« 追悼 佐々部 清 | トップページ | 駆け込み床屋 »

2020年4月 2日 (木)

TSUTAYAで5本

いつものように練馬で途中下車してTSUTAYAで5本レンタル。

小さな恋のうた
凪待ち
ブルーアワーにぶっ飛ばす
楽園
人間失格 太宰治と3人の女たち

『小さな恋のうた』は、よくわからないけど気になっていたので。>これはダメでした。私にとっては映画ではありませんでした。残念。
『凪待ち』は、白石監督×香取慎吾。近年この手の設定が多いような気がします。あまり後味のいい作品には出会えないのですが、これはどうでしょう。>私にはダメでした。俺はダメだと言いながら、人を殴るヒーローに思い入れなどできるはずもありません。恋人もその娘も素敵なのに困ったことです。たぶん困った人を描きたかったんだと思いますが、恩人からもらった有り金はたいた大穴が当たったり、爺さんがやくざの親分の恩人だったりと、ラッキーだけで困った人が助かるというのはどうなんでしょう。私ならたぶん何もできずに野垂れ死にするんだろうなあ。
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』は、とにかく夏帆さんです。>確かに夏帆さんはいいのですが、映画としてちゃんと成立してるんでしょうか。何かをぶっ飛ばしているようには見えませんでした。彼女たちの心情は分からなくもないのですが、それにただ甘えているような気がします。そこを突き抜けて欲しかった気がします。
『楽園』は、上の『凪待ち』と同タイプなのでしょうか。杉咲さんと片岡さんに期待しましょう。>イライラしました。監督のなかでは筋道は通っているのでしょうが、私には隔靴掻痒でしかありませんでした。メインの綾野剛くんも杉咲花さんもとにかく思いを語りません。何考えているのかさっぱりです。もちろん佐藤浩市も同罪です。みんな溢れる思いがありながら言葉にできない人ばかりです。それでは作品として厳しいですよ。杉咲さんの笑顔は素敵なのですが、それまでの苦しみはどこへ?
『人間失格 太宰治と3人の女たち』は沢尻効果で心配したのですが、普通にリリースされました。評判はともかく、この女優陣で私が見逃すわけはありません。いちばんの期待作です。>蜷川監督としてはお上品な作りになっていますが、期待にたがわぬ女優陣です。いちばん頑張っていたのは二階堂さんです。それだけで納得です。それ以上の何かを望んでいた向きには不評だったのでしょう。三島の部分は、自分の死を太宰のような無意味な死にしたくなかったという皮肉でしょうね。あえていうなら、二階堂さんの役に、もうちょっと作者の愛が欲しかった気がしました。

今回の5作は外しました。
次を期待しましょう。

|

« 追悼 佐々部 清 | トップページ | 駆け込み床屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 追悼 佐々部 清 | トップページ | 駆け込み床屋 »