« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月30日 (火)

8月新刊から気になる新書・文庫・選書

8月新刊から気になる新書・文庫・選書を私の蔵書とリンクさせてピックアップしました。
◎岩波新書「2100年の世界地図 アフラシアの時代」峯 陽一
次はどこの時代といっても最終的には国際資本が肥え太るだけという感はあります。
関連するのは「現代アフリカ入門」と「新世界秩序を求めて」ぐらいでしょうか。

◎岩波新書「奴隷船の世界史」布留川正博
世界史とありますが16世紀から19世紀にかけての大西洋奴隷貿易がテーマです。
奴隷を取りまく経済なら「近代世界システム 1600~1750
奴隷船については「大帆船時代
新大陸での奴隷については「略奪の海カリブ」「南米ポトシ銀山
奴隷を取られた側は「新書アフリカ史
と、奴隷貿易なら本棚にも何冊かありますが、あえて“奴隷船”というあたりが注目です。

◎中公新書「太閤検地-秀吉が目指した国のかたち」中野 等
秀吉の経済感覚」が近いところでしょう。

◎中公新書「織田信忠―天下人の嫡男」和田 裕
本能寺で死ななければ、信長亡き後を継いでいたのは間違いなく信忠だったわけですから気になりますが、そんな興味は歴史学ではないですね。

◎講談社現代新書「資本主義に出口はあるか」荒谷大輔
著者が資本主義からどこへの「出口」を論じているのか分かりませんが、哲学者に流行の社会学者たちの著書と違う視点があるのかが楽しみです。
うちにあるものでは「「欲望」と資本主義」「「資本」論」あたりが絡むのかもしれません。

◎講談社ブルーバックス「プリンシピア 自然哲学の数学的原理 第3編 世界体系」アイザック・ニュートン
「プリンシピア」新書復刊の最終巻。

◎講談社ブルーバックス「我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの」藤崎慎吾
合成生物学という全く未知の分野ですので期待します。

◎ちくま新書「明智光秀と本能寺の変」渡邊大門
いまさらの本能寺。その謎を解くことに歴史小説的興味以外価値はないような気もします。
もちろん知りたい人はたくさんいるのでしょうが。

◎ちくま新書「アフリカを見る アフリカから見る」白戸圭一
またしてもアフリカ。「現代アフリカ入門」でいかがでしょう。

◎ちくまプリマー新書「はじめてのギリシア神話」松村一男
ギリシア神話についてはアポロド-ロスをはじめいくつかありますが、神話の内容を知るためには呉 茂一のものがいちばん役に立ちます。

◎平凡社新書「さし絵で楽しむ江戸のくらし」深谷 大
江戸名物評判記案内」や「江戸の見世物」なども関連するでしょうが、もっと日常的なくらしがテーマでしょう。

◎集英社新書「資本主義の終わりか、人間の終焉か? 未来への大分岐」マルクス・ガブリエル, 斎藤 幸平他
上の「資本主義に未来はあるか」と似た発想でしょうか。

◎白水社文庫クセジュ「サン゠シモンとサン゠シモン主義」ピエール・ミュッソ
サン=シモンの著作では「世界の名著 42」に「産業者の教理問答」が収録されています。
また「現代ヨーロッパ社会思想史」はその第1章をサン=シモンから始めています。
一方、サン=シモン主義者たちによる産業活動についてはまとまったものがないので気になります。

◎ちくま学芸文庫「古代アテネ旅行ガイド: 一日5ドラクマで行く」フィリップ・マティザック
ギリシア案内記」がネタになっているのでしょうか。

◎ちくま学芸文庫「交易の世界史 上: シュメールから現代まで」ウィリアム・バーンスタイン
◎ちくま学芸文庫「交易の世界史 下: シュメールから現代まで」ウィリアム・バーンスタイン
「華麗なる交易」の文庫化。好きな分野ですし、「洒落者たちのイギリス史」「東インド会社」「大航海時代」「茶の世界史」など関連する本は多数手元にあります。

◎ちくま学芸文庫「賤民とは何か」喜田貞吉
古典的名著です。このテーマで手元にあるのは「身分差別社会の真実」ぐらいです。

◎講談社学術文庫「中世ヨーロッパの結婚と家族」ジョゼフ・ギース,フランシス・ギース
中世ヨーロッパの日常生活については「中世に生きる人々」「中世イタリア商人の世界」あたりでしょうか。

◎講談社学術文庫「方言の地図帳」佐藤亮一,真田信治,篠崎晃一,徳川宗賢
田舎者ゆえ方言には敏感です。手元にあれば楽しめそうな1冊です。

◎講談社学術文庫「金魚と日本人」鈴木克美
金魚についてふれているのは「干支(エト)セトラ、etc.」ぐらいです。

◎講談社学術文庫「漢方医学 「同病異治」の哲学」渡辺賢治
中国名医列伝には当然ながら漢方医が紹介されています。

◎角川ソフィア文庫「千夜千冊エディション 神と理性 西の世界観I」松岡正剛
松岡正剛の著作では「遊学I ・II」があります。千夜千冊のサイトを見ていますから今さら読まないでしょうね。

◎平凡社ライブラリー「増補 闘うレヴィ=ストロース」渡辺公三
著作では「世界の名著 59」に「悲しき熱帯」が収録され、「人種と歴史」「アスディワル武勲詩」が本棚にあります。
解説書では「レヴィ=ストロース入門」などがあります。理論的なものはありませんね。

◎講談社選書メチエ「月下の犯罪 一九四五年三月、レヒニッツで起きたユダヤ人虐殺、そして或るハンガリー貴族の秘史」サーシャ・バッチャーニ
ナチスのユダヤ人迫害については「ヒムラーとヒトラー」で。本書は終戦間近に起きた事件を当事者の子孫が解明するというルポ。

◎角川選書「戦国大名・伊勢宗瑞」黒田基樹
北条早雲ほど、その出自についての認識が一変した戦国大名はいないでしょう。もはや名前も北条早雲ですらありません。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「〈謀反〉の古代史: 平安朝の政治改革」春名宏昭
平安王朝」がもっとも近いでしょう。

今月の目玉は
新書は「サン=シモンとサン=シモン主義」と「奴隷船の世界史」。
「資本主義に出口はあるか」も気になります。
文庫では、「中世ヨーロッパの結婚と家族」。
「古代アテネ旅行ガイド」「方言の地図帳」も気楽に楽しめそう。
選書で「月下の犯罪」でしょう。
悪くはないラインナップです。

 

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

「チェコSF短編小説集」

高円寺から中野へ妻と散歩。
中野の書店で「チェコSF短編小説集」を購入。
巻末にあったチェコSF主要邦訳一覧のうち手元にあるのは、
ロボット(R.U.R)」「絶対製造工場」「山椒魚戦争」と
チャペックの3冊だけでした。
気になったのは、訳者あとがきにチェコSFの祖として挙げられて
いる「地上の迷宮と心の楽園」の著者”ヤン・アモス・コメンスキー”。
チェコ語ではそうでしょうが、ラテン名のヨハネス・コメニウスが
一般的な表記。読者は戸惑います。


 

 

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

図書館で1冊

いつものように買い物のついでに図書館で1冊。
植民地から建国へ 19世紀初頭まで シリーズ アメリカ合衆国史①

うちの蔵書で参考文献に挙がっているのは
想像の共同体」「近代世界システム 」「洒落者たちのイギリス史
宝島」「国富論

年度別書籍ベストテンは昨年度分まで完成しました。

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

TSUTAYAで5作品

久しぶりにTSUTAYAでDVDを5作品借りてきました。
十二人の死にたい子どもたち
教誨師
食べる女
ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー
ボヘミアン・ラプソディ
5本にするためにちょっと無理したかなっていう感じです。
『十二人の死にたい子どもたち』>一部で酷評されるほどひどいとは思いませんが、って女の子が可愛いということです。とはいえ、死にたきゃ死ねばいいのにという、タイトルを見た瞬間に思った印象は最後までぬぐえませんでした。橋本さんは何をやっても許されます。
『教誨師』>大杉漣の遺作。受けに徹する大杉氏の演技に本人企画の狙いが見えてきます。それなら彼自身のトラウマについての部分は不要だったのでは。悪いとは思いませんが、私が感動するタイプの映画ではありませんでした。
『食べる女』>いい女がたくさん出演して、食べて寝て。まあ、それ以上はないんですけど、こんな映画があってもいいかもしれません。食べるにしても寝るにしても、もう少しこだわりが欲しかった気はします。
『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』>タイトル通り、そうなんだろうとは思います。わがままな天才なんでしょうから。作り手に、そこをいかに共感させるかという気はなかったようです。それならもっと狂気を描かないと。これでは平板な印象です。
『ボヘミアン・ラプソディ』>↑と似た印象。彼の狂気は描き切れていなかったような。期待が大きすぎたのかも。聞き直してもクイーンで好きなのは初期だけです。ブライアン・メイのギターが最高です。



| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

投票日

参議院選挙の投票に行き、みんなでサイゼリアで昼食をとりました。
誰に投票するかは前日に決めていたので悩むこともなくすんなりと終了しました。
あとは結果がどうなるかだけですが。このところマスコミの情勢分析通りの議席数にになっているのでそんなに面白い結果は期待できそうにありませんけどね。


結果が出てきましたね。投票先は1勝1敗でした。まずまずの成績でしょう。
全体としては、予想通りではあるものの、一人区の接戦区で自民がほぼ全廃でしたね。これは意外でした。とくに大分や岩手は驚きました。
関西は見事に維新+自民+公明の改憲保守で独占ですね。きっと格差と区別(差別)の社会の最前線を行っているのでしょう。

比例区はれいわ新選組が台風の目でしたね。3議席まで行ったら面白かったのですが。あとは各県別の得票数とか数字が出てできてからです。

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

書籍ベストテンの続き&参議院選挙

書籍ベストテンの作業を続けています。
さすがに2000年を過ぎると10冊選ぶのも無理やりという感じです。
それでも、ようやく2005年まで到達しました。

明後日は参院選の投票日。
今回は期日前ではなく当日に投票できそうです。
もう予想する気力もありませんが、せめて自分の1票が有効な投票になるように思案をしているところです。
支持政党がはっきりしていれば、トップで当選しようが落選しようが考えなくてもいいんですが、フンワリとしか考えていないので、投票してもいいと思える候補(政党)のなかで最下位当選者に投票できればもっとも意味がある1票ということになる、という考え方です。
選挙区も比例区も、二択までは絞れてきたのですが、どうなることやら。

ちなみに、私の住む練馬区における今回の期日前投票者数速報を見ると、
19日現在で累計81,659人で前回の76,065人よりも5500人(約7%)ほど多いようです。
先週までは、前回割れをしていたのですが、今週に入ってようやく伸びてきました。
選挙が盛り上がってきたのか、ただ天候が回復してきただけなのか。

| | コメント (0)

図書館で3冊

いつものように買い物ついでに図書館に寄って、
予約していた2冊を受け取り、開架棚から1冊借りました。
予約していたのが「進化する形」「アジア近現代史」で
開架棚が「電鉄は聖地をめざす」。
手元の書籍で参考文献に挙がっているのは、
「東インド会社」「ヒンドゥー教とイスラム教」
「大航海時代とモルッカ諸島」「エリュトゥラー海案内記」
「入唐求法巡礼行記」「元朝秘史」「モンゴル帝国の興亡」
「クビライの挑戦」「物語 中国の歴史」「東方見聞録」
「アジアの歴史」「鄭和の南海大遠征」
「幻視する近代空間」「霊柩車の誕生」

書籍ベストテンは1995年まで30年分が終了。あと25年だ。

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

年度別書籍ベストテン

私のサイトでこれまでに日本映画と海外映画、女性ヴォーカルの年度別ベストテンを選出していますが、私のもうひとつの趣味である読書のベストテンを選ぼうかと思い立って、年度別書籍ベストテンのページを作ることにしました。
選出は、その本を読んだ年ではなく蔵書に記載されている初版の年別に行いました。1966年からとしたのは、映画や音楽のベストテンに倣ったものですが、偶然にも年ごとの蔵書が10冊を超えるのは66年からでした。
また昨年処分した本には筒井康隆「幻想の未来」や五木寛之「青春の門」、橋本治「桃尻娘」など当然ベストテン上位に入るべき大好きな小説も含まれていましたが、あくまでも現在の蔵書に限ることにしました。
ただし2008年以降のベストテンでは、蔵書が少ないので図書館から借りて読んだ本も入れることにしました。
現在のところ1970年代までしかできていませんが、徐々にアップしていくつもりです。

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

図書館で2冊&BOOKOFFでCD1枚

 散歩と買い物に出かけ、ついでに図書館で
予約していた2冊を受け取りました。
創造と狂気の歴史 プラトンからドゥルーズまで
院政 天皇と上皇の日本史

手持ちの本で参考文献に挙がっていたのは、
神の国」「異教的ルネサンス」「不思議の国のアリス
鏡の国のアリス」「ルネサンス精神の深層」「方法序説
国家」「聖書」「皇子たちの南北朝
参考文献に蔵書は多く挙がっても、ざっと眺めて精神病理学はたぶん理解できそうにありません。

ついでのついでに荻窪のBOOKOFFでCDを1枚。
詩華集-ANTHOLOGY-』吉田真里子
Yosida_mariko_anthology
たしかミスマガジンからのデビュー。
これがシングル2曲を含むファースト・アルバムです。
90年代前半には自主レーベルを立ち上げインディーズ・アイドルに。
いや、シンガー・ソングライターなのか。
うちにある音源は、彼女のシングル2曲が収録されているOREのオムニバス・アルバムだけです。
Orespecialcollection

OREスペシャル・コレクション~5人のアイドルたち
写真はビニール盤です。

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

図書館で4冊

買い物の途中に図書館で予約していた2冊を受け取りました。
大阪
壱人両名: 江戸日本の知られざる二重身分
ついでに開架棚からの2冊も借りました。
言語学講義
たたら製鉄の歴史
うちの本棚にあるもので参考文献に挙げられているのは
言語学の誕生」「印欧語の故郷を探る」「日本中世の民衆像

全体に私の読書のメインストリームから外れた4冊です。
面白いといいのですが。


| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

バスルームの扉

最近開閉の時の動きが悪かったバスルームの扉がとうとうきちんと閉まらなくなりました。
とりあえず可動部分の汚れを取って油を差しておきました。
築20年以上ですから立て付けは歪んでスムーズとはいきませんが、開閉はどうにか出来るようになりました。
ついでに風呂場全体をみがいておきましたが、湿気と暑さで疲れました。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »