« 図書館で1冊 | トップページ | 片付け »

2019年6月 8日 (土)

デンマーク総選挙

デンマーク総選挙

6月5日に行われたデンマーク総選挙の議席が確定しました。
カッコ内は前回獲得議席数。

社会民主党 48(47)
自由党(ヴェンスタ)43(34)
デンマーク国民党16(37)
社会自由党 16(8)
社会人民党 14(7)
赤緑連合 13(14)
保守党 12(6)
緑の党 5(9)
新右派党(新市民)4(0)
自由同盟 4(13)
その他 4(4)

政権与党では、首相の属する自由党こそ9議席増えたものの保守党が-6、自由同盟が-9と議席を減らし、前回第2党で閣外協力をしている右派・デンマーク国民党が半分以下の16議席へと激減しました。この結果、1議席増の中道左派・社会民主党への政権交代が確実視されています。

デンマークの議会選挙は非拘束比例配分制です。
総議席数は179議席ですが、海外領のグリーンランドとフェロー諸島に各2議席ずつ割り当てられているためデンマーク本土の選挙で選ばれるのは175議席となります。各政党の議席数は、総得票数にしたがって最大剰余法により割り当てられます。ここまではわかりやすいのですが、これからがけっこう手間がかかります。
175議席のうち135議席は全国10選挙区ごとに各政党にドント式で割り当てられます。残り40議席が調整議席といい、先ほど算出した総議席から各選挙区における議席数の合計を差し引いた議席数が各政党に配分されます。じゃあ、その政党の誰が議員として当選するのかとなるとますますややこしい。
詳しくは国会図書館のリファレンス(2015.2デンマークの選挙制度/安田隆子)にあります。ご参照ください。

 

 

 

|

« 図書館で1冊 | トップページ | 片付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 図書館で1冊 | トップページ | 片付け »