2019年5月31日 (金)

友人と映画

古くからの友人と日比谷で映画を観る。
約束の時間まで余裕があったので池袋でBOOKOFFに立ち寄り
CDを2枚ゲット。
ゴールデン☆ベスト 佐野量子
石嶺聡子Best Collection

 

ともにベスト盤です。
石嶺聡子は格安だったのでつい。
いらなかったかな。
でも、尾崎亜美の「私がいる」が収録されてるからいいか。

ちなみにうちにあったシングルは


 

昼過ぎに日比谷で友人と落ち合いTOHOシネマズで
『さよならくちびる』
門脇麦と小松菜奈主演で監督が塩田明彦。
還暦過ぎのジジイがふたりして観るというのも乙なもの。
これでつまらなかったら怒ります。
女優ふたりの歌声が良くって、しかも秦基博とあいみょんだもの曲がいい。おまけにギターの音がいい。
やっぱり新しい映画館は音がきれいだ。
それだけでも映画館で観た甲斐はあるというもの。
ただドラマをもっとシビアに描いてもらいたかった気はします。
ハルとレオそしてシマの三角関係とレオの男性関係。泣き叫んだりしないところがいいところではあるんでしょうが、そうしなくてももっとキリキリするような描き方はあったのでは。これではあっさりし過ぎ。いやあっさりしていないと言われるのかもしれませんが。

鑑賞後にミッドタウンの地下通路でずっと映画の話。
やつの話はいろいろためになる。
いやちょっとくど過ぎるきらいはあるのだけれど。

帰宅後、彼との話を反芻してみる。
お前にとっていちばんの映画女優は誰かと聞かれて、とっさに薬師丸ひろ子と答えました。
本当にそれでよかったのだろうか。例えば1970年代の秋吉久美子の自由奔放さに全然かなわないだろうし、2000年代の宮崎あおいの心を締め付けるような絶望や哀しみはありません。
『放課後』の栗田ひろみや『精霊のささやき』のつみきみほのような一瞬のきらめきはないかもしれません。
でも、キャラクターで演じていないといっていいのでしょうか。薬師丸さんはずーっと薬師丸ひろ子でありつづけているような気がします。
そう言いながら思い出している映画は『メイン・テーマ』だったりします。
今度同じ質問をされたらやっぱり薬師丸さんと答えるでしょう。

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

追悼 降旗康男

映画監督の降旗康男氏が亡くなりました。
1966年『非行少女ヨーコ』で監督デビューをして以来、東映から
数多くの任侠映画をヒットさせました。
一時テレビドラマがメインとなりましたが、78年の『冬の華』以降
居酒屋兆治』『鉄道員』など高倉健と組んで多くのヒット作を
残しています。
手懸けた劇場映画は意外と少なく49作だけ。

そのうち私が観ているのは以下の14本のみ。
監督のキャリアでは後半のみで任侠映画は1本もありません。
冬の華
駅 STATION
居酒屋兆治
魔の刻
夜叉
別れぬ理由
あ・うん
タスマニア物語
寒椿

鉄道員
赤い月
少年H
追憶

残念ながら私の年間ベストテンに入っている作品もありません。
どの作品もしっかり作られている良心作なことはわかりますが、
健さん的ヒーローが私の琴線には触れなかったということでしょう。

合掌

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

追悼 京マチ子

女優の京マチ子さんが亡くなりました。

出演作品は100本ぐらいでしょうか。
そのうち私が観ているのは11本。
羅生門
雨月物語

足にさわった女
婚期
女の勲章
釈迦
ある映画監督の生涯 溝口健二の記録
金環蝕
妖婆
『化粧』

繊細というよりはドーンと構えている印象の演技ですが私の好みではありませんでした。
今井正とは思えぬ怪作『妖婆』に『羅生門』『穴』など意欲的な作品も多いのですが。

合掌

| | コメント (0)

TSUTAYAで5本

しばらく忙しくて行けなかったTSUTAYAでDVDを5枚借りました。
羊と鋼の森
菊とギロチン
きみの鳥はうたえる
ビブリア古書堂の事件手帖
生きてるだけで、愛。
 全部日本映画。期待作ぞろいです。

『羊と鋼の森』は、あまり世評は高くありませんが、ずっと貸し出し中でなかなかレンタルできなかったので、期待感だけ高まっています。>ピアノからいい音が響くと北海道の森に抱かれたような気持になるというシンプルな映画です。それを美しい映像と音楽で表現しています。誰も評価してませんがいいんじゃないでしょうか。上白石姉妹も頑張っていたし、両親を亡くした少年のエピソードも悪くはありません。主人公が泣き叫んだりしない方が良かったでしょう。ほとんど原作の力だと思うのですが小説で読んでいいと思うかはまた別だと思います。
『菊とギロチン』は、アナキストと女相撲という設定に勝手に妄想して惹かれます。>頭でっかちのアナキストたちよりも女力士たちは自分の土俵を自分の力で立っています。彼女たちは差別や偏見と文字通り体ごとぶつかっていきます。それでも私は役にも立たないアナキストたちにあこがれます。そして満州を夢見て果たせないテロリストに神代監督の傑作『宵待草』を思い出しました。ただし3時間は長すぎます。
『きみの鳥はうたえる』は、石橋さんが主演で舞台が函館、それだけでも普通に考えていちばんの期待作です。>石橋さんが可愛い。バーで踊っているところ、「オリビアを聴きながら」を歌っているところ。ラストの表情まで全部可愛い。ただ柄本くんは性に合わない。嫌いになっちゃいます。男がわかりません。というわけで作品全体とすれば微妙なところです。
『ビブリア古書堂の事件手帖』は、評判の良くなかった剛力さんのテレビドラマ版も好きでしたけど、黒木さんのほうがピッタリでしょう。>夏帆さんのエピソードに比べてメインの黒木さんの話が展開しません。隠されたエロスみたいなものを描きたかったような気はしますが、私にはうまく伝わりませんでした。漱石だ太宰だという前に本そのものへの愛があればなあと思いましたが、それは違う方向なのかもしれません。黒木さんの雰囲気だけではやや上滑りが過ぎた気がしました。残念。
『生きてるだけで、愛。』は、ヒロインのキャラクターにはずれの危険性も感じながら、それでも観る価値はあるはずです。>あらすじを書いたりすると嫌になっちゃいそうな作品です。ヒロインだって決して好きではないのですが、身につまされて忘れられなくなりそうな作品です。

あと昨年公開の邦画で残っている目ぼしいのは『日日是好日』と『鈴木家の嘘』ぐらいでしょうか。
この5本が良かったこともあってなかなか2018年度の年間ベストテンが決まりません。とりあえずは選んでも次の日にはまた順位が変わってしまいます。けっこうぜいたくな悩みです。
外国映画はゼロ。私の好きな外国映画ってあるんでしょうか。観ようかとリストアップしているのは『メアリーの総て』『悲しみに、こんにちは』『ライ麦畑で出会ったら』と昔の小説をテーマにしたやつばっかりです。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

期日前投票からTSUTAYAへ

土日と時間が取れないので期日前投票に行ってきました。
投票する政党会派はこのところだいたいいつも一緒なのだけど、
誰がいちばん危ないのか見極めが難しいところ。
区議会議員は小選挙区じゃない(どころか定員50の大選挙区な)
のでこの選択する楽しみがある。
期日前投票の投票数はおおよそ前回の2割増しといったところ。
そうはいっても選挙が盛り上がっているとは到底思えず、
当日の投票率は低そうな気がします。

帰りに久しぶりにTSUTAYAでDVDを5枚借りてきました。
万引き家族
響 -HIBIKI-
止められるか、俺たちを
ハード・コア
チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

『万引き家族』は、安藤さんに松岡さん。しかもカンヌですからね。
つまらないはずはないとはいうものの、粗筋聞く限りでは不安は大。
>つまらなくはないけど、すっきりしません。あの女の子は親に殺されてしまうのでしょうか。ニュースを見ているとそんな気になります。主題は万引きじゃなくて虐待と誘拐それに死体と年金。そう『ごっこ』と一緒です。映像も演技もダンチですが、切実感ではどうでしょう。
『響-HIBIKI-』は、天才少女小説家の話。とにかく天才に見えてさえいれば成功だと思います。>微妙ですね。たぶん面白いとは思うのですが、なんであの子は殴るのでしょうか。あれでは、あの子の天才が伝わったとは言い切れません。ただ好き嫌いがはっきりしている女子高生というだけです。可愛いから殴られてもいいんですけどね。
『止められるか、俺たちを』は、門脇さんですし、いちばんの期待作でもあり、外れも怖いです。>実名バンバンの若松プロもの。映芸の荒井さんも登場というわけで低かったのでしょうか。もっとも内容は過激なのかと思ったらセンチメンタルなエンディングでした。彼女を主人公にした時点でそうはなりますが、流され過ぎたきらいもあります。若松プロが面白くないわけはないのですが、それ以上の何かも期待してしまいます。もちろん、嫌いじゃないですよ。
『ハード・コア』は、よくわかりません。でも何か面白そう。>山下作品に失礼ですが、これは予想外の拾い物。右翼にはまっている兄と商社マンの弟の対比といいながら、どちらも実のところずれまくっている。正しいものは正しい、と山田は言うが本気か?正しいのか?いや、最後荒川が覚醒するのではと期待してしまったのだが。それはともかくめちゃくちゃな展開を楽しめました。
『チューリップ・フィーバー』は、オランダのチューリップ・バブルと人妻の恋。衣装と美術に期待しましょう

| | コメント (0)

2019年3月29日 (金)

追悼 萩原健一

 歌手で俳優の萩原健一氏が亡くなりました。
1967年にグループサウンズのザ・テンプターズのヴォーカルとしてデビューをします。
絶頂期にはザ・タイガースに次ぐ人気GSでした。タイガースが貴公子だとすればテンプターズは不良の魅力がありました(当時のライブを見ていませんがストーンズっぽかったらしいです)。
グループ解散後は沢田研二とツインヴォーカルのスーパーグループPYGを結成(ほかにスパイダースの井上堯之、大野克夫、タイガースの岸部おさみ、テンプターズの大口広司)しましたが、期待通りの成果を上げられずに解散、俳優へと転身をします。私はなぜかPYGのライブを札幌で観ています。民放主催の無料のコンサートでしたが。
以後、映画では『約束』『股旅』『青春の蹉跌』、テレビでも“太陽にほえろ”“傷だらけの天使”“前略おふくろ様”などで高い評価を受けて70年代後半を代表する俳優となります。
映画の出演作数は、問題を起こしてブランクもあるため意外と少なく38本で、そのうち以下の25本を観ています。
 
ザ・テンプターズ 涙のあとに微笑みを
約束
股旅  
青春の蹉跌
雨のアムステルダム
アフリカの光
鴎よ、きらめく海を見たか めぐり逢い
八つ墓村
その後の仁義なき戦い
影武者
魔性の夏 四谷怪談より
誘拐報道
竜二
もどり川
カポネ大いに泣く
瀬降り物語
恋文 
南へ走れ、海の道を!
夜汽車
竜馬を斬った男
渋滞
いつかギラギラする日
居酒屋ゆうれい
天使の牙 B.T.A
月の砂漠

このうち私の年間ベストテンに入っているのは『約束』72年5位、 
『股旅』73年2位、『青春の蹉跌』74年1位、『魔性の夏』81年9位、 
『居酒屋ゆうれい』94年8位と5本もあります。しかもすべて主演。
なかでも“エンヤートット”が耳に残る『青春の蹉跌』は
オールタイムのベスト5に入る傑作でしょう。
80年代の『もどり川』『恋文』も忘れ難い破滅型のいい俳優でした。

 
ちなみに手元にはPYGのCDがあります。ナイスです。
ザ・テンプターズ時代ではなぜか「純愛」が、つい口ずさんでしまうほどいちばんのお気に入りです。

Pyg_hitcollection_1

 

合掌

 

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

追悼 内田裕也

ココログがようやく復旧しました。
しっかりしてください。
その間に、ロック歌手内田裕也が亡くなりました。
といっても私には樹木希林さんとは違い彼の歌に何の思い入れもありませんので、
彼の記憶は、ほとんど俳優内田裕也でしかありません。

出演作は約44本。
そのうち私が観ているのは以下の23本。約半分です。

赤目四十八瀧心中未遂
エロティックな関係
魚からダイオキシン!!
花園の迷宮
さらば愛しき人よ
コミック雑誌なんかいらない!
十階のモスキート
戦場のメリークリスマス
さらば相棒 ROCK is SEX
コールガール
水のないプール
ヨコハマBJブルース
嗚呼!おんなたち猥歌
少女娼婦 けものみち
スーパーGUNレディ ワニ分署
餌食
エロチックな関係
ピンクヒップガール 桃尻娘
実録不良少女 姦
不連続殺人事件
お嫁においで
クレージーだよ 奇想天外
エレキの若大将
けっこう好きな作品が並んでいます。
私の年間ベストテンに入っているのが『エレキの若大将』
『不連続殺人事件』『桃尻娘』『少女娼婦 けものみち』の4作。
ほかにも『不良少女 姦』や『嗚呼!おんなたち 猥歌』
『十階のモスキート』なんかも印象に残っています。
演技というより監督と彼の柄が合えば面白くなるような気もしました。
合掌

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

TSUTAYAで5本

上の子の用で練馬の郵便局に行ったのち石神井公園に移動してTSUTAYAへ。
久しぶりにDVDを5本レンタルしました。
ごっこ
このところ借りてなかったので、期待の作品が揃っています。
『花筐』は、2017年の大林監督作品。それだけで必見です。>前半の持って回った表現と展開にイライラしっぱなしでしたが、中盤以降少女たちをめぐってドラマが展開してゾクゾクしました。少女たち(+常盤さん)の視線と少年(?)たちの心のすれ違いが『姉妹坂』のように大林監督の独擅場で見事に描かれています。とく以前の柴山智加さんを思わせる山崎紘菜さんに心躍らせました。で、映画全体としてはどうなんでしょう。主人公はただの傍観者のように見えてしまいます。そこが歯がゆく、前半の居心地の悪さも含めていささか評価を下げてしまいました。後半は言うことはないのですが。
『寝ても覚めても』は、主演の唐田さんはよく知りませんが、グチャグチャしたメロドラマのようで期待大。>微妙なところです。ふたたび麦が現れて、ヒロインの心が動き出してからは映画も飛躍的に動き始めますが、それまでは私には退屈でした。演技の話とか必要なんでしょうか。丁寧な前半があってこその後半かとも思うのですが、自らを閉ざしたヒロインにイライラするばかりでした。とはいえ、初めて運命に向っていくヒロインにはグイグイ魅入られていきました。ラストはおそらくはあの住宅が洪水にでも会うことを予感させて終わります。それもまた運命とでもいうように。いや、後半だけ見ると傑作なんですけどね。あれ?上と同じような感想だな。
『ごっこ』は、大当たりか大外しかどちらもありえそう。>『キッドナップブルース』みたいな、女の子を誘拐する話かと思ってました。半分当たってましたが、もう少し嫌な話でした。あれはなかろうと思います。ただ、あんなことがあってもあの子はちゃんと成長して良かったなあ。あの子は良かった。それだけが救いでした。それにしても優香さんはいいなあ。と見惚れてしまいます。
『検察側の罪人』は、たぶん好みではないと思いますが、きちんと作られていれば見る価値はあるでしょう。>予想通りです。ストーリーとすればあり得ないほど嫌な話ですが、ちゃんと作られていることは確かです。松重さんがいい味出していますが、もう少し女優陣に活躍の場があれば良かったろうにと思いました。
『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は、女の子が2人主演ですから見逃す手はないでしょう。>うーん。あの男子の必要性はどこに?他人を貶めて平気なのに自分は助かりたいみたいなひとりよがりな人間にしか見えないのだけど。やつを触媒に志乃ちゃんは強くなったと言いたいのでしょう。それでいいのか私には疑問です。もちろんあの二人の女の子はキラキラしているのですが、この映画のハードルは相当つらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

00年代映画ベストテン

一昨日に続いて、00年代の日本映画外国映画のベストテンを選んでみました。


 


リリイ・シュシュのすべて』岩井俊二
空気人形』是枝裕和
リンダリンダリンダ』山下敦弘
恋愛寫眞』堤 幸彦
ルート225』中村義洋
犬猫』井口奈巳
きょうのできごと/a day on the planet』行定 勲
tokyo.sora』石川 寛
ハルフウェイ』北川悦吏子
EUREKA』青山真治


 


1位は外せないでしょう。岩井さんだし蒼井さんだし。
2位と3位がペ・ドゥナ主演というのは我ながらびっくり。
4位は広末さん、5位はたぶん誰も選ばないでしょうが多部さんが頑張っています。
6位~9位は何事もない映画。ダラダラした感じが心地いい。
最後の1本は『愛のむきだし』にしようかとも思ったけど、宮崎さんは入れておきたかったので。


 


つづいて外国映画
初恋のきた道』チャン・イーモウ
藍色夏恋』イー・ツーイェン
銀河ヒッチハイク・ガイド』ガース・ジェニングス
パンズ・ラビリンス』ギレモル・デル・トロ
アメリ』ジャン=ピエール・ジュネ
ビッグ・フィッシュ』ティム・バートン
ボルベール<帰郷>』ペドロ・アルモドバル
ローズ・イン・タイドランド』テリー・ギリアム
小さな中国のお針子』ダイ・シージエ
プルートで朝食を』ニール・ジョーダン


 


中国系が3作品も入っています。
あとは、ほら話が多く選ばれています。90年代同様やや小粒に感じられます。それは作品のせいではなく、私の感性が年老いて鈍っているっていうことでしょうけどね。


あ、ジュネの『ロング・エンゲージメント』忘れてた。『アメリ』より好きでしょう。入れ替えよう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 1日 (金)

日本アカデミー賞

第42回日本アカデミー賞最優秀賞の発表がありました。

『万引き家族』が、作品、監督、脚本、主演女優、助演女優、音楽、撮影、照明の8部門で最優秀賞。
『孤狼の血』が主演男優、助演男優、美術、録音の4部門。
ほかは、『カメラを止めるな!』が編集、
『未来のミライ』がアニメーション作品、
『ボヘミアン・ラプソディ』が外国作品で最優秀賞。
圧倒的に『万引き家族』でした。
無難に逃げましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧