« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月29日 (木)

5月新刊から気になる新書・文庫・選書

5月の新刊から気になる新書・文庫・選書を
蔵書と関連して紹介します。

◎岩波新書「ブッダが説いた幸せな生き方」今枝由郎
ブッダの教えを“幸せな生き方”と表現するのは珍しい気がします。
蔵書では「仏教誕生」「はじめてのインド哲学」あたりを参照するといいのかも。

◎岩波新書「チャリティの帝国―もうひとつのイギリス近現代史」金澤周作
イギリス社会史の層の厚さはいくつもの“もうひとつのイギリス”を描いてくれます。
とりあえず書棚の「イギリス近代史講義」や「もうひとつのイギリス史」「不機嫌なメアリー・ポピンズ」に連なるはずです。

◎中公新書「天正伊賀の乱-信長を本気にさせた伊賀衆の意地」和田裕弘
子どもの頃から忍者漫画で知っていた天正伊賀の乱。中公の穴狙い的な企画なのでしょうか。
いちおうは「戦国時代」でどうでしょう。

◎中公新書「植物のいのち-からだを守り、子孫につなぐ驚きのしくみ」田中 修
うちの書棚で植物学と言えるのは「プラントハンター」など博物学の系統ばかりで生物学的な内容は
手足を持った魚たち」で触れている程度。

◎講談社現代新書「はじめてのプラトン 批判と変革の哲学」中畑正志
うちにも何冊かプラトン入門書はあるのだけれど、プラトン的な考え方=哲学っていうのが本当にそう思っているのか、何かの比喩なのかってことがよくわからないまま年老いてしまいました。
でも読みたくはなりますが。

◎平凡社新書「日本の道化師 ピエロとクラウンの文化史」大島幹雄
道化と言えば「道化的世界」とか山口昌男の著作がうちにもあるけれど、おそらくそういう話ではないでしょう。

◎新潮新書「シルクロード―流沙に消えた西域三十六か国―」中村清次
シルクロード=西域関連なら「中央アジア歴史群像」「砂漠の文化」あたりで。

◎岩波現代文庫「歴史が後ずさりするとき: 熱い戦争とメディア」ウンベルト・エーコ
エーコの評論集。エーコは好きだし読む価値はあるのでしょうが、
なかなか食指が動きません。

◎ちくま学芸文庫「甘さと権力: 砂糖が語る近代史」シドニー・W・ミンツ
大西洋三角貿易の重要な商品である砂糖については
略奪の海カリブ」で。
ヨーロッパにおける甘味料としての砂糖については
コーヒーが廻り世界史が廻る」「茶の世界史」で。

◎角川ソフィア文庫「古代オリンピック」桜井万里子/橋場 弦
岩波新書オリジナルはあります。

◎角川ソフィア文庫「東方の言葉」中村 元
先月の予定から順延でしょうか

◎河出文庫「伊能忠敬の日本地図」渡辺一郎
意外なことに伊能忠敬についてはうちの本棚にはありませんでした。

◎講談社選書メチエ「武士論 古代中世史から見直す」五味文彦
著者の著作では「中世のことばと絵」「藤原定家の時代
絵巻で読む中世」「源義経」があります。
武士論についてなら「武士の誕生」「武家の棟梁の条件」あたりで。

◎新潮選書「社会思想としてのクラシック音楽」猪木武徳
蔵書でクラシック音楽に関連するのは
ヨハン・シュトラウス」「ヴァーグナー家の人々
本の神話学」「ピアノの誕生」でしょうか。

◎新潮選書「尊皇攘夷: 水戸学の四百年」片山杜秀
直接水戸学を扱ったものありませんが
江戸の歴史家」「神仏分離
近代アジア精神史の試み」あたりが絡むはずです。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「中世は核家族だったのか: 民衆の暮らしと生き方」西谷正浩
家族そのものではありませんが「中世に生きる女たち
日本中世の民衆像」も関係あるはず。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「〈武家の王〉足利氏: 戦国大名と足利的秩序」谷口雄太
室町時代はなかなか一筋縄ではいかない面白みがあります。
室町の王権」「源氏と日本国王」あたりでどうでしょう。

今月の目玉は「チャリティの帝国」かな。
新書の「シルクロード」
選書の「社会思想としてのクラシック音楽」「武士論」
も気になります。

| | コメント (0)

2021年4月26日 (月)

池袋ジュンク堂で文庫×2

久しぶりに池袋のジュンク堂で文庫本を2冊お買い物。
ポールとヴィルジニー
王の没落
Saintpierre_pauletvirginie Jensen_kongensfald
「ポールとヴィルジニー」は、植物学者でもありユートピア旅行記の作家としても知られるベルナルダン・ド・サン=ピエールによる18世紀の悲恋ロマン。モーリシャス島といえばル・クレジオ「黄金探索者」の舞台でもあります。
「王の没落」は、デンマークのノーベル賞作家イェンセンによる16世紀デンマークを描いた歴史小説。まったくわかりませんが母国では20世紀最高の小説として評価されているそうです。
どちらにしても21世紀の日本で読まなくてはいけないような類の小説ではないでしょう。

| | コメント (0)

2021年4月22日 (木)

角川武蔵野ミュージアム

思い立って妻と一緒に東所沢の角川武蔵野ミュージアムに行きました。
Kadokawamusasinnomusium
エディットタウンに入ったとたんに
私の好きなユートピア関連本が並んでいて
妻も笑ってしまうほど。
荒俣宏の秘宝館もや蔵書も楽しく、
また行きたくなりました。
それよりも、あんな本棚欲しくて羨ましくなりました。

ちなみに、2000冊あまりの私の蔵書をこのミュージアムサイトで検索してみたら588冊ヒットしました。
そのうち4F5Fのエディットタウンにあったものは417冊。
もちろん見落としや検索ミスもあるでしょうがうちの本棚の2割弱がここにあることになります。
逆にここの蔵書の100冊のうち1~2冊がうちにあることになります。
多いんだか少ないんだか。
>空いた時間に私の蔵書がどう分類されているのか検索し直しています。
けっこう見落としがあってエディットタウンでヒットするのが450冊にはなりそうです。

| | コメント (0)

2021年4月21日 (水)

図書館で4冊

買い物がてらに貫井の図書館で予約していた4冊を受け取りました。
ヴェーバー入門―理解社会学の射程
太平天国―皇帝なき中国の挫折
動物園・その歴史と冒険
『論語』孔子の言葉はいかにつくられたか

蔵書で参考文献に挙がっていたのは
洪秀全と太平天国」「動物誌
「聖書」「幻の動物たち」「歴史

| | コメント (0)

宅配便でCD2枚

宅配便の不在通知があり、届けてもらう。
SONYのオンラインショップから古いアイドルのコンピレーションものCDが2枚。
アイドル・ミラクルバイブルシリーズ 72~75 Girls 里美ゆり 竹野美千代 東登紀子 ニュー・キラーズ
アイドル・ミラクルバイブル 818283 Girls~和泉友子・大森有里子・ナンシールー・菊地陽子~
 Idolmiraclebible7275girlsIdolmiraclebible818283girls
どちらも目ぼしいところはEPで持ってたので
CD化計画の一環です。
72~75では
里美ゆり「秋のささやき」はオールディーズっぽくってお気に入り。
「三人家族」や「元気でね」はジャケ写が好みの一枚です。
818283では
和泉友子の2曲は佳曲です。
菊地陽子の歌唱はもっと評価されていいはずです。
Satomi_yuri_akinossayaki_20210422185401 Satomi_yuri_watashinohimitsu_20210422185401
Satomi_yuri_koibitohahitotsu Takeno_mitiyo_sanninkazoku
Takeno_mitiyo_aihutatabi Azuma_tokiko_genkidene
New_killersnagisanoharmony Izumi_tomoko_aoisuiheisen
Izumi_tomoko_machikadoloneliness Oomori_yuriko_mahou
Kikuchi_youko_kazeirotouch Kikuti_youko_negawakubakis

| | コメント (0)

TSUTAYAで5枚

徹夜明けに練馬のTSUTAYAに寄って
新作DVD5枚をレンタルしました。
日本映画は4本
生きちゃった
人数の町
恋恋豆花
きみの瞳が問いかけている
外国映画は1本
ペイン・アンド・グローリー

日本映画は当たりはずれの大きそうな4本。
『生きちゃった』は、はやりの家族もの。大島さんが見所なのでしょうか。>間違いなく大島さんだけが見所。子役をのぞけばあとはゴミです。男たちは誰も思ってること言わないのがエライと思ってるイヤな映画です。言いたくても言えないとごまかしているだけです。不倫でセックスしてもデリヘルしても脱がない大島さんはつわものです。彼女だけが生きていました。
『人数の町』は、ディストピアものだそうですから気になります。それに、はずれがなかった石橋さん出演ですから。>予想外に悪くない。動員された投票、やらせの繁盛店、フェイクニュースのテロ、でっち上げの社会運動、新薬の治験の人数合わせ。それでも多くの人は何事もなかったように生きている。私たちはそんな社会に生きていると言いたいのでしょう。そこまではいいのだけれど、映画としてハッとするような描写があったかというと、それはまた別物。平凡な絵解きに終わっちゃつまりません。ところで、石橋さんいつ妊娠するようなことした?時間経過が分かりませんでした。
『恋恋豆花』は、モトーラ世理奈さんのPVみたいだそうですが、今関監督ですからそれならそれで楽しめるかも。>観光&PVにしてはつまらないドラマが長すぎました。クソみたいな父親がわけわかりません。もっと短くしてPVに徹すればよかったのに残念。
『きみの瞳が問いかけている』は、韓国映画リメイクの難病もの。吉高さん主演だからそれだけが頼り。今回ではいちばんの不安作。>不安的中しました。辛うじて標準ラインの吉高さんですが、それも空回り。こちらもしゃべらないのがエライというヤツばかり。選択を誤った。
『ペイン・アンド・グローリー』は、アルモドバル監督の自伝的映画。『アマルコルド』みたいなわけないか。>ボーイソプラノで認められたり、洞窟の家で職人に勉強を教えたり、やさしい母親との子供の頃の思い出と、主演俳優と喧嘩をしながらの新作構想。それらが混然となって現れる。原色で彩られたお喋りの世界はさすがアルモドバルでした。

| | コメント (0)

2021年4月19日 (月)

グループ・サウンズ マイ・ベスト10

私のサイトでは年度別の女性ヴォーカルベストテンを
発表していますが、実を言えば60年代に私が聴いていたのは
女性ヴォーカルではなくグループサウンズがメインでした。
そこで、番外編として
グループサウンズの楽曲からベストテンを選んでみました。
リアルタイムで聞いていた楽曲に思い入れがあるのは当然ですが
のちに聞いて気に入った楽曲も入っています。
1グループ1曲に限定しました。

1位 草原の輝き/ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
2位 真冬の帰り道/ザ・ランチャーズ
3位 サハリンの灯は消えず/ザ・ジェノバ
4位 オーケイ/ザ・カーナビーツ
5位 一日だけの恋 アウト・キャスト
6位 クライ・クライ・クライ/ジ・エドワーズ
7位 キサナドゥーの伝説/ザ・ジャガーズ
8位 好きなんだ/ザ・クーガーズ
9位 恋よ恋よ恋よ/ザ・タックスマン
10位 純愛/ザ・テンプターズ

10位以下20位までには
青空のある限り/ザ・ワイルド・ワンズ
銀色のグラス/ザ・ゴールデン・カップス
トンネル天国/ザ・ダイナマイツ
初恋の丘/ザ・ビーバーズ
哀愁の湖/ザ・サベージ
愛のリメンバー/バニーズ
赤く赤くハートが/ザ・レインジャーズ
虹の中のレモン/ヴィレッジ・シンガーズ
スワンの涙/オックス
素晴らしい旅行/ザ・タイガース

ブルコメの「草原の輝き」がダントツです。
ティンパニーとクラビネットの響きが決まっています。
もちろんクーガーズやタックスマンの代りに
ワンズやカップスを入れてもOKなのですが
収まりが良すぎる気がして外しておきました。

 

| | コメント (0)

2021年4月18日 (日)

2021年岩波文庫フェア

5月27日より
“2021年岩波文庫フェア 名著・名作再発見!”
開催されます。
60点・60冊が並べられていますが、そのうち手元にあるものは
方法序説」デカルト
社会契約論」ルソー
イソップ寓話集
カフカ短篇集
白い病」カレル・チャペック
伝奇集」J・L・ボルヘス
の6冊だけ。ちょうど1割です。そのほか
風土」はハードカバー、
山月記・李陵」は講談社文庫版、
モナドロジー」「大衆の反逆」「ユートピア
の3冊は「世界の名著」で持っています。
また「完訳 統治二論」は部分訳の「市民政府論」があります。
これで2割。総じて日本文学、日本思想はダメですね。
辛うじて「坊ちゃん」は小学生の頃に読んだ記憶がある程度です。
とはいえ、手元にあるもの以上これから読みたいと思わせる
作品はない感じです。

| | コメント (0)

2021年4月14日 (水)

誕生日前日

上の子の誕生日は明日だけど、本人は夕方からバイトだし今日お祝いをすることに。
小竹向原のケーキ店で本人希望のタルトを含めてケーキを何種類か選びました。
フランス人のパティシエによるきれいなケーキばかり。
もう21歳。ほんと早いものです。

| | コメント (0)

2021年4月13日 (火)

図書館で1冊

買い物ついでに図書館で予約していた1冊を受け取りました。
ルクレティウス 『事物の本性について』―愉しや、嵐の海に

蔵書で参考文献に挙がっていたのは
物の本質について」「神々は渇く」「ギリシア哲学者列伝

 

| | コメント (0)

2021年4月11日 (日)

確定申告

ようやく確定申告を仕上げて投函。 一件だけ不明の点があり、確認に手間取ってしまいました。 別段税金をたくさん払わなくちゃいけないような収入はないのだけれど。

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

図書館で2冊

買い物ついでに貫井図書館で予約していた2冊を受け取りました。
日本の包茎 ―男の体の200年史
〈驚異〉の文化史―中東とヨーロッパを中心に―

「包茎」は新刊だけど、「驚異」は2015年刊の論集で
中世ヨーロッパの驚異を中東イスラム世界の驚異と対照させようというもの。
驚異の旅行記は私の最も大きな関心のひとつでもあるので
蔵書で参考文献に挙がっているものも、
イブン・ジュバイルの旅行記」「大旅行記
ヴォルガ・ブルガール旅行記」「インドの驚異譚」「神の国
アレクサンドロス大王東征記」「東方の驚異
中央アジア・蒙古旅行記」「ケプラーの夢」「聖書」
聖ブランダン航海譚」「皇帝の閑暇
アレクサンドロス大王物語」「聖パトリックの煉獄
学問の進歩」「歴史」「東方見聞録」「マンデヴィルの旅
黄金伝説」「コロンブス航海誌」「本当の話
山海経・列仙伝」「異人論序説」「バロック科学の驚異
中世幻想世界への招待」「イスラーム思想史
怪物のルネサンス」「幻想の東洋」「異教的ルネサンス
異境の発見」「愉悦の蒐集」「中国の青い鳥
幻想の中世」「中世の夢」と少なくありません。
これは入手したくなってきました。

 

| | コメント (0)

2021年4月 6日 (火)

立花理佐『ゴールデン・ベスト』

久しぶりに高野台のBOOKOFFでCDを購入。
立花理佐『ゴールデン☆ベスト』。
Tatibana_risa_goldenbest
それほど気に入りというわけではないけれど、格安で拾い物でした。
湯川れい子/かまやつひろしによるイタリアンツイストっぽい
「大人はわかってくれない」が聴きどころ。

| | コメント (0)

2021年4月 5日 (月)

入学式

下の子の大学の入学式。
式場は大学ではなく、中野サンプラザホール。
保護者の入場はなく、学生だけだそうです。
あいにくの天気で寒い寒いといってスーツ姿で出かけました。

来賓の挨拶もなく式は簡潔にすんだそうです。
かえって良かったのかもしれません。
リモート授業に備えて学生全員にポータブルPCが貸与され、上の子は羨ましがることしきり。

何はともあれこれで名実ともに大学生。
楽しんでくれればいうことなしです。

| | コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

追悼 田中邦衛

俳優の田中邦衛氏が亡くなりました。
生涯出演映画は約260本。
『若大将』シリーズはかなり観ていますが、『網走番外地』は1本のみ。
“北の国から”も本シリーズは観たことがなく、
純と蛍が大きくなってからのスペシャルのみなので、
どうしても五郎のことが好きにはなれませんでした。
というわけで好きな俳優なのかと言われると微妙ではありますが、
私が観ている出演作は92本で全俳優中の6位ですので間違っても嫌いな俳優ではありません。
ちなみにベスト10は
1位 石橋蓮司 124 本
2位 柄本 明 110 本
3位 光石 研 105 本
4位 大杉 漣 104 本
5位 岸部一徳 103 本
6位 竹中直人  92 本
6位 田中邦衛  92 本
8位 田口トモロヲ 91 本
9位 室田日出男 89 本
10位 原田芳雄  85 本
バイプレイヤーばかり癖のあるメンツが揃っています。
(本数はKINENOTNOTE調べで、助演俳優の場合
漏れている出演作もあるので確実とはいえません。)

観た作品の中では
『アフリカの光』のショーケンとの絡みがいちばん印象的です。

合掌

| | コメント (0)

図書館で3冊

買い物がてらに図書館で予約していた1冊を受け取り、
開架棚から2冊借り出しました。
予約していたのが
日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る
開架棚が
連星からみた宇宙 超新星からブラックホール、重力波まで
日本の歴史的建造物-社寺・城郭・近代建築の保存と活用
私の興味からすると、やや脇道の3冊です。
蔵書で参考文献に挙がっていたのは
神々の明治維新」のみ。

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

TSUTAYAで5作

練馬のTSUTAYAで新作DVDを5作レンタルしました。
日本映画4本
浅田家!
映画『映像研には手を出すな! 』
朝が来る
喜劇 愛妻物語
外国映画1本
ポルトガル、夏の終わり

『映像研~』以外は評価の高い日本映画が揃っています。期待大です。
『浅田家!』は、震災物と言ってしまえばそれまでですが。多彩な助演陣が見所でしょう。>いい話で海岸の家族写真には泣かせてもらいましたが。突き抜けてくるものは感じませんでした。
『映画『映像研には手を出すな! 』』は、アニメ版もドラマ版も大いに楽しんだので当然期待します。>ちょっと期待し過ぎました。ドラマ版で良かったかかも。とはいえ、文化祭が迫ってからは引き込まれました。齋藤さんにはワンアンドオンリーのキャラになる気がします。
『朝が来る』は、河瀨監督作品。永作さんと蒔田さんの出会いに。>臨海の高層マンションに住む夫婦の物語と中学生で妊娠し子供を手放さなければならなかった少女の物語。現実はどうあれ、私は少女の物語に加担します。そんなことは百も承知で、それは新聞販売店の主人が泣きながら心配しているからという程度のことだと河瀨監督は言いたいのでしょう。ヤクザがお前がバカだからだというのも、同じことなのかもしれません。夫妻が奇跡のようにいい人だったとしても、少女の痛みが癒えるわけではありません。そして映画全体にすべてを女性に帰している点も気がかりなところです。父親の存在が希薄です。それでも、そんなマイナスをすべて乗り越えてこの映画はいい映画に違いありません。ラストに至って、たとえ見せかけだとしても朝は来ると思えてきますから。永作さん蒔田さんの素晴しさは予想を超えていました。
『喜劇 愛妻物語』は、ドタバタだと不安もありますが、水川あさみさんの評判がいいみたいで楽しみです。>わが身を振り返り、妻の怒りはマジで突き刺さります。そういう映画です。うまく作ってはいますが、それ以上ではありませんでした。『浅田家!』と並べて観ると、夫のキャラは作り過ぎだったような。
『ポルトガル、夏の終わり』は、イザベル・ユペールが往年の大女優役で主演。なんか『真実』を思わせます。>ストーリーは特段の見せ場もなく淡々と流れますが、景色はきれいですし、建物も味がありました。それだけでもゆったりした気分になれます。

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »