« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月31日 (日)

4月新刊(新書・文庫・選書)

月の新刊から気になる新書・文庫・選書を私の本棚とリンクさせて紹介します。

◎岩波新書「植民地から建国へ-19世紀初頭まで シリーズアメリカ合衆国史①」和田光弘 「物語アメリカの歴史」で十分でしょう。

◎中公新書「アジア近現代史-「世界史の誕生」以後の800年」岩崎育夫 著者はシンガポールの専門家ですから、アジアというときに中東がどれほど視野に入っているのでしょう。 うちにあるのでは「世界史の誕生」「イギリスとアジア」「東南アジアの歴史」「新世界秩序を求めて」あたりが関連しそうです。 あまり大風呂敷ではないといいのですが。

◎講談社現代新書「平将門と天慶の乱」乃至政彦 直接的には「古代末期の反乱」ですが、「将門記」は「軍記物語の世界」、乱の背景は「武士の誕生」も重要でしょう。

◎ちくま新書「ヨーロッパ現代史」松尾秀哉 著者の専門はベルギー史。EUの本部というわけでヨーロッパをまとめるのでしょうか。 残念ながらうちにある現代史は各国史ばかりでヨーロッパ全体というと「ファシスト群像」か歴史ではないですけど「新ヨーロッパ大全」ぐらいです。

◎ちくま新書「大阪: 都市の記憶を掘り起こす」加藤政洋 類書はありませんが、もしかすると「盛り場の民俗史」あたりと関連するのかも。

◎白水社文庫クセジュ「思想家たちの100の名言」ロランス・ドヴィレール 誰のどんな言葉を扱っているのか知りませんが、うちにある似たのは「遊学」ぐらいです。

◎岩波文庫「モナドロジー 他二篇」ライプニッツ
本棚には「世界の名著 (30) スピノザ・ライプニッツ」がありますがライプニッツの方はほとんど読んでいません。

◎岩波文庫「転換期の大正」岡 義武
最近注目されていますが、大正については「明治大正の民衆娯楽」程度です。

◎岩波現代文庫「はじめての政治哲学」デイヴィッド・ミラー
ホッブスとかロック、ルソーあたりはどうにか読んでますが、全体像となると「国家への視座」があるぐらいです。

◎岩波現代文庫「象徴天皇という物語」赤坂憲雄
象徴天皇については「天皇の祭祀」「天皇の肖像」で赤坂氏のものでは「王と天皇」でしょうか。
著者のものはほかに7冊手元にあります。

◎ちくま学芸文庫「大嘗祭」真弓常忠
こちらも天皇です。やはり「天皇の祭祀」でしょうか。

◎講談社学術文庫「閨房の哲学」マルキ・ド・サド
角川文庫版「閨房哲学」は手元にあります。訳を読み比べたい気もしますがその集中力はなさそうです。

◎講談社学術文庫「江戸東京の庶民信仰」長沢利明
このテーマなら「江戸のはやり神」は欠かせないでしょう。

◎講談社学術文庫「あいうえおの起源 身体からのコトバ発生論」豊永武盛
本人真面目でもやや眉唾的な印象があるのはこちらの頭が固いせいでしょうか。

◎文春学藝ライブラリー「耳鼻削ぎの日本史」清水克行 
刑罰としての耳鼻削ぎから戦利品としての耳や鼻。あまり愉快な話ではありません。

◎講談社選書メチエ「フランス史」ギヨーム・ド・ベルティエ・ド・ソヴィニー
手元にフランス通史はありません。
メロヴィング王朝史話」「英仏百年戦争」にジャンヌダルクもの、フランス革命ものぐらいです。

◎講談社選書メチエ「アンコール」ジャック・ラカン
ラカンについては「別冊宝島 (44)」など現代思想もので流行を追ったぐらいです。
基本的に心理学ですから私に理解できるはずはありませんでした。

◎朝日選書「境界の日本史」近江俊秀、 森先一貴
日本と外国の境界かと思ったら国内の境界なんですね。
うちにあるのは「東西/南北考」でしょうか。

◎吉川弘文館ちくま歴史文化ライブラリー「皇位継承の中世史: 血統をめぐる政治と内乱」佐伯智広
院政がテーマなら「平安王朝」「皇子たちの南北朝」「室町の王権」あたりでどうでしょう。

今月の目玉はこれぞといって取り上げるものがありません。
新書「アジア近現代史」「平将門と天慶の乱」
文庫「江戸東京の庶民信仰」
選書「フランス史」「境界の日本史」
ぐらいは気になりますが。

| | コメント (0)

江戸の園芸について5冊

急に、江戸期の朝顔園芸について調べなくてはいけなくなり、
近所の図書館で予約も含めて5冊借りてきました。
江戸の園芸
江戸の花競べ-園芸文化の到来
浮世絵でめぐる江戸の花
「江戸の園芸文化」
「史料で読む 江戸の園芸文化」

最後の2冊は江戸東京博物館の報告書です。
国立歴史民俗博物館の図録も気になるのですが、取り合えず手近で間に合わせました。
おおよそのことは足りるでしょうが、どうなりますか。

| | コメント (0)

2019年3月29日 (金)

花見

花冷えのなか、新宿御苑で花見。
御苑近くのコンビニでお茶と食料を仕入れていきました。
さすがにそんなには混んでいなかったのですが、やはり寒い。
早々に退散しました。

外人さんがめちゃくちゃ増えていますね。
それが当たり前のような気がしています。

| | コメント (0)

追悼 萩原健一

 歌手で俳優の萩原健一氏が亡くなりました。
1967年にグループサウンズのザ・テンプターズのヴォーカルとしてデビューをします。
絶頂期にはザ・タイガースに次ぐ人気GSでした。タイガースが貴公子だとすればテンプターズは不良の魅力がありました(当時のライブを見ていませんがストーンズっぽかったらしいです)。
グループ解散後は沢田研二とツインヴォーカルのスーパーグループPYGを結成(ほかにスパイダースの井上堯之、大野克夫、タイガースの岸部おさみ、テンプターズの大口広司)しましたが、期待通りの成果を上げられずに解散、俳優へと転身をします。私はなぜかPYGのライブを札幌で観ています。民放主催の無料のコンサートでしたが。
以後、映画では『約束』『股旅』『青春の蹉跌』、テレビでも“太陽にほえろ”“傷だらけの天使”“前略おふくろ様”などで高い評価を受けて70年代後半を代表する俳優となります。
映画の出演作数は、問題を起こしてブランクもあるため意外と少なく38本で、そのうち以下の25本を観ています。
 
ザ・テンプターズ 涙のあとに微笑みを
約束
股旅  
青春の蹉跌
雨のアムステルダム
アフリカの光
鴎よ、きらめく海を見たか めぐり逢い
八つ墓村
その後の仁義なき戦い
影武者
魔性の夏 四谷怪談より
誘拐報道
竜二
もどり川
カポネ大いに泣く
瀬降り物語
恋文 
南へ走れ、海の道を!
夜汽車
竜馬を斬った男
渋滞
いつかギラギラする日
居酒屋ゆうれい
天使の牙 B.T.A
月の砂漠

このうち私の年間ベストテンに入っているのは『約束』72年5位、 
『股旅』73年2位、『青春の蹉跌』74年1位、『魔性の夏』81年9位、 
『居酒屋ゆうれい』94年8位と5本もあります。しかもすべて主演。
なかでも“エンヤートット”が耳に残る『青春の蹉跌』は
オールタイムのベスト5に入る傑作でしょう。
80年代の『もどり川』『恋文』も忘れ難い破滅型のいい俳優でした。

 
ちなみに手元にはPYGのCDがあります。ナイスです。
ザ・テンプターズ時代ではなぜか「純愛」が、つい口ずさんでしまうほどいちばんのお気に入りです。

Pyg_hitcollection_1

 

合掌

 

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

一日バタバタ

書類の依頼をしたり文献を漁ったりこどもに数学を教えたり、一日わさわさと過ぎていきます。
それでも提出書類の督促が来たり、あちこちでトラブルが起きたり、花見をする暇もありません。

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

入学手続き&図書館で3冊

上の子の入学手続きのため江古田と中村橋の銀行、郵便局へ。
これで入学前にこちらがやることはほとんど終了しました。
ギリギリです。

ついでに図書館で予約していた3冊を受け取りました。
公卿会議―論戦する宮廷貴族たち
江戸の思想闘争
不自然な宇宙 宇宙はひとつだけなのか?
蔵書で参考文献に挙がっていたのは「江戸の思想闘争」にあるものだけで、
しかも「宗教生活の原初形態」「リヴァイアサン」「本居宣長
古代社会」「西太平洋の遠洋航海者」と
なぜか文化人類学・社会学系の翻訳書ばかりでした。


 

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

フレッシュマンスーツ

上の子の入学式用のスーツを買いに橋本環奈につられて洋服の青山に。
小柄なせいでピッタリサイズがないかと心配しましたが、どうにか一式揃いました。
これで格好も大学生(?)。
私の時代には、そんなものありはしませんでしたけど昔々のお話です。

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

近所の肉専門店でお祝い

上の子の大学合格を祝って、近所の肉専門店でささやかなお祝いをしました。
おめでとう!
私たちはステーキを、子供たちはハンバーグステーキをいただきました。
富士見台にはなぜか肉のおいしい店が多いようです。
ここは、昔手塚治虫が事務所を構えていたところで、手塚先生が描いた色紙等が飾ってあります。

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

図書館で1冊

図書館で予約していた1冊を受け取りました。

うちの蔵書で巻末の読書案内に挙がっていたのは「産業者の教理問答」。本文でサン・シモンはメインではないのですけれど。


| | コメント (0)

入試終了

上の子の進学する大学がようやく決まりました。
入試の真っ最中に私が大けがで入院してしまい、
すっかり迷惑をかけてしまいました。
それを思うと何はともあれ良かった。
お疲れさん。
これで大学生です。

| | コメント (0)

追悼 内田裕也

ココログがようやく復旧しました。
しっかりしてください。
その間に、ロック歌手内田裕也が亡くなりました。
といっても私には樹木希林さんとは違い彼の歌に何の思い入れもありませんので、
彼の記憶は、ほとんど俳優内田裕也でしかありません。

出演作は約44本。
そのうち私が観ているのは以下の23本。約半分です。

赤目四十八瀧心中未遂
エロティックな関係
魚からダイオキシン!!
花園の迷宮
さらば愛しき人よ
コミック雑誌なんかいらない!
十階のモスキート
戦場のメリークリスマス
さらば相棒 ROCK is SEX
コールガール
水のないプール
ヨコハマBJブルース
嗚呼!おんなたち猥歌
少女娼婦 けものみち
スーパーGUNレディ ワニ分署
餌食
エロチックな関係
ピンクヒップガール 桃尻娘
実録不良少女 姦
不連続殺人事件
お嫁においで
クレージーだよ 奇想天外
エレキの若大将
けっこう好きな作品が並んでいます。
私の年間ベストテンに入っているのが『エレキの若大将』
『不連続殺人事件』『桃尻娘』『少女娼婦 けものみち』の4作。
ほかにも『不良少女 姦』や『嗚呼!おんなたち 猥歌』
『十階のモスキート』なんかも印象に残っています。
演技というより監督と彼の柄が合えば面白くなるような気もしました。
合掌

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

伊藤美紀

高野台のBOOKOFFで伊藤美紀の『アイドル・ミラクルバイブルシリーズ』をゲットしました。
さすがにお買い得とまではいきませんが、まずまずの値段でした。
不思議なことに処分した中に彼女のEPjは1枚もありませんでした。楽曲的にグッとくるものはなかったのかもしれませんが、持っていて損はないでしょう。ものを減らしたいのか増やしたいのか我ながら困ったものです。

Itou_miki_idolmiraclebible


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月12日 (火)

図書館で4冊

買い物ついでにいつもの図書館で予約して前回取り置きしていた4冊を受け取りました。
最初の2冊は歴史のお勉強のやり直しみたいな感じでやや不安。
最後も読み通せるか自信はありません。
というわけで「都市空間…」だけが期待できそうです。
 
手元にあるもので参考文献に挙がっていたものは


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月10日 (日)

TSUTAYAで5本

上の子の用で練馬の郵便局に行ったのち石神井公園に移動してTSUTAYAへ。
久しぶりにDVDを5本レンタルしました。
ごっこ
このところ借りてなかったので、期待の作品が揃っています。
『花筐』は、2017年の大林監督作品。それだけで必見です。>前半の持って回った表現と展開にイライラしっぱなしでしたが、中盤以降少女たちをめぐってドラマが展開してゾクゾクしました。少女たち(+常盤さん)の視線と少年(?)たちの心のすれ違いが『姉妹坂』のように大林監督の独擅場で見事に描かれています。とく以前の柴山智加さんを思わせる山崎紘菜さんに心躍らせました。で、映画全体としてはどうなんでしょう。主人公はただの傍観者のように見えてしまいます。そこが歯がゆく、前半の居心地の悪さも含めていささか評価を下げてしまいました。後半は言うことはないのですが。
『寝ても覚めても』は、主演の唐田さんはよく知りませんが、グチャグチャしたメロドラマのようで期待大。>微妙なところです。ふたたび麦が現れて、ヒロインの心が動き出してからは映画も飛躍的に動き始めますが、それまでは私には退屈でした。演技の話とか必要なんでしょうか。丁寧な前半があってこその後半かとも思うのですが、自らを閉ざしたヒロインにイライラするばかりでした。とはいえ、初めて運命に向っていくヒロインにはグイグイ魅入られていきました。ラストはおそらくはあの住宅が洪水にでも会うことを予感させて終わります。それもまた運命とでもいうように。いや、後半だけ見ると傑作なんですけどね。あれ?上と同じような感想だな。
『ごっこ』は、大当たりか大外しかどちらもありえそう。>『キッドナップブルース』みたいな、女の子を誘拐する話かと思ってました。半分当たってましたが、もう少し嫌な話でした。あれはなかろうと思います。ただ、あんなことがあってもあの子はちゃんと成長して良かったなあ。あの子は良かった。それだけが救いでした。それにしても優香さんはいいなあ。と見惚れてしまいます。
『検察側の罪人』は、たぶん好みではないと思いますが、きちんと作られていれば見る価値はあるでしょう。>予想通りです。ストーリーとすればあり得ないほど嫌な話ですが、ちゃんと作られていることは確かです。松重さんがいい味出していますが、もう少し女優陣に活躍の場があれば良かったろうにと思いました。
『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は、女の子が2人主演ですから見逃す手はないでしょう。>うーん。あの男子の必要性はどこに?他人を貶めて平気なのに自分は助かりたいみたいなひとりよがりな人間にしか見えないのだけど。やつを触媒に志乃ちゃんは強くなったと言いたいのでしょう。それでいいのか私には疑問です。もちろんあの二人の女の子はキラキラしているのですが、この映画のハードルは相当つらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

朝日新聞平成の30冊

朝日新聞が新聞や週刊誌で書評を執筆している120人のアンケートで選んだ「平成の30冊」を発表しました。
1989年~2018年に出た本の中からベスト5を選んで、1位から順に5~1点と点数化して集計したものだそうです。
結果は

1位「1Q84」(村上春樹、2009)
2位「わたしを離さないで」(カズオ・イシグロ、2006)
3位「告白」(町田 康、中央公論新社、2005)
4位「火車」(宮部みゆき、1992)
4位「OUT」(桐野夏生、1997)
4位「観光客の哲学」(東 浩紀、2017)
7位「銃・病原菌・鉄」(ジャレド・ダイアモンド、2000)
8位「博士の愛した数式」(小川洋子、2003)
9位「〈民主〉と〈愛国〉」(小熊英二、2002)
10位「ねじまき鳥クロニクル」(村上春樹、1994)
11位「磁力と重力の発見」(山本義隆、2003)
11位「コンビニ人間」(村田沙耶香、2016)
13位「昭和の劇」(笠原和夫ほか、2002)
13位「生物と無生物のあいだ」(福岡伸一、2007)
15位「新しい中世」(田中明彦、1996)
15位「大・水滸伝シリーズ」(北方謙三、2000)
15位「トランスクリティーク」(柄谷行人、2001)
15位「献灯使」(多和田葉子、2014)
15位「中央銀行」(白川方明、2018)
20位「マークスの山」(高村 薫、1993)
20位「キメラ」(山室信一、1993)
20位「もの食う人びと」(辺見 庸、1994)
20位「西行花伝」(辻 邦生、1995)
20位「蒼穹の昴」(浅田次郎、1996)
20位「日本の経済格差」(橘木俊詔、1998)
20位「チェルノブイリの祈り」(スベトラーナ・アレクシエービッチ、1998)
20位「逝きし世の面影」(渡辺京二、1998)
20位「昭和史 1926-1945」(半藤一利、2004)
20位「反貧困」(湯浅 誠、2008)
20位「東京プリズン」(赤坂真理、2012)

この時代に出た本は1000冊ぐらいは持っているのですが、ここにあるのは村上春樹の2冊と「キメラ」だけ。
ほかに読んでいるのは「火車」「OUT」「マークスの山」「磁力と重力の発見」。
ノンフィクション系は私の趣味のはないですね。

ついでに、映画化された作品を観ているのは『OUT』『マークスの山』『わたしを離さないで』『博士の愛した数式』。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

図書館で4冊

図書館で予約していた4冊を受け取りました。予約待ちしていた本が一度に到着して、ほかに4冊も取り置きしてあります。期限の早いのから順に受け取ってきました。
帝国化する日本――明治の教育スキャンダル
承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱
縄文時代の歴史
源頼朝-武家政治の創始者

今回ははやりの日本史ばかりです。

うちの蔵書で参考文献に挙がっていたのは、
近代日本の民間学」「教科書の社会史」「日本教育小史
進化思想の歴史
源平合戦の虚像を剥ぐ」(これは「承久の乱」「源頼朝」ともに挙がっていました)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

00年代映画ベストテン

一昨日に続いて、00年代の日本映画外国映画のベストテンを選んでみました。
リリイ・シュシュのすべて』岩井俊二
空気人形』是枝裕和
リンダリンダリンダ』山下敦弘
恋愛寫眞』堤 幸彦
ルート225』中村義洋
犬猫』井口奈巳
きょうのできごと/a day on the planet』行定 勲
tokyo.sora』石川 寛
ハルフウェイ』北川悦吏子
EUREKA』青山真治

1位は外せないでしょう。岩井さんだし蒼井さんだし。
2位と3位がペ・ドゥナ主演というのは我ながらびっくり。
4位は広末さん、5位はたぶん誰も選ばないでしょうが多部さんが頑張っています。
6位~9位は何事もない映画。ダラダラした感じが心地いい。
最後の1本は『愛のむきだし』にしようかとも思ったけど、宮崎さんは入れておきたかったので。

つづいて外国映画
初恋のきた道』チャン・イーモウ
藍色夏恋』イー・ツーイェン
銀河ヒッチハイク・ガイド』ガース・ジェニングス
パンズ・ラビリンス』ギレモル・デル・トロ
アメリ』ジャン=ピエール・ジュネ
ビッグ・フィッシュ』ティム・バートン
ボルベール<帰郷>』ペドロ・アルモドバル
ローズ・イン・タイドランド』テリー・ギリアム
小さな中国のお針子』ダイ・シージエ
プルートで朝食を』ニール・ジョーダン

中国系が3作品も入っています。
あとは、ほら話が多く選ばれています。90年代同様やや小粒に感じられます。それは作品のせいではなく、私の感性が年老いて鈍っているっていうことでしょうけどね。

あ、ジュネの『ロング・エンゲージメント』忘れてた。『アメリ』より好きでしょう。入れ替えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 1日 (金)

日本アカデミー賞

第42回日本アカデミー賞最優秀賞の発表がありました。

『万引き家族』が、作品、監督、脚本、主演女優、助演女優、音楽、撮影、照明の8部門で最優秀賞。
『孤狼の血』が主演男優、助演男優、美術、録音の4部門。
ほかは、『カメラを止めるな!』が編集、
『未来のミライ』がアニメーション作品、
『ボヘミアン・ラプソディ』が外国作品で最優秀賞。
圧倒的に『万引き家族』でした。
無難に逃げましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業式

上の子の卒業式。
卒業後の行き先が未定というのが厳しいですけれど。とにかくおめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »