« 6月新刊 | トップページ | 図書館で2冊 »

2018年6月 4日 (月)

年度別日本映画ベストテンの主演女優

私が毎年選んでいる日本映画ベストテンにおいて主演女優は誰が多いかを数えてみました。
1960年代後半なら内藤洋子が6作品。
1970年代なら秋吉久美子が9作品、桃井かおりが5作品。
1980年代は薬師丸ひろ子が6作品。
1990年代は3作品以上がひとりもいずにバラバラ。
2000年代は宮崎あおいが5作品。
2010年代は二階堂ふみが4作品。

総合すると、
秋吉久美子が13本。
深津絵里と薬師丸ひろ子が8本
原田知世と桃井かおりが7本
宮崎あおいと内藤洋子が6本
5本以上はこれだけ。
こうして並べると私の趣味は全体に丸顔ですね。
以下4本は15人もいるので省略。

ヘナチョコ映画好きの私ゆえ、岩下志麻や三田佳子、松坂慶子や大竹しのぶ、原田美枝子などの大女優はそこそこ観てはいるのですがベストテンにはほとんど入りません。

ちなみに1位だけに限ると薬師丸ひろ子主演が『ねらわれた学園』『Wの悲劇』『きらきらひかる』と3作品もあります。


|

« 6月新刊 | トップページ | 図書館で2冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/66799161

この記事へのトラックバック一覧です: 年度別日本映画ベストテンの主演女優:

« 6月新刊 | トップページ | 図書館で2冊 »