2020年7月 5日 (日)

都知事選

まあ予想通りの結果。
ほかの候補がろくな選挙運動ができず、現職だけが毎日テレビに顔を出していたのだから負けるはずがない。
選挙期間が終わったら急に陽性が増えたなんて意図的なことのないように願うのみです。

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

期日前投票

日曜日に余裕がないのでと知事選挙の期日前投票に妻と娘とともに行ってきました。
コロナのおかげで選挙運動も様変わりしているようで街頭で見かけることはほとんどありません。
本日までの練馬区の期日前投票の状況は以下の通り。出足は前回以上だったものが今週に入って伸び悩み前回をやや下回っています。

  曜日 日計 累計 前回日計 前回累計
6月19日 金曜 896 896 712 712
6月20日 土曜 1,605 2,501 1,218 1,930
6月21日 日曜 1,341 3,842 1,195 3,125
6月22日 月曜 788 4,630 1,350 4,475
6月23日 火曜 1,533 6,163 1,171 5,646
6月24日 水曜 1,459 7,622 1,381 7,027
6月25日 木曜 1,385 9,007 1,006 8,033
6月26日 金曜 1,567 10,574 1,219 9,252
6月27日 土曜 11,122 21,696 11,420 20,672
6月28日 日曜 7,749 29,445 11,607 32,279
6月29日 月曜 12,060 41,505 9,282 41,561
6月30日 火曜 7,255 48,760 7,598 49,159
7月1日 水曜 6,965 55,725 10,149 59,308
7月2日 木曜 12,058 67,783 10,206 69,514
7月3日 金曜 12,351 80,134 11,939 81,453
           

結果は見えているような気もしますが、都民の程度を測る上では面白い選挙かもしれません。
私にとっては選択しようもなく負けを覚悟の投票でした。

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

イギリス総選挙

イギリス総選挙の結果、保守党が単独過半数。
労働党がEU問題でハッキリとした主張を出さなかった(出せなかった)のが決定的でしたね。
保守党は前回より1.2%しか票を伸ばしていないのに、獲得議席は47議席も増えています。
これは単純小選挙区制のため、他党の票が分散すれば、保守党票が増えなくても、議席を得ることになるためです。
自民党は4.2%も票を伸ばしたのに獲得議席は逆に1議席減らしています。
つまり結果として自民が増えた分は、労働党を落とすことに作用したといえるでしょう。
もちろん選挙区ごとに細かく見ればそんな単純な話ではないのでしょうが。

今後の問題は、EU離脱ではなく、環境、人権、医療など生活のあらゆる側面で保守化=弱者切り捨てが進むことの方でしょうね。
アイルランド、スコットランドのイングランド離れが進むかもしれません。

BBCの選挙ページはhttps://www.bbc.com/news/election/2019/results
地図が美しい。

| | コメント (0)

2019年8月27日 (火)

埼玉県知事選

25日の埼玉県知事選挙の結果野党共闘の大野元裕氏が自公推薦の青島健太氏を破って当選しました。

青島氏といえば春日部高校から慶応、ヤクルトと野球で活躍して若々しいイメージかと思いましたが、対立候補の大野氏よりも年長で清新さというにはいささか訴求力に欠けました。
大野氏も野党共闘とはいえ元川口市長(自民党)の孫でもあり、保守系地盤のひとでもあります。

選挙結果を自治体ごとに見ていくと、結局青島氏は出身の東武伊勢崎線沿線(春日部、越谷)から支持を広げられなかったことがわかります。
一方の大野氏はJR線(さいたま、川口、熊谷)、西武線(所沢)、東上線(川越)を押さえて接戦を制しました。(赤で囲ったところが青島氏の勝った自治体です)
Inkedsaitama_li

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

投票日

参議院選挙の投票に行き、みんなでサイゼリアで昼食をとりました。
誰に投票するかは前日に決めていたので悩むこともなくすんなりと終了しました。
あとは結果がどうなるかだけですが。このところマスコミの情勢分析通りの議席数にになっているのでそんなに面白い結果は期待できそうにありませんけどね。


結果が出てきましたね。投票先は1勝1敗でした。まずまずの成績でしょう。
全体としては、予想通りではあるものの、一人区の接戦区で自民がほぼ全廃でしたね。これは意外でした。とくに大分や岩手は驚きました。
関西は見事に維新+自民+公明の改憲保守で独占ですね。きっと格差と区別(差別)の社会の最前線を行っているのでしょう。

比例区はれいわ新選組が台風の目でしたね。3議席まで行ったら面白かったのですが。あとは各県別の得票数とか数字が出てできてからです。

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

書籍ベストテンの続き&参議院選挙

書籍ベストテンの作業を続けています。
さすがに2000年を過ぎると10冊選ぶのも無理やりという感じです。
それでも、ようやく2005年まで到達しました。

明後日は参院選の投票日。
今回は期日前ではなく当日に投票できそうです。
もう予想する気力もありませんが、せめて自分の1票が有効な投票になるように思案をしているところです。
支持政党がはっきりしていれば、トップで当選しようが落選しようが考えなくてもいいんですが、フンワリとしか考えていないので、投票してもいいと思える候補(政党)のなかで最下位当選者に投票できればもっとも意味がある1票ということになる、という考え方です。
選挙区も比例区も、二択までは絞れてきたのですが、どうなることやら。

ちなみに、私の住む練馬区における今回の期日前投票者数速報を見ると、
19日現在で累計81,659人で前回の76,065人よりも5500人(約7%)ほど多いようです。
先週までは、前回割れをしていたのですが、今週に入ってようやく伸びてきました。
選挙が盛り上がってきたのか、ただ天候が回復してきただけなのか。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

デンマーク総選挙

デンマーク総選挙

6月5日に行われたデンマーク総選挙の議席が確定しました。
カッコ内は前回獲得議席数。

社会民主党 48(47)
自由党(ヴェンスタ)43(34)
デンマーク国民党16(37)
社会自由党 16(8)
社会人民党 14(7)
赤緑連合 13(14)
保守党 12(6)
緑の党 5(9)
新右派党(新市民)4(0)
自由同盟 4(13)
その他 4(4)

政権与党では、首相の属する自由党こそ9議席増えたものの保守党が-6、自由同盟が-9と議席を減らし、前回第2党で閣外協力をしている右派・デンマーク国民党が半分以下の16議席へと激減しました。この結果、1議席増の中道左派・社会民主党への政権交代が確実視されています。

デンマークの議会選挙は非拘束比例配分制です。
総議席数は179議席ですが、海外領のグリーンランドとフェロー諸島に各2議席ずつ割り当てられているためデンマーク本土の選挙で選ばれるのは175議席となります。各政党の議席数は、総得票数にしたがって最大剰余法により割り当てられます。ここまではわかりやすいのですが、これからがけっこう手間がかかります。
175議席のうち135議席は全国10選挙区ごとに各政党にドント式で割り当てられます。残り40議席が調整議席といい、先ほど算出した総議席から各選挙区における議席数の合計を差し引いた議席数が各政党に配分されます。じゃあ、その政党の誰が議員として当選するのかとなるとますますややこしい。
詳しくは国会図書館のリファレンス(2015.2デンマークの選挙制度/安田隆子)にあります。ご参照ください。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

期日前投票からTSUTAYAへ

土日と時間が取れないので期日前投票に行ってきました。
投票する政党会派はこのところだいたいいつも一緒なのだけど、
誰がいちばん危ないのか見極めが難しいところ。
区議会議員は小選挙区じゃない(どころか定員50の大選挙区な)
のでこの選択する楽しみがある。
期日前投票の投票数はおおよそ前回の2割増しといったところ。
そうはいっても選挙が盛り上がっているとは到底思えず、
当日の投票率は低そうな気がします。

帰りに久しぶりにTSUTAYAでDVDを5枚借りてきました。
万引き家族
響 -HIBIKI-
止められるか、俺たちを
ハード・コア
チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

『万引き家族』は、安藤さんに松岡さん。しかもカンヌですからね。
つまらないはずはないとはいうものの、粗筋聞く限りでは不安は大。
>つまらなくはないけど、すっきりしません。あの女の子は親に殺されてしまうのでしょうか。ニュースを見ているとそんな気になります。主題は万引きじゃなくて虐待と誘拐それに死体と年金。そう『ごっこ』と一緒です。映像も演技もダンチですが、切実感ではどうでしょう。
『響-HIBIKI-』は、天才少女小説家の話。とにかく天才に見えてさえいれば成功だと思います。>微妙ですね。たぶん面白いとは思うのですが、なんであの子は殴るのでしょうか。あれでは、あの子の天才が伝わったとは言い切れません。ただ好き嫌いがはっきりしている女子高生というだけです。可愛いから殴られてもいいんですけどね。
『止められるか、俺たちを』は、門脇さんですし、いちばんの期待作でもあり、外れも怖いです。>実名バンバンの若松プロもの。映芸の荒井さんも登場というわけで低かったのでしょうか。もっとも内容は過激なのかと思ったらセンチメンタルなエンディングでした。彼女を主人公にした時点でそうはなりますが、流され過ぎたきらいもあります。若松プロが面白くないわけはないのですが、それ以上の何かも期待してしまいます。もちろん、嫌いじゃないですよ。
『ハード・コア』は、よくわかりません。でも何か面白そう。>山下作品に失礼ですが、これは予想外の拾い物。右翼にはまっている兄と商社マンの弟の対比といいながら、どちらも実のところずれまくっている。正しいものは正しい、と山田は言うが本気か?正しいのか?いや、最後荒川が覚醒するのではと期待してしまったのだが。それはともかくめちゃくちゃな展開を楽しめました。
『チューリップ・フィーバー』は、オランダのチューリップ・バブルと人妻の恋。衣装と美術に期待しましょう

| | コメント (0)

2018年9月15日 (土)

スウェーデン総選挙

9月10日にスウェーデンの総選挙が行われました。
結果は
政党名 略号 議席数(前回議席数) 得票率(前回からの増減)

左派(社民+緑)116(138)
※左翼党は閣外協力
社会民主労働党 S 101(113) 28,3(-2,7)
緑の党 MP 15(25) 4,4(-2,5)
左翼党 V 28(21) 8,0(+ 2,3)

右派(保守・自由連合)142(140)
穏健党; M 70(83) 19,8(-3,5)
中央党 C 30(22) 6,3(+ 1,8)
キリスト教民主党 KD 23(16) 8,6(+ 2,5)
自由党 FP 19(19) 5,5(+ 0,1)

極右
スウェーデン民主党 SD 63(42) 17,5(+ 4,7)

予想通り極右が躍進して社民党を中心とする与党は減少、穏健党を中心とする中道右派野党も減少して2大政党にる政権交代というこれまでのスウェーデンの政治のかたちが変わった。というありきたりな解説はいらないと思います。
むしろ、第1党すら予想されていた民主党が最終盤で伸びなやんだということなのでしょう。
ただし今後の連立構想となると、右派が民主と組むか、左右の大連立か、右派の一部を左派が取り込むかのいずれかとなるでしょう。社民党より減らしている穏健党に政権交代の求心力はあるのかさてどうでしょう。

選挙制度は比例代表制で、得票率4%未満の政党は議席の配分を受けません。
全国に29ある選挙区ごとに各政党の獲得議席を決めていきますが最終的には全国の得票率に合わせて調整するということのようです。
日本と違うのは、あくまでも政党の得票ですので誰の議席になるのかはまったく報道されません。少なくとも全国紙では。
各政党は候補者リストを順位をつけて事前に提出し、有権者は政党か個人名で投票します。個人名の投票がその政党の得票の8%以上ならリストに優先して当選することになります。しかし選挙管理委員会のサイトを見ても議席の個人名はまったく出てきません。(見方が悪いのかも、まったく読めないスウェーデン語だし)
どうやら、まだ議席は確定していないみたいです。報道はされているけれど。

それにしても、相変わらずヨーロッパの新聞の選挙報道は選挙区地図が美しい。日本の新聞はどうかならないかね。

>9/16に確定しました。上記の議席数に異同がありました。当選者名簿も載っていました。

総議席349

穏健党70
中央党31
自由党20
キリスト教民主党22

社会民主労働党100
左翼党28
緑の党16

スウェーデン民主党62

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

日本予選突破

ワールドカップ。日本が予選を突破しました。
それにしても、まさか負けていて時間稼ぎに出るとは。セネガルが1点取ったらどうするつもりだったんでしょう。驚きの展開でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧