« 映画芸術 2019年日本映画ベストテン&ワーストテン | トップページ | 2月新刊から気になる新書・文庫・選書 »

2020年1月30日 (木)

図書館で1冊&書店で映芸

いい天気だったので、ブラブラ散歩。
図書館で1冊
新しい哲学の教科書 現代実在論入門

蔵書のうち膨大な参考文献に挙がっていたのは
死に至る病」「オリエンタリズム」「父と子
宗教生活の原初形態」「パンセ」「構造と力」の6冊だけ。
本論の主流になるようなものはなさそうな気がします。
最後までたどり着けるのかいささか心許ない感じです。

昨日書いた映画芸術の最新号買いました。
当然目的は日本映画2019年ベスト&ワーストです。
Eigei2020
ベストテンは昨日書きましたので、ベストからワーストを
引かない素点のみで順位をつければ『愛がなんだ』
旅のおわり世界のはじまり』『ひとよ』がテン入りします。
そっちの方が普通ではある。


|

« 映画芸術 2019年日本映画ベストテン&ワーストテン | トップページ | 2月新刊から気になる新書・文庫・選書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画芸術 2019年日本映画ベストテン&ワーストテン | トップページ | 2月新刊から気になる新書・文庫・選書 »