« 発表!第92回キネマ旬報ベスト・テン&個人賞 | トップページ | 発表、日本インターネット映画大賞 »

2019年2月 5日 (火)

キネマ旬報ベスト・テン発表号

キネマ旬報のベストテン発表号が発売になりました。

Kinejun20192b


個人賞は昨日発表になっていたので、ベスト・テンと読者のベスト・テンを。

日本映画ベスト・テン
第1位 万引き家族
第2位 菊とギロチン
第3位 きみの鳥はうたえる
第4位 寝ても覚めても
第5位 孤狼の血
第6位 鈴木家の嘘
第7位 斬、
第8位 友罪
第9位 日日是好日
第10位 教誨師

外国映画ベスト・テン
第1位 スリー・ビルボード
第2位 ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
第3位 シェイプ・オブ・ウォーター
第4位 ファントム・スレッド
第5位 ボヘミアン・ラプソディ
第6位 15時17分、パリ行き
第7位 顔たち、ところどころ
第8位 1987、ある闘いの真実
第9位 ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ
第10位 判決、ふたつの希望

読者選出日本映画ベスト・テン
第1位 万引き家族
第2位 カメラを止めるな!
第3位 孤狼の血
第4位 寝ても覚めても
第5位 日日是好日
第6位 菊とギロチン
第7位 きみの鳥はうたえる
第8位 止められるか、俺たちを
第9位 空飛ぶタイヤ
第10位 鈴木家の嘘

読者選出外国映画ベスト・テン
第1位 スリー・ビルボード
第2位 ボヘミアン・ラプソディ
第3位 シェイプ・オブ・ウォーター
第4位 ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
第5位 タクシー運転手 約束は海を越えて
第6位 15時17分、パリ行き
第7位 判決、ふたつの希望
第8位 デトロイト
第9位 グレイテスト・ショーマン
第10位 ウインド・リバー

ベスト・テンは10位『教誨師』と8位の『友罪』が意外なくらいで上位は想定内。
読者選出は昨年のネット投票(『忍びの国』が2位)で懲りたのか今年は元のハガキ投票に。
評論家のベスト・テンと7作かぶっていながら、2位『カメラを止めるな!』あたりが読者らしいところ。

夕方、妻に連れられてユジク阿佐ヶ谷で『ア・ゴースト・ストーリー』を観ました。
死んだ者の悲しみと生きているものの辛さ、すべてを包み込む時の流れ。
少ないセリフと落ち着いた映像で描かれている、そんな作品でした。
窓の外の緑の感覚も素敵でした。

|

« 発表!第92回キネマ旬報ベスト・テン&個人賞 | トップページ | 発表、日本インターネット映画大賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キネマ旬報ベスト・テン発表号:

« 発表!第92回キネマ旬報ベスト・テン&個人賞 | トップページ | 発表、日本インターネット映画大賞 »