2020年9月29日 (火)

10月の気になる新刊(新書・文庫・選書)

10月新刊から気になる新書・文庫・選書を蔵書とリンクさせて紹介します。

◎岩波新書「藤原定家『明月記』の世界」村井康彦
似たところでは「藤原定家の時代」があります。
歌人ではなく官僚貴族としての定家の日常ということでしょう。

◎中公新書「アメリカの政党政治-建国から250年の軌跡」 岡山 裕
まずは「物語 アメリカの歴史」ぐらいしかありません。

◎中公新書「カラー版-ラファエロ―ルネサンスの天才芸術家」深田麻里亜
蔵書に美術関係は少なくラファエロもほとんど登場してきません。
かろうじて「ルネサンス理想都市」で触れられている程度。
アテネの学堂はあちこちで見かけますが。

◎中公新書「古代メソポタミア全史-シュメル、バビロニアからサーサーン朝ペルシアまで」小林登志子
著者による「シュメル」はあります。
古代メソポタミアで手元にあるのは神話関係が多く、
なかでは「古代オリエントの宗教」がいちばんピッタリきそう。
もちろん通史の「物語 中東の歴史」「物語 イスラエルの歴史」の
冒頭部分は関連します。

◎中公新書「物語 東ドイツの歴史-分断国家の挑戦と挫折」河合信晴
類書はありませんし、統合以前のことは東西対立という軸でしか見たことはありません。

◎ちくま新書「ロマネスクとは何か: 石とぶどうの精神史 (ちくま新書, 1525)」酒井 健
同じ著者による「ゴシックとは何か」の前時代ですね。
ロマネスクについては「大聖堂のコスモロジー」に1章あります。
変わったところでは「グリーンマン」にもロマネスク時代の章が。

◎ちくま新書「水都 東京─地形と歴史で読みとく下町・山の手・郊外」陣内秀信
同じ著者による「東京の空間人類学」は当然のこと、
東京の都市計画」も関連するはずです。

◎ちくまプリマー新書「徒然草をよみなおす」小川剛生
徒然草を読む」ではまだ兼好法師は本名卜部兼好となっているが、
本書は兼好法師の伝記を塗り替えた著者によるもの。
当然読み直さなくてはいけないでしょう。

◎平凡社新書「戦国北条家の判子行政: 現代につながる統治システム」黒田基樹
北条氏の統治については、江戸幕府へと継続するという意味でも注目されます。もちろんその手の類書は持ってはいませんが。

◎文春新書「平安朝の事件簿 王朝びとの殺人・強盗・汚職」繁田信一
「平安王朝」を読んでも一筋縄ではいかない平安貴族の姿が見えています。

◎ちくま学芸文庫「バロック音楽: 豊かなる生のドラマ」礒山 雅
バロックといっても「バロック科学の驚異」といった類ばかりで
音楽に関する書籍は手元にありません。

◎ちくま学芸文庫「十五年戦争小史」江口圭一
同じ著者による「日中アヘン戦争」はあります。
同テーマでは「日中十五年戦争史」も。

◎ちくま学芸文庫「中東全史: イスラーム世界の二千年」バーナード・ルイス
紀元後2000年間の中東の歴史です。
イスラーム世界は7世紀からですね。
「物語中東の歴史」はもちろん「新書イスラームの世界史1~3」と重なるでしょう。

◎ちくま学芸文庫「武家文化と同朋衆: 生活文化史論」村井康彦
上の新書「藤原定家…」と同じ著者。
室町文化については「戦国武将」で触れられている程度です。

◎講談社学術文庫「メルロ=ポンティ 可逆性」鷲田清一
先月に続いてメルロ=ポンティ。
私の手におえる相手ではありません。

◎講談社学術文庫「中国の歴史1 神話から歴史へ 神話時代 夏王朝」宮本一夫
◎講談社学術文庫「中国の歴史2 都市国家から中華へ 殷周 春秋戦国」平勢隆郎
通史の1・2巻。蔵書なら「物語 中国の歴史」で。

◎講談社学術文庫「僧侶と海商たちの東シナ海」榎本 渉
宋・元時代の貿易の様相です。
中世倭人伝」が基本で、「琉球王国」も関わるはず。

◎講談社学術文庫「「民都」大阪対「帝都」東京 思想としての関西私鉄」原 武史
大阪偉いは聞き飽きました。維新にでも喰わせてください。

◎白水Uブックス「まっぷたつの子爵」イタロ・カルヴィーノ
わが家の書棚にあるのは「見えない都市」「柔かい月
レ・コスミコミケ」。敬愛する作家です。

◎講談社選書メチエ「快楽としての動物保護 『シートン動物記』から『ザ・コーヴ』へ」信岡朝子
子どものころ「シートン動物記」は読んでいますが、
今わが家にあるのは動物保護というより自然保護だけ。
本書とは関係ありませんが「ナチュラリストの誕生」や
童話と樹木の世界」あたりです。
著者の視点は分かりませんが、紹介文を読む限りアンチ自然保護に利用されかねないのではと危惧します。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「戦後文学のみた〈高度成長〉」伊藤正直
伊藤整は結構読みましたが、高度成長期の小説って
思い浮かぶのは松本清張とかかなあ。
ほかには、読んだことないけど第三の新人あたりのことでしょうか?

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「仏都鎌倉の一五〇年」今井雅晴
鎌倉幕府については「武家の棟梁の条件」あたりかな。
鎌倉仏教なら「鎌倉新仏教の誕生」。

◎東洋文庫「ケブラ・ナガスト 聖櫃の将来とエチオピアの栄光」蔀 勇 訳注
古代エチオピアについては「海のシルクロード史」ぐらいでしょうか。
興味はありますがたぶん読まないでしょう。

今月の目玉は
「ロマネスクとは何か」ぐらいかなあ。
全体に弱いですね。

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

図書館で1冊

散歩帰りに図書館に寄って予約していた1冊を受け取りました。
人事の古代史─律令官人制からみた古代日本

蔵書で参考文献に挙がっていたのは
日本書紀」「古事記」だけでした。

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

図書館で2冊

図書館で予約していた2冊を受け取りました。
ビザンツ帝国-千年の興亡と皇帝たち
ジョージ・オーウェル―「人間らしさ」への讃歌

蔵書で参考文献に挙がっていたのは
生き残った帝国ビザンティン」「コンスタンティノープル千年
中世ローマ帝国」「羊皮紙に眠る文字たち」「エッダとサガ
カタロニア讃歌」「一九八四年

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

白と赤の病

池袋のジュンク堂で3冊購入
鯰絵――民俗的想像力の世界
白い病
赤死病
Jack_london_thescarletplague Karel_capek_bilanemoc

 Ouwehand_namazue
新型コロナの影響で出たチャペックとロンドンの疫病小説が2冊。
カレル・チャペックでは「ロボット(R.U.R)」と「絶対製造工場
ジャック・ロンドンでは「鉄の踵」が手元にあります。
ついでにずっと欲しかった民俗学の名著。
蔵書で参考文献にあったのは
河童駒引考」「桃太郎の母」「日本神話の研究
日本霊異記」「風土記」「宗教生活の原初形態
永遠回帰の神話」「ホモ・ルーデンス

| | コメント (0)

2020年8月30日 (日)

9月の気になる新刊(新書・文庫・選書)

9月の新刊から気になる新書・文庫・選書をピックアップ。
私の蔵書とリンクさせて紹介します。

◎岩波新書「暴君ーシェイクスピアの政治学」スティーブン・グリーンブラッド
著者の立ち位置はよくわかりませんが、蔵書では
シェイクスピアのフォークロア」と「王の二つの身体
祭りと叛乱」あたりでどうにか見えてくるような気がします。

◎岩波新書「道教思想10講」
老荘ではなく道教というところが味噌ですね。
淮南子の思想」「道教の神々」「不老不死」あたりではないかと。

◎中公新書「ヒトラーの脱走兵-裏切りか抵抗か、ドイツ最後のタブー」對馬達雄
帝国陸軍を思えば脱走兵についての研究がありうるだけドイツはちゃんとしていたというべきでしょうか。

◎中公新書「万葉集講義-最古の歌集の素顔」上野 誠
文学としての「万葉集」については蔵書にはありません。

◎講談社ブルーバックス「日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る」播田安弘
同じ理系の日本史では手元に「日本史再発見」なんていうのがあります。

◎ちくま新書「明治憲法史」坂野潤治
同じ著者による「明治デモクラシー」も当然関連するでしょう。

◎ちくま新書「渋沢栄一 ―日本のインフラを創った民間経済の巨人」木村昌人
渋沢が関係したであろう明治期の経済については「日本財閥史」。
旧幕臣系の学校では「工手学校」あたり。

◎新潮新書「天才 富永仲基 独創の町人学者」釈 徹宗
わが家の本棚で富永仲基については、「日本の思想文化」でわずかに触れている程度。
懐徳堂関連では、ほかに山片蟠桃について触れている本があるくらいで、教科書的な上っ面だけしか知りません。

◎文春新書「感染症の日本史」磯田道史
やたらと多い感染症関連。日本史では「江戸のはやり神」ぐらいかな。

◎NHK出版新書「マルクス・ガブリエル 危機の時代を語る」丸山俊一NHK「欲望の時代の哲学」制作班
たぶん読まないだろうとは思いつつ、気にはなっています。

◎NHK出版新書「名著ではじめる哲学入門」萱野稔人
このひとのいう“哲学”はたぶんに実用的なものらしく、最近はやりの社会学の人たちと似た印象があります。
さてどんな“名著”がとりあげられているのやら。

◎白水社文庫クセジュ「キリスト教会史100の日付」ベネディクト・セール
キリスト教会史は知りませんが「守護聖者」には日々の聖人の日が載っています。

◎岩波文庫「白い病」カレル・チャペック
感染症関連の小説が毎月出ますね。
チャペックでうちにあるのは「ロボット(R.U.R)」「山椒魚戦争
絶対製造工場」の3冊。
チャペックは面白い。誰だ彼を殺したのは。

◎岩波現代文庫「定本 酒呑童子の誕生―もうひとつの日本文化」髙橋昌明
オリジナル中公新書は持っています。
同じ題材の「酒呑童子異聞」がより民俗学的アプローチなのに対して、疱瘡神として都を脅かすの酒呑童子を刺激的に描きます。
同じ著者では「平家の群像」も。

◎ちくま学芸文庫「インドの数学―ゼロの発明」林 隆夫
非ヨーロッパ起源の数学」でもインドの数学を扱っています。

◎ちくま学芸文庫「精選 シーニュモーリス・メルロ=ポンティ
高校時代メルロ=ポンティの名前を知ってるだけで、サルトルを語る人よりは偉そうでした。
みすずの白いブックカバーを思い出します。
今はきっと手には取らないでしょう。
概要は「現象学」で。

◎ちくま学芸文庫「朝鮮銀行―ある円通貨圏の興亡」多田井善生
朝鮮銀行そのものの働きはまったく分かりません。
物語韓国史」「韓国併合」で断片的に知ってるだけです。

◎ちくま学芸文庫「「明の太祖 朱元璋」壇上 寛
朱元璋については「中国の大盗賊」で。

◎講談社学術文庫「レヴィ=ストロース 構造」渡辺公三
レヴィ=ストロークの著作は「世界の名著
人種と歴史」「アスディワル武勲詩」のみ。
解説は「レヴィ=ストロース入門」で。

◎講談社学術文庫「食はイスタンブルにあり 君府名物考」鈴木 董
鈴木氏の著作は「オスマン帝国」「パクス・イスラミカの世紀
オスマン帝国の解体」。
氏の著作がオスマン帝国の見方を変えてくれました。
トルコ料理について触れてるものはないんですが。

◎講談社学術文庫「満州事変 戦争と外交と臼井勝美
わが家の「日中十五年戦争史」「日中戦争」でも
当然のように満州事変はその前史として触れています。

◎講談社学術文庫「江戸・東京水道史」堀越正雄
書棚の本では都市計画関連のほか「「清潔」の近代」が関連しそうです。

◎講談社学術文庫「改訂版 神話と歴史叙述
古代史への文学的アプローチでは「神話と国家」。

◎講談社選書メチエ「シルクロード世界史」森安孝夫
同じような展望では「遊牧民から見た世界史」があります。
ただし話が大きすぎると眉唾物になってしまいます。

◎講談社選書メチエ「黄禍論 百年の系譜」廣部 泉
おそらくは「物語 アメリカの歴史」が取り扱っています。

◎講談社選書メチエ「大仏師運慶 工房と発願主そして「写実」とは」塩澤寛樹
通史に名前が挙がる程度の知識しかありません。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「イエズス会がみた「日本国王」: 天皇・将軍・信長・秀吉」松本和也
蔵書では「フロイスの日本覚書」「南蛮太閤記」あたり。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「難民たちの日中戦争: 戦火に奪われた日常」芳井研一
上の満州事変を参照。

今月の目玉。
「白い病」はきっと買うでしょう。
あと岩波新書「暴君」も面白そう。

 

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

図書館で3冊

図書館で予約した3冊を受け取りました。
草原の制覇: 大モンゴルまで
マックス・ヴェーバー―主体的人間の悲喜劇
カール・シュミット-ナチスと例外状況の政治学
大戦間ドイツの社会学と政治思想家。当然ナチス問題は避けられません。

蔵書で参考文献に挙がっていたものは
遊牧民から見た世界史」「アジアの歴史
中央アジアの歴史」「古代遊牧帝国」「モンゴル帝国の興亡
クビライの挑戦」「マックス・ヴェーバー入門
プロテスタンティズムの 倫理と資本主義の精神

安倍さん辞めましたね。
いや、まだ辞めてないのか。
いつ辞めるのかな?

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

川口市立図書館

30分ほど時間があったので川口駅前の図書館に寄ってみました。
ついでに利用カードを作成しました。
練馬の図書館には及びませんが、行き帰りに立ち寄って
開架から1冊借りるみたいな使い方はできそうです。

| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

図書館で5冊

買い物ついでに図書館で5冊借りました。
今回は予約はなく久々に開架棚からのピックアップ。
「江戸大地震之図」を読む
中世の富と権力: 寄進する人びと
陸海の交錯 明朝の興亡 (シリーズ 中国の歴史)
新聞・雑誌の歴史
見えない絶景 深海底巨大地形

中国史の中で明朝の持つ意味なんて考えたことなかったので
「陸海の交錯」は楽しみ。

蔵書で参考文献に挙がっていたのは
ヴェニスの商人の資本論」「生命と地球の歴史」2冊だけ。
意外と少なかったですね。

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

中公新書8月の気になる新刊

中公新書「民衆暴力―一揆・暴動・虐殺の日本近代」藤野裕子
日本人と暴力の関係を、新政反対一揆、秩父事件、日比谷焼き打ち事件、関東大震災時の朝鮮人虐殺などを中心に見ていくといういもの。
戦国や江戸時代の一揆はとりあげられることはあっても明治時代の民衆暴力については統一的に考えてはいなかった気がします。
本棚で関係ありそうなのは「世直し」「「おかげまいり」と「ええじゃないか」」「自由民権」といったところでしょうか。

 

 

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

2000年代外国映画ベストテン アンケート結果ランキング

ようやく2000年代外国映画ベスト・テン<私の好きな10本>アンケート結果をコピーしてきました。
前回10位までだったので以下20位までを表示します。

1位 殺人の追憶
2位 花様年華
3位 グラン・トリノ
3位 ダークナイト
5位 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
6位 ミリオンダラー・ベイビー
6位 ヤンヤン 夏の想い出 
6位 インファナル・アフェア
9位 オアシス
9位 マルホランド・ドライブ
9位 鉄西区
9位 ノーカントリー
9位 ミスティック・リバー

14位 息もできない
    ブロークバック・マウンテン
16位 シティ・オブ・ゴッド
    トラフィック
18位 宇宙戦争
    過去のない男
    トゥモロー・ワールド

10位以下で私が観ているのは14位『息もできない』と
18位『トゥモロー・ワールド』の2本。
20位までで6本しか観ていないません。評価の高い外国映画と私の興味が離れているということです。
評論家が投票した全362本の中で私が観ていたのは49本。
約7分の1。観ている本数が少ない(127本)ので仕方ないですね。
私が選んだ10本で評論家が一人も投票していなかったのは
ロング・エンゲージメント』『銀河ヒッチハイク・ガイド
プルートで朝食を』の3本。 

図書館で予約していた1冊を受け取りました。
「現代思想 2020年1月号」
特集 現代思想の総展望2020を覗いてみようと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧