« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月31日 (金)

1970年代外国映画ベストテン

キネマ旬報に“1970年代外国映画ベストテン”というのが載っていました。
実は日本映画より前の号で掲載されていたのですが、遅くなりましたがようやく入手できたので転載します。

ベストテンは。
第1位 タクシードライバー
第2位 ダーティハリー
第3位 スター・ウォーズ
第4位 ゴッドファーザー
第4位 旅芸人の記録
第6位 未知との遭遇
第7位 ジョーズ
第7位 時計じかけのオレンジ
第7位 ミツバチのささやき
第10位 地獄の黙示録

以下
第11位 ディア・ハンター
第12位 アメリカン・グラフィティ
第12位 暗殺の森
第14位 エイリアン
第14位 燃えよドラゴン
第16位 悪魔のいけにえ
第16位 ゴッドファーザーPARTⅡ
第18位 ベニスに死す
第19位 早春
第19位 ブリキの太鼓
第19位 ロッキー
と続きます

この21本のうち観ていないのが7本。もはや昔からの映画ファンとは言えません。『ジョーズ』とか『エイリアン』とかテレビで部分的に見ていてほとんど観たつもりになっている作品もあるのですけどね。
評論家が投票した418本のうち私が観たのは111本。およそ4分の1です。
ここでいう1970年代海外映画とは70年代(今回の規定では1970~1979年)に制作された作品ということのようです。ですから1980年以降に公開された『地獄の黙示録』『ミツバチのささやき』なども入っています。ちなみに私が観ている1970年代制作の海外映画は195本ですからほぼ半分が投票されている計算になります。

わたしが10本選ぶとすれば、
アメリカングラフィティ
ミツバチのささやき
さらば青春の光
ストーカー
ラスト・ショー
白い家の少女
いちご白書
トリュフォーの思春期
フェリーニのアマルコルド
ルシアンの青春
でしょうか。アメリカ3本、フランス2本、イタリア、スペイン、ロシア、イギリス、カナダが各1本。結構ばらけています。それにしても青春しています。
このうち1票も入っていないのは『白い家の少女』と『いちご白書』です。
また『ミツバチのささやき』『ストーカー』は80年代公開なので、私にとっての70年代にこだわれば、『明日に向って撃て! 』『フレンズ ポールとミシェル』を10本に入れたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月30日 (木)

図書館で4冊

図書館で予約していた4冊を受け取りました。
日本思想史の名著30
東大寺のなりたち
高畠素之の亡霊: ある国家社会主義者の危険な思想
マルクス 資本論 シリーズ世界の思想

「日本思想史の名著30」に取り上げられているもののうち、本棚にあるのは「古事記」「憲法十七条(日本書紀)」「日本霊異記」「稽古談」の4冊のみ。
「東大寺のなりたち」では「続日本紀」。
選書の2冊は大部で、しかも蔵書と参考文献に接点もありません。読み通すかは疑問です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

追悼 森岡賢一郎

編曲家の森岡賢一郎氏が亡くなりました。
50年代末にカバーポップスのアレンジからスタートして、60年代半ばの加山雄三やブルーコメッツなどの華麗なストリングスアレンジで日本ポップスのサウンドを確立した先駆者です。他にもたとえば中村晃子「虹色の湖」などの力強いストリングスアレンジも印象的です。おそらくは初期の筒美京平のアレンジに大きな影響を与えたのではないでしょうか。
私の手元には彼のアレンジしたシングル曲の音源は172作品あります。これは筒美京平、萩田光雄、船山基紀に次ぐ4番目の多さです。もっとも筒美京平は作編曲をひとりでやっていますから、純粋なアレンジャーとしては3番目の多さということです。ちなみにうちにある音源で一番古いのは1958年の「星は何でも知っている」平尾昌晃です。
そのうちシングル盤があるのは以下の通りです。

Ai_miyoko_wakakusanochikaiAsano_mayumi_tokimekiAzusa_michiyo_hutarideosakewoAwaji__masami
Ichiji_youkoKoyanagi_rumiko_koiniyureteKoyanagi_rumiko_juugoyanokimiKoyanagi_rumiko_hananoyounihisoyakaKoyanagi_rumiko_huyunoekiSanuki_yuuko_aruharetahiniSantou_lucia_taiyounokisetsuSono_mari_kinikakaru
Chiba_hiroko_otiduruTeresa_teng_kuukouTomooka_yumi_kanasimihaonnadakeniNonaka_sayuri_hutarinotaketonboMorita_yumie_atashinohatsukoiYamaguchi_rumiko_ameagariRyuu_eriza_sobanikitekokonikite

そのほか、森岡作品が多いのが
Kayama_yuzo_hitcollection


Huse_akira_hitcollection


Sono_mari_hitcollection


Koyanagi_rumiko_hitcollection


彼の訃報の扱いが小さくて、それだけでも悲しいものです。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

追悼 菅井きん

女優の菅井きんさんが亡くなりました。
気が付いた時にはお婆さん役でした。
若いころから老け役だったんでしょうね。
劇場用映画の出演作品は100本以上(彼女のような脇役は出演作品の同定が難しいので正確な本数は不明です)。
彼女のキャリアからすると少ない気はしますが、そのうち私が観ているのは約半分の54本。女優のなかでは4位にあたる多さです。

生きる
ゴジラ
張込み
黒い画集 あるサラリーマンの証言
悪い奴ほどよく眠る
大学の若大将
草を刈る娘
裸体
雁の寺
キューポラのある街
天国と地獄
雨の中に消えて
風と樹と空と赤ひげ
「エロ事師たち」より 人類学入門
続・何処へ
めぐりあい
不信のとき
肉弾
津軽絶唱
野獣都市
無常
温泉こんにゃく芸者
曼陀羅
幻の殺意
人斬り与太 狂犬三兄弟
黒の奔流
砂の器
サンダカン八番娼館 望郷
絶唱
八甲田山
江戸川乱歩の陰獣
お嫁にゆきます
さらば、わが友 実録大物死刑囚たち
炎のごとく
序の舞
お葬式
薄化粧
火まつり
哀しい気分でジョーク
必殺4 恨みはらしますあげまん
スキ!
超少女REIKO
上方苦界草紙
四万十川
ふざけろ!
洗濯機は俺にまかせろ
あの、夏の日-とんでろ じいちゃん-
化粧師
理由
黄色い涙
春との旅
瞬 またたき

出演場面を覚えていても覚えていなくても一瞬でそのシーンを彼女のものにしてしまう名優でした。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

『カメラを止めるな!』

六本木で『カメラを止めるな!』を妻に連れられて観ました。
グダグダ言わずに楽しんで観るべき作品でしょう。
それだけの価値はあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

日本映画5本レンタル

久しぶりのTSUTAYAでDVDを5枚。
全部日本映画
リバーズ・エッジ
おじいちゃん、死んじゃったって。
祈りの幕が下りる時
羊の木
うつくしいひと/うつくしいひと サバ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

図書館で3冊+CD2枚

買い物ついでに予約していた3冊を図書館で受け取りました。
日本語を翻訳するということ - 失われるもの、残るもの
ヒトラーとUFO
はじめての経済思想史 アダム・スミスから現代まで

手元にある本で参考文献に挙がっていたのは、
古事記」「吉里吉里人」「アフターダーク」「TVピープル」
「螢」「1Q84」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」
ハーメルンの笛吹き男」「悪魔の話」「日本書紀
秘密結社の手帖」「魔女とカルトのドイツ史」「変身物語
歴史」「国富論」「資本主義的生産に先行する諸形態
なぜか村上春樹は文庫だけで単行本がamazonで出てきません。どうしてでしょう。

開架棚からMOUMOONのCD2枚も借りました。
No Night Land』『ICE CANDY
MOUMOONは、デビュー以来私好みのサウンドとヴォーカルをリリースし続けているユニットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

図書館で3冊

図書館で予約していた3冊を受け取りました。
近代日本の構造 同盟と格差
性の進化史: いまヒトの染色体で何が起きているのか
海賊の日本史

わが家の蔵書で参考文献に挙がっていたのは、上の2冊にはなく「海賊の日本史」の「中世倭人伝」「続日本紀」のみです。手持ちと関連性の薄い本を読むということも新鮮な刺激があるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

古書店めぐり

といっても古書を捜していたわけではありません。
戦後すぐの古い雑誌に値が付くかどうか、聞いて回っていたところです。
神保町の古書店街ではなかなか思ったようにはいかず(というより雑誌は扱っていないというところが多く)、早稲田の古書店でようやく折り合いが付きました。暑さの中歩き回って疲れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

追悼 水橋春夫

元ジャックスのギタリストでレコーディングディレクターとして数々のヒット曲を送り出した水橋春夫さんが亡くなりました。
ジャックス時代の音源では手元には「からっぽの世界」「時計を止めて」があるのみです。
「時計を止めて」は氏の作詞作曲によるものです。
その後ディレクターに転身して、ビクター、テイチクを経てキング時代には横浜銀蝿や山瀬まみを手懸けて一世を風靡しました。その後レコード会社を移ってWinkをヒットさせています。
彼がプロデュースしたアーティストで手元にあるのは横山みゆき、岩井小百合、山瀬まみ、Winkの4組。もしかすると他にも確認していないアーティストがいるかもしれません。

<横山みゆき>
Yokoyama_miyuki_ajisaiYokoyama_miyuki_sessi100dodedakishi
Yokoyama_miyuki_imakeyou

<岩井小百合>
Iwai_sayuri_dreamdreamdreamIwai_sayuri_koianatasidai
Iwai_sayuri_mizuironoloveletterIwai_sayuri_sousyunnmemory
Iwai_sayuri_parallelgirlIwai_sayuri_sottosasyonara
Iwai_sayuri_koinoamericanpatroll

<山瀬まみ>
Yamase_mami_ceciliabnokataomoiYamase_mami_melonnotameiki
Yamase_mami_strangepinkYamase_mami_kawaiihitoyo

<Wink>
Wink_sugarbabyloveWink_haitokunoscenarioWink_itumademosukideitakute


合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

追悼 津川雅彦

俳優の津川雅彦さんが亡くなりました。
俳優としての経歴は長く、若いころから二枚目として活躍していたのですが、残念ながらそのころはまったく彼の作品を見ていません。
俳優津川雅彦として印象に残っているのは“野々村病院物語”の屈折した医師役からで、以後80年代の出演作はほとんど観ています。
私が観ているのは、彼の出演作200本以上のうち後半の69本。それでも鑑賞本数ではすべての俳優中20位です。

狂った果実
惜春鳥
ろくでなし
裸体
愛と悲しみと
昭和残侠伝 唐獅子牡丹
春琴抄
天使を誘惑
マノン
ザ・レイプ
時代屋の女房
迷走地図
天国の駅
お葬式
ひとひらの雪
タンポポ
ウホッホ探険隊
夜汽車
マルサの女
別れぬ理由
永遠の1/2
マルサの女2
郷愁
ガラスの中の少女
せんせい
善人の条件
あげまん
天と地と
いつか どこかで
ありふれた愛に関する調査
幕末純情伝
ミンボーの女
墨東綺譚
課長 島耕作
きらきらひかる
大病人
女ざかり
東雲楼 女の乱
忠臣蔵外伝 四谷怪談
集団左遷
午後の遺言状
新・居酒屋ゆうれい
学校の怪談3
私たちが好きだったこと
身も心も
絆-きずな-
ショムニ
おもちゃ
ガメラ3 邪神<イリス>覚醒
油断大敵
バトル・ロワイアル II 鎮魂歌
雪に願うこと
寝ずの番
愛の流刑地
THE 有頂天ホテル
DEATH NOTE デスノート
DEATH NOTE デスノート the Last name
落語娘
相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン
風が強く吹いている
カケラ
一枚のハガキ
セイジ -陸の魚-
ストロベリーナイト
0.5ミリ
舞妓はレディ
向日葵の丘 1983年・夏
バケモノの子
後妻業の女

このうち『天使を誘惑』『お葬式』『永遠の1/2』『ありふれた愛に関する調査』『きらきらひかる』『身も心も』『カケラ』が私の年度別ベストテンに入っていて、なかでも『きらきらひかる』『身も心も』はその年の第1位。
上品なすけべ親爺として日本映画に欠かせることのできない名優でした。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »