2020年1月17日 (金)

TSUTAYAで5枚

久しぶりにTSUTAYAでDVDを5作レンタル。
そらのレストラン
Diner ダイナー
アンダー・ユア・ベッド』
ザ・ファブル
田園の守り人たち』

『そらのレストラン』は、この手はスルーしようかと思っていたのですが、映画好きの友人が勧めていたので。
『Diner ダイナー』は、この中ではいちばんの目玉。藤原くんというより蜷川さんの美学に注目しましょう。
『アンダー・ユア・ベッド』は、ただの悪い気分になる映画だけではない何かがあれば。
『ザ・ファブル』は、お笑いアクション?たぶんダメだと思うけど、木村さんと山本さんが頼りです。 
『田園の守り人たち』は、第一次大戦のころのフランス農村を描いた地味な作品。映像が良さそうな気配がしたので。

観る動機が全体に言い訳じみてます。


| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

第43回日本アカデミー賞各優秀賞発表

第43回日本アカデミー賞各部門の優秀賞が発表されました。

▽優秀作品賞
『キングダム』
『新聞記者』
『翔んで埼玉』
『閉鎖病棟 それぞれの朝』
『蜜蜂と遠雷』

▽優秀アニメーション作品賞
『空の青さを知る人よ』
『天気の子』
『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』
『ルパン三世 THE FIRST』
『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』

▽優秀監督賞
佐藤信介『キングダム』
周防正行『カツベン!』
武内英樹『翔んで埼玉』
平山秀幸『閉鎖病棟 それぞれの朝』
藤井道人『新聞記者』

▽優秀主演男優賞
笑福亭鶴瓶『閉鎖病棟 それぞれの朝』
菅田将暉『アルキメデスの大戦』
中井貴一『記憶にございません!』
松坂桃李『新聞記者』
GACKT『翔んで埼玉』

▽優秀主演女優賞
シム・ウンギョン『新聞記者』
二階堂ふみ『翔んで埼玉』
松岡茉優『蜜蜂と遠雷』
宮沢りえ『人間失格 太宰治と3人の女たち』
吉永小百合『最高の人生の見つけ方』

▽優秀助演男優賞
綾野 剛『閉鎖病棟 それぞれの朝』
伊勢谷友介『翔んで埼玉』
柄本 佑『アルキメデスの大戦』
岡村隆史『決算!忠臣蔵』
佐々木蔵之介『空母いぶき』
吉沢 亮『キングダム』

▽優秀助演女優賞
天海祐希『最高の人生の見つけ方』
小松菜奈『閉鎖病棟 それぞれの朝』
高畑充希『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
長澤まさみ『キングダム』
二階堂ふみ『人間失格 太宰治と3人の女たち』

▽優秀脚本賞
片島章三『カツベン!』
詩森ろば/髙石明彦/藤井道人『新聞記者』
徳永友一『翔んで埼玉』
平山秀幸『閉鎖病棟―それぞれの朝―』
三谷幸喜『記憶にございません!』

▽優秀美術賞
棈木陽次『翔んで埼玉』
磯田典宏『カツベン!』
斎藤岩男『キングダム』
上條安里『アルキメデスの大戦』
中澤克巳『閉鎖病棟―それぞれの朝―』

▽優秀撮影賞
河津太郎『キングダム』
柴崎幸三『閉鎖病棟―それぞれの朝―』
谷川創平『翔んで埼玉』
ピオトル・ニエミイスキ『蜜蜂と遠雷』
藤澤順一『カツベン!』

▽優秀照明賞
※『キングダム』照明部門の受賞対象者なし
上田なりゆき『閉鎖病棟―それぞれの朝―』
李家俊理『翔んで埼玉』
宗賢次郎『蜜蜂と遠雷』
長田達也『カツベン!』

▽優秀録音賞
加藤大和『翔んで埼玉』
久連石由文『蜜蜂と遠雷』
郡弘道『カツベン!』
小松将人『閉鎖病棟―それぞれの朝―』
横野一氏工『キングダム』

▽優秀編集賞
今井剛『キングダム』
河村信二『翔んで埼玉』
洲﨑千恵子『閉鎖病棟―それぞれの朝―』
古川達馬『新聞記者』
宮島竜治『アルキメデスの大戦』

▽優秀音楽賞
周防義和『カツベン!』
藤倉大/篠田大介『蜜蜂と遠雷』
やまだ豊『キングダム』
Face 2 fAKE『翔んで埼玉』
RADWIMPS『天気の子』

▽優秀外国作品賞
『イエスタデイ』(東宝東和)
『グリーンブック』(ギャガ)
『ジョーカー』(ワーナー・ブラザース映画)
『運び屋』(ワーナー・ブラザース映画)
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)

▽新人俳優賞
岸井ゆきの『愛がなんだ』
黒島結菜『カツベン!』
吉岡里帆『見えない目撃者』『パラレルワールド・ラブストーリー』
鈴鹿央士『蜜蜂と遠雷』
森崎ウィン『蜜蜂と遠雷』
横浜流星『愛唄 約束のナクヒト』『いなくなれ、群青』『チア男子!!』

 

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

2019年邦画マイベストテン

毎年投票していた日本インターネット映画大賞が終了してしまい、締め切りまでにできるだけ観なくてはという切迫感がなくなってしまいました。
いつまでも放っておくのも何なのでいちおう現在までの2019年邦画ベストテンを選んでみました。
町田くんの世界』石井裕也
さよならくちびる』塩田明彦
21世紀の女の子』山戸結希ほか
愛がなんだ』今泉力哉
チワワちゃん』二宮 健
半世界』阪本順治
ダンスウィズミー』矢口史靖
いちごの唄』菅原慎太郎
まく子』鶴岡慧子
長いお別れ』中野量太

ほぼレンタルDVD暮らしですのでこの時期までに観れるのはだいたい8月までの作品。
それでも上位6本は結構お気に入り。
小さな世界の話ばかりでこれぞという一本はありませんが、全体的には悪くはありません。
未見で気になるのは『よこがお』『火口のふたり
旅のおわり世界のはじまり』『凪待ち』『Diner ダイナー
『人間失格 太宰治と3人の女たち』『宮本から君へ
『蜜蜂と遠雷』『楽園』。
このうち何本が上位に入ってくるでしょうか。楽しみです。
ただ『人間失格』はDVD化されないのかも。

ちなみに海外映画で気になったのは
マイ・ブックショップ』ぐらい。
こっちはこれからに期待しましょう。

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

第74回毎日映画コンクール・ノミネート発表

第74回毎日映画コンクールのノミネートが発表になりました。

◇日本映画優秀賞 
火口のふたり」「新聞記者」「ひとよ」
「蜜蜂と遠雷」「宮本から君へ
◇男優主演賞
池松壮亮「宮本から君へ」
稲垣吾郎「半世界
柄本 佑「火口のふたり」
香取慎吾「凪待ち
成田 凌「カツベン!」
◇女優主演賞
蒼井 優「宮本から君へ」
岸井ゆきの「愛がなんだ
シム・ウンギョン「新聞記者」
瀧内公美「火口のふたり」
筒井真理子「よこがお
松岡茉優「蜜蜂と遠雷」
◇男優助演賞
渋川清彦「半世界」
鈴木亮平「ひとよ」
成田 凌「愛がなんだ」
成田 凌「さよならくちびる
長谷川博己「半世界」
吉澤 健「凪待ち」
◇女優助演賞
池脇千鶴「半世界」
市川実日子「よこがお」
片岡礼子「楽園
シム・ウンギョン「ブルーアワーにぶっ飛ばす」
松岡茉優「ひとよ」
◇スポニチグランプリ新人賞(男)
佐藤結良「僕はイエス様が嫌い
鈴鹿央士「蜜蜂と遠雷」
細田佳央太「町田くんの世界
皆川暢二「メランコリック」
YOSHI「タロウのバカ
◇同(女)
秋田汐梨「惡の華
佐久間由衣「“隠れビッチ”やってました。」
関水 渚「町田くんの世界」
玉城ティナ「悪の華」
森 七菜「地獄少女」
◇田中絹代賞
蒼井 優、天海祐希、風祭ゆき、斉藤由貴、筒井真理子、風吹ジュン、宮沢りえ(五十音順)

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

TSUTAYAで5本

いつものTSUTAYAでDVDを5枚レンタル。
すべて日本映画です。
居眠り磐音
洗骨
コンフィデンスマンJP
いちごの唄
長いお別れ

『居眠り磐音』は、剣の腕を隠した男が…というありがちな話のようですが、どうでしょう。>身は隠しましたが腕は隠していないんですね。本人は剣の腕で生きていけるでしょうが、残された許嫁は遊女となっても彼のことを慕っている。それはいい話ではありません。ダメな話です。
『洗骨』は、ゴリの映画という程度の知識ですが、奥田瑛二に乗っ取られてやしないかという気もします。
『コンフィデンスマンJP』は、ストリーに無理がなく楽しく進んでくれれば、女優さんがたくさん出ていることですし問題ないはずですが。>ダメでした。普通に見られたのは最後の謎ときだけ。そこまでタルくてみるのが苦痛でした。
『いちごの唄』は、粗筋だけみるとどうかと思いますが、清原さんが可愛ければOKです。>主人公何なのでしょう。発達障害をキャラの面白さと描くのはいかがでしょう(そう観るのは私の心が歪んでいるからなのでしょうが)。女優陣は、清原さん、石橋さん、岸井さん、みんな素敵なのに、惜しい。
『長いお別れ』は、友人がいいと言っていたし、それでなくても蒼井優さんが主演ですから見逃す手はありません。>笑わせて泣かせて日本映画の伝統的コメディなのでしょう。悪くはないと思います。でも、『寅さん』を1本も観ていないぐらいですからそういう映画は私の好みではありません。残念です。

 

| | コメント (0)

追悼 梅宮辰夫

俳優の梅宮辰夫さんが亡くなりました。
東映黄金時代にデビューをして多数のヤクザ映画に出演しています。
生涯出演作品はおよそ250本。ただし彼の代表作ともいうべき『不良番長』シリーズ『夜の歌謡』シリーズなどは観ていませんので、彼が主演している作品で観ているのは残念ながら『衝撃!売春都市』のみ。
私が観ているのは以下の33本。

誇り高き挑戦
暗黒街大通り
仁義なき戦い
仁義なき戦い 代理戦争
仁義なき戦い 頂上作戦
衝撃!売春都市
仁義の墓場
県警対組織暴力
資金源強奪
青春の門 自立篇
野性の証明
悪魔が来りて笛を吹く
総長の首
不良少年
太陽のきずあと
大日本帝国
鬼龍院花子の生涯
卍 まんじ
小説吉田学校
カポネ大いに泣く
パンツの穴 花柄畑でインプット
生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言
化身
旅路 村でいちばんの首吊りの木
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭
恋はいつもアマンドピンク
恋子の毎日
226
せんせい
花の降る午後
略奪愛
継承盃
ズッコケ三人組 怪盗X物語

80年代後半以降はほとんど梅宮辰夫というキャラを演じているようなものでした。

というわけで、私は梅宮辰夫の本当の魅力は知らないままです。

合掌

 

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

発表!日刊スポーツ映画大賞

第32回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞が発表になりました。
作品賞 『新聞記者』監督:藤井道人
監督賞 真利子哲也監督「宮本から君へ」
主演男優賞 池松壮亮「宮本から君へ」
主演女優賞 松岡茉優「蜜蜂と遠雷」
助演男優賞 渋川清彦「閉鎖病棟-それぞれの朝-」
「WE ARE LITTLE ZOMBIES」
半世界
助演女優賞 市川実日子「よこがお」「初恋~お父さん、チビがいなくなりました
新人賞 清原果耶「愛唄 -約束のナクヒト-」「いちごの唄」「デイアンドナイト
外国作品賞 『グリーンブック』監督:ピーター・ファレリー
石原裕次郎賞 『アルキメデスの大戦』監督:山崎 貴
石原裕次郎新人賞 成田 凌「翔んで埼玉」「人間失格 太宰治と3人の女たち」「さよならくちびる」「愛がなんだ」「チワワちゃん

助演男優賞が意表をついていますが、それよりも作品賞はどうなんでしょう。
私には内容はともかく映画としての魅力は感じませんでしたが。

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

追悼 松本ちえこ

元アイドル歌手の松本ちえこさんが亡くなりました。
74年に「ボーイフレンド」でデビュー。
CMで人気者となり、「恋人試験」がスマッシュヒットとなりました。
美少女というよりも愛嬌のあるキャラが受けたのでしょう。
80年代後半以降なら間違いなくバラエティ向きでしょう。
シングル盤10枚は持っていました。
Matsumoto_chieko_boyfriendMatsumoto_chieko_mabushiikare
Matsumoto_chieko_koibitoshikenMatumoto_tieko_boku
Matsumoto_chieko_hijugyouchuuMatsumoto_chieko_umibenoaitsu
Matumoto_tieko_amoidebusokuMatumoto_tieko_flowermessage
Matsumoto_chieko_wonderfulheroMatsumoto_chieko_kawaiianata
ラストシングルとなった「かわいい貴方」は、小泉まさみ作曲によるビートルズ風の名曲です。
80年代には女優に転身しましたが、目立った活躍はありませんでした。
映画出演も6作あり、そのうち3作観ています。
博多っ子純情
元祖大四畳半大物語
夕ぐれ族
『博多っ子純情』は光石研がオーディションで選ばれた思春期映画の傑作。彼女はもちろんヒロインです。

合掌

















| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

発表!第41回ヨコハマ映画祭

第41回ヨコハマ映画祭
2019年日本映画ベストテン
第1位「火口のふたり」  荒井晴彦
第2位「蜜蜂と遠雷」  石川 慶
第3位「愛がなんだ」  今泉力哉
第4位「宮本から君へ」  真利子哲也
第5位「半世界」  阪本順治
第6位「新聞記者」  藤井道人
第7位「ひとよ」  白石和彌
第8位「岬の兄妹」  片山慎三
第9位「よこがお」  深田晃司
第10位「さよならくちびる」塩田明彦
 次点「凪待ち」  白石和彌

2019年日本映画個人賞
作品賞「火口のふたり」
監督賞 石川 慶「蜜蜂と遠雷」
監督賞 今泉力哉「愛がなんだ」「アイネクライネナハトムジーク」
森田芳光メモリアル新人監督賞
    片山慎三「岬の兄妹」
脚本賞 阪本順治「半世界」
撮影賞 四宮秀俊「宮本から君へ」「さよならくちびる」
主演男優賞 池松壮亮「宮本から君へ」
主演女優賞 門脇 麦「さよならくちびる」
主演女優賞 小松菜奈「さよならくちびる」
助演男優賞 成田 凌「愛がなんだ」「さよならくちびる」
助演女優賞 池脇千鶴「半世界」
最優秀新人賞
 瀧内公美「火口のふたり」
 鈴鹿央士「蜜蜂と遠雷」
 杉田雷麟「半世界」
 山田杏奈「小さな恋のうた
 特別大賞 荒井晴彦

28日の日刊スポーツ映画大賞のノミネートに感じた欠落感がこれを見ると氷解します。
私としてはこっちが納得です。

 

| | コメント (0)

決定!報知映画賞

報知映画賞の各賞が決定しました。

■作品賞・邦画部門:『蜜蜂と遠雷』(監督:石川 慶)
■作品賞・海外部門:『ジョーカー』(監督:トッド・フィリップス)
■アニメ作品:『天気の子』(監督:新海 誠)
■主演男優賞:中井貴一(『記憶にございません!』)
■主演女優賞:長澤まさみ(『マスカレード・ホテル』『コンフィデンスマンJP ロマンス編』)
■助演男優賞:成田 凌(『チワワちゃん』『愛がなんだ』『さよならくちびる』)
■助演女優賞:小松菜奈(『来る』『閉鎖病棟―それぞれの朝―』)
■監督賞:佐藤信介(『キングダム』)
■新人賞:鈴鹿央士(『蜜蜂と遠雷』)
■新人賞:玉城ティナ(『Diner ダイナー』『惡の華』)
■特別賞:『翔んで埼玉』(監督:武内英樹)

いちばん納得できるのが助演男優賞の成田 凌ですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧