« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月28日 (土)

12月の気になる新刊(新書・文庫・選書)

12月の新刊から気になる新書・文庫・選書を蔵書とリンクさせて紹介します。

◎岩波新書「太平天国」菊池秀明
内容は覚えていませんが小学生の時に読んだ伝記のおかげで
洪秀全は大好きでした。
彼について手元にあるのは「洪秀全と太平天国」「中国の大盗賊
もう少し広く見ると「清朝と近代世界」でしょうか。

◎中公新書「古代マヤ文明」鈴木真太郎
今となっては時代遅れでしょうが全体は「マヤ文明」で。
やや細かすぎますが「マヤ文字を解く」、神話なら「ポポル・ヴフ」で。

◎中公新書「明智光秀」福島克彦
年末に大河便乗ですか。よほどの新発見でもなければ
今さら光秀については読まないでしょう。

◎講談社現代新書「超解読 ヘーゲル『法の哲学』」竹田青嗣,西 研
法の哲学は、「世界の名著」にあります。
ヘーゲルの著作ではほかに「歴史哲学」と「歴史哲学講義」、
哲学入門」があり、解説では「新しいヘーゲル」。
歴史や社会についての具体的な記述は面白いのですが、
哲学になると何言ってんだかチンプンカンプンです。

◎ちくま新書「ヴェーバー入門: 理解社会学の射程」中野敏男
ヴェーバーで手元にあるのは「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」。解説では「マックス・ヴェーバー入門」。
最近は社会学者というよりは、ドイツ思想史の中での位置づけから
語られることが多い気がしますが、これは社会学としてのヴェーバーでしょうか。

◎ちくま新書「世界哲学史 別巻: 未来をひらく」伊藤邦武,山内志朗,中島隆博,納富信留(編集)
世界哲学から未来の哲学への展望だそうです。
ワクワクするような哲学を語ってもらいたいものです。

◎ちくま新書「医学全史: 西洋から東洋・日本まで」坂井建雄
古いですが「文明と病気」。
東洋医学では「アラビアの医術」と「中国名医列伝
ほかに「大発見」や「錬金術」あたりも関連しそう。

◎ちくま新書「アメリカ黒人史: 奴隷制からBLMまで」ジェームス・M・バーダマン
当然「物語 アメリカの歴史」が絡んできます。

◎ちくま新書「貿易の世界史: 大航海時代から「一帯一路」まで」福田邦夫
大航海時代」「海のシルクロード史
東インド会社」「近代世界システム」等々
関連書籍は多くあります。本書のテーマはもっと政治的なのでしょうか。

◎ちくまプリマー新書「よみがえる天才5 コペルニクス」高橋憲一
科学革命」「宇宙像の変遷」あたりでしょう。
コペルニクスがよみがえるって、評価が下がってたのかな?

◎ちくまプリマー新書「西洋美術とレイシズム」岡田温司
レイシズムそのものをテーマにしたものは蔵書にありません。
かすりそうなのは「民族博覧会」ぐらいです。

◎河出新書「仏教の誕生」佐々木 閑
蔵書ではこのテーマでは「仏教誕生」がいちばんおすすめです。
これはどうでしょう。

◎岩波文庫「エピクテトス 人生談義 (上)」國方栄二
エピクテトスについては書棚に「エピクテートス」があります。

◎岩波文庫「パサージュ論 (1)」ヴァルター・ベンヤミン
ベンヤミンでは「暴力批判論」「ボードレール
があります。
ベンヤミンの「問い」」「ヴァルター・ベンヤミン―」も有用です。
「パサージュ論」の文庫化は嬉しいところです。

◎岩波現代文庫「増補 エル・チチョンの怒り: メキシコ近代とインディオの村」清水 透
近代メキシコについては「物語ラテン・アメリカの歴史」ぐらいしかありません。

◎ちくま学芸文庫「眼の神殿」北澤 憲昭
タイトルも似ているし「図像学入門」でどうでしょう。
たぶん違うでしょうが関連あるのはこの程度です。

◎ちくま学芸文庫「インド文化入門」辛島 昇
ヒンドゥー教」「ヒンドゥー教とイスラム教
インドについては歴史か宗教関係しか持っていません。
本書とも重なる部分もあるでしょう。

◎ちくま学芸文庫「儀礼の過程」ヴィクター・W・ターナー
オリジナルはあります。
ターナーについては「文化人類学15の理論」にあります。

◎ちくま学芸文庫「大航海時代」ボイス・ペンローズ
オリジナルは持っています。ことあるごとにひも解く私の大好きな1冊です。
上の「貿易の世界史」でも触れたように関連書は多数あります。

◎講談社学術文庫「古代哲学史」田中美知太郎
田中大先生の遺作でもありますが、今さら読まないでしょう。
古代ギリシアの思想」「西洋古代・中世哲学史」で足りるでしょう。

◎講談社学術文庫「中国の歴史5 中華の崩壊と拡大 魏晋南北朝」川本芳昭
◎講談社学術文庫「中国の歴史6 絢爛たる世界帝国 隋唐時代」氣賀澤保規
通史の「物語中国の歴史」でどうでしょう。

◎講談社学術文庫「パリ歴史探偵」宮下志朗
同じ著者のものでは「ラブレー周遊記」。
パリをあつかったものでは
メディア都市パリ」「知の庭園
デパートを発明した夫婦
どれも達者で読ませる本ばかりです。

◎ハヤカワ文庫「〈脳と文明〉の暗号 言語と音楽、驚異の起源」マーク・チャンギージー
蔵書で聴覚と進化について触れているのは「手足を持った魚たち」ですが。
これはどうやって聴覚を獲得したかっていう構造学的なはなしです。

◎角川ソフィア文庫「江戸のコレラ騒動」高橋 敏
◎角川ソフィア文庫「日本古典と感染症」ロバート・キャンベル
江戸の医療事情については「疫病と狐憑き」や「江戸のはやり神」。

◎講談社選書メチエ「現代民主主義 思想と歴史」権左武志
テーマが大きいのでどこまで関連があるのか分かりませんが、
思想的基盤ならなら「社会契約論
歴史なら「ワイマル共和国
政治理論なら「自由主義の再検討」など
いろいろな観点がありそうです。

◎筑摩選書「盆踊りの戦後史」大石 始
大きくいえば「仏教民俗学」でしょうが
もっと社会学的な視点だと思います。

◎角川選書「純粋理性批判 シリーズ世界の思想」御子柴善之
カントの主著ですから「カント入門」か関係あるのでしょうが
手元にあるカントは「永遠平和のために」だけです。

◎角川選書「旅する神々」神崎宣武
先月の予定が伸びたようです。

◎角川選書「戦国大名・北条氏直」黒田基樹
◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「伊達一族の中世 「独眼龍」以前」伊藤喜良
戦国時代の武将や戦乱についてなら、
戦国時代」「国別 戦国大名城郭事典」あたりで
全体的にフォロー。

今月の目玉
新書では「太平天国」「医学全史」「貿易の世界史」。
ちくまが充実しています。
文庫はオリジナルをもっているのが2冊。
ベンヤミンの「パサージュ論」は買うでしょう。
選書は、「盆踊りの戦後史」が切り口によっては面白そう。

 

| | コメント (0)

2020年11月27日 (金)

川口図書館ふたたび

川口駅前の市立図書館でふたたびDVD3枚を借りました。
今度は外国映画ばかり。
フレンチ・コネクション
シンデレラ・リバティー/かぎりなき愛
鬼火
どれも1970年代に日本公開された作品ばかり
(『鬼火』は1963年制作)。
『シンデレラ・リバティー/かぎりなき愛』>公開当時に観ていればわからないが、今となっては都合のいい夢物語でしかないでしょう。
『鬼火』>いくらルイ・マルびいきでもこの心理映画は私にはきつい。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年11月25日 (水)

図書館で5冊

いつも揃うまで時間のかかりそうな本を適当に予約しているけれど、
先週末にまとまって9冊も“用意できました”と連絡がありました。
全部同時に借りると同じ日までに返さないといけないので
今日はそのうち5冊だけ借りて4冊は取り置きしてもらうことに。
紫外線の社会史―見えざる光が照らす日本
贈与の系譜学
シルクロード世界史
藤原定家 『明月記』の世界
カラー版-ラファエロ―ルネサンスの天才芸術家
文化史を中心に期待できそうな5冊です。

蔵書のうち参考文献に挙がっていたのは
道徳の系譜」「方法序説」「西太平洋の遠洋航海者
世界史の誕生」「印欧語の故郷を探る
エリュトゥラー海案内記」「遊牧民から見た世界史
中世シチリア王国」「アジアの歴史」「砂漠の文化
馬の世界史」「遊牧騎馬民族国家」「古代遊牧帝国
藤原定家の時代」「レオナルド・ダ・ヴィンチの手記

 

| | コメント (0)

2020年11月24日 (火)

TSUTAYAで4本

練馬のTSUTAYAでDVDを4枚レンタル。
Red
星屑の町
グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
パラサイト 半地下の家族

『Red』は、夏帆さん主演ですから観ないわけにはいきません。>ヒロインがなぜ彼をスキなのかっていうことは明かされません。おそらく、ここではないどこかへ連れて行ってくれる悪魔が必要だったということなのでしょう。幸せな家庭も豊かなくらしも可愛い子供も捨ててそれでも彼女は悪魔に魅入られてしまったということです。それはそれでありだと思います。ただ三島監督らしいリリシズムが足りない気がしました。いやそんな映画じゃないものを作りたかったのでしょうが。夏帆さんはいつも戸惑い気味で、そこが魅力的ですが、それを突き抜ける何かが欲しかった気がしました。
『星屑の町』は、ロケ現場で見かけたのんさんがカッコ良くってぜひ観なくてはと思ったものです(じゃあ映画館で観ろという話ですが)。>ズドーンとしたまっすぐな演技ののんさんはいいものです。戸田さんの歌も素敵です。だからと言って、おじさんたちのコントのような演技が私の鑑賞に堪えるかというとそんなことはありません。ひたすら彼女たちの歌謡映画として楽しみましょう。
『グッドバイ』は、これも舞台の映画化です。なんせ女優陣がすごい。それだけで見落とすわけにはいきません。>最初から最後まで小池栄子さんだけ、彼女一人で持っている映画です。テレビドラマでも映画でも小池さんにはずれはありません。この映画で唯一対抗していたのは緒川さんぐらいでしょうか。ほかの女優さんは弱すぎました。舞台の映画化だけに致し方のないとはいえ、大泉洋はしゃべりすぎ。いい人感が出すぎでした。
『パラサイト 半地下の家族』は、アカデミー賞ですから観て当然でしょう。私にとって楽しめる作品かどうかはともかくとして。>いかにして金持ちの家にパラサイトするかってことがいちばんの興味だったのですが、そこはあっさりスルー。やつらはもともと仕事のできる有能な人間だったのかでなければ詐欺の常習犯に違いありません。で、あの末っ子が何かの力で見破るのかと思いきや、一気にスプラッターへと突入。それ以降の終わらせ方は落ち着いたものでした。ただ、これがアカデミー賞に値するとは思えませんけどね。

日本映画が3本で外国映画が1本。
棚に新作のDVDがやけに少ないと思ったが、
考えてみれば映画の公開本数が少ないのだから仕方がない。
今年のベストテンはどうなるのだろう?



| | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

『アイドル・ミラクルバイブルシリーズ 808182Girls』

Sonyのオンラインショップから『アイドル・ミラクルバイブルシリーズ 808182Girls』を購入。
中山圭子(圭以子)、嵯峨聖子、川田あつ子、百瀬まなみの
全シングルが収録されています。
Nakayama_keiko_soyokazenobenji Nakayama_keiko_papagawatashiwoaishiteru
Nakayama_keiko_touchyou
Saga_seiko_ciderellaliberty Saga_seiko_seasidebojou
Kawata_atsuko_himitunoorugoru Kawata_atuko_gomennasai
Momose_manami_shoujojidai Momose_manami_canariashotou
私的には「シーサイド慕情」(嵯峨)「少女時代」(百瀬)が目玉です。
一般的なお勧めは、大瀧詠一『A LONG VACATION』収録曲のカバー「カナリア諸島」(百瀬)でしょう。

| | コメント (0)

2020年11月20日 (金)

追悼 岡田裕介

東映会長の岡田裕介氏が亡くなりました。
東映社長岡田茂の御曹司でありながら東宝映画で映画デビュー。
その映画『赤頭巾ちゃん気をつけて』から
『二人だけの朝』『初めての旅』『白鳥の歌なんか聞こえない』
『初めての愛』の5本のうち、森谷司郎監督の手懸ける3本は
東宝青春映画の最良部分として私が愛する作品でもあります。
その他彼が出演した作品で観ているのは
しなの川
『しあわせ』
『妻と女の間』
ブルークリスマス
四季・奈津子
ねらわれた学園
魔の刻
玄海つれづれ節
火宅の人
の合計14本。70年代半ばから重心はプロデューサー業で、
その後東映に入社して社長、会長となりました。
東映の経営者としての業績はさておき
私にとっては薫くんであり、
初期小椋佳のアルバム・ジャケットの青年でもあります。

合掌

 

 

| | コメント (0)

2020年11月17日 (火)

図書館で4冊

買い物ついでに図書館で予約していた3冊と開架から1冊を借りました。
予約していたのが
民衆暴力―一揆・暴動・虐殺の日本近代
「中国」の形成 現代への展望 (シリーズ 中国の歴史)
暴君―シェイクスピアの政治学
で、開架から借りたのが
カエサル―内戦の時代を駆けぬけた政治家

蔵書で参考文献に挙がっていたのは
生類をめぐる政治」「「おかげまいり」と「ええじゃないか」
大清帝国」「最後の遊牧帝国」「真夏の夜の夢
ガリア戦記」「内乱記」「プルタルコス英雄伝

| | コメント (0)

2020年11月13日 (金)

シャワー交換

シャワーホースが傷んできたのと
シャワーヘッドの穴に欠けたところがあったので
自前で交換しました。工具も使わず意外と簡単にできました。
ミストとジェットの2段階の水流が出るのと
手元に停止ボタンがある節水タイプです。

| | コメント (0)

2020年11月10日 (火)

沢田富美子・佐東由梨・沢田玉恵コンプリート・シングル・コレクション

残りの1枚はこれ。
Sawada_sato_sawada_completesinglescollec
アイドル・ミラクルバイブルシリーズ
    沢田富美子・佐東由梨・沢田玉恵

超高値で話題の佐東由梨「ロンリー・ガール」が収録されています。
CDでは1曲も音源がなかったのでうれしいところです。

シングル盤のジャケ写があるのは
Sawada_humiko_kazenosilhouette Sawada_humiko_ainoizumi
Satou_yuri_doushote Satou_yuri_lonelygirl
Satou_yuri_heartwasher Satou_yuri_harumekisyoujo
Sawada_tamae_sigaisen

| | コメント (0)

2020年11月 9日 (月)

高橋美枝 渡辺千秋 村田恵理シングル・コレクション

誕生日の祝いに自分でCD2枚買いました。
1枚がこれ。
Takahasi_watanabe_murata_single
『高橋美枝 渡辺千秋 村田恵理シングル・コレクション』
村田恵理の「オペラグラスの中でだけ」は名曲中の名曲です。
手元にあったジャケ写は
Takahashi_mie_hitoribochihakiraiTakahashi_mie_angelfish
Takahashi_mie_ohtamuWatanabe_chiaki_natsunifresh
Murata_eri_operaglassnonakadedake

もう1枚はまだ到着していません。

| | コメント (0)

2020年11月 8日 (日)

図書館三昧

川口市の中央図書館でDVD3枚、
練馬区の貫井図書館で新書3冊を借りました。
朝から図書館満喫です。
DVDは
竹山ひとり旅
TOMORROW 明日
絵の中のぼくの村
と見落としていた日本映画のうち気になるものをピックアップ。

『竹山ひとり旅』は、77年の新藤兼人作品。この年は『はなれ瞽女おりん』があり、73年の『津軽じょんがら節』74年『砂の器』76年『大地の子守歌』など放浪する70年代映画の1作と言えるでしょう。>おそらく当時観ていれば、そんな時代の雰囲気と伊佐山ひろ子の若い肢体やみずみずしい倍賞美津子に心ときめかせ、もっと高い評価をしていたことでしょう。むしろ乙羽信子の母親の存在に寺山修司のような息苦しさを感じてしまいました。
『TOMORROW 明日』は、原爆投下直前の長崎を描いた88年の黒木和雄作品。未見の『父と暮せば』(当然観なければなりません)『美しい夏キリシマ』(こっちは観ています)とともに戦争レクイエム三部作。>いい映画であることに何の異論もありません。いろんな人生を一瞬のうちに奪ってしまう原爆への静かな怒りが見事に表現されています。結婚する南果歩さん、出産をする桃井かほりさん、恋する仙道敦子さんみんな切羽詰まった中で必死で生きている姿に泣けます。ただ、決まったラストにドラマをどう結び付けるかはいまいちかもしれません。つまりドラマは途中で断ち切られてしまうのですから。わかってはいるのですが、落ち着きません。
『絵の中のぼくの村』は、96年の東陽一作品。脚本は舞台となっている高知出身の中島丈博です。>よそ者を排除し、貧乏な集落を差別し、犯罪者の家族を受け入れない。田舎は美しいが生きている大人たちが美しいわけではない。そんな大人たちの視線を感じながら少年たちは成長していく。わかるのだけどもう一つ映画としてのワクワクが欲しかったような気がします。

日本映画で懸案は1本も観ていない「男はつらいよ」シリーズを
これを機に見るかどうかです。
公共図書館ですから、ヤクザ映画や18禁はありません。
今後は外国映画も利用する予定です。
すでに50作品ぐらいリストアップしています。

新書は
倫理学入門-アリストテレスから生殖技術、AIまで
ペルシア帝国
性からよむ江戸時代―生活の現場から

蔵書で参考文献に挙がっているのは
リヴァイアサン」「人間不平等起原論」「社会契約論
統治二論」「永遠平和のために」「パンセ
生類をめぐる政治」「古代オリエントの宗教
思想史の入門書が含まれているとありがちなラインアップです。




| | コメント (0)

2020年11月 5日 (木)

アメリカ大統領選挙

アメリカの大統領選挙の開票速報。
バイデンが勝つようですが、どうなることやら。
どんでん返しのために最高裁の判事を指名した
のですから、まだまだ分かったものではありません。

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »