« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月31日 (金)

2月新刊から気になる新書・文庫・選書

2月の新刊のうち気になるものを私の蔵書とリンクさせて紹介します。

◎岩波新書「律令国家と隋唐文明」大津 透
対立よりも交流によって律令国家が生まれたということでしょうか。
手元のものでは「天智天皇」や「続日本紀」などが関係するかな。

◎中公新書「米の日本史-稲作伝来、軍事物資から和食文化まで」佐藤洋一郎
稲作の起源については「続・照葉樹林文化」、古代の農村は「古地図からみた古代日本」江戸時代なら「貧農史観を見直す」。
いや多分違う話だろうな。

◎中公新書「台湾の歴史と文化-六つの時代が織りなす「美麗島」」大東和重
日本統治下については「「大東亜民俗学」の虚実」にありますが、
中国史では「紫禁城史話」に触れられている程度です。

◎講談社現代新書「近代日本と軍部 1868-1945」小林道彦
明治維新から太平洋戦争までを明治憲法と軍部とのかかわりをえがくといいます。
どうしても明治万歳となりそうな予感がします。

◎講談社ブルーバックス「進化のからくり 現代のダーウィンたちの物語」千葉 聡
進化論についてはつい読みたくなってしまいます。
うちにあるのは「進化論が変わる」あたり。

◎ちくま新書「世界哲学史2─古代II 世界哲学の成立と展開」伊藤邦武,山内志朗,中島隆博,納富信留(編集)
本書で扱う宗教全体は「世界宗教史」でカバーできるし、
古代オリエントの宗教」も網羅的。
個別的には「ゾロアスターの神秘思想」も重要かも。

◎ちくまプリマー新書「一枚の絵で学ぶ美術史 カラヴァッジョ《聖マタイの召命》」宮下規久朗
書棚でカラヴァッジョを扱っているのは「NHK人間大学 絵画を読む」だけです。

◎平凡社新書「南方熊楠と宮沢賢治: 日本的スピリチュアリティの系譜」鎌田東二
鎌田東二の著作は「身体の宇宙誌」があります。
熊楠の著作では「南方熊楠コレクション」「十二支考」、賢治では「新編 風の又三郎」。
それぞれについては「南方熊楠を知る事典」や「図説 宮沢賢治」などいくつかあります。
スピリチュアルというと「「こっくりさん」と「千里眼」」あたりでしょうか、そっちでくくると妖しい方向に行くような危惧があります。

◎平凡社新書「日本語の連続/不連続: 百年前の「かきことば」を読む」今野真二
時間に余裕があったらざっと眺めて楽しめるのは間違いないはず。
それが説得力のある内容ならいいのですが。

◎白水社文庫クセジュ「100語でわかる遺伝学」ドミニク・ストッパ=リヨネ、スタニスラス・リヨネ
日本での一般向けの遺伝の本との違いがあれば面白いのかも。

◎岩波文庫「前方後円墳の時代」近藤義郎
前方後円墳についての古典でしょうか。
うちの蔵書では「王陵の考古学」ぐらいしかありません。

◎岩波文庫「日本の中世国家」佐藤進一
中世国家論では「寺社勢力」、幕府と朝廷の関係については「武家と天皇」でどうでしょうか。

◎岩波現代文庫「貨幣システムの世界史」黒田明伸
うちにあるのは「貨幣とは何だろうか」「幻想としての経済」かな。

◎講談社学術文庫「伊勢神宮と出雲大社」新谷尚紀
日本神話全体は「日本の神々」で、伊勢神宮については2冊の「アマテラスの誕生」と「アマテラスの誕生」。

◎講談社学術文庫「暦と占い 秘められた数学的思考」永田 久
蔵書で関連のありそうなものは「占星術の世界」「暦をつくった人々」「易のはなし」など。
けっこう好きな分野です。

◎講談社学術文庫「ドゥルーズ 流動の哲学 [増補改訂]」宇野邦一
うちに「ドゥルーズの哲学」はありますが、ハッキリ言って苦手です。

◎講談社学術文庫「南朝全史 大覚寺統から後南朝へ」森 茂暁
同じ著者による「皇子たちの南北朝」はあり、オリジナルも図書館から借りて読んだことはあります。
読ませます。

◎光文社古典新訳文庫「モーセと一神教」フロイト
宗教の起源についての心理学的なアプローチ。胡散臭く感じるのは私の先入観のなせるわざでしょうか。

◎光文社古典新訳文庫「共産党宣言」マルクス、エンゲルス
マルクスでは「ドイツ・イデオロギー」、マルエンでは「資本主義的生産に先行する諸形態」を持ってます。
これも持ってて損はないはずですが、運動に興味がないので買わずにいます。

◎講談社選書メチエ「詩としての哲学 ニーチェ・ハイデッガー・ローティ」冨田恭彦
アメリカ的なニーチェ、ハイデガー理解になるような気がします。古臭い私向きではないような。

◎筑摩選書「アジールと国家: 中世日本の政治と宗教」伊藤正敏
アジールといえば「無縁・公界・楽」。
本場のアジールなら「中世の星の下で」。
↑の「日本の中世国家」とも関連しそう。

◎角川選書「本能寺前夜 西国をめぐる攻防」光成準治
◎角川選書「信長と家臣団の城」中井 均
もちろん真面目な内容でしょうが、大河関連みたいな。

◎歴史文化ライブラリー「敗者たちの中世争乱: 年号から読み解く」関 幸彦
著者のものは「蘇る中世の英雄たち」「武士の誕生」があり、どちらもすこぶる刺激的です。
そういわれれば、承久の乱とか正中の変とか中世は年号物が多い。古代なら人名が多くて、近世だと地名が多い。
そんなバカな話ではないでしょう。

今月の目玉は
新書なら「律令国家と隋唐文明」。
「一枚の絵から始まる美術史」「南方熊楠と宮沢賢治」も要チェック。
文庫なら「日本の中世国家」「貨幣システムの世界史」「暦と占い」が気になります。
選書では「アジールと国家」でしょうか。
充実しています。

 

| | コメント (0)

2020年1月30日 (木)

図書館で1冊&書店で映芸

いい天気だったので、ブラブラ散歩。
図書館で1冊
新しい哲学の教科書 現代実在論入門

蔵書のうち膨大な参考文献に挙がっていたのは
死に至る病」「オリエンタリズム」「父と子
宗教生活の原初形態」「パンセ」「構造と力」の6冊だけ。
本論の主流になるようなものはなさそうな気がします。
最後までたどり着けるのかいささか心許ない感じです。

昨日書いた映画芸術の最新号買いました。
当然目的は日本映画2019年ベスト&ワーストです。
Eigei2020
ベストテンは昨日書きましたので、ベストからワーストを
引かない素点のみで順位をつければ『愛がなんだ』
旅のおわり世界のはじまり』『ひとよ』がテン入りします。
そっちの方が普通ではある。


| | コメント (0)

2020年1月29日 (水)

映画芸術 2019年日本映画ベストテン&ワーストテン

映画芸術 2019年日本映画ベストテン&ワーストテン
ベストテン
1位「火口のふたり
2位「半世界
3位「宮本から君へ
4位「嵐電
5位「よこがお
6位「月夜釜合戦」
7位「多十郎殉愛記
8位「岬の兄妹
8位「殺さない彼と死なない彼女」
10位「ワイルドツアー」
※「岬の兄妹」「殺さない彼と死なない彼女」は同率8位

ワーストテン
1位「記憶にございません!」
2位「Diner ダイナー
3位「麻雀放浪記2020
3位「ダンスウィズミー
5位「新聞記者
6位「愛がなんだ
6位「マチネの終わりに」
8位「タロウのバカ
9位「蜜蜂と遠雷」
10位「スペシャルアクターズ」
※「麻雀放浪記2020」「ダンスウィズミー」は同率3位
※「愛がなんだ」「マチネの終わりに」は同率6位

たぶんに公開時期のせいですけれど、私が観ているのは
ベストテンが2位だけなのにワーストテンは2位から6位まで
ずらっと5作も並んでいます。

残りと選評は明日にでも本誌を買って確認しましようっと。

 

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

第62回ブルーリボン賞発表

第62回ブルーリボン賞の受賞者、受賞作が発表になりました。

作 品 賞 「翔んで埼玉」武内英樹監督
監 督 賞 真利子哲也「宮本から君へ
主演男優賞 中井貴一「記憶にございません!」
主演女優賞 長沢まさみ「コンフィデンスマンJP ロマンス編
助演男優賞 吉沢 亮「キングダム
助演女優賞 MEGUMI「台風家族」「ひとよ」
新 人 賞 関水 渚「町田くんの世界
外国作品賞 「ジョーカー」トッド・フィリップス監督

| | コメント (0)

2020年1月26日 (日)

Bunkamuraザ・ミュージアム

妻に誘われて渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムへソール・ライターの展覧会を観に行きました。
もちろん私に美的センスなどあるわけもなく、モノクロはフランス映画みたいだなあとか、ソバカスの女の子は可愛いなあとか、奥さん(?)きれいだなあとか、ぼんやり眺めていました。

Foreversaulleiter

| | コメント (0)

2020年1月25日 (土)

BOOKOFFでbridgeのベストを

TSUTAYAに返却に行ったついでに階下のBOOKOFFを覗いたら
セールをしていたのでただでさえ安いブリッジのベスト
ベスト・オブ・トラットリア・イヤーズ』を2割引きでゲット。
90年代ネオアコ系のバンドです。
手元にはCDシングル「プール・サイド・ミュージック」が1枚あります。
悪くない買い物です。

Bridgw_thebestoftrattoriayears

Bridge_poolsidemusic

| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

「旅に出る時ほほえみを」

池袋西武の三省堂で「旅に出る時ほほえみを」を購入。

Photo_20200127133501

以前サンリオ文庫ででていたものを白水社のUブックスから再刊されたもの。
ソ連時代の寓話っぽいSFです。
同じ訳者のものには手元に「南十字星共和国」があります。

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

決定!第74回毎日映画コンクール

第74回毎日映画コンクールの受賞結果が発表になりました。

日本映画大賞:「蜜蜂と遠雷」
日本映画優秀賞:「新聞記者
外国映画ベストワン賞:「ジョーカー」
監督賞:石川 慶「蜜蜂と遠雷」
脚本賞:阪本順治「半世界
男優主演賞:成田 凌「カツベン!」
女優主演賞:シム・ウンギョン「新聞記者」
男優助演賞:吉澤 健「凪待ち
女優助演賞:池脇千鶴「半世界」
スポニチグランプリ新人賞:鈴鹿央士「蜜蜂と遠雷」、関水 渚「町田くんの世界
田中絹代賞:風吹ジュン
撮影賞:クリストファー・ドイル「ある船頭の話」
美術賞:磯田典宏「カツベン!」
音楽賞:RADWIMPS「天気の子」
録音賞:藤本賢一「半世界」
ドキュメンタリー映画賞:「えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤滋」
アニメーション映画賞:「海獣の子供
大藤信郎賞:「ある日本の絵描き少年」
TSUTAYAプレミアム映画ファン賞 日本映画部門「凪待ち」
TSUTAYAプレミアム映画ファン賞 外国映画部門「ジョーカー」
特別賞:宮本まさ江(衣装)

「蜜蜂と遠雷」「半世界」が3部門
「カツベン!」「新聞記者」「凪待ち」「ジョーカー」が2部門
いい感じでばらけましたネ。


 

 

| | コメント (0)

追悼 宍戸 錠

俳優の宍戸錠が亡くなりました。
60年代に日活のアクションスター“エースのジョー”として一世を風靡しました。
出演映画はおよそ300本。
私が観ているのはそのうち46本。
残念ながら日活無国籍アクションは私の映画遍歴にはありませんので彼の最盛期はほとんど観ていません。

錆びたナイフ
今日に生きる
ギターを持った渡り鳥
人生劇場
肉体の門
紅の流れ星
殺しの烙印
喜劇 男は愛嬌
不良少女魔子
おくさまは18歳 新婚教室
高校生無頼控
仁義なき戦い 完結篇
アラスカ物語
悲愁物語
瞳の中の訪問者
ブルージーンズ メモリー
転校生
俺っちのウェディング
トロピカルミステリー 青春共和国
すかんぴんウォーク
ユー★ガッタ★チャンス
みんなあげちゃう
ザ・サムライ
テイク・イット・イージー
野ゆき山ゆき海辺ゆき
ボクの女に手を出すな
帝都物語
この胸のときめきを
君は僕をスキになる
ペエスケ ガタピシ物語
のぞみ・ウィッチィズ
ハネムーンは無人島
ザ・ギャンブラー
落陽
我が人生最悪の時
女ざかり
遥かな時代の階段を
罠 THE TRAP
愛する
溺れる魚
ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密
転校生 さよなら あなた
キサラギ
ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う

大林、大森にしろ林海象にしろ、彼らが愛したかつての宍戸錠を演じさせていた気がします。

合掌

 

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

BOOKOFFで1枚、図書館で6冊

仕事帰りに練馬のTSUTAYAに寄ってDVD1枚返却。
ついでにBOOKOFFを覗いて見つけた小川知子『ベスト30』を購入。

Ogawa_tomoko_best30

その後で図書館に向い3冊返して予約していた6冊を受け取りました。
ヨーロッパとゲルマン部族国家
資本主義の終わりか、人間の終焉か? 未来への大分岐
コミュニティと都市の未来
20世紀アメリカの夢: 世紀転換期から1970年代
海の地政学-覇権をめぐる400年史
前方後円墳とはなにか

私の蔵書で参考文献に挙がっているのは
中世ローマ帝国」「ツァラトゥストラはこう言った
道徳の系譜」「近代の哲学的ディスクルス」「永遠平和のために
風土の日本」「大衆の反逆」「無縁・公界・楽
世界史をつくった海賊」「日本国家の起源」「天皇の肖像
日本国家の形成」「家族,私有財産および国家の起源
王の二つの身体

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

TSUTAYAで5枚

久しぶりにTSUTAYAでDVDを5作レンタル。
そらのレストラン
Diner ダイナー
アンダー・ユア・ベッド』
ザ・ファブル
田園の守り人たち』

『そらのレストラン』は、この手はスルーしようかと思っていたのですが、映画好きの友人が勧めていたので。>やっぱりスルーすべきでした。ファンタジーなら徹してくれなくちゃ。こんなところに経済問題組み込んだらバランスがおかしくなっちゃいます。初めから無理なんだから。
『Diner ダイナー』は、この中ではいちばんの目玉。藤原くんというより蜷川さんの美学に注目しましょう。>何が足りないんだろう。出演者の壊れ方かな、ヒロインのエロスかな。それとも設定の詰め方かな。もうちょっとで何かが出てきたはずなんでしょうが、それが足りない感じです。
『アンダー・ユア・ベッド』は、ただの悪い気分になる映画だけではない何かがあれば。>江戸川乱歩なら変態を変態として描き切ったであろうに、どこかでいい話にしようという下心が見え隠れする。彼女のモノローグとの二重奏ならそちらで作劇してしまえば良かったかも。もちろん彼女を助ける術はもっとまともな方法があるでしょう。たとえば、実はすべてヒロインの妄想の出来事だったとかいろいろ思うところはありますが、作品としては嫌あな気分を残します。
『ザ・ファブル』は、お笑いアクション?たぶんダメだと思うけど、木村さんと山本さんが頼りです。 >予想以上にダメでした。お笑いの部分はありません。ひたすら戦い続けるだけです。ヒロイン山本さんは悪くはありませんが、それらしく見えません。それらしくないからいいのかもしれませんが、ならそれらしくない人がそうなる瞬間が必要だったのでは。
『田園の守り人たち』は、第一次大戦のころのフランス農村を描いた地味な作品。映像が良さそうな気配がしたので。>映像はいうことありません。こういう風景は大好きです。ただ話そのものはやはり嫌な気分になります。ヒロインにそこを突破する力があればと惜しまれます。

観る動機が全体に言い訳じみてます。


| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

第43回日本アカデミー賞各優秀賞発表

第43回日本アカデミー賞各部門の優秀賞が発表されました。

▽優秀作品賞
『キングダム』
『新聞記者』
『翔んで埼玉』
『閉鎖病棟 それぞれの朝』
『蜜蜂と遠雷』

▽優秀アニメーション作品賞
『空の青さを知る人よ』
『天気の子』
『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』
『ルパン三世 THE FIRST』
『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』

▽優秀監督賞
佐藤信介『キングダム』
周防正行『カツベン!』
武内英樹『翔んで埼玉』
平山秀幸『閉鎖病棟 それぞれの朝』
藤井道人『新聞記者』

▽優秀主演男優賞
笑福亭鶴瓶『閉鎖病棟 それぞれの朝』
菅田将暉『アルキメデスの大戦』
中井貴一『記憶にございません!』
松坂桃李『新聞記者』
GACKT『翔んで埼玉』

▽優秀主演女優賞
シム・ウンギョン『新聞記者』
二階堂ふみ『翔んで埼玉』
松岡茉優『蜜蜂と遠雷』
宮沢りえ『人間失格 太宰治と3人の女たち』
吉永小百合『最高の人生の見つけ方』

▽優秀助演男優賞
綾野 剛『閉鎖病棟 それぞれの朝』
伊勢谷友介『翔んで埼玉』
柄本 佑『アルキメデスの大戦』
岡村隆史『決算!忠臣蔵』
佐々木蔵之介『空母いぶき』
吉沢 亮『キングダム』

▽優秀助演女優賞
天海祐希『最高の人生の見つけ方』
小松菜奈『閉鎖病棟 それぞれの朝』
高畑充希『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
長澤まさみ『キングダム』
二階堂ふみ『人間失格 太宰治と3人の女たち』

▽優秀脚本賞
片島章三『カツベン!』
詩森ろば/髙石明彦/藤井道人『新聞記者』
徳永友一『翔んで埼玉』
平山秀幸『閉鎖病棟―それぞれの朝―』
三谷幸喜『記憶にございません!』

▽優秀美術賞
棈木陽次『翔んで埼玉』
磯田典宏『カツベン!』
斎藤岩男『キングダム』
上條安里『アルキメデスの大戦』
中澤克巳『閉鎖病棟―それぞれの朝―』

▽優秀撮影賞
河津太郎『キングダム』
柴崎幸三『閉鎖病棟―それぞれの朝―』
谷川創平『翔んで埼玉』
ピオトル・ニエミイスキ『蜜蜂と遠雷』
藤澤順一『カツベン!』

▽優秀照明賞
※『キングダム』照明部門の受賞対象者なし
上田なりゆき『閉鎖病棟―それぞれの朝―』
李家俊理『翔んで埼玉』
宗賢次郎『蜜蜂と遠雷』
長田達也『カツベン!』

▽優秀録音賞
加藤大和『翔んで埼玉』
久連石由文『蜜蜂と遠雷』
郡弘道『カツベン!』
小松将人『閉鎖病棟―それぞれの朝―』
横野一氏工『キングダム』

▽優秀編集賞
今井剛『キングダム』
河村信二『翔んで埼玉』
洲﨑千恵子『閉鎖病棟―それぞれの朝―』
古川達馬『新聞記者』
宮島竜治『アルキメデスの大戦』

▽優秀音楽賞
周防義和『カツベン!』
藤倉大/篠田大介『蜜蜂と遠雷』
やまだ豊『キングダム』
Face 2 fAKE『翔んで埼玉』
RADWIMPS『天気の子』

▽優秀外国作品賞
『イエスタデイ』(東宝東和)
『グリーンブック』(ギャガ)
『ジョーカー』(ワーナー・ブラザース映画)
『運び屋』(ワーナー・ブラザース映画)
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)

▽新人俳優賞
岸井ゆきの『愛がなんだ』
黒島結菜『カツベン!』
吉岡里帆『見えない目撃者』『パラレルワールド・ラブストーリー』
鈴鹿央士『蜜蜂と遠雷』
森崎ウィン『蜜蜂と遠雷』
横浜流星『愛唄 約束のナクヒト』『いなくなれ、群青』『チア男子!!』

 

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

事務手続

大宮の亡母の残務整理で御徒町へ。
相変わらず押印が下手で緊張します。
事務手続きだけで完了。
その後兄弟で話し合いをして、すべてをお任せしてきました。

 

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

図書館で3冊

買い物のついでに図書館で予約していた3冊を受け取りました。
菅原道真-学者政治家の栄光と没落
哲学者マクルーハン 知の抗争史としてのメディア論
捨身の仏教 日本における菩薩本生譚

蔵書で参考文献に挙がっているのは
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
国家」「ノヴム・オルガヌム」「学問の進歩」「ヴィーコ
世界の名著〈続 6〉ヴィーコ」「一九八四年
ソクラテス以前以後」「複製技術時代の芸術」「続日本紀
ミリンダ王の問い」「日本霊異記」「御伽草子
高丘親王航海記」「銀河鉄道の夜」「キメラ」「闇の歴史
類書はあまり持っていないので、これほど挙がっていたとは意外でした。


| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

2019年邦画マイベストテン

毎年投票していた日本インターネット映画大賞が終了してしまい、締め切りまでにできるだけ観なくてはという切迫感がなくなってしまいました。
いつまでも放っておくのも何なのでいちおう現在までの2019年邦画ベストテンを選んでみました。
町田くんの世界』石井裕也
さよならくちびる』塩田明彦
21世紀の女の子』山戸結希ほか
愛がなんだ』今泉力哉
チワワちゃん』二宮 健
半世界』阪本順治
ダンスウィズミー』矢口史靖
いちごの唄』菅原慎太郎
まく子』鶴岡慧子
長いお別れ』中野量太

ほぼレンタルDVD暮らしですのでこの時期までに観れるのはだいたい8月までの作品。
それでも上位6本は結構お気に入り。
小さな世界の話ばかりでこれぞという一本はありませんが、全体的には悪くはありません。
未見で気になるのは『よこがお』『火口のふたり
旅のおわり世界のはじまり』『凪待ち』『Diner ダイナー
『人間失格 太宰治と3人の女たち』『宮本から君へ
『蜜蜂と遠雷』『楽園』。
このうち何本が上位に入ってくるでしょうか。楽しみです。
ただ『人間失格』はDVD化されないのかも。

ちなみに海外映画で気になったのは
マイ・ブックショップ』ぐらい。
こっちはこれからに期待しましょう。

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

図書館で4冊

正月休みで返しそびれていた5冊を返却したものの
予約図書はまだ私の番に回ってこなかったので
開架書架から4冊借り出しました。
魔除けの民俗学 家・道具・災害の俗信
藩とは何か-「江戸の泰平」はいかに誕生したか
キリスト教と死-最後の審判から無名戦士の墓まで
維摩経の世界 大乗なる仏教の根源へ
これまでやり過ごしてきたタイトルなので、ユニークなのが並んでいる気がします。
意外と拾い物があったりすると嬉しいんですが、どうでしょう。

ちなみに、蔵書のうち参考文献に挙がっているのは
冠婚葬祭」「刑吏の社会史」「千年王国を夢みた革命
王の二つの身体」「聖パトリックの煉獄」「ブッダのことば
ミリンダ王の問い」「玄奘三蔵 西域・インド紀行」。
いいラインナップな気がします。

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

初詣

妻と上の子と新井薬師へ初詣。
ついでに向かいの北野神社にもお参りして中野で昼食。
練馬のユニクロ二よって私はセーターを購入しました。

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます

2020年が始まりました。
世界も日本も思い描いていた未来とは大違いですが、本を読んで、映画(DVD)を見て、音楽を聴いて、そんなに悪くはありません。

今年もいい本、いい映画、いい音楽との出会いがありますように。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »