2019年1月23日 (水)

毎日映画コンクール発表

第73回(2018年)毎日映画コンクール各賞が発表になりました。

作品部門
日本映画大賞 『万引き家族
日本映画優秀賞 『菊とギロチン』
外国映画ベストワン賞 『スリー・ビルボード

俳優部門
男優主演賞 柄本佑『きみの鳥はうたえる』
女優主演賞 安藤サクラ『万引き家族』
男優助演賞 塚本晋也『斬、』
女優助演賞 樹木希林『万引き家族』
スポニチグランプリ新人賞 玉置玲央『教誨師』、木竜麻生『菊とギロチン』
田中絹代賞 白川和子

スタッフ部門
監督賞 上田慎一郎『カメラを止めるな!
脚本賞 野尻克己『鈴木家の嘘』
撮影賞 月永雄太『モリのいる場所
美術賞 原田満生、堀明元紀『日日是好日』
音楽賞 Hi'Spec『きみの鳥はうたえる』
録音賞 吉田憲義『日日是好日』

ドキュメンタリー部門
ドキュメンタリー映画賞 『廻り神楽』

アニメーション部門
アニメーション映画賞 『若おかみは小学生!
大藤信郎賞 『リズと青い鳥

TSUTAYA×Filmarks映画ファン賞
日本映画部門 『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
外国映画部門 『ボヘミアンラプソディ』

特別賞
戸田奈津子

わたしの観ている作品は『カメラを止めるな!』と『モリのいる場所』の2本だけ。観るべき作品をまだまだ観ていないということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

決定 ブルーリボン賞

第61回(2018年度)ブルーリボン賞が決定しました。

作品賞 『カメラを止めるな!
監督賞 白石和彌 『孤狼の血』『止められるか、俺たちを』『サニー/32
主演男優賞 舘ひろし 『終わった人
主演女優賞 門脇麦 『止められるか、俺たちを』
助演男優賞 松坂桃李 『孤狼の血』
助演女優賞 松岡茉優 『万引き家族』『ちはやふる -結び-』
新人賞 南沙良 『志乃ちゃんは自分の名前が言えない
外国作品賞 『ボヘミアン・ラプソディ』

主演男優賞がいちばんの意外でしょうか。
あとは順当といっていいでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

TSUTAYAで5本

練馬のTSUTAYAで5本レンタルしました。
日本映画が3本で外国映画が2本。
のみとり侍
友罪
月と雷
告白小説、その結末
マルクス・エンゲルス

『のみとり侍』は、アイデアは悪くないと思いますが、ハズレたら目も当てられないそんな作品です。>志はあるのでしょうが如何せん詰まりません。のみとり場面でもっとえげつなく描くとか、まあそれは違う映画でしょう。というわけでただの下手な映画になってしまいました。残念。
『友罪』は、観るのをためらわせるようなイヤな話っぽいですが、好きな女優さんがたくさん出るので。>どうだろう。この嫌な感じは。結局どうなったんだろうか。もやもやを残したまま終わってしまいました。女優さんたちは想像した通りいい演技をしていましたし、主演のふたりも悪くはありません。でもいかんせん話が収斂しません。落ちがなさすぎます。俳優も撮影もいいはずなのに…。
『月と雷』は17年の作品。いつものレンタルショップには置いてなかったんですが、ここにはありました。>最初はこれまたヒロインが図々しい男(いつもながらの高良くん)に振り回される嫌な話かと思いきや、次第に流されているようで流れに乗っていく彼女の生き方がなじんできたのか素直に見ることができました。
『告白小説、その結末』は、『ローズマリーの赤ちゃん』や『テス』『戦場のピアニスト』が私の年間ベストテンに入っているぐらいにはお気に入りのポランスキー監督作品。期待しましょう。>うーん。あの程度の結末では満足出来ませんでした。エルが実在でもヒロインの妄想でもいいのですが、ヒロインに魅力がないことにはきつ過ぎます。ポランスキーにして老いには勝てないのか、残念でした。
『マルクス・エンゲルス』は社会主義マルエンの伝記。私のような年寄りには親しみがあります。どんな視点の作品でしょうか。>真面目な伝記映画でした。どんでん返しはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本アカデミー賞ノミネート発表

第42回日本アカデミー賞の優秀賞が発表になりました。

優秀作品賞
『カメラを止めるな!』
『北の桜守』
『孤狼の血』
『空飛ぶタイヤ』
『万引き家族』

優秀アニメーション作品賞
『ドラゴンボール超 ブロリー』
『ペンギン・ハイウェイ』
『未来のミライ』
『名探偵コナン ゼロの執行人』
『若おかみは小学生!』

優秀監督賞
上田慎一郎『カメラを止めるな!』
是枝裕和『万引き家族』
白石和彌『孤狼の血』
滝田洋二郎『北の桜守』
本木克英『空飛ぶタイヤ』

優秀脚本賞
池上純哉『孤狼の血』
上田慎一郎『カメラを止めるな!』
是枝裕和『万引き家族』
那須真知子『北の桜守』
林 民夫『空飛ぶタイヤ』

優秀主演男優賞
岡田准一『散り椿』
舘ひろし『終わった人』
濱津隆之『カメラを止めるな!』
役所広司『孤狼の血』
リリー・フランキー『万引き家族』

優秀主演女優賞
安藤サクラ『万引き家族』
黒木 華『日日是好日』
篠原涼子『人魚の眠る家』
松岡茉優『勝手にふるえてろ』
吉永小百合『北の桜守』

優秀助演男優賞
岸部一徳『北の桜守』
ディーン・フジオカ『空飛ぶタイヤ』
西島秀俊『散り椿』
二宮和也『検察側の罪人』
松坂桃李『孤狼の血』

優秀助演女優賞
樹木希林『日日是好日』
樹木希林『万引き家族』
篠原涼子『北の桜守』
深田恭子『空飛ぶタイヤ』
真木よう子『孤狼の血』
松岡茉優『万引き家族』

優秀音楽賞
小椋佳/星勝/海田庄吾『北の桜守』
加古 隆『散り椿』
鈴木伸宏/伊藤翔磨/永井カイル『カメラを止めるな!』
細野晴臣『万引き家族』
林 民夫『空飛ぶタイヤ』
安川午朗『孤狼の血』

優秀撮影賞
木村大作『散り椿』
近藤龍人『万引き家族』
曽根 剛『カメラを止めるな!』
灰原隆裕『孤狼の血』
浜田 毅『北の桜守』

優秀照明賞
宗 賢次郎『散り椿』
藤井 勇『万引き家族』
川井 稔『孤狼の血』
高屋 斎『北の桜守』

優秀美術賞
今村 力『孤狼の血』
西村貴志『空飛ぶタイヤ』
原田満生『散り椿』
部谷京子『北の桜守』
三ツ松けい子『万引き家族』

優秀録音賞
浦田和治『孤狼の血』
小野寺 修『北の桜守』
栗原和弘『空飛ぶタイヤ』
古茂田耕吉『カメラを止めるな!』
冨田和彦『万引き家族』

優秀編集賞
上田慎一郎『カメラを止めるな!』
加藤ひとみ『孤狼の血』
川瀬 功『空飛ぶタイヤ』
是枝裕和『万引き家族』
李 英美『北の桜守』

優秀外国作品賞
『グレイテスト・ショーマン』
『シェイプ・オブ・ウォーター』
『スリー・ビルボード』
『ボヘミアン・ラプソディ』
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

新人俳優賞
上白石萌歌『羊と鋼の森』
趣里『生きてるだけで、愛。』
平手友梨奈『響ーHIBIKI-』
芳根京子『累―かさね―』『散り椿』
伊藤健太郎『コーヒーが冷めないうちに』
中川大志『坂道のアポロン』『覚悟はいいかそこの女子。』
成田 凌『スマホを落としただけなのに』『ビブリア古書店の事件手帖』
吉沢 亮『リバーズ・エッジ』

どんだけ『北の桜守』が好きなのかっていう感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

追悼 市原悦子

女優の市原悦子さんが亡くなりました。
基本的に舞台の人ですが、TVでは漫画昔ばなしのナレーションのほか、コミカルなキャラで人気を得ていました。
映画では90本以上の作品に出演していますが、助演がほとんどですので資料によって出演作が定まっていません。
私が観ているのはそのうち以下の16本だけです。あまりいい観客ではありませんね。60年代の出演作品をほとんど観ていないので仕方ないです。

日本脱出
五瓣の椿
霧の旗
風林火山
遺書 白い少女
金閣寺
青春の殺人者
八つ墓村
さらば、わが友 実録大物死刑囚たち
幸福
ふるさと
序の舞
黒い雨
うなぎ
あん
君の名は。

なかでも『青春の殺人者』のエゴの塊のような母親役は代表作といっていいでしょう。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

2018日本インターネット映画大賞投票

本年も日本インターネット映画大賞に投票します。

日本映画

【日本映画作品賞】
1位  「リバーズ・エッジ」 8点
2位  「カメラを止めるな!」6点
3位  「モリのいる場所」  3点
4位  「嘘を愛する女」   3点
5位  「今夜、ロマンス劇場で」3点
6位  「犬猿」    2点
7位  「羊の木」   2点
8位  「焼肉ドラゴン」1点
9位  「坂道のアポロン」1点
10位  「ちはやふるー結びー」1点
【コメント】
まだ「きみの鳥はうたえる」「寝ても覚めても」「万引き家族」
「止められるか、俺たちを」「日日是好日」など未見の作品が多くて
発展途上のベストテンです。とはいえ二階堂さん渾身の「リバーズ・
エッジ」、映画の力を再確認させた「カメラを止めるな!」を選べた
ことは収穫でした。
【日本映画監督賞】          
   [上田慎一郎]
【コメント】
今年最大の話題作「カメラを止めるな!」の成功は上田監督の功績です。
【日本映画主演男優賞】
   [棄権]
【コメント】
例年通り男優に興味ありません。
【日本映画主演女優賞】
   [井上真央]
【コメント】
二階堂さん、長澤さん、綾瀬さん、真木さん、小松さん、広瀬さん、
みんな素敵でした。でも、今までにない井上さんのバイタリティ溢れる演技に。
【日本映画助演男優賞】
   [棄権]
【コメント】
例年通り男優に興味ありません。
【日本映画助演女優賞】
   [優香]
【コメント】
彼女のとろけそうな魅力に1票。
【日本映画ニューフェイスブレイク賞】
   [江上敬子]
【コメント】
新人なのかどうか定かではありませんが、作品を支えていました。
【日本映画音楽賞】
  「坂道のアポロン」
【コメント】
少なくとも音楽映画ではありました。

外国映画

【外国映画作品賞】
1位  「シェイプ・オブ・ウォーター」10点
2位  「女と男の観覧車」5点
3位  「犬ヶ島」5点
4位  「キングスマン:ゴールデン・サークル」3点
【コメント】
まだたった4本。これから観るべき作品を捜す段階です。それでも
「シェイプ・オブ・ウォーター」の1位は揺るぎません。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

TSUTAYAで5本レンタル

練馬のTSUTAYAで5作

犬猿
今夜、ロマンス劇場で
焼肉ドラゴン
犬ヶ島
女と男の観覧車

『犬猿』は、センスの光る映像を見せてくれる吉田恵輔監督作品。いやな兄弟喧嘩も面白くなるのでしょうか。>これは兄弟と姉妹の物語。喧嘩するけど最後は仲良しなんて、当たり前すぎでしょう。でも、ニッチェの江上さんがいい味出して、というより彼女の魅力で持ってた映画です。
『今夜、ロマンス劇場で』は、綾瀬さんの現実離れしたキャラが生きればいいのですが。>もちろん綾瀬さんが素敵でした。中間やや中だるみがありましたが、後半ああなるとは予想外の展開でした。これは拾い物でした。
『焼肉ドラゴン』は、真木、井上、桜庭の三姉妹に期待します。>三姉妹のハチャメチャなパワーはお見事。人情噺は得意ではないのですが、それを突き破る者がありました。
『犬ヶ島』は、ウィス・アンダーソンのクレイアニメ。果たしてキッズ映画で彼の実力は発揮できますか。楽しみです。>キッズ映画ではありませんね。けっこうダークで政治的なストーリーです。しかも監督の完成された造形美が満喫できます。私としてはもう少し話にお遊びが欲しかった気がしますが。
『女と男の観覧車』は、いつものウッディ・アレン。ついつい借りてしまいますが。どうでしょう。>落ちがあると思いきやまっとうなメロドラマです。ただ、あの男の子のことが気がかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

DVDレンタル5枚

練馬のTSUTAYAで日本映画を5本借りました。
モリのいる場所
ラプラスの魔女
ちはやふる ―結び―
孤狼の血
blank13


『モリのいる場所』は、山﨑努と樹木希林の年寄映画。評価が高いので期待しましょう。>脱力具合が、ふたりの芝居の臭さも抜けて丁度いい。
『ラプラスの魔女』は、三池監督だし広瀬さんだし、吉と出るか凶と出るか、イチかバチかです。>凶と出ました。セリフで説明しすぎです。三池さんらしさゼロ。普通の面白くないサスペンスドラマです。広瀬さんの魅力も引き出せていませんし、桜井くんのデクノボーぶりもひどいものです。まともに作り過ぎたんでしょう。
『ちはやふるー結びー』は、前2作は観ているのでもういいかと思っていましたが、誉めてる人もいるので。>これはありでしょう。前2作で語りつくされた感のあるキャラですが広瀬さんの力強さに惹かれました。決して傑作ではありませんが、観て損したとは思わせない作品です。
『孤狼の血』は、広島のヤクザ映画ですから、私好みでないのは当然です。面白いでしょうか。>予想通りです。私の琴線に触れるものはありませんでした。暴力の好きな人には受けるでしょうが。
『blank13』は、出演者を見てると、ただのおバカ映画に思えますが。>ダメな父親がいい人だったというだけのお話。そんなも観飽きたストーリー、見せるためには何かがなくてはいけません。ここには私の気を引く何もありませんでした。残念ながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月31日 (月)

2018年の映画賞

これまでに発表になった映画賞を纏めておきました。
TAMA映画賞、山路ふみ子映画賞、報知映画賞、ヨコハマ映画祭、日刊スポーツ映画大賞、毎日映画コンクールノミネートの順です。

第10回TAMA映画賞

最優秀作品賞『万引き家族』是枝裕和
『寝ても覚めても』濱口竜介
特別賞 沖田修一監督及び山﨑努・樹木希林、はじめスタッフ・キャスト一同
上田慎一郎監督、及びスタッフ・キャスト一同
最優秀男優賞 東出昌大
松坂桃李
最優秀女優賞 安藤サクラ
松岡茉優
最優秀新進監督賞 今泉力哉監督
三宅唱監督
最優秀新進男優賞 吉村界人
吉沢 亮
最優秀新進女優賞 深川麻衣
伊藤沙莉

山路ふみ子映画賞
映画賞 濱口竜介『寝ても覚めても』
映画功労賞 大林恭子
文化賞 三上智恵
文化賞 大矢英代
女優賞 安藤サクラ
新人女優賞 唐田えりか
特別賞受賞者 草笛光子

第43回報知映画賞】
▽作品賞・邦画「孤狼の血」(白石和彌監督 配給・東映)
▽監督賞 大森立嗣「日日是好日」
▽主演男優賞 役所広司「孤狼の血」
▽主演女優賞 篠原涼子「人魚の眠る家」「SUNNY 強い気持ち・強い愛
▽助演男優賞 二宮和也「検察側の罪人
▽助演女優賞 樹木希林「モリのいる場所」「万引き家族」「日日是好日」
▽新人賞 南沙良/蒔田彩珠「志乃ちゃんは自分の名前が言えない
▽作品賞・海外 「ワンダー 君は太陽」(スティーブン・チョボスキー監督 配給・キノフィルムズ)
▽アニメ作品賞 「劇場版名探偵コナン ゼロの執行人」(立川譲監督 配給・東宝)
▽特別賞 「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督 配給・アスミック・エース=ENBUゼミナール)

第40回ヨコハマ映画祭
2018年日本映画個人賞
作品賞 「寝ても覚めても」濱口竜介監督
監督賞 濱口竜介「寝ても覚めても」
監督賞 瀬々敬久「菊とギロチン」「友罪」「8年越しの花嫁 奇跡の実話
森田芳光メモリアル新人監督賞 野尻克己「鈴木家の嘘」
脚本賞 沖田修一「モリのいる場所」
撮影賞 佐々木靖之「寝ても覚めても」「体操しようよ」
主演男優賞 東出昌大「寝ても覚めても」「菊とギロチン」「OVER DRIVE
主演男優賞 役所広司「孤狼の血」
主演女優賞 安藤サクラ「万引き家族」
助演男優賞 松坂桃李「孤狼の血」
助演女優賞 松岡茉優「万引き家族」「blank 13」「ちはやふる ―結び―
助演女優賞 伊藤沙莉「寝ても覚めても」「榎田貿易堂」
最優秀新人賞  唐田えりか「寝ても覚めても」
        吉沢 亮「リバーズ・エッジ」「銀魂2 掟は破るためにこそある」「ママレード・ボーイ
        木竜麻生「菊とギロチン」「鈴木家の嘘」
審査員特別賞 「カメラを止めるな!」公開に係る全てのムーブメント、関係者
特別大賞 山﨑 努

2018年日本映画ベストテン
第1位「寝ても覚めても」濱口竜介
第2位「孤狼の血」白石和彌
第3位「万引き家族」是枝裕和
第4位「花筐/HANAGATAMI」大林宣彦
第5位「カメラを止めるな!」上田慎一郎
第6位「菊とギロチン」瀬々敬久
第7位「止められるか、俺たちを」白石和彌
第8位「きみの鳥はうたえる」三宅唱
第9位「鈴木家の嘘」野尻克己
第10位「モリのいる場所」沖田修一
第10位「日日是好日」大森立嗣


日刊スポーツ映画大賞

石原裕次郎賞「カメラを止めるな!」上田慎一郎
石原裕次郎新人賞 岩田剛典「パーフェクトワールド 君といる奇跡」「去年の冬、きみと別れ」「Vision
主演男優賞 松坂桃李「娼年」「不能犯
主演女優賞 安藤サクラ「万引き家族」
助演男優賞 高橋一生「空飛ぶタイヤ」「億男」「嘘を愛する女
助演女優賞 樹木希林「万引き家族」「モリのいる場所」「日日是好日」
新人賞 平手友梨奈「響 -HIBIKI-
監督賞 白石和彌「孤狼の血」「サニー/32」「止められるか、俺たちを」
作品賞「万引き家族」監督:是枝裕和
外国作品賞「スリー・ビルボード」監督:マーティン・マクドナー

毎日映画コンクール ノミネート
◆作品部門
<日本映画大賞、日本映画優秀賞>菊とギロチン▽きみの鳥はうたえる▽孤狼の血▽寝ても覚めても▽万引き家族

<外国映画ベストワン賞>シェイプ・オブ・ウォーター▽スリー・ビルボード▽ファントム・スレッドペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 1987、ある闘いの真実

◆俳優部門
<男優主演賞>柄本佑(きみの鳥はうたえる)▽岡田准一(散り椿)▽東出昌大(寝ても覚めても)▽役所広司(孤狼の血)▽山崎努(モリのいる場所)▽リリー・フランキー(万引き家族)

<女優主演賞>安藤サクラ(万引き家族)▽門脇麦(止められるか、俺たちを)▽黒木華(日日是好日)▽趣里(生きてるだけで、愛。)▽松岡茉優(勝手にふるえてろ

<男優助演賞>新井浩文(犬猿)▽瑛太(友罪)▽酒向芳(検察側の罪人)▽染谷将太(きみの鳥はうたえる)▽塚本晋也(斬、)▽二宮和也(検察側の罪人)▽松坂桃李(孤狼の血)

<女優助演賞>石橋静河(きみの鳥はうたえる)▽韓英恵(菊とギロチン)▽樹木希林(日日是好日)▽樹木希林(万引き家族)▽木野花(愛しのアイリーン)▽原日出子(鈴木家の嘘)▽松岡茉優(万引き家族)

<新人賞(男性)>寛一郎(菊とギロチン)▽城桧吏(万引き家族)▽玉置玲央(教誨師)▽成田凌(ニワトリ★スター)▽前田隆成(斬、)▽吉沢亮(リバーズ・エッジ)

<新人賞(女性)>唐田えりか(寝ても覚めても)▽木竜麻生(菊とギロチン)▽木竜麻生(鈴木家の嘘)▽佐々木みゆ(万引き家族)▽平手友梨奈(響-HIBIKI-)▽蒔田彩珠(志乃ちゃんは自分の名前が言えない)▽南沙良(志乃ちゃんは自分の名前が言えない)

<田中絹代賞>安藤サクラ▽白川和子▽寺島しのぶ▽原日出子▽風吹ジュン

◆スタッフ部門
<監督賞>上田慎一郎(カメラを止めるな!)▽是枝裕和(万引き家族)▽白石和彌(孤狼の血)▽瀬々敬久(菊とギロチン)▽浜口竜介(寝ても覚めても)▽三宅唱(きみの鳥はうたえる)

<脚本賞>瀬々敬久、相沢虎之助(菊とギロチン)▽上田慎一郎(カメラを止めるな!)▽是枝裕和(万引き家族)▽田中幸子、浜口竜介(寝ても覚めても)▽鄭義信(焼肉ドラゴン)▽野尻克己(鈴木家の嘘)

<撮影賞>木村大作(散り椿)▽近藤龍人(万引き家族)▽佐々木靖之(寝ても覚めても)▽四宮秀俊(きみの鳥はうたえる)▽曽根剛(カメラを止めるな!)▽月永雄太(モリのいる場所)▽鍋島淳裕(菊とギロチン)

<美術賞>安宅紀史(モリのいる場所)▽磯見俊裕(焼肉ドラゴン)▽露木恵美子(菊とギロチン)▽林田裕至(パンク侍、斬られて候)▽原田満生、堀明元紀(日日是好日)▽三ツ松けいこ(万引き家族)

<音楽賞>石川忠(斬、)▽tofubeats(寝ても覚めても)▽Hi’Spec(きみの鳥はうたえる)▽細野晴臣(万引き家族)▽安川午朗(菊とギロチン)

<録音賞>石寺健一(散り椿)▽浦田和治(孤狼の血)▽川井崇満(きみの鳥はうたえる)▽北田雅也(斬、)▽冨田和彦(万引き家族)▽吉田憲義(日日是好日)

◆アニメーション部門
<アニメーション映画賞・大藤信郎賞>あの地▽あのねのかぼちゃ▽In the cage▽ケアンの首達▽さよならの朝に約束の花をかざろう▽真珠草▽SCREEEEEN▽旅メーション「死生学」▽タンポポとリボン▽ちいさな英雄▽透明人間▽DREAMLAND▽浜宿海岸のうわさ▽ペンギン・ハイウェイ未来のミライ▽夜になった雪のはなし▽like I used to▽リズと青い鳥劇場版 若おかみは小学生!

◆ドキュメンタリー部門
<ドキュメンタリー映画賞>沖縄スパイ戦史▽彼らの原発▽サムライと愚か者-オリンパス事件の全貌-▽選挙に出たい▽太陽の塔▽ぼけますから、よろしくお願いします。▽廻り神楽▽夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

追悼 樹木希林

女優の樹木希林さんが亡くなりました。
70年代の久世ドラマで強烈な個性でブレイクしてから、テレビを中心に人気を博しました。
2000年を過ぎてからは、映画においてもその存在感を発揮して、数々の女優賞を獲得しています。
日本を代表する女優であることに異存はないでしょう。
おそらく120本以上の映画に出演しているのでしょうが、資料により異同があるので確認はできませんでした。
私が観ているのは約半数の56本。先日亡くなった菅井きんさんより2本多い。そういえば樹木希林も若いころから老婆役でブレイクしましたね。
私が観ているのは以下の通りです。

湖の琴
兄貴の恋人
赤ちょうちん
蔵王絶唱
炎の肖像
告訴せず
サチコの幸
女教師
はなれ瞽女おりん
ワニと鸚鵡とおっとせい
総長の首
金田一耕助の冒険
神様のくれた赤ん坊
ツィゴイネルワイゼン
帰ってきた若大将
野菊の墓
転校生
刑事物語
天城越え
ふるさと
クララ白書・少女隊PHOON
カポネ大いに泣く
さびしんぼう
夢千代日記
玄海つれづれ節
郷愁
つる -鶴-
風の又三郎 ガラスのマント
大誘拐 RAINBOW KIDS
戦争と青春
いつかギラギラする日
ザ・中学教師
REX恐竜物語
RAMPO 奥山監督版
RAMPO 黛監督版
時の輝き
美味しんぼ
39-刑法第三十九条-
ざわざわ下北沢
東京マリーゴールド
ピストルオペラ
リターナー
半落ち
下妻物語
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
サイドカーに犬
歩いても歩いても
悪人
借りぐらしのアリエッティ
奇跡
わが母の記
そして父になる
駆込み女と駆出し男
あん
海街diary
海よりもまだ深く


合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ほん | テレビ | ニュース | 外国映画 | 子育て | 日本映画 | 選挙 | 雑感 | 音楽