« 1970年代日本映画ベストテン | トップページ | TSUTAYAで4枚 »

2018年7月31日 (火)

図書館で5冊

図書館で予約していた5冊を受け取りました。
ヨーロッパ 繁栄の19世紀史
現代思想講義――人間の終焉と近未来社会のゆくえ
風土記から見る日本列島の古代史
温泉の日本史 - 記紀の古湯、武将の隠し湯、温泉番付
踏絵を踏んだキリシタン

私の蔵書のなかで参考文献に挙がっていたのは
「ヨーロッパ繁栄の19世紀史」の「路地裏の大英帝国」「近代世界システム」「八十日間世界一周」と「風土記から見る日本列島の古代史」の「魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝」「風土記」「フロイスの日本覚書
「現代思想講義」には参考文献ではなく索引に多くの人名や書名が上がっています。
啓蒙の弁証法」「無縁・公界・楽」「想像の共同体」「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」「タイム・マシン」「猫のゆりかご」「ドイツ・イデオロギー」「一九八四年」「大衆の反逆」「歌姫ヨゼフィーネ、あるいは二十日鼠族」「」「流刑地にて」「異邦人」「「永遠平和のために」「戦う操縦士」「エチカ」「国富論」「R.U.R.」「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」「方法序説」「ロビンソン・クルーソー」「道徳の系譜」「このようにツァラトゥストラは語った」「すばらしい新世界」「パンセ」「国家」「無限,宇宙および諸世界について」「法の哲学」「ノヴム・オルガヌム」「暴力批判論」「リヴァイアサン」「君主論」「イデオロギーとユートピア」「ユートピア」「エセー」「道化の民俗学」「モナドロジー」「社会契約論」「人間不平等起原論」「風土」と、サブタイトルにある“近未来社会”がユートピア好きの私の書棚に数多くあるのは当然でしょう。
ほかにも引用映画のリストがあります。そのうち観ているのは『生きる』『エイリアン』『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』『猿の惑星:創世記』『七人の侍』『Z』『卒業』『ダンス・ウィズ・ウルブズ』『時計じかけのオレンジ』『2001年宇宙の旅』『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2』『ブレードランナー』『ブレードランナー 2049』『羅生門

|

« 1970年代日本映画ベストテン | トップページ | TSUTAYAで4枚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/67013557

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館で5冊:

« 1970年代日本映画ベストテン | トップページ | TSUTAYAで4枚 »