« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月26日 (水)

図書館で3冊

いつものように買い物ついでに図書館で予約をしていた3冊を受け取りました。
物語 パリの歴史
「馬」が動かした日本史
日本思想史

うちの蔵書で参考文献に挙がっていたのは
背教者ユリアヌス」「ガリア戦記」「聖王ルイ
騎馬民族国家」「日本社会の歴史」「室町の王権
江戸の歴史家」「日本文化の歴史」「国家神道
天皇の祭祀

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

TSUTAYAで4本

久しぶりに練馬のTSUTAYAで4本レンタルしました。
火口のふたり
よこがお
多十郎殉愛記
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
キネ旬、映芸のベストテンを踏まえた期待の4作です。


『火口のふたり』は、荒井晴彦でセックスばっからしいので感動できるかはともかく悪いはずはない。>堕ちていくとかそういうんじゃなくてひたすら気持ちいいというのは分かるのですがそれでどうするつもりなのでしょう。自衛隊とか震災とか関係あるのかな。ただセックスにのめり込んでいくというだけではいかんのかなあ。伊東ゆかりは良し。神代辰巳か石井隆みたいでした。
『よこがお』は、よくわからないけどサスペンスらしい。評価は高いし、筒井真理子さんと市川実日子さんというくせ者の共演。面白いかも。>すみません。よくわからないままです。きちんと作られているまっとうな作品だとは思うのですが、始終イライラする作品でした。筒井さんも市川さんも画面も悪くないはずなのに、たぶん私がバカなせいで腑におちませんでした。理解するためにはもう一回見直すべきでしょうがそんな気力はありません。たぶんにイライラさせることが狙いなような。
『多十郎殉愛記』は、多部さんだけが頼りです。>思った以上に多部さんには納得。もう少し荒んだ感じがあれば言うことなしですが、それはない物ねだりってことで。メインの男たちの話はつまりませんでした。
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、役者というより監督がタランティーノだからでしょう。>子役がいいってことで救われてました。ま、そういう映画です。

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

図書館で新書大賞コピー&4冊

陽気に誘われてブラブラ散歩をした後、
いつものように買い物をしてから図書館へ。
中央公論の最新号に新書大賞が掲載されているので
それをコピー。

大賞 独ソ戦 絶滅戦争の惨禍
第2位 ケーキの切れない非行少年たち
第3位 教育格差
第4位 日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学
第5位 「家族の幸せ」の経済学 データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実
第6位 幸福な監視国家・中国
第7位 女性のいない民主主義
第8位 資本主義の終わりか、人間の終焉か? 未来への大分岐
第9位 一切なりゆき 樹木希林のことば
第10位 オスマン帝国-繁栄と衰亡の600年史
第11位 ニック・ランドと新反動主義 現代世界を覆う〈ダーク〉な思想
第12位 不道徳的倫理学講義: 人生にとって運とは何か
第12位 ふたつの日本 「移民国家」の建前と現実
第14位 進化の法則は北極のサメが知っていた
第15位 上級国民/下級国民
第15位 社会学史
第17位 ゲノム編集の光と闇
第17位 AIの時代と法
第19位 老いと記憶-加齢で得るもの、失うもの
第20位 流言のメディア史

このうち読んでいるのは、「独ソ戦」「未来への大分岐」
「オスマン帝国」「社会学史」の4冊。
2,3,4,5,7,12、15と格差社会を描いたものが
並んでいるのが特徴的。
決してその辺に無関心というわけではないのですが
読んでいるのは歴史系(文化史、思想史)中心なもんで
一冊も手付かずです。

ついでに(どちらがついでだかわからないけど)
予約していた4冊を受け取りました。
ゴッホとゴーギャン
オランダ商館長が見た 江戸の災害
公家源氏―王権を支えた名族
時間はどこから来て、なぜ流れるのか? 最新物理学が解く時空・宇宙・意識の「謎」

今回は蔵書で参考文献に挙げられているのは
源氏と日本国王」だけでした。

 


| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

キネ旬 読者ベストテン

出し遅れではありますが、キネ旬の読者ベスト・テンも紹介しておきましょう。

第1位 半世界
第2位 凪待ち
第3位 新聞記者
第4位 ひとよ
第5位 天気の子
第6位 愛がなんだ
第7位 台風家族
第8位 宮元から君へ
第9位 よこがお
第10位 カツベン!

第1位 ジョーカー
第2位 グリーンブック
第3位 運び屋
第4位 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
第5位 ROMA/ローマ
第6位 アイリッシュマン
第7位 存在のない子供たち
第8位 女王陛下のお気に入り
第9位 家族を想うとき
第10位 COLD WAR あの歌、2つの心

日本映画では5本が評論家のテンに入っていなかった作品。
そのうち『凪待ち』『台風家族』は『半世界』とともに旧SMAPメンバー出演。なんとなく気になるラインナップです。
『カツベン!』のテン入りもですが、むしろ『蜜蜂と遠雷』が入らなかったことの方が意外でした。

外国映画は7,8位以外は評論家と同じ作品が並んでいます。
なんでしょうこの男っぽさは。
まだ1本も観ていませんが、このうち半分も観れればいい方でしょうか。

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

追悼 梓みちよ

歌手の梓みちよさんが亡くなりました。
1962年カバーポップス時代の後期にデビュー。
田辺靖男とのデュエットMYカップルで売り出しましたが、
結局「こんにちは赤ちゃん」が最大のヒットとなりました。
60年代後半には「渚のセニョリーナ」などをリリースしましたが低迷、
74年の「二人でお酒を」で再び第一線で活躍するようになりました。
九州出身で宝塚音楽学校から渡辺プロ。
71年デビューの小柳ルミ子の10年先を行く経歴です。
手元にある彼女の音源は8曲です。
思い入れのある歌手ではありませんが、「渚のセニョリーナ」は好きな曲です。

Azusa_michiyo_konnichihaakatyan Azusa_michiyo_hutarideosakewo

なぜかこの2枚はあります。 

合掌

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)

キネ旬ベストテン発表号

昨日発売されたキネマ旬報のベスト・テン 個人賞発表号を購入しました。

Kinejun202002

日本映画・外国映画とも第1位は発表になっていましたが2位以下は

第1位火口のふたり
第2位半世界
第3位宮本から君へ
第4位よこがお
第5位蜜蜂と雷鳴
第6位さよならくちびる
第7位ひとよ
第8位愛がなんだ
第9位嵐電
第10位旅のおわり世界のはじまり

第1位ジョーカー
第2位ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
第3位アイリッシュマン
第4位運び屋
第5位グリーンブック
第6位家族を想うとき
第7位COLD WAR あの歌、2つの心
第8位ROMA/ローマ
第9位象は静かに座っている
第10位バーニング 劇場版

改めて眺めると、順当な日本映画。
11~15位の『新聞記者』『岬の兄妹』『長いお別れ』『楽園』『町田くんの世界』もベストテン入りしておかしくなかったはず。
予想外に低かったのが『閉鎖病棟-それぞれの朝-』24位と『天気の子』25位ぐらいでしょうか。
外国映画についても9、10位のアジア映画以外は入って当然の作品が並んでいます。


| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

2019年 第93回キネマ旬報ベスト・テン発表

2019年 第93回キネマ旬報ベスト・テンが発表になりました。
といってもベストは1位だけです。
2位以下は本誌を買ってくれということでしょう。

日本映画ベスト・テン第1位「火口のふたり」
外国映画ベスト・テン第1位「ジョーカー」
文化映画ベスト・テン第1位「i-新聞記者ドキュメント-」
読者選出日本映画ベスト・テン第1位「半世界」
読者選出外国映画ベスト・テン第1位「ジョーカー」

個人賞
日本映画監督賞:白石和彌「ひとよ」「凪待ち」「麻雀放浪記2020」
日本映画脚本賞:阪本順治「半世界」
外国映画監督賞:トッド・フィリップス「ジョーカー」
主演女優賞:瀧内公美「火口のふたり」
主演男優賞:池松壮亮「宮本から君へ」
助演女優賞:池脇千鶴「半世界」
助演男優賞:成田凌「愛がなんだ」「さよならくちびる」ほかにより
新人女優賞:関水渚「町田くんの世界」
新人男優賞:鈴鹿央士「蜜蜂と遠雷」「決算!忠臣蔵」
読者選出日本映画監督賞:阪本順治「半世界」
読者選出外国映画監督賞:トッド・フィリップス「ジョーカー」
読者賞:宇多丸(RHYMESTER) / 三沢和子 連載「2018年の森田芳光」
特別賞:和田誠

監督賞がいちばんの驚きでしょうか。
あとは意外と普通です。

本誌は明日買えないから、明後日を楽しみにしましょう。

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

中野のBOOKOFFで2枚

天気がいいので阿佐ヶ谷から中野まで散歩。
中野のBOOKOFFでCDを2枚購入しました。
ゴールデンハーフ ベスト・コレクション
野田幹子 ミディ‐ベスト・コレクション‐
ゴールデンハーフはともかく野田幹子はあまり見かけないのでつい。
Golden_half_bestcollection Noda_mikiko_midi

うちにあるゴールデンハーフは
Golden_half_queserasera

野田幹子は
Noda_mikiko_wintercouples
Noda_mikiko_8gatunosunadokei Noda_mikiko_singininthesnow

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »