというと、それはまた別物。平凡な絵解きに終わっちゃつまりません。ところで、石橋さんいつ妊娠するようなことした?時間経過が分かりませんでした。
『恋恋豆花』は、モトーラ世理奈さんのPVみたいだそうですが、今関監督ですからそれならそれで楽しめるかも。>観光&PVにしてはつまらないドラマが長すぎました。クソみたいな父親がわけわかりません。もっと短くしてPVに徹すればよかったのに残念。
『きみの瞳が問いかけている』は、韓国映画リメイクの難病もの。吉高さん主演だからそれだけが頼り。今回ではいちばんの不安作。>不安的中しました。辛うじて標準ラインの吉高さんですが、それも空回り。こちらもしゃべらないのがエライというヤツばかり。選択を誤った。
『ペイン・アンド・グローリー』は、アルモドバル監督の自伝的映画。『アマルコルド』みたいなわけないか。>ボーイソプラノで認められたり、洞窟の家で職人に勉強を教えたり、やさしい母親との子供の頃の思い出と、主演俳優と喧嘩をしながらの新作構想。それらが混然となって現れる。原色で彩られたお喋りの世界はさすがアルモドバルでした。

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

TSUTAYAで5作

練馬のTSUTAYAで新作DVDを5作レンタルしました。
日本映画4本
浅田家!
映画『映像研には手を出すな! 』
朝が来る
喜劇 愛妻物語
外国映画1本
ポルトガル、夏の終わり

『映像研~』以外は評価の高い日本映画が揃っています。期待大です。
『浅田家!』は、震災物と言ってしまえばそれまでですが。多彩な助演陣が見所でしょう。>いい話で海岸の家族写真には泣かせてもらいましたが。突き抜けてくるものは感じませんでした。
『映画『映像研には手を出すな! 』』は、アニメ版もドラマ版も大いに楽しんだので当然期待します。>ちょっと期待し過ぎました。ドラマ版で良かったかかも。とはいえ、文化祭が迫ってからは引き込まれました。齋藤さんにはワンアンドオンリーのキャラになる気がします。
『朝が来る』は、河瀨監督作品。永作さんと蒔田さんの出会いに。>臨海の高層マンションに住む夫婦の物語と中学生で妊娠し子供を手放さなければならなかった少女の物語。現実はどうあれ、私は少女の物語に加担します。そんなことは百も承知で、それは新聞販売店の主人が泣きながら心配しているからという程度のことだと河瀨監督は言いたいのでしょう。ヤクザがお前がバカだからだというのも、同じことなのかもしれません。夫妻が奇跡のようにいい人だったとしても、少女の痛みが癒えるわけではありません。そして映画全体にすべてを女性に帰している点も気がかりなところです。父親の存在が希薄です。それでも、そんなマイナスをすべて乗り越えてこの映画はいい映画に違いありません。ラストに至って、たとえ見せかけだとしても朝は来ると思えてきますから。永作さん蒔田さんの素晴しさは予想を超えていました。
『喜劇 愛妻物語』は、ドタバタだと不安もありますが、水川あさみさんの評判がいいみたいで楽しみです。>わが身を振り返り、妻の怒りはマジで突き刺さります。そういう映画です。うまく作ってはいますが、それ以上ではありませんでした。『浅田家!』と並べて観ると、夫のキャラは作り過ぎだったような。
『ポルトガル、夏の終わり』は、イザベル・ユペールが往年の大女優役で主演。なんか『真実』を思わせます。>ストーリーは特段の見せ場もなく淡々と流れますが、景色はきれいですし、建物も味がありました。それだけでもゆったりした気分になれます。

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

川口図書館でDVD3枚

川口駅前の市立図書館でDVDを3枚借りました。
すべて外国映画で
ミラーズ・クロッシング
花様年華
恋におちたシェイクスピア
なかなかいいラインアップだと思います。
まだしばらくは図書館所蔵のDVDで見逃していた外国映画を楽しめそうです。

| | コメント (0)

2021年2月27日 (土)

川口図書館で外国映画×3本、新書1冊

久しぶりに川口図書館からDVD3本と新書1冊を借りました。
DVDは
ジョニーは戦場へ行った
シザーハンズ
セント・オブ・ウーマン/夢の香り
と重苦しい名作ばかり。いささか不安でもあります。

新書は「世界哲学史 別巻 ―未来をひらく
シリーズの締めくくり。
蔵書で参考文献に挙がっていたのは
オリエンタリズム」「王の二つの身体」「中世の秋
と、2章「辺境から見た世界哲学」で取り上げられた3冊だけ。
どうやら哲学から遠く離れた辺境にいるようです。

| | コメント (0)

2021年2月24日 (水)

第63回ブルーリボン賞

第63回ブルーリボン賞が発表されました。

作品賞:『Fukushima50』
監督賞:中野量太『浅田家!』
主演男優賞:草彅 剛『ミッドナイトスワン』
主演女優賞:長澤まさみ『MOTHER マザー』
           『コンフィデンスマンJP プリンセス編』
助演男優賞:成田 凌『窮鼠はチーズの夢を見る』『糸』
          『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』
助演女優賞:伊藤沙莉『劇場』『十二単衣を着た悪魔』
          『ホテルローヤル』
新人賞:奥平大兼『MOTHER マザー』
外国作品賞:『パラサイト 半地下の家族』

私が観ているのは『糸』と『パラサイト』だけ。
今年の映画賞はみごとに分かれてますね。
日本アカデミー賞はどうなりますやら。

| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

TSUTAYAで5作

練馬のTSUTAYAで新作5本を借りました。
のぼる小寺さん

宇宙でいちばんあかるい屋根
君が世界のはじまり
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
日本映画はなかなか期待できる4本ではないかと思います。

『のぼる小寺さん』は、古厩作品は10年ぶりです。軽やかな作品ならいいのですが。>映像も設定も出演者もいいはずなのですが。なかなか乗り切れませんでした。それはひとえに主役の男の子のキャラクター。彼がウジウジしている様がひたすら私をイラつかせました。まぶしい彼女の存在をボーっと見ている。そんなの当たり前です。ウジウジしている主人公が嫌いなわけではなく、友達が理不尽に殴られていても黙ってみていて「大丈夫?」と声をかけるようなやり方にです。見ているだけなら声を掛けなきゃいい。そう、誰もが勇敢に悪に立ち向かえるわけはないのだから。しかも、明らかに大丈夫じゃない人に「大丈夫?」って。だからラストも「あなたのこと見ている暇はないわ」と彼女に言わせて欲しかった。それだって彼にとっては素敵なことに違いないのだから。だって彼は「のぼる小寺さん」がだいすきなのだから。惜しい。
『糸』は、ヒット曲をもとにした通年恋愛物語。『ハナミズキ』を思わせます。小松さん、山本さん、二階堂さん、榮倉さんと豪華な出演陣に期待もあれば不安もあります。>児童虐待、家庭内暴力からはじまってエスカレーターのような怒涛の人生を送る小松さん。でも、ひと回りして美瑛に戻る。いやシンガポールで再起した方がいいんじゃねえ?もちろんあんな人生で擦り減らずに生きていくのは大変に決まっているけれど、あれよあれよの展開で調子よくみえてしまう。映画としての深みも何もあったものではありません。良かったのは榮倉さん。彼女の笑顔は悲しそうで本当に素敵です。
『宇宙でいちばんあかるい屋根』は、藤井監督やや理に落ち過ぎないかと心配しますが、清原さんに期待です。>桃井さんと清原さんだけは観る価値はありましたが、たとえば堀北さんの『アルゼンチンババア』みたいなものを期待した私には残念な作品でした。やはり藤井監督には映画的な飛躍が足りない気がしてなりません。
『君が世界のはじまり』は、よくわかりませんが、私の好きそうな女性監督で青春グチャグチャものでしょうか。いちばん期待してます。>そう、これが私にとっての映画というものです。ストーリーだけ追えばバカみたいかもしれませんが、たとえば、部室の窓から見える景色や朝焼けのガスタンクやショッピングモールのエスカレーターやひとつひとつの映像が印象的です。松本穂香さんが最高です。
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、8作観ておいていまさら観ないという選択はないでしょう。>ま、壮大な駄作と言いましょう。登場人物誰一人に感情移入も出来ず、驚くような映像もない。見たことのあるようなスターウォーズの偽物みたいです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧