« 娘たちと池袋 | トップページ | 図書館で3冊+α »

2019年5月27日 (月)

追悼 降旗康男

映画監督の降旗康男氏が亡くなりました。
1966年『非行少女ヨーコ』で監督デビューをして以来、東映から
数多くの任侠映画をヒットさせました。
一時テレビドラマがメインとなりましたが、78年の『冬の華』以降
居酒屋兆治』『鉄道員』など高倉健と組んで多くのヒット作を
残しています。
手懸けた劇場映画は意外と少なく49作だけ。

そのうち私が観ているのは以下の14本のみ。
監督のキャリアでは後半のみで任侠映画は1本もありません。
冬の華
駅 STATION
居酒屋兆治
魔の刻
夜叉
別れぬ理由
あ・うん
タスマニア物語
寒椿

鉄道員
赤い月
少年H
追憶

残念ながら私の年間ベストテンに入っている作品もありません。
どの作品もしっかり作られている良心作なことはわかりますが、
健さん的ヒーローが私の琴線には触れなかったということでしょう。

合掌

|

« 娘たちと池袋 | トップページ | 図書館で3冊+α »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 娘たちと池袋 | トップページ | 図書館で3冊+α »