2021年1月14日 (木)

川口図書館でDVD3枚、新書2冊。池袋三省堂で1冊。

川口図書館でDVD3枚、ついでに開架棚の新書を2冊を借りました。
DVDは日本映画ばかり。
『父と暮せば』
『かあちゃん』
『チチを撮りに』
図らずも親の話ばかりです。
なかでは『チチを撮りに』が巨匠の作品ではありません。
期待しましょう。
新書は「世界哲学史」の「7 近代Ⅱ」と「8 現代」。
これで最終巻です。はたして何が見えるでしょうか。

参考文献で手元にあったのは
「これがニーチェだ」「大衆の反逆」「新書アフリカ史」

池袋の三省堂で買ったのは「魔法」。
今の水準からすれば古い内容でしょうが、グノーシスから錬金術、
悪魔、魔女、カバラ、薔薇十字、フリーメーソンなどが満載です。
ただし参考文献は、原著のものではなく、今日本語で読める
関連文献というのなら、2021年用にブラッシュアップすべきでした。
検索で引っかかっただけと思しき書籍が散見するのは
いかがなものでしょう。

といいつつ蔵書のなかで参考文献に挙がっていたのは
「ケプラーの夢」「占星術の世界」「月の魔力」「悪魔の辞典」
「魔女」「魔女狩り」「魔女とシャリバリ」「魔女と魔女裁判」
「魔女の社会史」「夜の合戦」「カルパチアの城」「錬金術」
「錬金術」「金枝篇」「呪術」「呪術」「妖術」
哲学よりも魔術に近い世界にいることだけは確かです。

| | コメント (0)

2021年1月 4日 (月)

ブルーリボン賞ノミネート

ブルーリボン賞ノミネートが発表になりました。

◆作品賞 
『朝が来る』『浅田家!』『アンダードッグ』『
喜劇 愛妻物語』『今日から俺は!!』『劇場』
『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』『スパイの妻
コンフィデンスマンJP プリンセス編』『罪の声』
『泣く子はいねぇが』『初恋』『Fukushima 50』『MOTHER マザー』
『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』『実りゆく』
『ミッドナイトスワン』『みをつくし料理帖』『弱虫ペダル

◆監督賞 
 内田英治、河瀬直美、黒沢 清、土井裕泰、中野量太

◆主演男優賞
 小栗 旬、草なぎ 剛、佐藤浩市、二宮和也、森山未来

◆主演女優賞
 蒼井 優、芦田愛菜、永作博美、長澤まさみ、水川あさみ

◆助演男優賞
 妻夫木 聡、成田 凌、東出昌大、星野 源、渡辺 謙

◆助演女優賞
 伊藤沙莉、栄倉奈々、黒木華、ベッキー、蒔田彩珠

◆新人賞
 奥平大兼、小西桜子、奈緒、服部樹咲、宮沢氷魚、森 七菜

◆外国作品賞 
赤い闇 スターリンの冷たい大地で』『ある画家の数奇な運命』
『異端の鳥』『1917 命をかけた伝令』『スキャンダル
『エイブのキッチンストーリー』『キャッツ』『はちどり』
ジュディ 虹の彼方に』『TENET テネット』『2分の1の魔法
ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
『ニューヨーク 親切なロシア料理店』『パラサイト 半地下の家族
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
『フェアウェル』『フォードvsフェラーリ』『ミッドサマー
レイニーデイ・イン・ニューヨーク』『ワンダーウーマン 1984』

日本映画で観てるのは『初恋』だけ。
外国映画は3本観てるというのに。

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます

2021年のスタートです。
昨日の書籍に続いて日本映画、女性ヴォーカルのベストテンを選びました。
日本映画
女性ヴォーカル
もちろん暫定順位です。
外国映画はまだ4本しか観ていないのでもう少したまってから選びます。

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

第33回日刊スポーツ映画大賞

第33回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞が決定しました。
作品賞 「罪の声」(土井裕泰監督)
監督賞 黒沢 清「スパイの妻」
主演男優賞 小栗 旬「罪の声」
主演女優賞 長澤まさみ
    「MOTHER マザー」「コンフィデンスマンJP プリンセス編」
助演男優賞 妻夫木 聡
    「浅田家!」「Red」「一度も撃ってません」など
助演女優賞 渡辺真起子「浅田家!」「37セカンズ」など
新人賞は 服部樹咲「ミッドナイトスワン」
外国作品賞 「はちどり」(キム・ボラ監督)
石原裕次郎賞 「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」(外崎春雄監督)
石原裕次郎新人賞 岡田健史
              「望み」「弥生、三月 君を愛した30年」
              「ドクター・デスの遺産 ーBLACK FILEー」
特別賞 渡 哲也

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

毎日映画コンクールノミネート発表

第75回毎日映画コンクールの各賞ノミネート作品&ノミネート者が発表されました。
作品部門
日本映画大賞・日本映画優秀賞
『朝が来る』
『アンダードッグ』
『海辺の映画館 キネマの玉手箱』
『スパイの妻 劇場版』
『MOTHER マザー』

外国映画ベストワン賞
『異端の鳥』
ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
TENET テネット
『はちどり』
パラサイト 半地下の家族
『燃ゆる女の肖像』

俳優部門
男優主演賞
石橋蓮司『一度も撃ってません
草彅 剛『ミッドナイトスワン』
高橋一生『スパイの妻 劇場版』
森崎ウィン『本気のしるし 劇場版』
森山未來『アンダードッグ』

女優主演賞
蒼井 優『スパイの妻 劇場版』
芦田愛菜『星の子』
土村 芳『本気のしるし 劇場版』
長澤まさみ『MOTHER マザー』
水川あさみ『喜劇 愛妻物語

男優助演賞
阿部サダヲ『MOTHER マザー』
宇野祥平『罪の声』
勝地 涼『アンダードッグ』
北村匠海『アンダードッグ』
成田 凌『窮鼠はチーズの夢を見る』
東出昌大『スパイの妻 劇場版』

女優助演賞
浅田美代子『朝が来る』
神野三鈴『37セカンズ』
岸井ゆきの『空に住む』
ベッキー『初恋
蒔田彩珠『朝が来る』
渡辺真起子『37セカンズ』

スポニチグランプリ新人賞(男性)
上村 侑『許された子どもたち』
岡田健史『望み』
奥平大兼『MOTHER マザー』
下倉幹人『アイヌモシリ』
宮沢氷魚『his
寄川歌太『滑走路』

スポニチグランプリ新人賞(女性)
芋生 悠『ソワレ
佳山 明『37セカンズ』
工藤 遙『のぼる小寺さん
服部樹咲『ミッドナイトスワン』
モトーラ世理奈『風の電話
森 七菜『ラストレター

スタッフ部門
監督賞
大林宣彦『海辺の映画館 キネマの玉手箱』
河瀬直美『朝が来る』
黒沢 清『スパイの妻 劇場版』
諏訪敦彦『風の電話』
武 正晴『アンダードッグ』
土井裕泰『罪の声』

脚本賞
足立 紳『アンダードッグ』
足立 紳『喜劇 愛妻物語』
野本亜紀子『罪の声』
濱口竜介、野原位、黒沢清『スパイの妻 劇場版』
丸山昇一『一度も撃ってません』

撮影賞
今井孝博『窮鼠はチーズの夢を見る』
佐々木達之介『スパイの妻 劇場版』
月永雄太、榊原直記、河瀬直美『朝が来る』
西村博光『アンダードッグ』
灰原隆裕『風の電話』
三本木久城『海辺の映画館 キネマの玉手箱』

美術賞
安宅紀史『スパイの妻 劇場版』
磯見俊裕、露木恵美子『罪の声』
磯見俊裕、露木恵美子『ばるぼら』
瀬下幸治『Fukushima 50
相馬直樹『窮鼠はチーズの夢を見る』
竹内公一『海辺の映画館 キネマの玉手箱』

音楽賞
渋谷慶一郎『ミッドナイトスワン』
長岡亮介『スパイの妻 劇場版』
半野喜弘『窮鼠はチーズの夢を見る』
安川午朗『一度も撃ってません』
山下康介『海辺の映画館 キネマの玉手箱』

録音賞
内田 誠『海辺の映画館 キネマの玉手箱』
加藤大和『罪の声』
藤丸和徳『アンダードッグ』
森英司、ロマン・ディムニー『朝が来る』
矢野正人『おらおらでひとりいぐも』
吉野桂太『スパイの妻 劇場版』

アニメーション部門
アニメーション映画賞・大藤信郎賞
『生きる壁』『いしのしし』
『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』
『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』
『劇場版 ごん -GON, THE LITTLE FOX-』『音楽』
『かたのあと』
『サイダーのように言葉が湧き上がる』
『The Balloon Catcher』
『ジョゼと虎と魚たち』
『DINO!』
『どうにかなる日々』
『Birth-めぐるいのち-』
『附子』
『魔女見習いをさがして』
『Radio Town』
『レベッカ』
『わたしたちの家』

ドキュメンタリー部門
ドキュメンタリー映画賞
『アリ地獄天国』
『サマショール 遺言 第六章』
『さよならテレビ』
『セノーテ』
『花のあとさき ムツばあさんの歩いた道』
『れいわ一揆』

| | コメント (0)

追悼 小谷承靖

映画監督の小谷承靖氏が亡くなっていました。
東宝出身で70年『俺の空だぜ! 若大将』で監督デビュー。
以後劇場映画を18本製作しましたが、80年代以降はアクションものを中心にテレビドラマでも活躍しました。
私が観た小谷作品は11本
ゴキブリ刑事
ザ・ゴキブリ
はつ恋
『愛の嵐の中で』
ピンク・レディーの活動大写真
ホワイト・ラブ
帰ってきた若大将
すっかり…その気で!
『コールガール』
『F2グランプリ』
潮騒
このうち75年2位の『はつ恋』と78年8位の『愛の嵐の中で』が私の年間ベストテン入り。
東宝若手のホープとして期待され、切れ味のいい映像が魅力でした。

合掌

 

 

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

図書館×2+TSUTAYAのレンタル暮し

川口の図書館で外国映画のDVDを3枚。
練馬のTSUTAYAで日本映画と外国映画のDVDを合わせて6枚。
中村橋の図書館で予約していた2冊。
まず川口では
『アリスの恋』
『グッバイガール』
『カッコーの巣の上で』
1970年代の3作。女性映画2本に期待です。
TSUTAYAでは
『風の電話』
『マチネの終わりに』
『アルプススタンドのはしの方』
『一度も撃ってません』
『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
『パリの恋人たち』
中村橋の図書館では
「黄禍論」
「平安朝の事件簿」
ざっと見た感じ読み通すのが不安な印象です。

『風の電話』は、観ないつもりでしたが、どうでしょう。何か引っかかるものがあればいいのですが。>これはいい。タイトルの風の電話にたどり着くまでの少女の旅。全然期待してなかったけれど最初から最後まで目を離せませんでした。出ずっぱりのモトーラ世理奈さんの存在感がすごい。これは諏訪監督の演出力の賜物でしょう。
『マチネの終わりに』は、福山+石田のメロドラマ。不安いっぱいで石田さんだけが頼りです。>予想通りのイライラドラマでした。桜井ユキさんが頑張っていましたが、それでいいのか?残念です。
『アルプススタンドのはしの方』は、高校演劇の映画化という異色作。今年の大穴です。>高校野球の県予選を応援する演劇部の女子高生。娘が中学で演劇部だったこともあって入りやすい世界でした。ややまとまり過ぎの嫌いはありますが、女の子たちの素直な演技で納得の仕上がりです。
『一度も撃ってません』は、ハードボイルドですが、豪華な女優陣に期待しましょう。>久々の桃井かおりショーを堪能できました。素っ頓狂は井上真央さんもナイス。全体を流れるB級っぽさがグッドでした。
『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』は、バッシングの標的ウディ・アレン監督作品。外国の監督では彼の作品が最多鑑賞数です。見て損はないはずです。>軽いコメディですが、このスノッブぶり。私は嫌いじゃありません。ま、だからこそトランプが受けるのだというのもわかる気がします。
『パリの恋人たち』は、昨年度の作品です。>上のウディ・アレンと通じるトリュフォー趣味を感じますが、グダグダしすぎだな。


 

 

 

| | コメント (0)

2020年12月 6日 (日)

発表!第42回ヨコハマ映画祭

ヨコハマ映画祭のベストテンと個人賞が発表になりました。
ベストテンは
第1位『海辺の映画館 キネマの玉手箱』大林宣彦
第2位『喜劇 愛妻物語』足立 紳
第3位『浅田家!』中野量太
第4位『朝が来る』河瀨直美
第5位『スパイの妻』黒沢 清
第6位『アルプススタンドのはしの方』城定秀夫
第7位『罪の声』土井裕泰
第8位『本気のしるし〈劇場版〉』深田晃司
第9位『一度も撃ってません』阪本順治
第10位『佐々木、イン、マイマイン』内山拓也
次 点『37セカンズ』 HIKARI

個人賞は
作品賞『海辺の映画館 キネマの玉手箱』大林宣彦監督
監督賞 城定秀夫『アルプススタンドのはしの方』『性の劇薬』
森田芳光メモリアル
新人監督賞 内山拓也『佐々木、イン、マイマイン』
脚本賞 足立 紳『喜劇 愛妻物語』『劇場版 アンダードッグ 前後編』
撮影賞 四宮秀俊 『佐々木、イン、マイマイン』『人数の町』
主演男優賞 二宮和也『浅田家!』
主演女優賞 水川あさみ『喜劇 愛妻物語』『滑走路』
助演男優賞 宇野祥平『罪の声』『本気のしるし〈劇場版〉』
助演男優賞 緒形直人『もみの家』
助演女優賞 蒔田彩珠『朝が来る』『星の子』
最優秀新人賞 森 七菜『ラストレター』『461個のお弁当』『青くて痛くて脆い』
 藤原季節 『佐々木、イン、マイマイン』『 his』
 宮沢氷魚 『 his』
 小西桜子 『初恋』『ファンシー』『佐々木、イン、マイマイン』
審査員特別賞  細川 岳と『佐々木、イン、マイマイン』
ヨコハマ映画祭大賞 大林宣彦・大林恭子

おそらく3~5位と7位あたりが今後の映画賞に選ばれるのでしょう。
このうち私が観たのは新人賞の『ラストレター』と『初恋』だけ。
8~10位はほとんど聞いたことすらありません。

| | コメント (0)

2020年12月 3日 (木)

始まっていた2020映画賞

新型コロナウイルスのせいか今年度の各映画賞が
すでに発表されていたことをすっかり失念していました。
今のところ発表になっているのは報知映画賞、TAMA映画賞。
日刊スポーツ映画大賞はノミーネートが発表になっています。
今年度の山路ふみ子映画賞は中止だそうです。

第44回報知映画賞

作品賞・邦画 『罪の声』土井裕泰監督
監督賞 河瀨直美『朝が来る』
主演男優賞 小栗 旬『罪の声』
主演女優賞 水川あさみ『喜劇 愛妻物語』
助演男優賞 星野 源『罪の声』
助演女優賞 蒔田彩珠『朝が来る』
新人賞 蒔田彩珠『朝が来る』
    宮沢氷魚『his』
作品賞・海外 『TENET テネット』クリストファー・ノーラン監督
アニメ作品賞 『劇場版『鬼滅の刃』無限列車編』外崎春雄監督
特別賞 『三島由紀夫VS東大全共闘~50年目の真実~』豊島圭介監督

もう賞そのものが発表になっているのでノミネートは省略しますが、
ページはこちら
例年のように多数の作品が挙がっているのでこれからDVDで観ようというときの参考になるかと思います

第12回TAMA映画賞
最優秀作品賞
『海辺の映画館-キネマの玉手箱』大林宣彦
『ラストレター』岩井俊二
特別賞
『アルプススタンドのはしの方』城定秀夫監督
『音楽』岩井澤健治監督
最優秀男優賞
福山雅治
『ラストレター』『マチネの終わりに』
濱田 岳
『喜劇 愛妻物語』『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』
『コンフィデンスマンJP プリンセス編』『決算!忠臣蔵』
『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』
最優秀女優賞
水川あさみ
『喜劇 愛妻物語』『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』
『ミッドナイトスワン』
長澤まさみ
『MOTHER マザー』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』
最優秀新進監督賞
HIKARI
『37セカンズ』
ふくだももこ
『君が世界のはじまり』
最優秀新進男優賞
宮沢氷魚
『his』
北村匠海
『サヨナラまでの30分』『思い、思われ、ふり、ふられ』『影踏み』
『ぼくらの7日間戦争』『思い、思われ、ふり、ふられ(アニメ版)』
最優秀新進女優賞
松本穂香
『君が世界のはじまり』『わたしは光をにぎっている』
『酔うと化け物になる父がつらい』『his』『青くて痛くて脆い』
森七菜
『ラストレター』『青くて痛くて脆い』『地獄少女』『最初の晩餐』

 

第33回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞ノミネート

作品賞
『朝が来る』河瀬直美
『浅田家!』中野量太
『スパイの妻』黒沢 清
『罪の声』土井裕泰
『Fukushima50』若松節朗

監督賞
大林宣彦「海辺の映画館 キネマの玉手箱」
河瀬直美『朝が来る』
黒沢 清『スパイの妻』
土井裕泰『罪の声』
中野量太『浅田家!』

主演男優賞ノミネート
小栗 旬『罪の声』
草彅 剛『ミッドナイトスワン』
仲野太賀『泣く子はいねぇが』『生きちゃった』
成田 凌『カツベン!』
二宮和也『浅田家!』

主演女優賞ノミネート
蒼井 優『スパイの妻』
芦田愛菜『星の子』
多部未華子『空に住む』
長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』『MOTHER マザー』
松本穂香『みをつくし料理長』

助演男優賞ノミネート
井浦 新『朝が来る』
宇野祥平『罪の声』『星の子』など
妻夫木 聡『浅田家!』『Red』など
永瀬正敏『星の子』『空に住む』『桜』など
成田 凌『窮鼠はチーズの夢を見る』『弥生、三月 君を愛した30年』『糸』など

助演女優賞ノミネート
伊藤沙莉『ホテルローヤル』『十二単衣を着た悪魔』
黒木 華『浅田家!』など
風吹ジュン『浅田家!』など
蒔田彩珠『朝が来る』『星の子』など
渡辺真起子『浅田家!』など

新人賞ノミネート
小西桜子『初恋』『映像県には手を出すな!』
服部樹咲『ミッドナイトスワン』
蒔田彩珠『朝が来る』『星の子』など
モトーラ世理奈「風の電話」
森 七菜『ラストレター』『青くて痛くてもろい』『461個のお弁当』

石原裕次郎賞ノミネート
『男はつらいよ お帰り 寅さん』山田洋次
『鬼滅の刃 無限列車編』外崎春雄
『スパイの妻』黒沢 清
『罪の声』土井裕泰
『初恋』三池崇史

外国作品賞ノミネート
『家族を想うとき』ケン・ローチ
『ジュディ 虹の彼方に』ルパート・グールド
『TENET テネット』クリストファー・ノーラン
『はちどり』キム・ボラ
『パラサイト 半地下の家族』ポン・ジュノ

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年11月24日 (火)

TSUTAYAで4本

練馬のTSUTAYAでDVDを4枚レンタル。
Red
星屑の町
グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
パラサイト 半地下の家族

『Red』は、夏帆さん主演ですから観ないわけにはいきません。>ヒロインがなぜ彼をスキなのかっていうことは明かされません。おそらく、ここではないどこかへ連れて行ってくれる悪魔が必要だったということなのでしょう。幸せな家庭も豊かなくらしも可愛い子供も捨ててそれでも彼女は悪魔に魅入られてしまったということです。それはそれでありだと思います。ただ三島監督らしいリリシズムが足りない気がしました。いやそんな映画じゃないものを作りたかったのでしょうが。夏帆さんはいつも戸惑い気味で、そこが魅力的ですが、それを突き抜ける何かが欲しかった気がしました。
『星屑の町』は、ロケ現場で見かけたのんさんがカッコ良くってぜひ観なくてはと思ったものです(じゃあ映画館で観ろという話ですが)。>ズドーンとしたまっすぐな演技ののんさんはいいものです。戸田さんの歌も素敵です。だからと言って、おじさんたちのコントのような演技が私の鑑賞に堪えるかというとそんなことはありません。ひたすら彼女たちの歌謡映画として楽しみましょう。
『グッドバイ』は、これも舞台の映画化です。なんせ女優陣がすごい。それだけで見落とすわけにはいきません。>最初から最後まで小池栄子さんだけ、彼女一人で持っている映画です。テレビドラマでも映画でも小池さんにはずれはありません。この映画で唯一対抗していたのは緒川さんぐらいでしょうか。ほかの女優さんは弱すぎました。舞台の映画化だけに致し方のないとはいえ、大泉洋はしゃべりすぎ。いい人感が出すぎでした。
『パラサイト 半地下の家族』は、アカデミー賞ですから観て当然でしょう。私にとって楽しめる作品かどうかはともかくとして。>いかにして金持ちの家にパラサイトするかってことがいちばんの興味だったのですが、そこはあっさりスルー。やつらはもともと仕事のできる有能な人間だったのかでなければ詐欺の常習犯に違いありません。で、あの末っ子が何かの力で見破るのかと思いきや、一気にスプラッターへと突入。それ以降の終わらせ方は落ち着いたものでした。ただ、これがアカデミー賞に値するとは思えませんけどね。

日本映画が3本で外国映画が1本。
棚に新作のDVDがやけに少ないと思ったが、
考えてみれば映画の公開本数が少ないのだから仕方がない。
今年のベストテンはどうなるのだろう?



| | コメント (0)

より以前の記事一覧