« 図書館で2冊 | トップページ | 図書館で3冊 »

2018年7月10日 (火)

追悼 加藤 剛

俳優の加藤剛さんが亡くなりました。
舞台がメインですので、映画出演は40数本とそれほどは多くありません。
私が観ているのは以下の16本。

五辧の椿
影の車
戦争と人間 第一部 運命の序曲
戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河
黒の斜面
忍ぶ川
砂の器
夜叉ケ池
父よ母よ!
天城越え
この子を残して
新・喜びも悲しみも幾歳月
次郎物語
復活の朝
わが愛の譜 滝廉太郎物語
舟を編む

真面目な役ばかりですね。犯人になっても。
ただし、80年以降の作品はひねくれ者の私にはいささか気の重い物ばかりでした。
というわけで私の年間ベストテンに入っているのは『砂の器』のみです。
原作とは全く異なる深みのある犯人像となったのには驚かされました。
そのほか気弱なサラリーマンの『影の車』や栗原小巻とのラブシーンが印象的な『忍ぶ川』の主人公も忘れられません。

テレビで記憶に残っているのは「風と雲と虹と」の平将門あたりでしょうか。残念ながら「大岡越前」は観ていないもので。
端正で二枚目らしい二枚目の俳優でした。

合掌

|

« 図書館で2冊 | トップページ | 図書館で3冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/66926574

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 加藤 剛:

« 図書館で2冊 | トップページ | 図書館で3冊 »