« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月30日 (火)

5月の気になる新書・文庫・選書新刊

5月新刊から気になる新書・文庫・選書を私の本棚とリンクします。
◎岩波新書「マキァヴェッリ: 『君主論』をよむ」鹿子生浩輝
うちにある「君主論」は「世界文学大系74」というとんでもないところに収録されているもの。
マキァヴェッリについては「マキァヴェリ」。
その政治思想については「近代政治思想の誕生」。
この人の表記、こんなに有名人なのに決まりませんね。
◎中公新書「漢帝国―400年の興亡」渡邉義浩
普通の通史では「物語 中国の歴史」がありますが、漢帝国について絞れば「漢帝国と辺境社会」ぐらいです。
◎中公新書「物語 ナイジェリアの歴史-「アフリカの巨人」の実像」島田周平
わが家のアフリカ関係書は「新書アフリカ史」と「現代アフリカ入門」。
◎講談社現代新書「院政 天皇と上皇の日本史」本郷恵子
退位も迫って院政関連が目につきます。手元にあるのは「平安王朝」と「室町の王権」あたり。
◎講談社ブルーバックス「深海――極限の世界 生命と地球の謎に迫る」藤倉克則,木村純一,JAMSTEC
海洋と生物進化についてなら「生命と地球の歴史」がありますが、やや方向が違いますか。
◎講談社ブルーバックス「富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ」鎌田浩毅
◎NHK出版新書「富士山はどうしてそこにあるのか: 地形から見る日本列島史」山崎晴雄
富士山関係が2冊。やや時流に乗り過ぎなのが心配です。
◎平凡社新書「人類の起源、宗教の誕生: ホモ・サピエンスの「信じる心」が生まれたとき」山極寿一
死体に花を飾るネアンデルタール人みたいな話でしょうか。
◎ちくま新書「考古学講義」北條芳隆
関連書は持っていません。古代史好きのわりに考古学そのものについては疎いです。
◎ちくま新書「死体は誰のものか-比較文化史の視点から」上田 信 まっとうなところでは「葬制の起源」や「墓と葬送の社会史」が関係するでしょうが、「吸血鬼伝承」「ヨーロッパの死者の書」あたりも絡むのかもしれません。
◎白水社文庫クセジュ「ヨーロッパとゲルマン部族国家」マガリ・クメール、ブリューノ・デュメジル
ゲルマン民族といえば「ゲルマーニア」が基本でしょうか。もちろん「物語 ドイツの歴史」や「西ゴート王国の遺産」も重要かもしれません。
◎岩波文庫「コスモスとアンチコスモス: 東洋哲学のために」井筒俊彦
著者のものでは「イスラーム思想史」「イスラーム文化」。
文化人類学者による「コスモスの思想」というのもあります。
◎岩波文庫「独裁と民主政治の社会的起源: 近代世界形成過程における領主と農民」バリントン・ムーア
ファシズムと民主主義については「ワイマル共和国」「アメリカン・ファシズム」がありますし、
ヨーロッパ全体を家族制度から解く「新ヨーロッパ大全」も無関係ではないはずです。
◎ちくま学芸文庫「増補 普通の人びと: ホロコーストと第101警察予備大隊」クリストファー・ブラウニング
↑も関連しますがホロコーストを準備したという意味では「世紀末ドイツの若者」や「魔女とカルトのドイツ史」も重要です。
◎ちくま学芸文庫「イタリア・ルネサンスの文化 上」ヤーコプ・ブルクハルト
中公文庫版のだけ持っています。
◎ちくま学芸文庫「神社の古代史」岡田精司
古代の神道については「神道の成立」は欠かせないでしょう。
◎ちくま文庫「増補版 天下無双の建築学入門」藤森照信
建築探偵とか一時期流行ってましたね。いちばん近そうなのは「東京の空間人類学」でしょうか。
◎講談社学術文庫「楊貴妃 大唐帝国の栄華と滅亡」村山吉廣
唐について触れているのは「物語 中国の歴史」ぐらいです。
◎講談社学術文庫「物質と記憶」アンリ・ベルクソン
心理学系の哲学は私の手におえません。
◎講談社学術文庫「日本語と西欧語 主語の由来を探る」金谷武洋
日本語文法を最新の知見で整合的に捉えられたら面白いのでしょうが。
◎講談社学術文庫「トクヴィル 平等と不平等の理論家」宇野重規
トクヴィルについては、うちにあるのでは「群衆」で多く扱っています。
持ち上げ方を誤るとただのジジイになってしまいます。
◎角川ソフィア文庫「アイヌ童話集」金田一京助、荒木田家寿
金田一さんの「ユーカラ―アイヌ叙事詩」はありますが、あまりにも文章が古い。
◎河出文庫「日本の偽書」藤原 明
中世を描いた「偽書の精神史」は読みごたえがありましたが、明治以降の「偽史冒険世界」になるとお笑いです。
◎平凡社ライブラリー「中世思想原典集成 精選4 ラテン中世の興隆2」上智大学中世思想研究所 編訳・監修
たぶん読まないでしょうがいちおう並べます。
◎講談社選書メチエ「電鉄は聖地をめざす 都市と鉄道の日本近代史」鈴木勇一郎
関連するのは「東京の都市計画」でしょうが、日光とか川崎大師、成田山、伊勢、高野山みたいなはなしでしょうか。なら「巡礼」も絡むかも。
◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「たたら製鉄の歴史」角田徳幸
手元に類書はありません。『もののけ姫 』ぐらいです

今月の目玉は「ヨーロッパとゲルマン部族国家」がいちばん。
新書の「マキァヴェッリ: 『君主論』をよむ」と
文庫の「独裁と民主政治の社会的起源」も気になります。
選書が私の趣味から離れていて寂しいところです。

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

図書館で1冊

図書館で予約していた1冊を受け取りました。 「渡来人と帰化人」 参考文献に挙がっているものは手元にありませんでした。

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

追悼 有馬三恵子

作詞家の有馬三恵子さんが亡くなっていました。
うかつなことに見落としていました。

手元に音源があるシングル曲は84曲。数だけで言えば全作詞家中14位ですが、何といっても南沙織の名付け親であり、初期のすべての作品を手掛けていた作詞家です。それだけで私が最も愛する作詞家のひとりであることに間違いありません。

手元にあったシングル盤は以下のもの。

Minami_saori_tomodachiMinami_saori_junketsu Hayama_eri_otonadoushi Nara_hujiko_hadashinoonnanokoMinami_saori_aishuunopage  Nara_hujiko_aniimoutoMinami_saori_kizutsukusedai Minami_saori_irodukumachiMinami_saori_hitokakeranojunjou Ishikawa_sayuri_omoideKinomi_mako_akogareYuuya_shojokoukai Ishikawa_sayuri_itsudemohatsukoiFubuki_jun_aigahajimarutoki Asano_yuuko_tobidasehatukoiYuuya_munasawagi Fubuki_jun_namidanihohoemiwo Asano_yuuko_koihadandanYuuya_ikokunokaze Fubuki_jun_futarinohodou Minami_saori_joseiNishi_reiko_siroikisetsu Asano_yuuko_hitoripocchinokisetsu Hayashi_hiroko_shiroimadobe Miyoshi_mari_hatsukoinoseihuku Nishina_yuuko_hanadayoriShiba_youko_watashinisayonara
Kahira_nagisa_hodamarinokoi Chelsia_chan_inspiration Okazaki_hitomi_hitorigotonomizudokei
Kitano_reiko_shiroiomoide Ishino_mako_omoikkirisamba Iwai_sayuri_sousyunnmemory      
 
 
 

 

有馬三恵子の作品論を一度まとめなければいけませんね。

合掌

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

図書館で1冊

図書館で予約していた「オスマン帝国-繁栄と衰亡の600年史」を受け取りました。

うちにあるもので参考文献に挙がっていたのは「オスマン帝国の解体」。

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

図書館で4冊

夕方の買い物ついでに図書館で予約していた4冊を受け取りました。
情熱でたどるスペイン史
東アジア仏教史
ナポレオン四代-二人のフランス皇帝と悲運の後継者たち
大道 鎌倉時代の幹線道路

ちなみに、うちの蔵書で参考文献に挙がっていたのは
江戸のナポレオン伝説」「ハプスブルク家の女たち
無縁・公界・楽」「酒呑童子の誕生」「武家の棟梁の条件」。

| | コメント (0)

期日前投票からTSUTAYAへ

土日と時間が取れないので期日前投票に行ってきました。
投票する政党会派はこのところだいたいいつも一緒なのだけど、
誰がいちばん危ないのか見極めが難しいところ。
区議会議員は小選挙区じゃない(どころか定員50の大選挙区な)
のでこの選択する楽しみがある。
期日前投票の投票数はおおよそ前回の2割増しといったところ。
そうはいっても選挙が盛り上がっているとは到底思えず、
当日の投票率は低そうな気がします。

帰りに久しぶりにTSUTAYAでDVDを5枚借りてきました。
万引き家族
響 -HIBIKI-
止められるか、俺たちを
ハード・コア
チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

『万引き家族』は、安藤さんに松岡さん。しかもカンヌですからね。
つまらないはずはないとはいうものの、粗筋聞く限りでは不安は大。
>つまらなくはないけど、すっきりしません。あの女の子は親に殺されてしまうのでしょうか。ニュースを見ているとそんな気になります。主題は万引きじゃなくて虐待と誘拐それに死体と年金。そう『ごっこ』と一緒です。映像も演技もダンチですが、切実感ではどうでしょう。
『響-HIBIKI-』は、天才少女小説家の話。とにかく天才に見えてさえいれば成功だと思います。>微妙ですね。たぶん面白いとは思うのですが、なんであの子は殴るのでしょうか。あれでは、あの子の天才が伝わったとは言い切れません。ただ好き嫌いがはっきりしている女子高生というだけです。可愛いから殴られてもいいんですけどね。
『止められるか、俺たちを』は、門脇さんですし、いちばんの期待作でもあり、外れも怖いです。>実名バンバンの若松プロもの。映芸の荒井さんも登場というわけで低かったのでしょうか。もっとも内容は過激なのかと思ったらセンチメンタルなエンディングでした。彼女を主人公にした時点でそうはなりますが、流され過ぎたきらいもあります。若松プロが面白くないわけはないのですが、それ以上の何かも期待してしまいます。もちろん、嫌いじゃないですよ。
『ハード・コア』は、よくわかりません。でも何か面白そう。>山下作品に失礼ですが、これは予想外の拾い物。右翼にはまっている兄と商社マンの弟の対比といいながら、どちらも実のところずれまくっている。正しいものは正しい、と山田は言うが本気か?正しいのか?いや、最後荒川が覚醒するのではと期待してしまったのだが。それはともかくめちゃくちゃな展開を楽しめました。
『チューリップ・フィーバー』は、オランダのチューリップ・バブルと人妻の恋。衣装と美術に期待しましょう

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

朝から朦朧

朝帰りの電車でボーっとして乗り越し。 慌てて下りて自宅に遅れると連絡しようとすると、今度は携帯を落としたことに気付くことに。 駅員に届け出て探してもらったら、その前の乗り換えで忘れて、分岐した線の終着駅にあるという連絡。 なんやかんやで帰宅したのは1時間以上あと。午前中をすっかり潰してしまいました。 おかげで午後は爆睡する羽目に。情けない。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

図書館で4冊

図書館で予約していた4冊を受け取りました。
フーコーの言説
社をもたない神々
古代オリエントの神々-文明の興亡と宗教の起源
鷹見泉石-開国を見通した蘭学家老
「フーコー」は読み切れるかあやしいですが、他は期待の3冊です。
うちの蔵書で参考文献に挙がっていたのは
古事記」「神の民俗誌」「神道の成立」「江戸のはやり神
神の国」「アレクサンドロス大王東征記」「桃太郎の母
原典訳 アヴェスター」「パンとワインを巡り 神話が巡る
変身物語」「ローマ帝国の神々」「宗教学辞典」「ヴィーナス以前
シュメル」「日本書紀」「物語 イスラエルの歴史」「ツァラトゥストラ
プルタルコス英雄伝
エジプト神イシスとオシリスの伝説について」「金枝篇」「歴史
ホモ・ルーデンス」「宗祖ゾロアスター」「日本の神々
レバノンの白い山」「治癒神イエスの誕生」「道化の民俗学
聖書」「江戸のオランダ人
とくに「古代オリエント」は充実してます。

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

江戸のガーデニング

先日の追加で江戸園芸関係をもう1冊借りました。
江戸のガーデニング

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

入学式

上の子の大学の入学式。
これから楽しい学生生活が始まります。おめでとう。
さっそく友達ができたといっていました。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

BOOKOFFでthe Indigo

西川口のBOOKOFFでthe Indigoのベスト盤『Indigo suite』。

 

確かインディゴのベストは持っていたはずと思ったけれど、
観たことがないジャケットで格安だったのでつい。
確かに違う盤でした。それはこっち

シングルも1枚持ってます。デビュー曲。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »