« さねよしいさ子『Style Book』 | トップページ | 追悼 和田誠 »

2019年10月 8日 (火)

追悼 川又 昂

カメラマンの川又昂氏が亡くなりました。
松竹に入社後、小津作品に撮影助手として付いたのを皮切りに、野村芳太郎作品を中心に90本近い作品を手掛けています。
たまたま私が観た作品に依るのかもしれませんが、情緒的というよりも計算された画面という印象があります。
私が観ているのは以下の27本。
そのうち野村監督作品は約2/3の17本です。

青春残酷物語
ゼロの焦点
裸体
五瓣の椿
あゝ君が愛
夜明けの二人
影の車
なにがなんでも為五郎
同棲時代-今日子と次郎-
しなの川
砂の器
想い出のかたすみに
昭和枯れすすき
友情
錆びた炎
八つ墓村
夜が崩れた
事件
配達されない三通の手紙
わるいやつら
真夜中の招待状
道頓堀川
疑惑
迷走地図
危険な女たち
黒い雨
復活の朝

このうち私の年間ベストテンに入っているのは『砂の器』と『昭和枯れすすき』ですが、大島渚の『青春残酷物語』、野村作品では『影の車』、それに今村昌平の『黒い雨』の映像も印象に残ります。

合掌

|

« さねよしいさ子『Style Book』 | トップページ | 追悼 和田誠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さねよしいさ子『Style Book』 | トップページ | 追悼 和田誠 »