« 図書館で4冊 | トップページ | 図書館で3冊 »

2020年1月 9日 (木)

2019年邦画マイベストテン

毎年投票していた日本インターネット映画大賞が終了してしまい、締め切りまでにできるだけ観なくてはという切迫感がなくなってしまいました。
いつまでも放っておくのも何なのでいちおう現在までの2019年邦画ベストテンを選んでみました。
町田くんの世界』石井裕也
さよならくちびる』塩田明彦
21世紀の女の子』山戸結希ほか
愛がなんだ』今泉力哉
チワワちゃん』二宮 健
半世界』阪本順治
ダンスウィズミー』矢口史靖
いちごの唄』菅原慎太郎
まく子』鶴岡慧子
長いお別れ』中野量太

ほぼレンタルDVD暮らしですのでこの時期までに観れるのはだいたい8月までの作品。
それでも上位6本は結構お気に入り。
小さな世界の話ばかりでこれぞという一本はありませんが、全体的には悪くはありません。
未見で気になるのは『よこがお』『火口のふたり
旅のおわり世界のはじまり』『凪待ち』『Diner ダイナー
『人間失格 太宰治と3人の女たち』『宮本から君へ
『蜜蜂と遠雷』『楽園』。
このうち何本が上位に入ってくるでしょうか。楽しみです。
ただ『人間失格』はDVD化されないのかも。

ちなみに海外映画で気になったのは
マイ・ブックショップ』ぐらい。
こっちはこれからに期待しましょう。

|

« 図書館で4冊 | トップページ | 図書館で3冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 図書館で4冊 | トップページ | 図書館で3冊 »