2019年10月17日 (木)

TSUTAYAでDVD5枚&図書館で5冊

いつも使っていたTSUTAYAが閉店したので、久々に練馬のTSUTAYAで5本。借りるのはいいけれど期限内に返すのが面倒くさい。
借りたのは日本映画ばかりです。
斬、
夜明け
まく子
21世紀の女の子
半世界

『斬、』は、昨年の作品。塚本晋也の時代劇というだけで気になります。男映画で蒼井優がどうか。
『夜明け』は、よくわからない作品なのに雰囲気でつい借りてしまいました。
『まく子』は、前評判は聞いていませんが私好みなのではという期待があります。
『21世紀の女の子』は、今回の目玉です。タイトルだけで絶対です。>女性監督による15編の短編のオムニバス。脚本が弱く自主映画のような雰囲気だけの作品が多いのですが、女の子ばかりが出る雰囲気だけの映画が悪いはずはありません。なかでは「君のシーツ」の三浦透子さん「恋愛乾燥剤」の山田杏奈さんが光っていました。「離れ離れの花々へ」の女性映画宣言も素敵でした。
『半世界』は、設定だけ聞くとありがちではあるけれど、阪本監督が普通の作品を取るとも思えないし、何といっても池脇千鶴さんが出ているというだけで観ないわけにはいきません。

練馬からの途中に図書館に寄って予約していた5冊を受け取りました。
死体は誰のものか─比較文化史の視点から
独ソ戦 絶滅戦争の惨禍
ヒトラーの時代-ドイツ国民はなぜ独裁者に熱狂したのか
奴隷船の世界史
AI時代の労働の哲学
ナチスドイツ物が2冊あるのは偶然。別々に予約してたのに同時に届いたということです。
蔵書のうち参考文献に挙がっていたのは
「聖書」「古事記」「日本書紀」「魏志倭人伝」「日本霊異記
十二世紀ルネサンス」「近代世界システム
コロンブス航海誌」「ロビンソン・クルーソー
国富論」「法の哲学」「ユートピア的資本主義
ドイツイデオロギー」「思想としての近代経済学
明らかに私の蔵書は現代から離れているちうことです。

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

追悼 和田誠

イラストレイターの和田誠氏が亡くなりました。
奥様が歌手で料理研究家の平野レミさんでお子さんがトライセラトップスの和田唱、そのお嫁さんが上野樹里。
本業のイラストは言うまでもなく、映画監督として4本の一般映画を監督して高い評価を受けています。
麻雀放浪記
快盗ルビイ
怖がる人々
真夜中まで
すべて観ていますが、たぶん私とは映画の楽しみ方が違うのでしょう。ピンとくるものはありませんでした。
キネ旬連載の「お楽しみはこれからだ」は楽しく読んでいたのですが。

彼の著書で持っているのは「日曜日は歌謡日」。
普通に歌謡曲好きの親爺による気の利いたエッセイでしかないのだけれども、時々ハッとさせてくれます。なかでもちあきなおみの「喝采」についての文章は最高です。“フェリーニの映画を見るように高踏的であります”とは見事でした。
Wada_makoto_nitiyoubihakayoubi

ちなみに彼の仕事ではブックデザインを担当した村上春樹の「アフターダーク」が手元にあります。
Murakami_haruki_afterdark
そういえば映画の主題歌「怪盗ルビイ」の作詞もしています。
Koizumi_kyouko_kaitourubby

忘れていました。
カート・ヴォネガット(・ジュニア)の作品は
手元にあるものでは「プレイヤー・ピアノ」「タイタンの妖女」「母なる夜」を除くすべての装丁を和田さんが手掛けていました(最初の2冊はのちに和田さんの装丁版も出ています)。
文庫4冊
「スローターハウス5」「猫のゆりかご」
「ローズウォーターさん、あなたに神のおめぐみを」
「ヴォネガット、大いに語る」
Kurt_vonnegut_slaughterhousefive Kurt_vonnegut_catscradle

Kurt_vonnegut_godblessyoumrrosewater Kurt_vonnegut_wampeterfomagranfalloons
ハードカバー9冊
「スラップスティック」「ジェイルバード」「モンキー・ハウスへようこそ」
「チャンピオンたちの朝食」「デッドアイ・ディック」「ガラパゴスの箱舟」
「青ひげ」「ホーカス・ポーカス」「タイムクエイク」がうちにあります。
Kurt_vonnegut_slapstick Kurt_vonnegut_jailbird
Kurt_vonnegut_welcometothemonkeyhouse Kurt_vonnegut_breakfastofchampions
Kurt_vonnegut_deadeyedick Kurt_vonnegut_galapagos
Kurt_vonnegut_bluebeard Kurt_vonnegut_hocuspocus
Kurt_vonnegut_timequake

随分とお世話になってましたね。

合掌

 

 

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

追悼 川又 昂

カメラマンの川又昂氏が亡くなりました。
松竹に入社後、小津作品に撮影助手として付いたのを皮切りに、野村芳太郎作品を中心に90本近い作品を手掛けています。
たまたま私が観た作品に依るのかもしれませんが、情緒的というよりも計算された画面という印象があります。
私が観ているのは以下の27本。
そのうち野村監督作品は約2/3の17本です。

青春残酷物語
ゼロの焦点
裸体
五瓣の椿
あゝ君が愛
夜明けの二人
影の車
なにがなんでも為五郎
同棲時代-今日子と次郎-
しなの川
砂の器
想い出のかたすみに
昭和枯れすすき
友情
錆びた炎
八つ墓村
夜が崩れた
事件
配達されない三通の手紙
わるいやつら
真夜中の招待状
道頓堀川
疑惑
迷走地図
危険な女たち
黒い雨
復活の朝

このうち私の年間ベストテンに入っているのは『砂の器』と『昭和枯れすすき』ですが、大島渚の『青春残酷物語』、野村作品では『影の車』、それに今村昌平の『黒い雨』の映像も印象に残ります。

合掌

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

1990年代日本映画ベストテン&閉店セール最終戦

買い物ついでに図書館に寄って 「キネマ旬報10月上旬特別号」から1990年代日本映画ベストテン<私の好きな10本>アンケート結果ランキングをコピーしてきました。

上位20位までの22本は、
第1位 月はどっちに出ている
第2位 ソナチネ
第3位 お引越し
第4位 CURE
第5位 シコふんじゃった。
   Shall we ダンス?
第7位 トカレフ
    HANA-BI 
    もののけ姫
第10位 3-4×10月
    死んでもいい
第12位 KAMIKAZE TAXI
    棒の哀しみ
第14位 キッズ・リターン
    青春デンデケデケデケ
第16位 GONIN
    DEAD OR ALIVE 犯罪者
第18位 阿賀に生きる
    櫻の園
    死の棘
    全身小説家
    ヌードの夜
    Helpless

この22本のうち観ていないのが4本。
評論家が投票した297本のうち私が観たのは180本。およそ3分の2です。
70、80年代と似たような数字です。
私が観ている90年代日本映画575本から10本選ぶとすれば

800 TWO LAP RUNNERS/廣木隆一
青春デンデケデケデケ/大林宣彦
櫻の園/中原 俊
20世紀ノスタルジア/原 将人
すももももも/今関あきよし
曖・昧・Me/佐藤闘介
バタアシ金魚/松岡錠司
つぐみ/市川 準
この窓は君のもの/古厩智之
ラブ&ポップ/庵野秀明
このうち『すももももも』『曖・昧・Me』は予想通り評論家の投票はありませんでした。

 

TSUTAYAの閉店セールは捨て値ですのであきらめていましたが、いちおう寄ってみました。
ゲットしたのは
スイートリトルライズ
トイレのピエタ
どちらも私の年間ベストテンに入っているお気に入りです。立ち寄って正解でした。

 

 

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

TSUTAYA閉店セール3

今日もTSUTAYAの閉店セール。
昨日買わずに気になっていたDVDとCDをついつい買ってしまいました。
DVDは堀北真希『アルゼンチンババア』と
早見あかり『百瀬、こっちを向いて。』。
もっと好きな作品もあったのですが、手元に置いておくとなるとなぜか誰も評価していないような美少女映画を選んでしまいます。
CDは新垣結衣『hug』と
酸欠少女さユり『ミカヅキの航海』。
酸欠少女は拾い物でした。

Aragaki_yui_hug
Sayuri_mikadukinokoukai

| | コメント (0)

2019年9月27日 (金)

TSUTAYA閉店セール2回戦

石神井公園のTSUTAYA閉店セール2度目の挑戦です。
今日はDVD2枚とCD1枚。
DVDは、タルコフスキーの『ノスタルジア
成海璃子の『神童』。
CDは、新垣結衣のファースト・アルバム『そら』。
まっとうに考えれば、タルコフスキーがいちばんの獲物に違いないのだけれど、美少女ふたりゲットに満足。
DVDはあと10枚くらい私の年間ベストテンの日本映画があったけれど、あの時の成海璃子さんの魅力に負けてしまいました。
明日は100円というので再挑戦しようかな。まったく決断力がないね。

Aragaki_yui_sora


| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

DVD5枚レンタル、そしてレンタル店閉鎖

8月は忙しくてとうとうDVDを1作も観ませんでした。
ようやく時間ができたのでTSUTAYAで5枚借りてきました。
鈴木家の嘘
来る
麻雀放浪記2020
マスカレード・ホテル
フォルトゥナの瞳
昨年度の作品が2本で本年度が3本。すべて日本映画です。
『鈴木家の嘘』は、家族みんなで嘘をつき通すという昔ながらのホームコメディのようです。ドタバタにならなければという不安はありますが評判がいいので若干期待しましょう。>全然誤解してました。コメディじゃないですね。ただ漬物のおばさんとかソープ嬢とか霊媒師とか、たぶん(監督にとって)キーになる登場人物が私にはさっぱりでした。そしてあの若松さんのキレ方も理解不能でした。外部からの働きかけが無理やり家族の“嘘”を切り開いて再生させていくという構造なんでしょうけど、そこのところがうまくいっていなかった気がします。木竜麻生さんの手紙を読むシーンにはグッときましたが。
『来る』は、ホラーらしいのですけど、黒木さん、小松さん、松さんと似つかわしくない女優さんが出演。さてどうなりますか。>うーん。何じゃこれは。話が分裂して取っ散らかったままという気がします。最初に神隠しにあった女の子が触媒となって妻夫木くんを呼び寄せるという話かと思いきや、彼の娘もまた呼び寄せられて、いや実はその子がすべての発端だったりして。起承転結もあったものではありません。クライマックスは何が何やら、大袈裟なだけで理解不能でした。松さんもやられたんでしょう。女優さんたちに文句はありません。黒木さんはいつもとは違ういい味を出していたと思います。ところであれはハッピーエンドなんでしょうね。
『麻雀放浪記2020』は、ピエール瀧はじめ男ばかりの汗臭そうな映画ですが、実は大穴の期待はあります。>残念でした穴狙いで大外しをしてしまいました。仮想の未来という設定が生きているとは思えませんでした。斎藤工とナナさんのくだりは監督らしい気はしましたが、あとは麻雀に興味のない私には縁のない話でした。
『マスカレード・ホテル』は、文字通りグランドホテル形式の豪華な女優陣に期待するしかないでしょう。>長澤さん立派でした。立派過ぎて面白くないというのが残念なところです。キムタクはいつもの通り。ミステリーとして楽しめるかといえば相当疑問。謎よりもいい話に終始。それはそれで悪くはないのだけれど…いややっぱりそれじゃ悪い。連続殺人といいいながら事件がさっぱり見えてこないのは困りもの。あと音楽がうるさい。
『フォルトゥナの瞳』は、百田先生に何の興味もありませんが、有村さんだけが頼りです。>有村さんが可愛いのはいいことです。ただこのストーリー納得できるのでしょうか。自分のことを説明しない人は正しいみたいでイライラしてきました。あと、斉藤さんがストーリーの陳腐さを突き抜ける素敵な演技で印象的でした。それだけです。

久々に借りに行ったところTSUTAYA石神井公園店が9月いっぱいで閉店との掲示がありました。貸し出しは15日で終了だそうです。
参ったなあ。借りるだけなら練馬や鷺宮でもいいけど、返す手間を考えると悩ましいところです。



| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

TSUTAYAで5作品

久しぶりにTSUTAYAでDVDを5作品借りてきました。
十二人の死にたい子どもたち
教誨師
食べる女
ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー
ボヘミアン・ラプソディ
5本にするためにちょっと無理したかなっていう感じです。
『十二人の死にたい子どもたち』>一部で酷評されるほどひどいとは思いませんが、って女の子が可愛いということです。とはいえ、死にたきゃ死ねばいいのにという、タイトルを見た瞬間に思った印象は最後までぬぐえませんでした。橋本さんは何をやっても許されます。
『教誨師』>大杉漣の遺作。受けに徹する大杉氏の演技に本人企画の狙いが見えてきます。それなら彼自身のトラウマについての部分は不要だったのでは。悪いとは思いませんが、私が感動するタイプの映画ではありませんでした。
『食べる女』>いい女がたくさん出演して、食べて寝て。まあ、それ以上はないんですけど、こんな映画があってもいいかもしれません。食べるにしても寝るにしても、もう少しこだわりが欲しかった気はします。
『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』>タイトル通り、そうなんだろうとは思います。わがままな天才なんでしょうから。作り手に、そこをいかに共感させるかという気はなかったようです。それならもっと狂気を描かないと。これでは平板な印象です。
『ボヘミアン・ラプソディ』>↑と似た印象。彼の狂気は描き切れていなかったような。期待が大きすぎたのかも。聞き直してもクイーンで好きなのは初期だけです。ブライアン・メイのギターが最高です。



| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

TSUTAYAで新作5本

徹夜明けにTSUTAYAに直行して新作DVDを5本借りました。
ここは退屈迎えに来て
日日是好日
人魚の眠る家
悲しみに、こんにちは
メアリーの総て
日本映画3本は実力のある監督揃い。
で、海外映画は文学っぽい2作。
『ここは退屈迎えに来て』は、廣木監督で橋本さんと門脇さん。監督が本気を出せば雰囲気だけでも悪くなりようがないと期待しましょう。>本気を出してはいるのでしょうが出来は微妙です。高校時代の人気者椎名をめぐる女の子たちのあの頃と現在がないまぜになって、いつでもここではないどこかに憧れ、あなたではない誰かを想い、今ではないいつかを夢見ているという話は魅力的です。ただ、主演の橋本さんが現在をちゃんと生きていてちっとも退屈そうに見えませんし、門脇さんにしても迎えに来てというよりは迎えに行きそうです。それに比べれば、柳ゆり菜さんも片山友希さんも岸井ゆきのさんも木崎絹子さんも他の女の子たちはがぜん魅力的です。全体とすれば気持ちよく見ることができたのですが、これぞという決め手がありませんでした。なっちゃんのその後が気になります。
『日日是好日』は、樹木希林人気で評判となりましたが、私としては多部さんに注目しています。>いい茶器、いい掛け軸、いい和菓子、いいお召し物、素敵な物に囲まれて日々を送ることができれば、そりゃ心が落ち着くでしょう。そういう映画も可能だろうと思いますし、相当程度成功しているでしょう。ただ、そのこととフェリーニは結び付きません。優雅な家庭のお嬢様がお茶を通じてジェルソミーナの何に惹かれたのかそこが見えてきません。黒木さんは全然女子大生には見えなかったし、失恋している風でもありませんでした。それはたぶん彼女の柄に頼りすぎているからだと思います。もっと何かを引き出してほしかった気がします。多部さんも何かしでかしてくれそうで、結局そのままでした。茶道ハウツー的な部分が面白いと思えれば、良かったんですが。
『人魚の眠る家』は、篠原さんの熱演が不安いっぱいの東野ミステリーです。>最悪ではありませんでしたが予想外の発見もありませんでした。説明的な部分はぶっ飛ばしたくなりました。急転直下のハッピーエンド(?)もあれで良かったんでしょうか。
『悲しみに、こんにちは』は、タイトルが似ている小説とは無関係の美少女ロードムービーならOKですが。>残念でした。外れました。私にはひっかかるものがなくひたすら退屈でした。
『メアリーの総て』は、「フランケンシュタイン」の生みの親、メアリー・シェリーの伝記映画。それだけで見逃せません。私の蔵書には「フランケンシュタイン」はもちろん父親の「ケイレブ・ウィリアムズ」や夫の「鎖を解かれたプロメテウス」があります。興味津々です。>想像を超えたものではありませんでしたが、シェリーやバイロンという詩人たちのダメ男ぶりが愉快でした。自由恋愛を唱え逸楽の限りを尽くす。それに対する絶望感からメアリーは自分と亡き子供のためにモンスターを作り上げることになります。映画は生真面目なまでにこのテーマを貫きます。死体をよみがえらせる電気などもっと逸脱すべきテーマはあったのかもしれませんがサウジ初の女性監督はそうはしませんでした。そこが想像の範囲内というゆえんでもあります。

| | コメント (0)

2019年5月31日 (金)

友人と映画

古くからの友人と日比谷で映画を観る。
約束の時間まで余裕があったので池袋でBOOKOFFに立ち寄り
CDを2枚ゲット。
ゴールデン☆ベスト 佐野量子
石嶺聡子Best Collection

 

ともにベスト盤です。
石嶺聡子は格安だったのでつい。
いらなかったかな。
でも、尾崎亜美の「私がいる」が収録されてるからいいか。

ちなみにうちにあったシングルは


 

昼過ぎに日比谷で友人と落ち合いTOHOシネマズで
『さよならくちびる』
門脇麦と小松菜奈主演で監督が塩田明彦。
還暦過ぎのジジイがふたりして観るというのも乙なもの。
これでつまらなかったら怒ります。
女優ふたりの歌声が良くって、しかも秦基博とあいみょんだもの曲がいい。おまけにギターの音がいい。
やっぱり新しい映画館は音がきれいだ。
それだけでも映画館で観た甲斐はあるというもの。
ただドラマをもっとシビアに描いてもらいたかった気はします。
ハルとレオそしてシマの三角関係とレオの男性関係。泣き叫んだりしないところがいいところではあるんでしょうが、そうしなくてももっとキリキリするような描き方はあったのでは。これではあっさりし過ぎ。いやあっさりしていないと言われるのかもしれませんが。

鑑賞後にミッドタウンの地下通路でずっと映画の話。
やつの話はいろいろためになる。
いやちょっとくど過ぎるきらいはあるのだけれど。

帰宅後、彼との話を反芻してみる。
お前にとっていちばんの映画女優は誰かと聞かれて、とっさに薬師丸ひろ子と答えました。
本当にそれでよかったのだろうか。例えば1970年代の秋吉久美子の自由奔放さに全然かなわないだろうし、2000年代の宮崎あおいの心を締め付けるような絶望や哀しみはありません。
『放課後』の栗田ひろみや『精霊のささやき』のつみきみほのような一瞬のきらめきはないかもしれません。
でも、キャラクターで演じていないといっていいのでしょうか。薬師丸さんはずーっと薬師丸ひろ子でありつづけているような気がします。
そう言いながら思い出している映画は『メイン・テーマ』だったりします。
今度同じ質問をされたらやっぱり薬師丸さんと答えるでしょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧