2017年3月17日 (金)

オランダ総選挙

オランダの総選挙がありました。
極右の自由党がどこまで伸びるかが注目されましたが、5議席増えた20議席にとどまりました。
しかし政権与党はVDDが12議席減の33議席で第1党だったのはまだしも、第2党で与党だった労働党は29議席減の9議席という壊滅的な敗北となり、与党で42議席という過半数には遠く及ばない結果となりました。
労働党は連立に加わったがゆえに、左派的な支持者の意向に反する現政権の政策に賛同したのが敗因といえるでしょう。労働党の票は左派的なGL(緑の党左派)や中道リベラルの民主66へ流れたといえるでしょう。
当然連立の組み合わせが入れ替わることになるでしょう。VVDにCDA、D66、CUを加えた中道右派政権ということになるのでしょうか。過半数ぎりぎりの76議席ですが。

選挙結果は以下の通り。(上が今回、下が前回の選挙結果。)
VVD(自由民主国民党)
21,3% (33)
26,5% (41)
PVV(自由党)
13,1% (20)
10,1% (15)
CDA(キリスト教民主アピール)
12,5% (19)
8,5% (13)
D66(民主66)
12,0% (19)
8,0% (12)
SP(社会党)
9,2% (14)
9,6% (15)
GL(フルンリンクス)
8,9% (14)
2,3% (4)
PvdA(労働党)
5,7% (9)
24,8% (38)
CU(キリスト教連合)
3,4% (5)
3,1% (5)
50+(50プラス)
3,1% (4)
1,9% (2)
PvdD(動物党)
3,1% (5)
1,9% (2)
SGP(改革政党)
2,1% (3)
2,1% (3)
DENK(労働党分派)
2,0% (3)
0,0% (0)
FvD(民主フォーラム)
1,8% (2)
0,0% (0)

ちなみに今回初登場のDENKは、労働党のうち移民に融和的なグループなのか、イスラム系移民による政党なのかよくわかりません。民主フォーラムもよくわかりませんが右派のようです。
SGPは改革といっていますがこれはキリスト教改革派という意味です。カルバン党といういい方もあるようです。全国では3議席しか獲得できませんが、なんと11選挙区で第1党になっています。カルバン派信者の分布によるのでしょうきっと。
ことほど左様に地域性が大きく異なるオランダですので
例えば首都アムステルダム選挙区では
GLが19.3%で第1党で以下
D6618.2
VVD15.2
PvdA8.4
DENK7.5
と続き
PVVは7.0%に過ぎません。また、分裂したPvdAとDENKを足せばVVDより多数派です。
NYに住んでたらトランプ支持者なんて少数派でしかないというように
アムステルダムにいたらPVV支持者に会うことはめったにありません。
これが日本中どこに行っても改憲右派安倍晋三支持者で満ちている中央集権国家日本との大きな違いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

クリントン負ける

アメリカ大統領選挙終わりました。
クリントン負けましたね。
本当に嫌われてるんですね彼女は。
要するに彼女じゃなければ誰でもよかったんですね。
そう考えるしかありません。トランプを当選させる理由は。

あとはトランプが共和党主流派でないために、たとえば人工中絶問題などキリスト教右派の影響から離れていたこともアンチ・クリントンの票を受け入れやすくしていたのかもしれません。

でもトランプが核のボタンを握る恐怖を世界4年間も味わわなくてはならなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

参院選

参院選の結果が出ました。
もっと自民党にぶれるのかと思ったら、そうでもありませんでした。
とくに東北地方の6つある1人区で自民が1議席しか取れなかったのは意外でした。
おそらく、自民が単独過半数というのはここであと2議席以上は想定していたのでしょう。
ちなみに自民党が選挙区で落選させた議員は、
北海道定員3のうちの1人。
あとは1人区で東北の5人。
新潟、長野、山梨、三重、大分、沖縄の計12人です。
野党協力のたまものです。
共産党が立候補していたらこのうち7~8議席は自民のものになっていたでしょうから。
ただ、軸となる民進党が弱い西日本では不発に終わっています。
選挙区では東京の民進党、神奈川の自民系無所属が最後のほうでしたが、ここでおおさか維新や共産がとっていれば、もうすこし結果の意味が変わってきたでしょうが、無難な方に落ち着きました。

比例区では共産党が伸び悩みました。これは上と裏腹のことで、選挙区で立候補していないことによる目減りと考えていいでしょう。選挙協力しても、自民から公明のように比例は共産党へとは言ってくれませんものね。
なかで、最後に滑り込んだ生活の党の青木愛さんが今度の選挙のいちばんのどんでん返しだったかもしれません。生活の党が議席を得るとは大方のテレビ局の開票速報番組冒頭の獲得議席予測を裏切りました。生活の党がどこで票を伸ばしたかは調べないとわかりませんけれど(調べませんよもちろん)、もしかするとこちらは選挙協力のおかげだったかもしれません。

まあ私の投票先は死に票にはなりませんでした。

参院選に隠れてあまり扱われていませんが、鹿児島知事に三反園さんが当選したことの方がビッグニュースかもしれません。選挙のテーマが明確になれば厚い保守の県でも、反自民が勝つということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

参院選投票日

投票日です。
午前中に行きました。
死に票になるかどうかギリギリの選択です。
とはいえ、以前ほどの情熱もなく結果の予想もしていません。
最近は、新聞の事前調査通りの結果が続いていますから、ま、押して知るべしでしょうね。
投票率は、期日前の分ぐらいは高くなるんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

イギリス総選挙

イギリス下院総選挙の結果が出ました。
予想を覆して保守党が単独過半数を獲得しました。

結果は

保守党 330+24
労働党 232-26
スコットランド国民党 56+50
自民党 8-48
民主統一党 8
シン・フェイン 4-1
ウェールズ党 3
社民労働党 3
アルスター統一党 2+2
イギリス独立党 1+1
緑の党 1
北アイルランド同盟党 0-1
その他 1

合計650議席です。

これだけ見ると如何にも労働党が減った分保守党が獲得したみたいですが
地域別に見るとやや様相が違います。

イングランドでは
保守党が新たな議席を32獲得して11議席失ってプラス21議席
労働党は21獲得して6議席失いプラス15
自民党は36議席を失いマイナス36
イギリス独立党は1議席獲得

自民党が負けた分を各党で山分けというわけです。
もうひとつ重要なのは台風の目と言われたイギリス独立党が得票率14.1%にもかかわらず1議席に終わったことです。

スコットランドでは
スコットランド国民党が50議席を増やして
労働党が40議席、自民党が10議席減らしています。
保守党はもともと1議席しかありませんからそのままです。

北アイルランドは本土とは政党がまったく異なります。
右派のアルスター統一党が2議席増やして
独立派のシン・フェイン、自民系の北アイルランド同盟党が1議席ずつ減らしています。

ウェールズでは
保守党が3つ増やし
労働党が1つ、自民党が2つ減らしています。

また、全体で与野党の議席の増減を比べると
与党は-25議席
野党は、社民系が+24
右派が+3、左派が-1
と、与党が減っています。

労働党はイングランドで議席を増やしたものの、地盤でもあったスコットランドで友党でもあるスコットランド国民党に壊滅的な敗北を喫したために議席を減らしています。
一方、保守党はイギリス独立党の反EU政策を取り込むことでその影響をしのいで議席を増やすことに成功しました。
結局、政治の混乱を避けたい有権者の選択が働いたようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

練馬区議会議員選挙確定

区議選の結果が日をまたいで確定しました。

自民18(17)
公明12(12)
共産6(5)
民主3(3)
生活者ネットワーク3(3)
市民の声ねりま2(1)
維新1(0)
オンブズマン練馬1(1)
無所属4(5)
みんな(3)

自民と共産、市民の声ねりまが1議席ずつ増えて、
みんなの党で当選していた3人は維新の1議席だけになりました。
あと無所属が1議席減っています。この1議席の人は、なぜか途中で辞職して今回豊中市議で当選しています。
ちなみに、今回当選した無所属のうち2人は議会内では民主と統一会派、1人はネットと統一会派を結成していました。

民主は前回7人出て3議席でしたが、今回は5人出てやっぱり3議席。
社民は前回2人共倒れ、今回は1人でやっぱりダメ。
地方議会選挙は個人選挙だから立候補者を減らしても、あんまりいい効果はないようです。

前回より投票総数は約1万票減り、当選ラインが200票以上も下がりました。
前回は3000票とっても落選したのに今回は2781票で当選しています。
10000÷50(議員定数)=200
ですから、おおざっぱに言えば計算通りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

練馬区議会議員選挙期日前投票in石神井

区議会議員選挙の期日前投票に石神井庁舎まで行ってきました。

石神井公園駅近辺では自民党、共産党、公明党、生活者ネットワークから社民党まで多くの宣伝カーに出会いました。
最終日だけあって場所取りも激しく、共産党の“戦争法案に反対”ののぼりの下で自民党候補が演説している有様でした。
ちなみに昨日までの期日前投票者数は、

4月20日(月曜) 4,957/4,957(5,684/5,684)
4月21日(火曜) 7,476/12,433(4,648/10,332)
4月22日(水曜) 9,642/22,075(7,648/17,980)
4月23日(木曜) 10,479/32,554(8,395/26,375)
4月24日(金曜) 11,068/43,622(10,313/36,688)
4月25日(土曜) -/-(13,704/50,39)

前回と比べて約2割り増加しています。
今日もそこそこ投票に来ていました(本日の投票者数は深夜に発表になります)。
さてこれが最終投票率につながるのでしょうか。

私の投票は、いつもながらの負け覚悟ですから期待はしていません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月28日 (水)

ギリシア総選挙

25日に行われたギリシア総選挙の結果です。
総議席300で、
選挙区ごとの比例代表で250議席を決め、残る50議席を首位の党に上積みして選出されます。

急進左派連合(SYRIZA、左派) 149 36,34 %
新民主主義党(ND、中道右派) 76 27,81 %
黄金の夜明け(極右) 17 6,28 %
ポタミ(中道) 17 6,05 %
ギリシャ共産党(左派) 15 5,47 %
独立ギリシャ人(中道右派) 13 4,75 %
全ギリシャ社会主義運動(PASOK、中道左派) 13 4,68 %

ほぼ全国的に急進左派が第1党となりましたが、南部のペロポネソス地方と北方のマケドニア地方という周辺部で旧与党の新民主主義党が第1党を維持しました。

第1党が過半数議席を得ていませんから、急進左派を中心に連立交渉が行われ、独立ギリシア人との連立政権が樹立されることになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

新刊本と選挙結果

西武池袋線が人身事故で運転休止となっていたため池袋で足止め。
しかたないのでリブロに寄って欲しかった1冊を購入する。
科学革命
丸善の理科系新書シリーズ・サイエンス・パレットの1冊で、新しい知見にもとづく16~17世紀の科学史。
参考文献に挙げられているもののうち
手元にあるのは、なぜかベーコンの3冊「学問の進歩」「ノヴム・オルガヌム―新機関」「ニュー・アトランティス」と「ルネサンスの魔術思想」。

選挙結果。
まあ見るまでもないですね。
ただ、誰も言ってませんが出口調査で自民300越えって言う感じじゃありませんでした?
現状維持の290でもちろん安倍さんは安泰なのですけど、意外じゃなかったですか。
報道各社チェックしなおしですね。
民主の70チョボチョボはいいとして、維新の40は、出口調査でも読めなかったんじゃないですか。
あれだけ内紛といい加減ぶりが明らかになって、何の根拠もなくこれだけ取れるとは、いまだ維新のネームバリューは生きていたということですね。ビックリ。選挙戦後半では、政策は一切語らず公務員削減に絞ったのも成功だったのかもしれません。
大雑把に言うと、事前の予想より自民が減らした分維新が取ったということでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

期日前投票で出口調査

妻と期日前投票に石神井庁舎へ。
事前の情勢分析では負け犬のような投票です。

庁舎を出たところで、なんと読売新聞の出口調査につかまる。
私がこういうのを好きなのを知っている妻は、ニヤニヤして離れていく。

しかし、なんでこんなところで期日前投票の出口調査を。いったい全国の何ヶ所で調査してるんだ。

今回は期日前投票の速報を掲載しなかった。
はっきりいってこんだけ結果がはっきりしていちゃ興味を失ってしまう。
で結果は

期日前期間/曜日/日計/累計/前回日計/前回累計
12月3日 水 349/349/673/673
12月4日 木 421/770/738/1,411
12月5日 金 870/1,640/741/2,152
12月6日 土 4,645/6,285/4,910/7,062
12月7日 日 8,545/14,830/7,845/14,907
12月8日 月 6,325/21,155/5,453/20,360
12月9日 火 7,675/28,830/6,177/26,537
12月10日 水 8,324/37,154/6,753/33,290
12月11日 木 6,670/43,824/6,904/40,194
12月12日 金 9,016/52,840/8,415/48,609
12月13日 土 17,200/70,040/14,511/63,120

東京9区の有権者数は452,972だから、期日前の投票率は15.5%。
ちなみに東京10区の練馬区分は期日前投票数は15,953、有権者数は131,787だから12.1%。
まあ似たようなものか。
それにして、選挙がこれだけ盛り上がらないのにもなぜ前回を上回っているのか。
業界の締め付けが功を奏して自民の組織票が復活しているということなのか。

まあ明日の結果は全然期待していません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ほん | テレビ | ニュース | 外国映画 | 子育て | 日本映画 | 選挙 | 雑感 | 音楽