« 発表、日本インターネット映画大賞 | トップページ | 発表!2019新書大賞 »

2019年2月 8日 (金)

図書館で3冊

買い物の途中に図書館で予約していた3冊を受け取りました。

武士の起源を解きあかす――混血する古代、創発される中世
宣教のヨーロッパ-大航海時代のイエズス会と托鉢修道会
ジャポニスム 流行としての「日本」

わが家の書棚にあるもので参考文献に挙げられていたのは、
武家の棟梁の条件」「東洋旅行記」「中央アジア・蒙古旅行記」の3冊だけ。

ついでに、貸し出されていたキネ旬1月上旬号が返却されていたので、1980年代日本映画ベストテンをコピーしました。遅ればせですが下にベスト20を載せておきます。

1980年代日本映画ベストテン

第1位 家族ゲーム
第2位 ゆきゆきて、神軍
     ツィゴイネルワイゼン
第4位 戦場のメリークリスマス
第5位 その男、凶暴につき
第6位 台風クラブ
第7位 転校生
第8位 風の谷のナウシカ
第9位 Wの悲劇
第10位 どついたるねん
     となりのトトロ
第12位 さらば愛しき大地
     鉄男
     泥の河
第15位 ションベン・ライダー
     ニッポン国・古屋敷村
第17位 ウンタマギルー
     遠雷
     人魚伝説
第20位 うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー
     蒲田行進曲
     狂い咲きサンダーロード
     さびしんぼう
     お葬式
     麻雀放浪記

このうち観ていないのは『ゆきゆきて、神軍』『ニッポン国・古屋敷村』『狂い咲きサンダーロード』の3本。
ちなみに1980年代の日本映画は全部で593本観ています。
今回のアンケートで挙がっている302本の6割以上の192本を観ていることになります。70年代よりは本数も割合も挙がっています。
私が10本選ぶとすれば

時をかける少女
ヒポクラテスたち
台風クラブ
精霊のささやき
ねらわれた学園
泥の河
遠雷
1999年の夏休み
細雪
メイン・テーマ

でしょうか。大林、大森、相米、根岸、小栗、森田、金子とエース級が並んでいるのに、なぜか薬師丸ひろ子主演の『ねらわれた学園』『メイン・テーマ』がアンケートでは1票も入っていません。もちろん私の偏愛する『精霊のささやき』に1票も入っていないのは当然でしょう。

|

« 発表、日本インターネット映画大賞 | トップページ | 発表!2019新書大賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図書館で3冊:

« 発表、日本インターネット映画大賞 | トップページ | 発表!2019新書大賞 »