2017年9月13日 (水)

久々のDVD4本

久しぶりにDVDをレンタルしました。
裏切りの街
牝猫たち
愚行録
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

昨年の作品が1本で、あとは2017年公開の作品です。
『裏切りの街』は、出会い系を題材にした不倫物。寺島さんと池松君というピッタリすぎる配役がわかりやすすぎて心配です。>ふたりの関係は予想通りの展開ですが、むしろ同棲相手とか夫とか妹とか彼らを取り巻く人たちも同じようなもんだということが面白いんですね。それがタイトルの意味ですね。ただ、池松君の演技は私の好みではありません。
『牝猫たち』は、復活ロマンポルノの1作。>いいですね。私好みの青春(やや年上の)映画です。
『愚行録』はよくわからないのですが、例の世田谷一家殺人事件をネタにしているようでその扱いが気になります。>全員愚行から逃れられないという意味では上の『裏切りの街』に通じるものがあります。もちろんこれでハッピーエンドというわけではなく、主人公に裁きが下されることを含意したラストなのでしょう。事件を客観的に伝えるような落ち着いたトーンの映像もぴったりでした。もちろん事件がヒントになってはいるのでしょうが現場を描いていないということが、エクスキューズと言えなくもありません。もし関係者が観たら不愉快になること間違いなしですが。
今回観た邦画三本はどれもこれも愚行の連鎖。
『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』は、ティム・バートンです。最近やや彼の毒気が枯れているような気がするのですが、どうでしょう。>予想通り予告編で十分という期待外れ。永遠に同じ時間を生きる子供たちと時間をさかのぼり祖父の謎に迫ろうとする少年。そして彼らを狙う魔物たち。設定はありなのですが、前半の説明が冗長でテンポが出てきません。後半は、お子様向けのような魔物たちとの闘いが延々続いてあっけないハッピーエンド。監督らしい映像はあるもののこれでは納得できません。ナチの反ユダヤ主義との闘いという寓意は必要だったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

『日本で一番悪い奴ら』&図書館で2冊

レンタルショップのポイントが貯まったので1本。
日本で一番悪い奴ら
これまたあんまり愉快な話ではないのですが、後学の為ということで。>見て損はないけれど、お話の垂れ流しという感じ。私が感動するタイプの作品ではありませんでした。

もう8月も下旬というのに昨年度分の気になる作品で見逃しているものがまだあります。
花芯』とか『溺れるナイフ』とか。
なぜか近所のレンタルショップに置いていません。
遠くのメジャーな店に行けばあるんだけど、返しそびれて延滞金取られそうだしなあ。

夕方、買い物ついでに図書館で予約していた2冊を受け取りました。
隕石:迷信と驚嘆から宇宙化学へ
「維新革命」への道: 「文明」を求めた十九世紀日本

「隕石」は、古代からの隕石の観測や研究史からはじまり、現在の知見までを網羅した内容らしい。拾い物かも。
「「維新革命」への道」は、明治維新を準備した江戸思想史。新しい筋道が見えているのかどうか。

参考文献のうち手元にあったのは「「維新革命」…」の「日本思想大系〈44〉本多利明・海保青陵」「江戸の歴史家」の2冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

DVD2本

久しぶりに近所のレンタルショップで新作2本。
ジムノペディに乱れる
風に濡れた女
ロマンポルノ復活企画から2本です。
『ジムノペディに乱れる』は行定監督。グチャグチャした人間関係が得意そうだから普通のロマンポルノを撮れるかも。>思った通りちゃんとしたロマンポルノでした。もてまくる中年(初老)男性というのは東陽一の映画みたいで羨ましい限りですが、もてすぎるのでエロまでの過程があとひとつもの足りないですね。
『風に濡れた女』は塩田監督。ピンク出身だしホラーも撮る人だから面白くなるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

追悼 西村昭五郎

映画監督の西村昭五郎が亡くなりました。

日活で監督デビュー。青春映画からアクション映画を手掛け、1971年以降はロマンポルノの旗手として『団地妻シリーズ』など主にメロドラマとしてのロマンポルノを量産し続けました。ロマンポルノ終了後はテレビドラマで活躍しました。
生涯監督作品数は101本。

私が観たのは計10本。
青春の風
団地妻 昼下りの情事
実録ジプシー・ローズ
本番(ほんばん)
団地妻 雨やどりの情事
肉体の悪魔
禁じられた体験
マダムスキャンダル 10秒死なせて
連続暴行 白昼の淫夢
あんねの子守唄

異色のサスペンス『連続暴行 白昼の淫夢』がこのなかでいちばんというぐらいで、西村流メロドラマが私好みじゃなかったのは残念です。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

久しぶりのDVDレンタル

ようやく時間に余裕ができたので近所のレンタルショップで1本。
何者』。
借りようか迷っていたけれど、ま、二階堂さんと有村さんですから、たとえ私の好みでなくとも観て損はないでしょう。>まさしくそういったレベルの作品でした。就職に失敗し続けてきたくそ爺ゆえ、今どきの就職事情なぞ同情する気もさらさらなく、若い女性の部屋に入った男が、彼女が感情露わに泣いていたりするというのに、何の興味も示さないのが不思議でならないという下卑た感想しか持ちませんでした。最後のあれは本人だけはハッピーエンドなのかもしれません。バブルのころの『就職戦線異状なし』と比べたくはなりました。どちらにしても、若者は悩ましいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

追悼 野際陽子

女優の野際陽子さんが亡くなりました。

つい最近までドラマに出演していたと思っていましたが、
病気だったのでしょうか。

出演した映画は約40本。そのうち半数の20本を観ています。

陸軍中野学校 密命
江戸川乱歩の陰獣
『九月の空』
乱れからくり
日蓮
忍者武芸帖 百地三太夫
二百三高地
BE FREE!
はいからさんが通る
青い山脈’88
善人の条件
ふうせん
とられてたまるか!?
カラオケ
みんなのいえ
トリック -劇場版-
トリック -劇場版2
チーム・バチスタの栄光
ジェネラル・ルージュの凱旋

印象に残っているのは『トリック』でしょうか。
やっぱりテレビの人ですね。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

DVD新作4本

近所のレンタルショップで新作4本。
ぼくのおじさん
アズミ・ハルコは行方不明
映画 続・深夜食堂
千年医師物語~~ペルシアの彼方へ~

『ぼくのおじさん』は、イメージ的に『モヒカン故郷に帰る』にかぶりますがどうでしょうか。>なんじゃこりゃ。ダメなおじさんの話かと思いきや、いつのまにか若大将シリーズに。それを引いた視線でもなく、パロディとしてでもなく、ただダラダラと垂れ流されても何を見ていいのやら。お手上げでした。
『アズミ・ハルコは行方不明』は、全然評価されてないみたいですけど、蒼井さんですから期待してます。>いいじゃない。昔の日活青春映画みたい。ぶっ壊して終わり・・・いやラストは違うか。行方不明になったアズミ・ハルコを捜す話ではなく、ブルキナファソでもどこでもぶっ飛んじゃいたい女性たちの叫びの物語。それが女子高生たちの男狩りだったりするわけで、ま、つながりが意味不明なとこもあるけれど、全体とすれば悪くありません。出演者では蒼井さんは予想の範囲内ですが、高畑さんのおバカぶりが無茶苦茶でいいですね。
『映画 続・深夜食堂』は、なんとなくいい話的ではありますけれど、多部さんファンとしてはいちおう観ておかなければ。>これ何がいいのか?ちゃんと作ったいい話だから文句言うなとでも言いたげな態度が鼻につきます。おまけに多部さんはほとんど出ないし。
『千年医師物語 ~ペルシアの彼方へ~』は、あまり映画として評価はされていないみたいですけれど、なんといってもイブン・シーナの登場する映画というので観ることに。イブン・ルシュド出演(?)の『炎のアンダルシア』も観てみたいですね。>ストーリーを追うのに精いっぱいであまり深い内容ではないけれど、中世イギリスの風景とか、ペルシャの都の賑わいとかそれだけでワクワクします。シャーは暴君ではなかったとかイブン・シーナは宰相だろうとか、いろいろ言う人もいるでしょうが、これはフィクションです。その中にイブン・シーナがいるというだけで嬉しいじゃありませんか。誰も評価していないのが不思議です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

『ふきげんな過去』

近所のレンタルショップで『ふきげんな過去』。
二階堂さんと小泉さんが共演ですから、何となく想像できそうな雰囲気です。>想像通りです。でも悪くありません。二階堂さんのおかげです。二階堂さんが映画を作っていたのに対して小泉さんは最低限の働きしかしていません。小泉さんが爆弾闘争の逃走中の実行犯という設定は、いまどきややうれしい驚きです。ただし120分も必要な作品かというと相当疑問です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

追悼 川越美和

歌手で女優の川越美和さんが2008年に亡くなっていたそうです。
ショックです。1989年のデビューの頃にお会いしたことがありました。
イメージ的には同じころデビューの和久井映見さんや桜井幸子さんあたりに通じる不幸が似合う引き込まれるような美少女でした。まさかそんな不幸な最期を迎えるていたとは…。

うちには彼女のCDシングルが2枚あります。
Kawagoe_miwa_kokoronokagi
ココロの鍵

Kawagoe_miwa_namidakunsayonara95
涙くんさよなら’95

歌手としては成功したとは言えませんが、女優として活躍していました。
私が観たのは9本。
カレンダー
男ともだち
BeRLin
落下する夕方
のど自慢
光の雨
いたいふたり
松ヶ根乱射事件
ゲゲゲの鬼太郎

このうち
『BeRLiN』は96年の2位
『落下する夕方』は98年の6位
『松ケ根乱射事件』2007年の8位
と私の年間ベストテンに入っています。
なかでは『松ケ根乱射事件』のファーストシーンに驚かされました。
もちろん『光の雨』の彼女も忘れることはできません。むしろこれが代表作でしょうか。

あと『花を摘む少女と虫を殺す少女』は気になっているのですが、DVD化されていないので観れないままです。


合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

昭和30年代の夏休み日記

小学生の頃の夏休みの日記が何冊が出てきました。
海に行ったり、兄弟で遊んだり、花火をしたりけっこう楽しそうな夏休みですが、気になったのは観た映画とテレビ番組。

1年には『シンデレラ』と『サーカス小僧』を従姉と一緒に見に行っていたり、3年の時には『わんぱく王子の大蛇退治』の同時上映が『伊賀の影丸』だったり、田舎の二番館ならではの上映ラインナップ。
『サーカス小僧』はまったく記憶にありませんが、子役時代のミッキー・ドレンツ(ザ・モンキーズのメンバー)が主演をしている作品です。

テレビ番組では“若い季節”“ぼくもわたしも名探偵”“ジェットファイター”などが登場していました。ただし“あの時この時”とはどんな番組だったのでしょう。検索してもさっぱりつかめませんでした。今度図書館で調べてみようかな。
この頃はテレビをつけっぱなしにしていなくて、決まった番組しか見ていなかったから、日記に出てきた番組も選んで観ていたはずです。>調べたところ、毎回実際の事件を取り上げるアメリカのTVドラマでした。新聞のテレビ欄を見たらその日のタイトルは“ハイドリッヒ暗殺事件”。もちろんまったく覚えていませんけどね。ナチスのチェコ総督暗殺事件です。小学3年でどう理解してたのか知りませんがいい趣味してます。と自画自賛しときましょう。
ちなみに、今年8月に同事件を扱った映画『ハイドリヒを撃て‼「ナチの野獣」暗殺計画』が公開されるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ほん | テレビ | ニュース | 外国映画 | 子育て | 日本映画 | 選挙 | 雑感 | 音楽