2020年3月30日 (月)

4月の気になる新刊(新書・文庫・選書)

4月の気になる新書・文庫・選書の新刊を私の蔵書と関連させて紹介します。

◎中公新書「五・一五事件-海軍青年将校たちの「昭和維新」」小山俊樹
著者の立ち位置はよくわかりませんが、青年将校たちが「昭和維新」に何を夢見たか、というのならやや同情的過ぎるかと。

◎中公新書「新種の発見-見つけ、名づけ、系統づける動物分類学」岡西政典
書棚の本では分類学の「分類の発想―思考のルールをつくる」、新種発見の「世界動物発見史」などが関連します。

◎中公新書「人類と病-国際政治から見る感染症と健康格差」詫摩佳代
やや古いですが全般的には「文明と病気」。
ペスト大流行: ヨーロッパ中世の崩壊」「赤十字とアンリ・デュナン」あたりも。

◎講談社ブルーバックス「見えない絶景 深海底巨大地形」藤岡換太郎
毎月リストには上がっているのになかなか出ませんね。

◎講談社ブルーバックス「大陸と海洋の起源」アルフレッド・ウェゲナー
大陸移動説の元祖です。
蔵書ではそのものずばりはありませんが「ロストワールド・科学の旅」など大陸移動やプレートテクトニクスはあちこちで見かけます。

◎ちくま新書「変貌する古事記・日本書紀: いかに読まれ、語られたのか」及川智早
出版社の解説だけでは記紀間での違いのなのか、それ以後の変貌なのか不明です。
時代によって「古事記と日本書紀」「中世神話」「天皇の祭祀」などを参照できるはずです。

◎ちくま新書「世界哲学史4: 中世II 個人の覚醒」伊藤邦武、山内志朗、中島隆博、納富信留 編集
例によって全体像は「西洋古代・中世哲学史」「世界宗教史」で。
各章の内容では「修道院」「イスラーム思想史
鎌倉新仏教の誕生」も関連します。

◎ちくま新書「中世史講義 【戦乱篇】」高橋典幸 編集
中世は武士たちが戦乱に明け暮れる印象です。
例えば「源平合戦の虚像を剥ぐ」「楠木正成と悪党」「戦国時代」でどうでしょう。

◎白水社文庫クセジュ「新聞・雑誌の歴史」ピエール・アルベール
うちの書棚でかすっているのは、「メディア都市パリ」「コーヒー・ハウス」とあたりでしょうか。

◎岩波文庫「大衆の反逆」オルテガ・イ・ガセット
世界の名著〈68〉マンハイム・オルテガ」に収録されています。
オルテガについては「オルテガ―現代文明論の先駆者」があります。
オルテガそのものより引用する人たちが胡散臭い印象です。

◎岩波現代文庫「ロールズ政治哲学史講義 I」サミュエル・フリーマン 編
◎岩波現代文庫「ロールズ政治哲学史講義 II」サミュエル・フリーマン 編
ロールズについては手元には「20世紀の思想」で触れていますが、あまり興味は引きません。

◎ちくま学芸文庫「中国禅宗史: 「禅の語録」導読」小川 隆
仏教史のなかでも禅宗の流れはほとんど知識がありません。
私の本棚で禅に触れているのは日本仏教史関連以外では「仏教の思想」「ダルマの民俗学」ぐらいです。外してます。

◎ちくま学芸文庫「メソポタミアの神話」矢島文夫
矢島氏の著書では「アラビアン・ナイト99の謎」、
訳書では「世界最古の物語」「ギルガメシュ叙事詩」があります。
ほかには「シュメル」が関連します。

◎講談社学術文庫「ペルシア人の手紙」シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー
モンテスキューといえば、教科書的には「法の精神」で三権分立を説いた啓蒙思想家だけど、むしろ彼の名声はこの「ペルシア人の手紙」によるものでしょう。実際面白い。
書棚では「世界の名著 (34)」に「法の精神」とともに納められ、「ユートピア旅行記叢書〈第11巻〉」にも部分訳があります。

◎講談社学術文庫「ルイ・ボナパルトのブリュメール18日」カール・マルクス
マルクスの著作の中ではもっとも面白いとの評判ですが、残念ながら読んだことはありません。

◎講談社学術文庫「国富論(上)」アダム・スミス
世界の名著 37」にあります。
アダム・スミスについてはわが家には岩波中公の新書があるほか、思想史物で数多く触れられています。

◎河出文庫「生物はなぜ誕生したのか: 生命の起源と進化の最新科学」ピーター・ウォード/ジョゼフ・カーシュヴィンク
生命の起源を探る」が近いところでしょう。

◎創元SF文庫「鳥の歌いまは絶え」ケイト・ウィルヘルム
サンリオ文庫から出ていました。環境問題の先駆的SFです。
これは買わなくてはいけません。

◎白水社Uブックス「職業別 パリ風俗」鹿島 茂
多作な著者ですが、うちには「デパートを発明した夫婦」しかありません。
達者な文章と博覧強記で読ませます。これも間違いないでしょう。

◎平凡社ライブラリー「改訂版 アイヌの物語世界」中川 裕
改訂前の「アイヌの物語世界」はあります。門外漢にはそれで充分でしょうね。

◎講談社選書メチエ「「心の哲学」批判序説」佐藤義之
今月は「レヴィナス 「顔」と形而上学のはざまで」が講談社学術文庫で出ていますが、
どちらにしても、私にはチンプンカンプンであることに変わりはありません。

◎筑摩選書 「徳川の幕末: 人材と政局」松浦 玲
函館の碧血碑の近くで生まれたので気分は佐幕派ですが、
幕末物はほとんど処分したので手元にあるのは「黒船異変
長崎聞役日記」ぐらいでしょうか。

◎NHKブックス「哲学とは何か」竹田青嗣
氏の著作では「現代思想の冒険」「ニーチェ入門」「プラトン入門」。
現代思想にはまっていたころのいい道案内となりました。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「香道の文化史]本間洋子
うちにある“香”関係は、香料を求める大航海時代ばかり。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「首都改造: 東京の再開発と都市政治]源川真希
わが家にあるのは「東京の都市計画」。

今月の目玉は「鳥の歌いまは絶え」ですね。
ほかにも、
新書の「変貌する古事記・日本書紀」「世界哲学史4」
「新聞・雑誌の歴史」
文庫の「職業別 パリ風俗」
選書の「哲学とは何か」あたりも。

ただし、選書がいかにも弱いです。



| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

図書館で4冊

レンタルDVDを返却したり桜並木を散歩して、
いつものように中村橋で買い物ののちに
図書館へ予約図書の受け取りに。
コロナウィルスの影響で、開いているのは受付だけ。
開架棚はスクリーンで隠され隔離されていました。
受け取ったのは
革命と戦争のクラシック音楽史
平将門の乱を読み解く
歴史探究のヨーロッパ-修道制を駆逐する啓蒙主義
鏡の古代史

蔵書で参考文献に挙げられていたのは
トリマルキオの饗宴
世界の名著 (30) スピノザ・ライプニッツ」「方法序説
魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝
家族、私有財産および国家の起源」「邪馬台国

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

図書館サービス一部停止

悪い予想が的中して練馬区の図書館のサービスが一部休止になりました。
利用できるのは予約図書の受け取りと返却だけ。
開架図書の利用も予約してカウンターで受け取るだけです。
借り出しといてよかった。

| | コメント (0)

2020年3月 6日 (金)

図書館で7冊

いつものように買い物のついでに図書館で予約していた1冊を受け取りました。
世界哲学史1

ついでといってはなんですが、急に図書館が休館になることも想定して開架図書にある6冊ピックアップしました。
返還期日までに全部読み切るとは思いませんがいろんなジャンルが並んでいて楽しみです。
隠された奴隷制
月はすごい-資源・開発・移住
中華の成立: 唐代まで
神仏と中世人
ボルヘス『伝奇集』:迷宮の夢見る虎
三越 誕生!: 帝国のデパートと近代化の夢

蔵書のうち参考文献に挙げられていたものは
世界の名著〈1〉」「ギリシア哲学者列伝」「法の精神
人間不平等起原論」「社会契約論」「カンディード
国富論」「一揆」「寺社勢力」「伝奇集」「幻獣辞典

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

3月の気になる新刊(新書・文庫・選書)

◎岩波新書「シリーズ 中国の歴史3 草原の制覇 大モンゴルまで」古松崇志
蔵書にはモンゴル関連もそこそそこありますが、全体の流れという意味では「遊牧民から見た世界史」が必読です。

◎中公新書「東アジアの論理-日中韓の歴史から読み解く」岡本隆司
著者は中国近代史が専門。その意味では
清朝と近代世界―19世紀〈シリーズ 中国近現代史 1〉」が近いのかも。
現代アジア論の名著」「近代アジア精神史の試み」あたりも参考になりそう。

◎中公新書「徒然草-無常観を超えた魅力」川平敏文
近年兼好法師の系譜について通説に異が唱えられている徒然草。
はたして新たな発見があるのでしょうか。
うちには「徒然草を読む」があります。

◎中公新書「椿井文書―日本最大級の偽文書」馬部隆弘
偽文書といってもわが家の「偽書の精神史」とは異なる世界。
全く未知の文書です。どの程度の重要さかは知りませんが必読でしょう。

◎中公新書「鉄道のドイツ史-帝国の形成からナチス時代、そして東西統一へ」鴋澤 歩
産業革命の象徴としてのドイツの鉄道網。
面白いに決まっています。
うちの「都市フランクフルトの歴史」も関連します。

◎中公新書「百年戦争-中世ヨーロッパ最後の戦い」佐藤 猛
本棚にもジャンヌ・ダルク本はけっこうありますが、
英仏百年戦争」が本書と重なるでしょう。
出版社の解説にある“イングランドの大陸領”という言葉が
正しいのかどうかも含めて考える縁になっていればと思います。

◎講談社現代新書「日本文化の核心 「ジャパン・スタイル」を読み解く」松岡正剛
松岡さんのものでは「遊学」があります。
私にとって意味不明な衒学でなければいいのですが。

◎講談社現代新書「空海の哲学」竹村牧男
著者のものでは「「覚り」と「空」」。
ほかには「密教」にも空海は関連します。

◎講談社ブルーバックス「地磁気逆転と「チバニアン」 地球の磁場は、なぜ逆転するのか」菅沼悠介
直接地磁気をテーマにした本はありませんが、
生命と地球の歴史」もどこかで関わってくるはずです。

◎講談社ブルーバックス「地球は特別な惑星か? 地球外生命に迫る系外惑星の科学」成田憲保
もちろん類書は持っていませんが系外惑星は興味があります。

◎ちくま新書「芸術人類学講義」鶴岡真弓 編集
鶴岡真弓のものでは「聖パトリック祭の夜」があります。
芸術人類学に関係しそうなのは「迷宮としての世界」「道化の民俗学」。

◎ちくま新書「世界哲学史3: 中世I 超越と普遍に向けて」伊藤邦武、山内志朗、中島隆博、納富信留 編集
1、2と同じくエリアーデの「世界宗教史」と「西洋古代・中世哲学史」が関連するでしょう。

◎ちくま新書「古代史講義【宮都篇】」佐藤信 編集
木簡が語る日本の古代」や「平泉」など都について触れられているものはいくつかあります。

◎岩波文庫「けものたちは故郷をめざす」安部公房
阿部公房は1970年代に新潮社から文庫化されて13冊持っていますが、当然本書もあります。

◎岩波現代文庫「振仮名の歴史」今野真二
面白そうですが、多分パスするでしょう。

◎ちくま学芸文庫「大名庭園」白幡洋三郎
著者のものでは「プラントハンター」があります。おもしろい。
当然本書も読む価値があるでしょう。

◎講談社学術文庫「最澄と天台教団」木内堯央
天台宗が仏教の日本的展開を形作ったといっていいでしょう。
うちにあるのは「日本宗教事典」と「日本の思想文化」といったところです。

◎講談社学術文庫「ガリレオの求職活動 ニュートンの家計簿 科学者たちの生活と仕事」佐藤満彦
基本的に科学史は大好きです。
本棚にも「タイムマシン夢書房」「道楽科学者列伝」なんていうのが並んでいます。

◎ハヤカワ文庫「ヒトの目、驚異の進化 視覚革命が文明を生んだ」マーク・チャンギージー
手元に類書はありませんが、食指は動きます。

◎講談社選書メチエ「アガンベン 《ホモ・サケル》の思想」上村忠男
著者のものでは「ヴィーコ」があり
訳書では「学問の方法」「完全言語の探求」「夜の合戦」があります。
しかし、アガベンはまったく分かりません。

◎中公選書「神道の中世-伊勢神宮・吉田神道・中世日本紀」伊藤 聡
日本の中世信仰の世界は蔵書にも「神仏習合」「中世神話」「偽書の精神史」などがあるが、頭がパンクしそうなぐらいに混沌としていて面白い。

◎平凡社ブックレット 〈書物をひらく〉「時空を翔ける中将姫: 説話の近世的変容」日沖敦子
説話から芸能へと展開していく中将姫の物語そのものは「日本架空伝承人名事典」ぐらいしかありませんが。「さんせう太夫考」「琵琶法師」なども関わりそう。

◎平凡社ブックレット 〈書物をひらく〉「『無門関』の出世双六: 帰化した禅の聖典」ディディエ・ダヴァン
禅については「日本仏教史入門」ぐらいです。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「石に刻まれた江戸時代: 無縁・遊女・北前船」関根達人
北前船については「日本海繁盛記」にありますが、テーマとは違いそう。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「中世の富と権力: 寄進する人びと」湯浅治久
中世の経済については「徳政令」がいちばんでしょうか。


今月の目玉は
新書の「草原の覇者」「椿井文書」「百年戦争」
文庫の「大名庭園」「ヒトの目、驚異の進化」
選書の「神道の中世」「時空を翔ける中将姫」
と豊作です。
なかでも「椿井文書」は見逃せません。

| | コメント (0)

2020年2月26日 (水)

図書館で3冊

いつものように買い物ついでに図書館で予約をしていた3冊を受け取りました。
物語 パリの歴史
「馬」が動かした日本史
日本思想史

うちの蔵書で参考文献に挙がっていたのは
背教者ユリアヌス」「ガリア戦記」「聖王ルイ
騎馬民族国家」「日本社会の歴史」「室町の王権
江戸の歴史家」「日本文化の歴史」「国家神道
天皇の祭祀

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

図書館で新書大賞コピー&4冊

陽気に誘われてブラブラ散歩をした後、
いつものように買い物をしてから図書館へ。
中央公論の最新号に新書大賞が掲載されているので
それをコピー。

大賞 独ソ戦 絶滅戦争の惨禍
第2位 ケーキの切れない非行少年たち
第3位 教育格差
第4位 日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学
第5位 「家族の幸せ」の経済学 データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実
第6位 幸福な監視国家・中国
第7位 女性のいない民主主義
第8位 資本主義の終わりか、人間の終焉か? 未来への大分岐
第9位 一切なりゆき 樹木希林のことば
第10位 オスマン帝国-繁栄と衰亡の600年史
第11位 ニック・ランドと新反動主義 現代世界を覆う〈ダーク〉な思想
第12位 不道徳的倫理学講義: 人生にとって運とは何か
第12位 ふたつの日本 「移民国家」の建前と現実
第14位 進化の法則は北極のサメが知っていた
第15位 上級国民/下級国民
第15位 社会学史
第17位 ゲノム編集の光と闇
第17位 AIの時代と法
第19位 老いと記憶-加齢で得るもの、失うもの
第20位 流言のメディア史

このうち読んでいるのは、「独ソ戦」「未来への大分岐」
「オスマン帝国」「社会学史」の4冊。
2,3,4,5,7,12、15と格差社会を描いたものが
並んでいるのが特徴的。
決してその辺に無関心というわけではないのですが
読んでいるのは歴史系(文化史、思想史)中心なもんで
一冊も手付かずです。

ついでに(どちらがついでだかわからないけど)
予約していた4冊を受け取りました。
ゴッホとゴーギャン
オランダ商館長が見た 江戸の災害
公家源氏―王権を支えた名族
時間はどこから来て、なぜ流れるのか? 最新物理学が解く時空・宇宙・意識の「謎」

今回は蔵書で参考文献に挙げられているのは
源氏と日本国王」だけでした。

 


| | コメント (0)

2020年1月31日 (金)

2月新刊から気になる新書・文庫・選書

2月の新刊のうち気になるものを私の蔵書とリンクさせて紹介します。

◎岩波新書「律令国家と隋唐文明」大津 透
対立よりも交流によって律令国家が生まれたということでしょうか。
手元のものでは「天智天皇」や「続日本紀」などが関係するかな。

◎中公新書「米の日本史-稲作伝来、軍事物資から和食文化まで」佐藤洋一郎
稲作の起源については「続・照葉樹林文化」、古代の農村は「古地図からみた古代日本」江戸時代なら「貧農史観を見直す」。
いや多分違う話だろうな。

◎中公新書「台湾の歴史と文化-六つの時代が織りなす「美麗島」」大東和重
日本統治下については「「大東亜民俗学」の虚実」にありますが、
中国史では「紫禁城史話」に触れられている程度です。

◎講談社現代新書「近代日本と軍部 1868-1945」小林道彦
明治維新から太平洋戦争までを明治憲法と軍部とのかかわりをえがくといいます。
どうしても明治万歳となりそうな予感がします。

◎講談社ブルーバックス「進化のからくり 現代のダーウィンたちの物語」千葉 聡
進化論についてはつい読みたくなってしまいます。
うちにあるのは「進化論が変わる」あたり。

◎ちくま新書「世界哲学史2─古代II 世界哲学の成立と展開」伊藤邦武,山内志朗,中島隆博,納富信留(編集)
本書で扱う宗教全体は「世界宗教史」でカバーできるし、
古代オリエントの宗教」も網羅的。
個別的には「ゾロアスターの神秘思想」も重要かも。

◎ちくまプリマー新書「一枚の絵で学ぶ美術史 カラヴァッジョ《聖マタイの召命》」宮下規久朗
書棚でカラヴァッジョを扱っているのは「NHK人間大学 絵画を読む」だけです。

◎平凡社新書「南方熊楠と宮沢賢治: 日本的スピリチュアリティの系譜」鎌田東二
鎌田東二の著作は「身体の宇宙誌」があります。
熊楠の著作では「南方熊楠コレクション」「十二支考」、賢治では「新編 風の又三郎」。
それぞれについては「南方熊楠を知る事典」や「図説 宮沢賢治」などいくつかあります。
スピリチュアルというと「「こっくりさん」と「千里眼」」あたりでしょうか、そっちでくくると妖しい方向に行くような危惧があります。

◎平凡社新書「日本語の連続/不連続: 百年前の「かきことば」を読む」今野真二
時間に余裕があったらざっと眺めて楽しめるのは間違いないはず。
それが説得力のある内容ならいいのですが。

◎白水社文庫クセジュ「100語でわかる遺伝学」ドミニク・ストッパ=リヨネ、スタニスラス・リヨネ
日本での一般向けの遺伝の本との違いがあれば面白いのかも。

◎岩波文庫「前方後円墳の時代」近藤義郎
前方後円墳についての古典でしょうか。
うちの蔵書では「王陵の考古学」ぐらいしかありません。

◎岩波文庫「日本の中世国家」佐藤進一
中世国家論では「寺社勢力」、幕府と朝廷の関係については「武家と天皇」でどうでしょうか。

◎岩波現代文庫「貨幣システムの世界史」黒田明伸
うちにあるのは「貨幣とは何だろうか」「幻想としての経済」かな。

◎講談社学術文庫「伊勢神宮と出雲大社」新谷尚紀
日本神話全体は「日本の神々」で、伊勢神宮については2冊の「アマテラスの誕生」と「アマテラスの誕生」。

◎講談社学術文庫「暦と占い 秘められた数学的思考」永田 久
蔵書で関連のありそうなものは「占星術の世界」「暦をつくった人々」「易のはなし」など。
けっこう好きな分野です。

◎講談社学術文庫「ドゥルーズ 流動の哲学 [増補改訂]」宇野邦一
うちに「ドゥルーズの哲学」はありますが、ハッキリ言って苦手です。

◎講談社学術文庫「南朝全史 大覚寺統から後南朝へ」森 茂暁
同じ著者による「皇子たちの南北朝」はあり、オリジナルも図書館から借りて読んだことはあります。
読ませます。

◎光文社古典新訳文庫「モーセと一神教」フロイト
宗教の起源についての心理学的なアプローチ。胡散臭く感じるのは私の先入観のなせるわざでしょうか。

◎光文社古典新訳文庫「共産党宣言」マルクス、エンゲルス
マルクスでは「ドイツ・イデオロギー」、マルエンでは「資本主義的生産に先行する諸形態」を持ってます。
これも持ってて損はないはずですが、運動に興味がないので買わずにいます。

◎講談社選書メチエ「詩としての哲学 ニーチェ・ハイデッガー・ローティ」冨田恭彦
アメリカ的なニーチェ、ハイデガー理解になるような気がします。古臭い私向きではないような。

◎筑摩選書「アジールと国家: 中世日本の政治と宗教」伊藤正敏
アジールといえば「無縁・公界・楽」。
本場のアジールなら「中世の星の下で」。
↑の「日本の中世国家」とも関連しそう。

◎角川選書「本能寺前夜 西国をめぐる攻防」光成準治
◎角川選書「信長と家臣団の城」中井 均
もちろん真面目な内容でしょうが、大河関連みたいな。

◎歴史文化ライブラリー「敗者たちの中世争乱: 年号から読み解く」関 幸彦
著者のものは「蘇る中世の英雄たち」「武士の誕生」があり、どちらもすこぶる刺激的です。
そういわれれば、承久の乱とか正中の変とか中世は年号物が多い。古代なら人名が多くて、近世だと地名が多い。
そんなバカな話ではないでしょう。

今月の目玉は
新書なら「律令国家と隋唐文明」。
「一枚の絵から始まる美術史」「南方熊楠と宮沢賢治」も要チェック。
文庫なら「日本の中世国家」「貨幣システムの世界史」「暦と占い」が気になります。
選書では「アジールと国家」でしょうか。
充実しています。

 

| | コメント (0)

2020年1月30日 (木)

図書館で1冊&書店で映芸

いい天気だったので、ブラブラ散歩。
図書館で1冊
新しい哲学の教科書 現代実在論入門

蔵書のうち膨大な参考文献に挙がっていたのは
死に至る病」「オリエンタリズム」「父と子
宗教生活の原初形態」「パンセ」「構造と力」の6冊だけ。
本論の主流になるようなものはなさそうな気がします。
最後までたどり着けるのかいささか心許ない感じです。

昨日書いた映画芸術の最新号買いました。
当然目的は日本映画2019年ベスト&ワーストです。
Eigei2020
ベストテンは昨日書きましたので、ベストからワーストを
引かない素点のみで順位をつければ『愛がなんだ』
旅のおわり世界のはじまり』『ひとよ』がテン入りします。
そっちの方が普通ではある。


| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

「旅に出る時ほほえみを」

池袋西武の三省堂で「旅に出る時ほほえみを」を購入。

Photo_20200127133501

以前サンリオ文庫ででていたものを白水社のUブックスから再刊されたもの。
ソ連時代の寓話っぽいSFです。
同じ訳者のものには手元に「南十字星共和国」があります。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧