« 追悼 常田富士男 | トップページ | 図書館で2冊 »

2018年7月20日 (金)

追悼 橋本 忍

脚本家の橋本忍さんが亡くなりました。
デビュー作が黒澤明の名作『羅生門』というから驚きです。
以後、黒澤明、野村芳太郎、森谷司郎などと組んでヒット大作を生み出しました。
その後80年代半ばで新作は途絶えていました。
生涯作品数は75本で、そのうち私が観たのは24本です。

羅生門
生きる
七人の侍
張込み
隠し砦の三悪人
黒い画集 あるサラリーマンの証言
悪い奴ほどよく眠る
ゼロの焦点
仇討
日本のいちばん長い日
風林火山
影の車
「されどわれらが日々-」より 別れの詩
人間革命
日本沈没
砂の器
続人間革命
イエロー・ドッグ
八甲田山
八つ墓村
幻の湖
愛の陽炎
旅路 村でいちばんの首吊りの木
隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

私の年間ベストテンに入っているのは『日本のいちばん長い日』『日本沈没』『砂の器』の3作。このなかでは唯一の切ない青春映画『別れの詩』も大好きな作品です。
また、決して評価されるような作品ではないのですが、80年代に入ってからのオカルト2作『幻の湖』『愛の陽炎』の摩訶不思議な出来栄えは一見の価値ありです。しかも『幻の湖』は橋本自身の監督です。

合掌

|

« 追悼 常田富士男 | トップページ | 図書館で2冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/66962077

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 橋本 忍:

« 追悼 常田富士男 | トップページ | 図書館で2冊 »