2020年7月 9日 (木)

池袋三省堂で3冊

池袋で本屋へ。
必要があってコロナ関連の入門書を3冊。
「どうする!? 新型コロナ」
「ウイルス対策BOOK 」
「新型コロナウイルス 完全対策BOOK」
深味はないけど基本的なことを押さえようかと思って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

中央公論新社の7月新刊

7月新刊紹介に間に合わなかった中央公論新社の7月新刊から気になったもの。
◎中公新書「孫基禎―帝国日本の朝鮮人メダリスト」金 誠
彼のことは、“いだてん”にも出てましたね。
骨太のドラマでしたね。

◎中公新書「北朝の天皇-「室町幕府に翻弄された皇統」の実像」石原比伊呂
南朝のことはよく出ますが北朝は珍しいかもしれません。
わが家の「皇子たちの南北朝」も南朝の皇子ですから。

◎中公新書「倫理学入門-アリストテレスから生殖技術、AIまで」品川哲彦
倫理学そのものはありませんが「十八世紀イギリス思想史」や
啓蒙の弁証法」は関連するでしょう。
アクチュアルな問題を扱ったものでは「術語集〈2〉」や
地球と存在の哲学」あたりが絡むはずです。

◎中公文庫「黒死病-ペストの中世史」ジョン・ケリー
中世のペストは「ペスト大流行」や「死の舞踏
17世紀イギリスのルポはデフォーの「ペスト」や
ピープス氏の秘められた日記」で。

◎中公選書「漢字の構造-古代中国の社会と文化」落合淳思
著者のもので手元にあるのは「古代中国の虚像と実像」ですが、
漢字のなりたちについて図書館から借りたことはあります。
蔵書では白川静「文字遊心」ぐらい。

| | コメント (0)

2020年6月30日 (火)

7月の気になる新刊(新書・文庫・選書)

7月の気になる新刊から気になる新書・文庫・選書を、私の蔵書とリンクさせて紹介します。

◎岩波新書「「中国」の形成 現代への展望」岡本隆司
モンゴル帝国の継承者としての清朝については
大清帝国」「紫禁城史話」「清朝と近代世界
あたりがあります。

◎岩波新書「ジョージ・オーウェル―「人間らしさ」への讃歌」川端康雄
オーウェルの著作では「一九八四年」「カタロニア讃歌」があります。
「動物農園」は新潮「世界の文学」で読んでいます。

◎岩波新書「景観からよむ日本の歴史」金田章裕
手元には同じ著者による「古地図からみた古代日本」があります。
風景論では「日本の風景・西欧の景観
歴史的景観では「中世の東海道をゆく」が近そうです。

◎岩波新書「イスラームからヨーロッパをみる――社会の深層で何が起きているのか」内藤正典
本書は現代ヨーロッパ内部におけるイスラム問題でしょうが
うちにあるのは「オリエンタリズム」や「「イスラムvs.西欧」の近代」のような外部としてのイアスラムだけです。

◎講談社現代新書「日本人と山の宗教」菊地大樹
山岳宗教についてはやや古い雑誌の「現代宗教〈2〉特集・山岳宗教」。
仏教民俗学」も仏教の庶民信仰としての山岳信仰をあつかっています。

◎講談社現代新書「文字世界で読む文明論 比較人類史七つの視点」鈴木 董
氏の一連の新書はオスマンへの認識を改める衝撃的な物でした。
オスマン帝国」「パクス・イスラミカの世紀」「オスマン帝国の解体
が手元にあります。

◎講談社ブルーバックス「時間は逆戻りするのか 宇宙から量子まで、可能性のすべて」高水裕一
◎講談社ブルーバックス「時空のからくり 時間と空間はなぜ「一体不可分」なのか」山田克哉
この2冊で時空の問題にとりくでみましょうか。

◎ちくま新書「世界哲学史7 ―近代II 自由と歴史的発展」伊藤邦武、山内志朗、中島隆博、納富信留 編集
章立てからすると、ヘーゲルからはじまりフィヒテ、ニーチェ、マルクス、ダーウィン、フッサール、プラグマティズム、ベルクソンと網羅的に並んでいるようです。
むしろ、網羅的過ぎやしないか心配です。
同時代については「ヘーゲルからニーチェへ」「神を殺した男」などがあります。
アジアについては「現代アジア論の名著」にガンディの著書が紹介されているのみ、
日本については「文明論之概略を読む」がある程度です。

◎ちくま新書「死の病いと生の哲学」船木 亨
著者の実体験による哲学的なエッセイでしょう。いちばん近そうなのが「死に至る病」のような実存的なものでしょうか。

◎平凡社新書「ヤン・フスの宗教改革: 中世の終わりと近代の始まり」佐藤 優
フスについては「異端の精神史」「正統と異端」「千年王国の追求」でどうでしょう。


◎平凡社新書「平賀源内: 「非常の人」の生涯」新戸雅章
源内については「平賀源内」「日本の名著〈22〉」でまっとうなバイオグラフィはつかめますが、テスラ専門家の著者による天才発明家的源内像はどうなるでしょうか。

◎平凡社新書「愛犬の日本史: 柴犬はいつ狆と呼ばれなくなったか」桐野作人、吉門 裕
犬について書かれた歴史関連というと「生類をめぐる政治」ぐらいしかありません。

◎NHK出版新書「現代哲学の最前線」仲正昌樹
多くの入門書を手掛けている著者ですので、それらを纏めて全体を眺めたものでしょう。
私にとっての現代哲学は現代思想ブームまでですのでそれを補ってくれるのかはたまたお手上げとなるかが問題です。

◎白水社文庫クセジュ「ローマ帝国の衰退」ジョエル・シュミット
ローマ帝国は滅亡せず衰退しただけということのようです。
書棚のものでは「西ゴート王国の遺産」「至福千年」がかするかも。

◎ちくま学芸文庫「大元帥 昭和天皇」山田 朗
帝国の軍事最高指揮官としての天皇像でしょうか。

◎ちくま学芸文庫「記号論講義 ――日常生活批判のためのレッスン」石田英敬
現代思想ブームの時には丸山圭三郎の著作を読みましたし、今でも手元にある現代思想紹介の本には記号論は欠かせません。

◎ちくま学芸文庫「資本主義と奴隷制」エリック・ウィリアムズ
ヨーロッパの資本主義は奴隷貿易によって得られた富からうまれたとする本書は、乗り越えられるべき点も少なくないでしょうが、昨今の反差別運動へとまっすぐに繋がるアクチュアルな内容の古典です。
蔵書では「略奪の海カリブ」「新書アフリカ史」「大英帝国」など。

◎ちくま学芸文庫「叙任権闘争」オーギュスタン・フリシュ
教皇対皇帝による叙任権闘争そのものを扱ったものはありませんが、
神聖ローマ帝国」あたりでも当然触れられています。

◎講談社学術文庫「ロシア正教の千年」廣岡正久
ロシア正教については「ロシア精神の源」で。

◎講談社学術文庫「英国流 旅の作法 グランド・ツアーから庭園文化まで」中島俊郎
イギリスの旅や庭園については「グランド・ツアー」や「楽園のイングランド」がピッタリでしょう。解説が「記憶術全史」の桑木野さんというのも期待です。

◎講談社学術文庫「ヨーロッパ世界の誕生 マホメットとシャルルマーニュ」アンリ・ピレンヌ
イスラムによってヨーロッパが生まれたという発想。
蔵書の「至福千年」や「都市の文明イスラーム」では若干ずれますが。

◎講談社選書メチエ「とうがらしの世界」松島憲一
香辛料そのものを扱ったものはありませんが「コロンブス」「東インド会社」が無関係なはずはありません。

◎講談社選書メチエ「笑いの哲学」木村 覚
分かりませんがタイトルだけならベルクソンみたいなものでしょうか。

◎筑摩選書「アジア主義全史」嵯峨 隆
どうしても右翼的方向を連想してしまいますが「近代アジア精神史の試み」あたりでいかがでしょう。

◎NHKブックス「魚食の人類史: 出アフリカから日本列島へ」島 泰三
食料としての魚なら「食と文化の謎」、漁業を含めた生活としては「人類の生活」あたりで。もちろんマリノフスキーも無関係ではありません。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「藤原仲麻呂と道鏡: ゆらぐ奈良朝の政治体制」鷺森浩幸
よみがえる古代文書」にもふれられていますが、もちろん「続日本紀」が基本です。孝謙女帝は興味深い存在です。

今月の目玉
新書は充実しています
「ジョージ・オーウェル」と「ヤン・フスの宗教改革」がイチオシ。
中国史と世界哲学史のシリーズは欠かせないし
大穴は「平賀源内」かも。

文庫の「英国流 旅の作法」は間違いなく面白そう。
古典的な名著「叙任権闘争」や「ヨーロッパ世界の誕生」「資本主義と奴隷制」は読んでおけよという類のものでしょう。
選書は弱く、「藤原仲麻呂と道鏡」は今までにない切り口ならいいけれど。

 

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

図書館で6冊

夜勤帰りに図書館で6冊借りました。

ストア派
画家たちのフランス革命 王党派ヴィジェ=ルブランと革命派ダヴィッド
進化のからくり 現代のダーウィンたちの物語
世界哲学史3─中世I 超越と普遍に向けて
芸術人類学講義
百年戦争-中世ヨーロッパ最後の戦い

珍しく日本史関係が1冊もありません。
参考文献でわが家の書棚にあったものは
ギリシア哲学者列伝」「ビーグル号航海記」「ユートピアだより
暴力批判論」「物の本質について」「英仏百年戦争
王の二つの身体

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

創文社廃業のこと

すでに旧聞に属すのでしょうが、人文書出版の老舗創文社が3月に営業停止していました。
うかつにもちくま学芸文庫の7月新刊にあった「叙任権闘争」をチェックしていてようやく気が付いたというお粗末。
私の本棚には創文社の書籍は3冊しかありません。
イギリス革命とユートゥピア
歴史叙述のヨーロッパ的伝統
人間と国家
Tamura_hideo_igirisukakumeitoutopia Southernrichard_w_aspectsoftheeuropeantr Maritainjacques_manandthestate
版権は大手出版社に引き継がれるとのことらしいけれど
これからますます出版業界は苦しくなるでしょう。
とくに学術出版は厳しいはずです。
公共図書館や大学をはじめとする教育機関が文化・学術の基盤としての出版を支えるという体制が望ましいのでしょうが、
損得だけの日本社会には無理なのかもしれません。
いや、ほとんど図書館ときどきBOOKOFF人間で新刊をめったに買いもしない私に言えた義理ではありせん。



| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

図書館で3冊

いつものように買い物のついでに図書館で予約していた3冊を受け取りました。
米の日本史-稲作伝来、軍事物資から和食文化まで
台湾の歴史と文化-六つの時代が織りなす「美麗島」
神道の中世 伊勢神宮・吉田神道・中世日本紀
中央公論新社が揃ったのは偶然です。
手元の本で参考文献に挙がっていたのは、
騎馬民族国家」「遊牧民から見た世界史」「戦国時代
中世の風景」「道教の神々

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

図書館で6冊

買い物のついでに図書館で再開後すぐに予約した6冊を受け取りました。
戸籍が語る古代の家族
二十世紀の文学と音楽
江戸水没: 寛政改革の水害対策 (21) (ブックレット“書物をひらく”)
建国神話の社会史-虚偽と史実の境界
鎌倉浄土教の先駆者 法然
世界哲学史2─古代II 世界哲学の成立と展開

参考文献で蔵書にあるものは
カフカ寓話集」「古事記」「日本書紀」「世界神話事典
「神代史の新しい研究」「皇紀・万博・オリンピック
日本思想大系〈10〉」「謎の古代都市アレクサンドリア
ゾロアスターの神秘思想」「宗祖ゾロアスター





| | コメント (0)

2020年6月 2日 (火)

池袋三省堂でお買い物

久々に池袋の本屋に寄ってお買い物。
鳥の歌いまは絶え
ユリイカ 2020年6月号 特集=地図の世界――プトレマイオスから伊能忠敬、Google Mapsまで

Photo_20200603232901

「鳥の歌はいまは絶え」は、サンリオ文庫に所収されて絶版になっていたSFの復刊。まずはめでたい。
環境問題ではよく引用されますが、それだけには収まらない何かがあるはず。

202006

「ユリイカ」の目次

特集*地図の世界――プトレマイオスから伊能忠敬、Google Mapsまで
■対談
地図の文法――地図感覚というイリュージョン/今和泉隆行 大山 顕
■地図の描法
もうひとつの地図/石川 初
私的地図鑑賞記/杉浦貴美子
地図が導く意味の可能性――二つのアプリケーションの開発をとおして/元永二朗
■地図のポリティクス
地図の記号学――地図は如何に描かれたか/森田 喬
地図とは、地理学者にとって崇高な対象である/成瀬 厚
地図は記号である――車窓を眺める重要性/今尾恵介
■地図を描く――part.1
『ちづかマップ』と地図を巡るあれこれ/衿沢世衣子
地図と迷子と散歩/帯屋ミドリ
「地理」/横山裕一
16次元惑星――初期エンテロ文明架空地図/ひらのりょう(FOGHORN)
■地図のモンタージュ
『地図』の面影/川田喜久治
地図と世界とその背景/若林幹夫
■地図のディスクール
伊能忠敬が作成した地図はいかなる地図か/星埜由尚
絵図の史学/杉本史子
都市をひと目で――地図・写真・鳥瞰図、そしてDiorama Map/佐藤守弘
■創作
地図の魔/石川宗生
■地図のポエティクス
地下世界の地図学へ――「コスモグラフィア」からライプニッツの地球史まで/山田俊弘
メディチ家の叡智の地図――初期近代イタリアの世界地図ギャラリーと地誌表象としての庭園/桑木野幸司
宝物はそこにある――空想世界を導く地図/大久保ゆう
架空都市の地図を描く――地図と(しての)テクスト/小澤京子
■詩
チズッコ/河野聡子
■天空から眺める
Not All Who Wander Are Lost/川島優志
宇宙の地図/小久保英一郎
■mapping-raphics
平面にできること――マッピング試論/山本貴光
地図的パースペクティブの暴力性/原木万紀子
デジタルゲームの地図をめぐって/三宅陽一郎
知覚のクラッシュ――盲人と聾者における地図表象/木下知威
■地図を描く――part.2
宙に参る 番外出張編「地図」/肋骨凹介
人間(じんかん)地図/かつしかけいた
THE EARLY DAY/高舛ナヲキ
■地図の彷徨
アトラスの双貌/樺山三英
マインクラフトで不要不急の外出を控える/柞刈湯葉
■地図の人類学
遊牧民と動物、地図生成への導きのコスモロジー/相馬拓也
神話地図へのトラヴェローグ/松田法子
現実の空間と空間の表象――新たな表象の政治に向けて/平田 周
■マップ=ガイド
〈地図〉を読むためのブックガイド/加藤政洋

詩的想像力の欠ける私には掴みどころのない内容もありますが
世界理解としての地図には興味が尽きません。
参考文献並びに本文中に触れられていた文献で手元にあるものは
吉里吉里人」「地図の想像力」「人文地理学原理
ノルウェイの森」「マルコ・ポーロの見えない都市」「方法序説
ミクロコスモス」「記憶術全史」「ユートピア
ニュー・アトランティス」「ロビンソン・クルーソー
ガリヴァー旅行記」「架空地名大事典」「国家
八十日間世界一周」「バベルの図書館」「想像の共同体
都市空間のなかの文学

 

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

図書館で1冊

再開後初めて図書館へ。
休館前に予約していた「室町の覇者 足利義満─朝廷と幕府はいかに統一されたか」を受け取りました。
同じ著者の「平安京はいらなかった」「武士の起源を解きあかす」ともに意表を突くだけではなく緻密な資料に基づいた刺激的な著作でしたからこれも楽しみです。
参考文献で手元にあるものは「室町の王権」のみでした。

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

6月の気になる新刊(新書・文庫・選書)

6月新刊から気になる新書・文庫・選書を私の蔵書とリンクしてピックアップしました。

◎中公新書「ビザンツ帝国-千年の興亡と皇帝たち」中谷功治
ビザンツ再評価のきっかけは「中世ローマ帝国」でしょうか。
同じ著者による「コンスタンティノープル千年」が本書に近いかも。

◎中公新書「カール・シュミット-ナチスと例外状況の政治学」蔭山 宏
シュミットについて直接ふれたものはないけれど、ナチス関係本や「現代思想を読む事典」に。

◎講談社現代新書「戦国大名の経済学」川戸貴史
先月の順延です。

◎ちくま新書「世界哲学史6: 近代I 啓蒙と人間感情論」伊藤邦武,山内志朗,中島隆博,納富信留 編
評判のいいシリーズ。個別項目ごとに蔵書を覗けば、
啓蒙のヨーロッパ」「フランス革命の文化的起源」
十八世紀イギリス思想史」「カント入門
「イスラムvs.西欧」の近代
明末の文人 李卓吾」「江戸人とユートピア
などそこそこ並びますが、それをどう繋ぐのかが腕の見せ所です。

◎ちくま新書「人事の古代史: 律令官人制からみた古代日本」十川陽一
律令については「続日本紀」。
木簡が語る日本の古代」にも律令官人の日常が垣間見えます。

◎平凡社新書「日本マンガ全史: 「鳥獣戯画」から「鬼滅の刃」まで」澤村修治
どういうくくりなのか分かりませんが、ストーリーがうまく出来ていれば面白いでしょう。

◎岩波現代文庫「近代家族の成立と終焉 新版」上野千鶴子
氏の著作では「資本制と家事労働」があります。
家族については文化人類学の古典「世界の名著〈第59〉」や
フェミニズム「女性の権利」社会史的な「セクシュアリティの近代」など
いくつかの視点で見ることができます。

◎ちくま文庫「隔離の島」ル・クレジオ
ル・クレジオの著作では「大洪水」「巨人たち
海を見たことがなかった少年」「黄金探索者
の4冊があり、本書は内容的に「黄金探索者」に関連します。

◎ちくま学芸文庫「イタリア絵画史」ロベルト・ロンギ
美術には疎いのですが「絵画を読む」に接点がありそうです。

◎ちくま学芸文庫「最初の礼砲: アメリカ独立をめぐる世界戦争」バーバラ・W・タックマン
当然ながら「物語アメリカの歴史」で触れています。

◎ちくま学芸文庫「オリンピア: 遺跡・祭典・競技」村川堅太郎
このテーマでは「古代オリンピック」があります。

◎講談社学術文庫「日本の庶民仏教」五来 重
うちの本棚にも類書はいくつかあるけれど
仏教民俗学」がいちばん近そう。

◎講談社学術文庫「武士の町 大坂」藪田 貫
中公新書のオリジナルオリジナルは図書館から借りて読んでいます。

◎講談社学術文庫「ミシェル・フーコー [増補改訂]」内田隆三
オリジナルはあります。

◎講談社学術文庫「ローマの哲人 セネカの言葉]中野孝次
セネカ並びにストア派については「エピクテートス
西洋古代・中世哲学史」などがありますが、
私は人生論のために本を読むわけではないので、
本書とは視点が違うでしょう。

◎角川ソフィア文庫「平野が語る日本史」日下雅義
蔵書で関連しそうなものは「地震と噴火の日本史
中世の東海道をゆく」でしょうか。
環境地理学だとややテーマが大きすぎて本書から外れそうです。

◎光文社古典新訳文庫「ほら吹き男爵の冒険」ビュルガー
岩波文庫版は持っています。大好きな1冊です。

◎講談社選書メチエ「贈与の系譜学」湯浅博雄
著者の専門であるバタイユは不得意ですが、
幻想としての経済」「世界の名著59 マリノフスキー」
はじめての構造主義」あたりでなんとか。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「六国史以前: 日本書紀への道のり」関根 淳
日本書紀の謎を解く」「古事記と日本書紀」など記紀の解読は興味深いものがあります。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「日本の開国と多摩: 生糸・農兵・武州一揆」藤田 覚
本書のテーマは書棚にはありませんが「文明開化」がわずかにかすっているかも。

来月も当然刊行予定は少ないようです。
目玉といっても、いつもの「世界哲学史」に「隔離の島」「贈与の系譜学」ぐらいでしょうか。

図書館も部分再開しました。
休館以前に予約をしていたものが確保できたら貸し出すそうです。
予約貸出は6月1日から可能ですが、開架棚から直接借りるのはまだ先のようです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧