2018年1月17日 (水)

毎日映画コンクール発表

毎日映画コンクール 第72回(2017年)

第72回 日本映画大賞
『花筐/HANAGATAMI』監督大林宣彦

日本映画優秀賞『あゝ、荒野』岸 善幸監督
外国映画ベストワン賞『わたしは、ダニエル・ブレイク』ケン・ローチ監督
監督賞 富田克也『バンコクナイツ』
脚本賞 石井裕也『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
男優主演賞 菅田将暉『あゝ、荒野』
女優主演賞 長澤まさみ『散歩する侵略者
男優助演賞 役所広司『三度目の殺人
女優助演賞 田中麗奈『幼な子われらに生まれ
スポニチグランプリ新人賞 高杉真宙『散歩する侵略者』
      伊東 蒼『島々清しゃ
田中絹代賞 水野久美
撮影賞 鎌苅洋一『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
美術賞 竹内 公一『花筐/HANAGATAMI』
音楽賞 Soi48(宇都木景一、高木紳介)・Young-G 他『バンコクナイツ』
録音賞 加藤 大和、高須賀 健吾『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
ドキュメンタリー映画賞 『三里塚のイカロス』代島治彦監督
アニメーション映画賞 『こんぷれっくす×コンプレックス』ふくだみゆき監督
大藤信郎賞 『夜明け告げるルーのうた』湯浅政明監督
TSUTAYA×Filmarks映画ファン賞
日本映画部門 『忍びの国』中村義洋監督
外国映画部門 『ラ・ラ・ランド』デイミアン・チャゼル監督
特別賞 佐藤忠男(映画評論家)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

発表!キネ旬ベストテン

キネマ旬報のベストテンが発表になりました。

≪日本映画ベスト・テン≫
第1位 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
第2位 花筐/HANAGATAMI
第3位 あゝ、荒野(前篇) /あゝ、荒野(後篇)
第4位 幼な子われらに生まれ
第5位 散歩する侵略者
第6位 バンコクナイツ
第7位 彼女の人生は間違いじゃない
第8位 三度目の殺人
第9位 彼女がその名を知らない鳥たち
第10位 彼らが本気で編むときは、

≪外国映画ベスト・テン≫
第1位 わたしは、ダニエル・ブレイク
第2位 パターソン
第3位 マンチェスター・バイ・ザ・シー
第4位 ダンケルク
第5位 立ち去った女
第6位 沈黙-サイレンス-
第7位 希望のかなた
第8位 ドリーム
第9位 ムーンライト
第10位 ラ・ラ・ランド

≪個人賞≫
◎主演女優賞
蒼井優『彼女がその名を知らない鳥たち』
◎主演男優賞
菅田将暉『あゝ、荒野(前篇)』『あゝ、荒野(後篇)』
『火花』『帝一の國』『キセキ ーあの日のソビトー
◎助演女優賞
田中麗奈『幼な子われらに生まれ』
◎助演男優賞
ヤン・イクチュン『あゝ、荒野(前篇)』『あゝ、荒野(後篇)』
◎新人女優賞
石橋静河『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
PARKS パークス』『密使と番人』
◎新人男優賞
山田涼介『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『鋼の錬金術師』
◎監督賞
大林宣彦『花筐/HANAGATAMI』
◎脚本賞
石井裕也『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
◎外国映画監督賞
ケン・ローチ『わたしは、ダニエル・ブレイク』

≪文化映画ベスト・テン≫
第1位 人生フルーツ
第2位 標的の島 風(かじ)かたか
第3位 やさしくなあに ~奈緒ちゃんと家族の35年~
第4位 ウォーナーの謎のリスト
第5位 谺雄二 ハンセン病とともに生きる 熊笹の尾根の生涯
第6位 沈黙 立ち上がる慰安婦
第7位 米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー
第8位 笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ
第9位 まなぶ 通信制中学60年の空白を越えて
第10位 廻り神楽

2017年はこれという1本が見当たらない一年のようでした。日本映画のうち3本(1,3,10位)しか観ていませんが、ベストテンの1~10位どれもが入れ替え可能な気がします。未見の作品では、『バンコクナイツ』以外は観るつもり。
外国映画のうち観てるのは2本(3、10位)。情報不足でなかなか作品の選択が難しいですが、未見のなかでは『パターソン』と『希望のかなた』は観ようかなと思います。
個人賞は、若手中心に予想の範囲内でしょう。

ちなみに、私のベストテンではいまのところ『君の膵臓をたべたい』と『PARKS』がトップを争っています。どちらもキネ旬には縁はないですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

TSUTAYAで5枚

石神井のTSUTAYAで5枚。
恋妻家宮本
君の膵臓をたべたい
ジュリエッタ
たかが世界の終わり
ラ・ラ・ランド
日本映画が2枚で外国映画が3枚です。
日本映画をもっと借りたかったのですが、アニメ、マンガ、ラノベ原作物、アクション物に食指が動かないとなると選択肢が狭まります。かといって外国映画も情報が少なく、見逃していた一昨年のアルモドバルから1作を追加して5枚にしました。うーんベストテン選べるのだろうか。

『恋妻家宮本』は、見どころをつかみまねていますが、脱力系ラブストーリーなのでしょうか。おなじみの女優さんがけっこう出ているので楽しみです。
『君の膵臓を食べたい』は、今回いちばんの期待作です。少年少女の青春がビビッドに描けていればいいのですが。>主演の女の子がいいじゃないですか。あのキラキラした甘い声質は最大の武器です。負けました。ストーリーには、北川さんの扱いなどもろもろクエッションはありますが、それを補って余りあります。男の子もナチュラルで悪くありません。映像的には、ハイキーな感じは岩井さんの影響も感じられますが、少女の美しくさがうまく出ていました。
『ジュリエッタ』は、アルモドバルですからたとえはずしても見所はあるはずです。
『たかが世界の終わり』は、内容はよく知りませんがタイトルに魅せられました。
『ラ・ラ・ランド』は、もはや忘れ去られようとしている昨年もてはやされたアカデミー賞候補作です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

レンタル落ち

閉店となったレンタルショップがセールを行っていたのですが、ちょうど私が不在だったので妻に頼んで処分品をいくつかゲットしてもらいました。
いくつかリストアップしていたのですが、すごい行列でなかなか手に入らなかったということでした(そもそも処分の対象じゃなかったものもあるようでした)。
で、入手できたのが『さらば青春の光』『ある日どこかで』『プルートで朝食を』の3本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

第72回毎日映画コンクールノミネート発表

気が付きませんでしたが、第72回毎日映画コンクールのノミネートが発表されてました。

◆作品部門
 <日本映画大賞、日本映画優秀賞>「あゝ、荒野」「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」「幼な子われらに生まれ」「花筐/HANAGATAMI」「バンコクナイツ」
 
 <外国映画ベストワン賞>立ち去った女▽ダンケルク▽沈黙-サイレンス-▽パターソン▽マンチェスター・バイ・ザ・シー▽わたしは、ダニエル・ブレイク

 ◆俳優部門
 <男優主演賞>浅野忠信「幼な子われらに生まれ」▽生田斗真「彼らが本気で編むときは、」▽池松壮亮「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」▽菅田将暉「あゝ、荒野」▽ヤン・イクチュン「同」

 <女優主演賞>蒼井優「彼女がその名を知らない鳥たち」▽瀧内公美「彼女の人生は間違いじゃない」▽長澤まさみ「散歩する侵略者」▽水原希子「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」▽満島ひかり「海辺の生と死」

 <男優助演賞>西田敏行「アウトレイジ 最終章」▽松坂桃李「彼女がその名を知らない鳥たち」▽役所広司「三度目の殺人」▽ヤン・イクチュン「あゝ、荒野」▽ユースケ・サンタマリア「同」

 <女優助演賞>木下あかり「同」▽木村文乃「火花」▽田中麗奈「幼な子われらに生まれ」▽筒井真理子「アンチポルノ」▽橋本愛「美しい星」▽広瀬すず「三度目の殺人」

 <スポニチグランプリ新人賞・男優>川谷修士「火花」▽寛一郎「心が叫びたがってるんだ。」▽北村匠海「君の膵臓をたべたい」▽高杉真宙「散歩する侵略者」▽竹内涼真「帝一の國」

 <同・女優>石橋静河「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」▽伊東蒼「島々清しゃ」▽木下あかり「あゝ、荒野」▽清原果耶「3月のライオン」▽瀧内公美「彼女の人生は間違いじゃない」▽浜辺美波「君の膵臓をたべたい」

 <田中絹代賞>樹木希林▽白川和子▽寺島しのぶ▽風吹ジュン▽水野久美

 ◆スタッフ部門
 <監督賞>石井裕也「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」▽大林宣彦「花筐/HANAGATAMI」▽荻上直子「彼らが本気で編むときは、」▽岸善幸「あゝ、荒野」▽富田克也「バンコクナイツ」▽三島有紀子「幼な子われらに生まれ」

 <脚本賞>荒井晴彦「同」▽石井裕也「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」▽入江悠「ビジランテ」▽是枝裕和「三度目の殺人」▽港岳彦、岸善幸「あゝ、荒野」▽山田洋次、平松恵美子「家族はつらいよ2」

 <撮影賞>芦澤明子「散歩する侵略者」▽鎌苅洋一「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」▽滝本幹也「三度目の殺人」▽夏海光造「あゝ、荒野」▽ピオトル・ニエミイスキ「愚行録」

 <美術賞>倉田智子「花戦さ」▽竹内公一「花筐/HANAGATAMI」▽種田陽平「三度目の殺人」▽原田哲男「関ヶ原」▽松塚隆史「ビジランテ」

 <音楽賞>ジェフ・ミルズ「光」(大森立嗣監督)▽鈴木慶一「アウトレイジ 最終章」▽スラチャイ・ジャンティマトン他「バンコクナイツ」▽林祐介「散歩する侵略者」▽ルドビコ・エイナウディ「三度目の殺人」▽渡辺崇「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」

 <録音賞>加藤大和、高須賀健吾「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」▽久連石由文「愚行録」▽森英司「あゝ、荒野」▽矢野正人「関ヶ原」▽ロマン・ディムニ「光」(河瀬直美監督)▽渡辺真司「散歩する侵略者」

 ◆アニメーション部門
 <アニメーション映画賞・大藤信郎賞>AEON▽怪物学抄▽癇癪だま▽観戦▽傷物語<3 冷血篇>▽きみの声をとどけたい▽げんばのじょう-玄蕃之丞-▽こんぷれっくす×コンプレックス▽Cで失神▽地獄めたもる▽染色体の恋人▽大丈夫だよ▽ひるね姫~知らないワタシの物語~▽BLAME!▽Helpless void▽松が枝を結び▽闇の絵巻▽YUMTOPIA▽夜明け告げるルーのうた

 ◆ドキュメンタリー部門
 <ドキュメンタリー映画賞>抗い 記録作家 林えいだい▽おクジラさま ふたつの正義の物語▽三里塚のイカロス▽ニッポン国VS泉南石綿村▽夜間もやってる保育園▽やさしくなあに~奈緒ちゃんと家族の35年~


◆TSUTAYA×フィルマークス映画ファン賞 中間集計

日本映画部門
 (1)忍びの国
 (2)ナラタージュ
 (3)あゝ、荒野
 (4)ラストレシピ 麒麟の舌の記憶
 (4)彼らが本気で編むときは、
 (6)亜人
 (7)帝一の國
 (8)映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
 (8)無限の住人
(10)君の膵臓をたべたい
(10)劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール
(10)こどもつかい

外国映画部門
(1)ラ・ラ・ランド
(2)ベイビー・ドライバー
(3)ダンケルク
(4)ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
(5)美女と野獣
(6)ブレードランナー 2049
(7)マンチェスター・バイ・ザ・シー
(8)LOGAN ローガン
(8)メッセージ
(8)ドリーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

外国映画2本

レンタルショップ閉店で半額セール(?)。
邦画新作に目ぼしいものがなく、外国映画から2本。
残像
マンチェスター・バイ・ザ・シー

閉店後、在庫処分セールがあるというので何があるかチェックしてみました。
気になっていたタルコフスキーやアンゲロプロスは棚から消えていました。
ビクトル・エリセかヘルツォークがあったのですが入手できるでしょうか。
邦画の方では、そもそも私の好きな古い作品はあまり在庫がなかったので、チェックしていません。
ま、値段と相談ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞決定

日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞が決定しました

石原裕次郎新人賞 竹内涼真『帝一の國
石原裕次郎賞『アウトレイジ 最終章』
主演男優賞 菅田将暉『あゝ、荒野』『キセキ ーあの日のソビトー』『帝一の國』『火花』
主演女優賞 蒼井 優『彼女がその名を知らない鳥たち』『アズミ・ハルコは行方不明
助演男優賞 役所広司『三度目の殺人』『関ヶ原
助演女優賞 尾野真千子『ナミヤ雑貨店の奇蹟
新人賞 浜辺美波『君の膵臓をたべたい
監督賞 石井裕也『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
作品賞『あゝ、荒野』
外国作品賞『ダンケルク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

発表!第42回報知映画賞

報知映画賞の各賞が発表になりました。

▼作品賞・邦画部門『あゝ、荒野』(岸 善幸監督)
▼作品賞・海外部門『美女と野獣』(ビル・コンドン監督)
▼主演男優賞 菅田将暉『キセキ―あの日のソビト―』『帝一の國』『あゝ、荒野』『火花』
▼主演女優賞 蒼井 優『彼女がその名を知らない鳥たち』
▼助演男優賞 役所広司『関ヶ原』『三度目の殺人』
▼助演女優賞 田中麗奈『幼な子われらに生まれ』
▼監督賞 三島有紀子監督『幼な子われらに生まれ』
▼新人賞 北村匠海『君の膵臓をたべたい』
▼新人賞 浜辺美波『君の膵臓をたべたい』
▼特別賞 『Ryuichi Sakamoto:CODA』(スティーブン・ノムラ・シブル監督)
▼特別賞 『アウトレイジ』3部作(北野武監督)

各賞がばらけた感じです。
それだけ頭抜けた作品がなかったということでしょう。
『愚行録』はありませんでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

日刊スポーツ映画大賞ノミネート決定

第30回日刊スポーツ映画大賞ノミネートが決定しました。

作品賞ノミネート
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』監督:石井裕也、主演:池松壮亮
あゝ、荒野』監督:岸 善幸、主演:菅田将暉
『彼女がその名を知らない鳥たち』監督:白石和弥、主演:蒼井 優
『三度目の殺人』監督:是枝裕和、主演:福山雅治
君の膵臓をたべたい』監督:月川 翔、主演:浜辺美波

監督賞ノミネート
岸 善幸『あゝ、荒野』
白石和弥『彼女がその名を知らない鳥たち』
石井裕也『夜空はいつでも最高密度の青色だ』
荻上直子『彼らが本気で編むときは、
降旗康男『追憶

主演男優賞ノミネート
小栗 旬『銀魂
池松壮亮『夜空はいつでも最高密度の青色だ』
生田斗真『彼らが本気で編むときは、』
福山雅治『三度目の殺人』
菅田将暉『あゝ、荒野』『キセキ ーあの日のソビトー』『帝一の國』『火花』

主演女優賞ノミネート
広瀬すず『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~
新垣結衣『ミックス。』
有村架純『ナラタージュ』
浜辺美波『君の膵臓をたべたい』
蒼井 優『彼女がその名を知らない鳥たち』『アズミ・ハルコは行方不明

助演男優賞ノミネート
ヤン・イクチュン『あゝ、荒野』
ユースケ・サンタマリア『あゝ、荒野』
役所広司『三度目の殺人』『関ヶ原』
松坂桃李『彼女がその名を知らない鳥たち』『ユリゴコロ』
綾野 剛『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』『亜人』

助演女優賞ノミネート
小池栄子『彼らが本気で編むときは、』『ちょっと今から仕事やめてくる』『パーフェクト・レボリューション』
尾野真千子『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
広瀬すず『三度目の殺人』
草刈民代『月と雷』
黒木 華『ちょっと今から仕事やめてくる』『海辺のリア』『海賊とよばれた男

新人賞ノミネート
橋本環奈『銀魂』『斉木楠雄のΨ(サイ)難』
浜辺美波『君の膵臓をたべたい』
石橋静河『夜空はいつでも最高密度の青色だ』
北村匠海『君の膵臓をたべたい』
木下あかり『あゝ、荒野』

石原裕次郎賞ノミネート
『あゝ、荒野』監督:岸 善幸、主演:菅田将暉
『アウトレイジ 最終章』監督:北野 武、主演:ビートたけし
『エルネスト』監督:阪本順治、主演:オダギリジョー
『帝一の國』監督:永井 聡、主演:菅田将暉
『追憶』監督:降旗康男、主演:岡田准一

外国作品賞ノミネート
ダンケルク』監督:クリストファー・ノーラン
『ドリーム』監督:セオドア・メルフィ
ラ・ラ・ランド』監督:デイミアン・チャゼル
ムーンライト』監督:バリー・ジェンキンス
美女と野獣』監督:ビル・コンドン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

新作4本

そろそろ今年を振り返る12月も近づいているので、全然見ていなかった今年の作品を観ていこうと思います。
というわけで新作4本。といっても1本は昨年の作品です。
溺れるナイフ
追憶
ホワイトリリー
T2 トレインスポッティング
本当は『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』にしたかったのですが、借り出し中でやむなく外国映画も入れました。

『溺れるナイフ』は、期待の女の子専門山戸監督作品。なぜか今頃新作棚に並んでいましたが、今年前半にはDVD化されていたはず。不思議です>時々展開が滞っているように思えるのですが、最初っからぶっ飛びぶりを全開にしている二人は悪くありません。そのほかのキャラがいい加減でもいいんです。大事なのはふたりだけなんだから。もちろん私にとってはヒロインだけですけどね。ブラックな白石さんももちろん悪くないのですがしょせん添え物です。期待を超えることはありませんでしたが、裏切りはしませんでした。
『追憶』は降旗監督、木村撮影ですから往年の大作ばりの重厚な作品なのでしょう。キャストを見ても文句なし。問題は面白いかどうかです。>いや、凡作になるのではと心配していたんですが、映像といいストーリーといい演技といい、水準以上の出来です。日本映画の良心のような作品です。ただ、それが私が感動する作品かというとそんなことはありませんけれどね。それは私の趣味の問題です。
『ホワイトリリー』は、ロマンポルノ復活シリーズ5作目です。中田監督ですから、いちばんロマンポルノらしい作品になっているはずです。>そうそう。これがロマンポルノです。エロです。わかっていらっしゃいます。ふたりの関係が師弟だったり、恋人だったり、被虐と嗜虐だったり、その裏返しだったり、保護する側と保護される側だったり、観る側観られる側だったりと入れ替わるあたりをもう少しクリアにすればもっと刺激的になったのかもしれません。
『T2 トレインスポッティング』は、何をいまさらの続編。よくぞキャストが集まったものです。>まさしく20年目の続編。映像のひとつ一つに『トレインスポッティング』がにじみ出ます。役立たずのわが身をふり返るとスパッドだけに共感できるのも当然でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ほん | テレビ | ニュース | 外国映画 | 子育て | 日本映画 | 選挙 | 雑感 | 音楽