« 日比谷で筒美京平を語り合う | トップページ | 畠田理恵『PREMIER』 »

2020年10月24日 (土)

TSUTAYAで5本、BOOKOFFで1枚

TSUTAYAでDVDをレンタル。
日本映画3本と外国映画2本
ホットギミック ガールミーツボーイ
弥生、三月 君を愛した30年
一度死んでみた
冬時間のパリ
ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
残念ながらお目当ての『Red 』と『星屑の町』はレンタル中でした。

『ホットギミック ガールミーツボーイ』は、昨年の作品がようやくDVD化されたもの。何より山戸監督の映像が楽しみ。>ストーリーは最悪。前半はヒロインのあまりの主体性のなさに怒り狂ってみていました。でも途中から彼女によって回りのバカ男たちが動き出して、併せて映像も躍動し始めます。東京湾岸の高層マンションのロケが素晴らしくもはやストーリー云々ではなくなります。これは、堀未央奈も桜田ひよりもふたりともキュートでセクシーでした。でも、間違いなく山戸監督の映画でした。
『弥生、三月 君を愛した30年』は、大甘ストーリーでがっかりする気もするけれど、波瑠さんはいいに違いないでしょう。>がっかりはしませんでした。主人公二人の都合に合わせてドラマが展開する連続ドラマの総集編みたいな話を、時間軸をずらしながら変化をつけたかったのでしょうが、あまり意味はない気はします。よく考えれば『火口のふたり』と似たようなところもあるのだけれど、当たり前ですが波瑠さんではそうはなりませんでした。もちろんですが波瑠さんは魅力的です。
『一度死んでみた』は、広瀬すずさんだけが頼り。というかほかに観るところはないでしょう。>デスメタルはどうでもいいんですね。びっくりしました。逆にいえばデスメタルを抜けば昔のクレイジーキャッツのやっていたような普通のドタバタコメディです。広瀬さんの魅力もよく出ていました。
『冬時間のパリ』は、おしゃれなパリの生活が描かれていればたとえお空疎な話でも見る価値はあるのかも。
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』は、有名な若草物語の映画化。とにかく女の子が4人出てくるんですから観てみましょう。>残念。彼女たちのこころの動きに何の共感もなく、ひたすらストーリーを追うだけでした。楽しめたのは小説が出版される最後のくだりだけでした。

階下のBOOKOFFで伊藤咲子の2枚組。
なんたってアイドルポップ ~つぶやきあつめ~
Ito_sakiko_nantettatteidolpop
結局レコードを捨ててもCDで持っていたいってことです。

|

« 日比谷で筒美京平を語り合う | トップページ | 畠田理恵『PREMIER』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日比谷で筒美京平を語り合う | トップページ | 畠田理恵『PREMIER』 »