« 予約期限切れ2冊 | トップページ | 図書館で3冊+1冊 »

2018年6月24日 (日)

ひと月ぶりのレンタルDVD&図書館で2冊

ようやく体調も戻ってきたのでひさしぶりに散歩をして、石神井公園のTSUTAYAでDVDを5枚レンタルしました。
探偵はBARにいる3
DESTINY 鎌倉ものがたり
勝手にふるえてろ
映画「伊藤くん A to E」
シェイプ・オブ・ウォーター

『探偵はBARにいる3』は、シリーズ2作を観ているので北海道出身としての郷土愛も手伝って。ただ実を言えば北川さんにそれほどの魅力を感じたことはありませんが。>期待値が低かったこともあり、予想以上に楽しめました。エンディングがややくどすぎたのが難点でしたが、あとは流れに乗って観ることができました。前田さんの端役ぶりも板についてましたし、北川さんも今まででいちばんの輝きでした。ストーリー的にはご都合主義は目をつぶりますが、金を奪われた組織がトップが逮捕されたからといってあのまま奴らを見逃すかということと、難病の少女を支援する会が出所不明の怪しげな札束を素直に受け取るだろうかということが気がかりです。とはいえ、シリーズの魅力は堪能できました。OKです。
『DESTINY鎌倉ものがたり』は、テレビの予告を見ていた限りでは子供じみた感じがして不安なのですが本編はどうでしょう。薬師丸さんはじめ豪華な女優陣は楽しみです。>予想通りの展開でした。何か失敗してこうなったというよりはこういう作品を作りたかったのでしょう。たぶん。良く解釈すれば落語みたいなたわいもない大人の小噺なのでしょうが、そういう粋はありません。ひたすらやかましい映像とやかましい演技。鶴田さんがきれいだなあというだけでした。残念。
『勝手にふるえてろ』は、妄想系のオタク女子の恋愛とか。こういうのははずすとイタイですが松岡さんの頑張りに期待しましょう。>評価が難しい作品です。はっきり言って“ニ”のキャラは観ているのも嫌になるようでした。ああいう他人の気持ちを理解しない=他人の心に土足でズカズカ入ってくる人間を良しとするありがちな設定は私の最も嫌悪するところです。彼の部分は目を覆いたくなります。ところが松岡さんの妄想のシーンはこれぞ映画という躍動と興奮に満ちた満点以上の出来です。この最高と最低が合体したような作品をどう評価したらいいのでしょうか。難しいところです。妄想の印象が強く残っているのでトータルでは悪くはないのですが…。そういえば『彼女が名を知らない鳥たち』もそんな感じでした。
『伊藤くんのA to E』は、今年の作品です。存在をすっかり忘れていて妻に馬鹿にされました。廣木監督でこのメンツ。面白くなかったら許されない感じです。>許されませんでした(笑)。これも上の作品のような女性の妄想と傍若無人な男性の物語。なんか似たようなエピソードがあったりしますが、こちらは複数の女性の話が串刺し状態。それぞれに緊密な関連性もなく、一つ一つが掘り下げ不足に感じてしまいます。しかも、映像ではなくセリフでストーリーが展開していくので単調になってしまいました。特に後半のEさんはつらいですね。前を向いて生きるようになりましためでたしめでたしでいいのでしょうか。
『シェイプ・オブ・ウォーター』は、ダークファンタジーのデル・トロ監督作品。半魚人の造形はともかく、美術へのこだわりが楽しみなところ。


電車で移動をして、図書館では予約していた2冊。
もうひとつの脳 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」
舞踏会へ向かう三人の農夫
私にとってはやや異色の2冊です。

今日は上の子は大学のオープンキャンパス。芸術系の大学なので手の込んだパンフレットをいっぱいもらってきました。今のままの成績ではけっこう難関でしょうか、彼女の本気度が上がってくれると嬉しいのですが。

|

« 予約期限切れ2冊 | トップページ | 図書館で3冊+1冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/66866489

この記事へのトラックバック一覧です: ひと月ぶりのレンタルDVD&図書館で2冊:

« 予約期限切れ2冊 | トップページ | 図書館で3冊+1冊 »