« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月30日 (水)

11月新刊 新書・文庫・選書

11月の新刊から気になる新書・文庫・選書を蔵書とリンクさせて紹介します。

◎岩波新書「中華の成立: 唐代まで―シリーズ 中国の歴史①―」渡辺信一郎
中国通史では「物語 中国の歴史」。
中華世界の統一という意味では「秦の始皇帝」があります。

◎中公新書「海の地政学-覇権をめぐる400年史」竹田いさみ
同じ著者では「世界史をつくった海賊」。
全般的なところでは「近代世界システム 1600~1750」で。
アメリカなら「略奪の海カリブ」、アジアでは「東インド会社」あたり。
話が大きすぎて歴史をなぞるだけになる心配もあります。

◎中公新書「古関裕而-流行作曲家と激動の昭和」刑部芳則
古関裕而といえば戦前なら軍歌、戦後ならオリンピックや歌謡曲と時局に合わせた活躍をしていますから昭和史と絡むでしょう。
ただ、そのものズバリ過ぎて当たり前になるのではという不安も。

◎中公新書「歴史探究のヨーロッパ-修道制を駆逐する啓蒙主義」佐藤彰一
タイトルでは分かりにくいですけど、修道院の学問から啓蒙主義歴史学が生まれたということのようです。
サン・モール修道会のマビヨンという一般にはマイナーな思想家について書かれた新書が出るとは驚きです。
うちの蔵書でマビヨンに触れているのは「歴史叙述」で、
修道院の学問については「修道院」あたりでしょうか。これは必読でしょう。

◎ちくま新書「日本の民俗宗教」松尾恒一
書棚には同タイトルの「日本の民俗宗教」があります。
違う視点が得られるでしょうか。

◎ちくま新書「千家尊福と出雲信仰」岡本雅享
出雲大社がいかにして維新に関わったかという時、千家尊福は欠かせないでしょう。
時代的には「神々の明治維新」が当たります。

◎ちくまプリマー新書「はじめての三国志 ─時代の変革者・曹操から読みとく」渡邉義浩
一時期三国志関連はずいぶんと読みましたが、いまでは処分してしまい「三国志演義」ぐらいしか残っていません。

◎角川新書「豊臣家臣団の系図」菊地浩之
秀吉については「秀吉の経済感覚」ぐらいで、秀吉政権の内実は読んでいません。

◎NHK出版新書「明智光秀: 牢人医師はなぜ謀反人となったか」早島大祐
NHKですから当然大河関連書籍ということです。

◎白水社文庫クセジュ「コラボ゠対独協力者の粛清」マルク・ベルジェール
対独協力者については「ナチ占領下のフランス」にもあります。
私が観た映画では『ルシアンの青春』が思い出されます。泣けます。

◎ちくま学芸文庫「ドゥルーズ: 解けない問いを生きる【増補新版】」檜垣立哉
ドゥルーズについては「現代思想の系譜学」など概説だけです。

◎ちくま学芸文庫「河童の日本史」中村禎里
河童について触れているのは「新版 河童駒引考」。
その他民俗学関係本でも当然河童について触れています。
ただし、本書は民俗学というより史的変遷がメインです。

◎ちくま学芸文庫「日本の神話」筑紫申真
同じ著者では「アマテラスの誕生」があります。これは名著です。

◎ちくま学芸文庫「法の原理: 自然法と政治的な法の原理」トマス・ホッブズ
ホッブスでは「世界の名著」に著名な「リヴァイアサン」がありますが、本書も主著といっていいでしょう。

◎ちくま学芸文庫「釈尊の生涯」高楠順次郎
今頃なぜ戦前仏教学の重鎮の文庫化でしょうか。学問的には古くなっているのでは。

◎講談社文芸文庫「ヒューマニズム考 人間であること」渡辺一夫
同じ著者のものでは「フランス・ルネサンスの人々」「フランス文学案内」があります。
ヒューマニズムについては「ルネサンスと人文主義」や「イタリア・ルネサンスの哲学者」も。

◎講談社学術文庫「中世の罪と罰」網野善彦,石井 進,笠松宏至,勝俣鎭夫
中世の風景」には網野、石井が参加しています。笠松のものでは「徳政令」勝俣では「一揆
似たタイトルでは「西洋中世の罪と罰」があります。

◎講談社学術文庫「トマス・アクィナス『神学大全』」稲垣良典
トマス・アクィナスの著作で手元にあるのは「君主の統治について」だけ。
解説としては「西洋古代・中世哲学史」が役に立ちます。

◎角川ソフィア文庫「茶室学講義 日本の極小空間の謎」藤森照信
うちの本棚で茶道について触れているのは「日本文化の歴史」ぐらいです。要するに何も知りません。

◎平凡社ライブラリー「中世思想原典集成 精選7 中世後期の神秘思想」上智大学中世思想研究所 編訳・監修
こちらも当然「西洋古代・中世哲学史」が有効でしょう。
神秘主義者の著作では「エックハルト説教集」「学識ある無知について」が書棚にあります。

◎講談社選書メチエ「維摩経の世界 大乗なる仏教の根源へ」白石凌海
維摩経は演劇的面白さがあると言われていますがむろん読んだことはありません。
大乗経典を読む」にあるぐらいです。

◎角川選書「捨身の仏教 日本における菩薩本生譚」君野隆久
ジャータカにある捨身が日本でどのように受容されたのか。
著者は「グスコーブドリの伝記」あたりを念頭に置いているようです。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「神仏と中世人: 宗教をめぐるホンネとタテマエ」衣川 仁
関連するのは「お伊勢まいり」「神仏習合」あたりでしょうか。
ホンネとタテマエという言い方はあまり好きではありませんが。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「明智光秀の生涯」諏訪勝則
これも大河関連書。

◎平凡社ブックレット 〈書物をひらく〉「江戸水没: 寛政改革の水害対策」渡辺浩一
地震、火山はあっても台風、大雨についての歴史は持っていません。

今月の目玉は
「歴史探究のヨーロッパ」「コラボ 対独協力者の粛清」
「ヒューマニズム考」「中世思想原典集成 精選7」
「捨身の仏教」「江戸水没」
なかでも「歴史探求のヨーロッパ」は期待大です。

 

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

追悼 八千草 薫

女優の八千草 薫さんが亡くなりました。

キャリアをスタートさせたのは映画で美貌の人気スターではあったのですが、彼女の魅力が最大限に発揮されたのは70~80年代山田太一や倉本聰、向田邦子脚本のテレビドラマといえるでしょう。
それゆえ、出演映画は全部で83本とキャリアのわりに意外と少なく感じます。
私が観ているのはそのうち以下の18本。
ガス人間第1号
美しさと哀しみと
田園に死す
不毛地帯
『星と嵐』
ブルークリスマス
226
いつか どこかで
天国までの百マイル
サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS
阿修羅のごとく
交渉人 真下正義
しゃべれども しゃべれども
きみにしか聞こえない
ガマの油
ディア・ドクター
日輪の遺産
舟を編む

最初の3本はどれも印象的。
彼女の美しさには惚れ惚れします。
以降はどれも彼女の柄に頼った、素敵な女性というばかりで型にはまった感があります。
みんながそれを求めたということでしょう。

合掌

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

図書館で1冊

買い物ついでに予約していた1冊を受け取りました。
資本主義に出口はあるか
一般向けエッセイということでしょうか、参考文献は載っていません。
素人相手でも載せてほしいところです。

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

TSUTAYAでDVD5枚&図書館で5冊

いつも使っていたTSUTAYAが閉店したので、久々に練馬のTSUTAYAで5本。借りるのはいいけれど期限内に返すのが面倒くさい。
借りたのは日本映画ばかりです。
斬、
夜明け
まく子
21世紀の女の子
半世界

『斬、』は、昨年の作品。塚本晋也の時代劇というだけで気になります。男映画で蒼井優がどうか。>一時も弛緩することのない映像の力が素晴らしい。ただし人を斬れない剣術の名人という話はあまり面白くない。彼の腕を見込んで人を斬らせようとする浪人、彼の親しい者たちを襲う野盗、彼に憧れる若い農民、彼に恋する村娘。彼を中心に物語が進んでいるのに困ったことに彼は何も語りません。説明しないことが美徳とでもいうように…。なかで蒼井優さんはダントツに光っていました。彼女にとっても代表作のひとつといっていい名演技です。それでも私好みの作品ではにのは、ひたすら斬る斬らないをめぐるドラマに興味がないからに他ありません。
『夜明け』は、よくわからない作品なのに雰囲気でつい借りてしまいました。>今回借りてきた作品に共通する設定が共同体と正体不明よそ者の出会いです。これまた自分を語らない主人公。彼のせいでまっとうな登場人物が仇役に見えてしまいます。誠実に作られた映画だとは思うのですが、ここから何かが始まるところで終わってしまいました。それで『夜明け』というのか。つまり薄暗闇を見せられたわけです。惜しい。
『まく子』は、前評判は聞いていませんが私好みなのではという期待があります。>転校生は宇宙人というファンタジーになりそうな要素がふんだんにありながら、子供向けのままに終始してしまいました。残念。ダメな父親役の草彅剛は自然な演技でうまくはまっていました。美少女転校生も悪くはありません。でも、何か仕掛けがあるかと期待していると、何事もないままに終わってしまいました。
『21世紀の女の子』は、今回の目玉です。タイトルだけで絶対です。>女性監督による15編の短編のオムニバス。脚本が弱く自主映画のような雰囲気だけの作品が多いのですが、女の子ばかりが出る雰囲気だけの映画が悪いはずはありません。なかでは「君のシーツ」の三浦透子さん「恋愛乾燥剤」の山田杏奈さんが光っていました。「離れ離れの花々へ」の女性映画宣言も素敵でした。
『半世界』は、設定だけ聞くとありがちではあるけれど、阪本監督が普通の作品を取るとも思えないし、何といっても池脇千鶴さんが出ているというだけで観ないわけにはいきません。>私の興味はほとんど池脇さんです。彼女についてはいうことありません。ただし、男たちの物語にはあまり惹かれるものはありませんでした。とくに沖山の設定および息子のいじめ問題の解決法はほとんど時代劇(もしくはヤクザ映画)のような印象でうんざりしました。きっちり作られているのに残念です。

練馬からの途中に図書館に寄って予約していた5冊を受け取りました。
死体は誰のものか─比較文化史の視点から
独ソ戦 絶滅戦争の惨禍
ヒトラーの時代-ドイツ国民はなぜ独裁者に熱狂したのか
奴隷船の世界史
AI時代の労働の哲学
ナチスドイツ物が2冊あるのは偶然。別々に予約してたのに同時に届いたということです。
蔵書のうち参考文献に挙がっていたのは
「聖書」「古事記」「日本書紀」「魏志倭人伝」「日本霊異記
十二世紀ルネサンス」「近代世界システム
コロンブス航海誌」「ロビンソン・クルーソー
国富論」「法の哲学」「ユートピア的資本主義
ドイツイデオロギー」「思想としての近代経済学
明らかに私の蔵書は現代から離れているちうことです。

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

追悼 和田誠

イラストレイターの和田誠氏が亡くなりました。
奥様が歌手で料理研究家の平野レミさんでお子さんがトライセラトップスの和田唱、そのお嫁さんが上野樹里。
本業のイラストは言うまでもなく、映画監督として4本の一般映画を監督して高い評価を受けています。
麻雀放浪記
快盗ルビイ
怖がる人々
真夜中まで
すべて観ていますが、たぶん私とは映画の楽しみ方が違うのでしょう。ピンとくるものはありませんでした。
キネ旬連載の「お楽しみはこれからだ」は楽しく読んでいたのですが。

彼の著書で持っているのは「日曜日は歌謡日」。
普通に歌謡曲好きの親爺による気の利いたエッセイでしかないのだけれども、時々ハッとさせてくれます。なかでもちあきなおみの「喝采」についての文章は最高です。“フェリーニの映画を見るように高踏的であります”とは見事でした。
Wada_makoto_nitiyoubihakayoubi

ちなみに彼の仕事ではブックデザインを担当した村上春樹の「アフターダーク」が手元にあります。
Murakami_haruki_afterdark
そういえば映画の主題歌「怪盗ルビイ」の作詞もしています。
Koizumi_kyouko_kaitourubby

忘れていました。
カート・ヴォネガット(・ジュニア)の作品は
手元にあるものでは「プレイヤー・ピアノ」「タイタンの妖女」「母なる夜」を除くすべての装丁を和田さんが手掛けていました(最初の2冊はのちに和田さんの装丁版も出ています)。
文庫4冊
「スローターハウス5」「猫のゆりかご」
「ローズウォーターさん、あなたに神のおめぐみを」
「ヴォネガット、大いに語る」
Kurt_vonnegut_slaughterhousefive Kurt_vonnegut_catscradle

Kurt_vonnegut_godblessyoumrrosewater Kurt_vonnegut_wampeterfomagranfalloons
ハードカバー9冊
「スラップスティック」「ジェイルバード」「モンキー・ハウスへようこそ」
「チャンピオンたちの朝食」「デッドアイ・ディック」「ガラパゴスの箱舟」
「青ひげ」「ホーカス・ポーカス」「タイムクエイク」がうちにあります。
Kurt_vonnegut_slapstick Kurt_vonnegut_jailbird
Kurt_vonnegut_welcometothemonkeyhouse Kurt_vonnegut_breakfastofchampions
Kurt_vonnegut_deadeyedick Kurt_vonnegut_galapagos
Kurt_vonnegut_bluebeard Kurt_vonnegut_hocuspocus
Kurt_vonnegut_timequake

随分とお世話になってましたね。

合掌

 

 

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

追悼 川又 昂

カメラマンの川又昂氏が亡くなりました。
松竹に入社後、小津作品に撮影助手として付いたのを皮切りに、野村芳太郎作品を中心に90本近い作品を手掛けています。
たまたま私が観た作品に依るのかもしれませんが、情緒的というよりも計算された画面という印象があります。
私が観ているのは以下の27本。
そのうち野村監督作品は約2/3の17本です。

青春残酷物語
ゼロの焦点
裸体
五瓣の椿
あゝ君が愛
夜明けの二人
影の車
なにがなんでも為五郎
同棲時代-今日子と次郎-
しなの川
砂の器
想い出のかたすみに
昭和枯れすすき
友情
錆びた炎
八つ墓村
夜が崩れた
事件
配達されない三通の手紙
わるいやつら
真夜中の招待状
道頓堀川
疑惑
迷走地図
危険な女たち
黒い雨
復活の朝

このうち私の年間ベストテンに入っているのは『砂の器』と『昭和枯れすすき』ですが、大島渚の『青春残酷物語』、野村作品では『影の車』、それに今村昌平の『黒い雨』の映像も印象に残ります。

合掌

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

さねよしいさ子『Style Book』

BOOKOFFでさねよしいさ子の初期ベスト盤『Style Book』をゲット。
デビュー・アルバムは持っていますが。

90年代のさねよしさんとか遊佐未森とかハイポジとか小川美潮(80年代からですけど)とかナチュラルというか不思議系というかそういう女性ヴォーカルは大好きです。
Saneyosi_isako_stylebook
Saneyosi_isako_kazeyakumonokotobakari

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

「思想家たちの100の名言」

図書館で予約して1冊を受け取りました。
思想家たちの100の名言
文庫クセジュだけに日本じゃあまりメジャーじゃない思想家が取り上げられているかと期待しましたが、ややキリスト教関係が多いかなという程度で当たり前のラインナップでした。
蔵書のうち本書に収録されているものは
ギリシア哲学者列伝」「エピクロス―教説と手紙」「聖書」
物の本質について」「神の国」「痴愚神礼讃」「君主倫
方法序説」「パンセ」「エティカ」「モナドロジー」「カンディード
新しい学」「法の精神」「社会契約論」「国富論」「法の哲学
歴史哲学講義」「死に至る病
最近のものはフーコー、デリダどころかフッサールもハイデガーも手元にありません。

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

図書館で2冊

いつものように買い物のついでに図書館で2冊。
予約していた1冊は
南北戦争の時代 19世紀」で
開架から借りたのは
戦国大名・伊勢宗瑞」。
ともに参考文献に挙がっていたものはうちの蔵書にありませんでした。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »