« 6月の新刊(新書・文庫・選書) | トップページ | 図書館で1冊 »

2019年5月31日 (金)

友人と映画

古くからの友人と日比谷で映画を観る。
約束の時間まで余裕があったので池袋でBOOKOFFに立ち寄り
CDを2枚ゲット。
ゴールデン☆ベスト 佐野量子
石嶺聡子Best Collection

 

ともにベスト盤です。
石嶺聡子は格安だったのでつい。
いらなかったかな。
でも、尾崎亜美の「私がいる」が収録されてるからいいか。

ちなみにうちにあったシングルは


 

昼過ぎに日比谷で友人と落ち合いTOHOシネマズで
『さよならくちびる』
門脇麦と小松菜奈主演で監督が塩田明彦。
還暦過ぎのジジイがふたりして観るというのも乙なもの。
これでつまらなかったら怒ります。
女優ふたりの歌声が良くって、しかも秦基博とあいみょんだもの曲がいい。おまけにギターの音がいい。
やっぱり新しい映画館は音がきれいだ。
それだけでも映画館で観た甲斐はあるというもの。
ただドラマをもっとシビアに描いてもらいたかった気はします。
ハルとレオそしてシマの三角関係とレオの男性関係。泣き叫んだりしないところがいいところではあるんでしょうが、そうしなくてももっとキリキリするような描き方はあったのでは。これではあっさりし過ぎ。いやあっさりしていないと言われるのかもしれませんが。

鑑賞後にミッドタウンの地下通路でずっと映画の話。
やつの話はいろいろためになる。
いやちょっとくど過ぎるきらいはあるのだけれど。

帰宅後、彼との話を反芻してみる。
お前にとっていちばんの映画女優は誰かと聞かれて、とっさに薬師丸ひろ子と答えました。
本当にそれでよかったのだろうか。例えば1970年代の秋吉久美子の自由奔放さに全然かなわないだろうし、2000年代の宮崎あおいの心を締め付けるような絶望や哀しみはありません。
『放課後』の栗田ひろみや『精霊のささやき』のつみきみほのような一瞬のきらめきはないかもしれません。
でも、キャラクターで演じていないといっていいのでしょうか。薬師丸さんはずーっと薬師丸ひろ子でありつづけているような気がします。
そう言いながら思い出している映画は『メイン・テーマ』だったりします。
今度同じ質問をされたらやっぱり薬師丸さんと答えるでしょう。

|

« 6月の新刊(新書・文庫・選書) | トップページ | 図書館で1冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月の新刊(新書・文庫・選書) | トップページ | 図書館で1冊 »