« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月29日 (日)

5月新刊

5月新刊

◎岩波新書「武士の日本史」高橋昌明
既存の武士像は見直されているようです。わが家のものでは著者による「酒呑童子の誕生」「平家の群像」に加えて、「武士の誕生」「武家の棟梁の条件」も関連しています。

◎岩波新書「フィレンツェ――比類なき文化都市の歴史」池上俊一
同じ著者のものでは「動物裁判」「魔女と聖女」「狼男伝説」「シエナ」、訳書では「吸血鬼伝説」「中世の夢」「東方の驚異」「皇帝の閑暇」があります。もっとも信頼する学者のひとりです。
また、同じタイトルでは「フィレンツェ」というのもあります。

◎岩波新書「ジョン・ロック―神と人間との間―」加藤 節
ロックの著書は「市民政府論」があります。彼の思想については「十八世紀イギリス思想史」でどうでしょう。

◎岩波新書「ベラスケス 宮廷のなかの革命者」大高保二郎
ベラスケスのついてふれているのは「オルテガ」ぐらいです。

◎講談社現代新書「近代日本の構造 同盟と格差」坂野潤治
同じ著者のでは「明治デモクラシー」。

◎ちくま新書「神道入門」新谷尚紀
神道については時代を追って「神道の成立」「神々の変貌」「神々の明治維新」「国家神道」があります。

◎ちくま新書「仏教論争」宮崎哲弥
テーマは日本の仏教学のようです。宮崎さんに仏教を論じてもらってもという気はしていますが。

◎ちくま新書「遺伝人類学入門」太田博樹
いささか狙い過ぎのようなサブタイトル。たぶんまっとうな内容なのでしょうが。

◎ちくま文庫「世界のことば アイウエオ」黒田龍之助
同じ著者の「羊皮紙に眠る文字たち」は面白い物でした。

◎ちくま学芸文庫「増補 革命的な、あまりに革命的な」〔糸〕〔圭〕 秀実
大学闘争の再評価みたいなものでしょうか。

◎講談社学術文庫「ヨハネの黙示録」小河 陽
アメリカ映画を観るのに不可欠の知識ですね。「「黙示録」を読みとく」ぐらいしかありませんが。

◎講談社学術文庫「はだかの起原 不適者は生きのびる」島 泰三
まったく内容の想像がつきません。興味をそそられますが。

◎講談社学術文庫「地図の歴史 世界篇・日本篇」織田武雄
世界篇」は新書で持っています。入門的な内容です。

◎講談社+α文庫西太后秘録 近代中国の創始者 上 」ユン・チアン
西太后については「紫禁城史話」「中国、一九〇〇年」あたりで登場しますが。

◎平凡社ライブラリー「イザベラ・バードのハワイ紀行」イサベラ・バード
イザベラ・バードの日本紀行」はあります。ハワイにも行ってたんですね。「イメージの「楽園」」の参考文献に原著が上がっています。

◎講談社選書メチエ「歌麿『画本虫撰』『百千鳥狂歌合』『潮干のつと』」喜多川歌麿
歌麿は有名ですが、無粋なうちでは「江戸の本屋」で触れてある程度です。

◎講談社選書メチエ「大正=歴史の踊り場とは何か 現代の起点を探る」鷲田清一,佐々木幹郎,山室信一,渡辺 裕
大正を見直すということでしょうか。うちの本棚で対象に関わるのは「明治大正の民衆娯楽」「東京の都市計画」あたりです。

◎筑摩選書「教養主義のリハビリテーション」大澤 聡
よくわかりません。教養の再構築を目論んでいるのでしょうか。

◎角川選書「今川氏滅亡」大石泰史
戦国時代の領国支配は私たちが思っているのとは異なっているのかもしれません。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「古代の神社と神職: 神をまつる人びと」加瀬直弥
上の神道入門にも関連するでしょう。

◎平凡社ブックレット〈書物をひらく〉「天皇陵と近代: 地域の中の大友皇子伝説」宮間純一
壬申の乱についてなら何冊かありますが、大友皇子の伝説はないですね。

◎平凡社ブックレット〈書物をひらく〉「熊野と神楽: 聖地の根源的力を求めて」鈴木正崇
熊野については「死の国・熊野」があります。

◎平凡社ブックレット〈書物をひらく〉「神代文字の思想: ホツマ文献を読み解く」吉田 唯
神代文字は「偽史冒険世界」にも登場します。

今月の目玉は岩波新書の3冊でしょうか。
文庫選書ともいささか弱い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

図書館で2冊

いつものように買い物のついでに図書館で予約していた2冊を受け取りました。
インド哲学10講
イギリス肉食革命: 胃袋から生まれた近代

わが家の蔵書で参考文献に挙がっていたものは以下の通りです。
はじめてのインド哲学」「世界の名著〈1〉」「マヌ法典」「リグ・ヴェーダ讃歌」「インド文明の曙」「ウパデーシャ・サーハスリー
変身物語」「人間精神進歩史」「国家」「ユートピア」「人間不平等起原論」「エミール
両書とも私の本棚とかなりリンクしているということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

書籍処分

懸案だった自宅の本棚を埋め尽くす書籍のうち700冊ほどをようやく処分しました。
古書店のサイトから頼んで出張買取をしてもらいました。金額的には私の想定の最低限よりさらに下回っていたんですが、古書店まで運ぶ手間を考えたら致し方ないでしょう。

メインとなるのは日本の小説です。ほかには歴史関係(とくに日本古代史)、思想関連等々。
これで子供たちのために本棚4段分の空白ができました。
といっても本棚の上に山積みになっていた文庫本はいくら減っても本棚のスペースには変わりはありません。

ま、これでしばらくは本の並べ替えを楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

図書館で3冊

いつものように買い物ついでに図書館で予約していた2冊を受け取り、もう1冊開架棚から借りました。
予約していたのが
日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実」と「勘定奉行の江戸時代
開架から借りたのが「〈どんでん返し〉の科学史 - 蘇る錬金術、天動説、自然発生説

今回は「日本軍兵士」は膨大な参考文献が載っているけれど、わが家にあるようなものではないし、残りの2冊はそもそも参考文献がありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

図書館で2冊

図書館で予約していた2冊を受け取りました。
藤原氏―権力中枢の一族
ナポレオン――最後の専制君主,最初の近代政治家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

誕生日が投票日

今日が下の子の18歳の誕生日。しかも今日は区長選と区議選補選の投票日。ピッタリ今日が18歳ということで、選挙権を有したその日が投票日となりました。中学生の頃から選挙結果の予想をしていた私とは違い選挙に興味はさらさらないようですが、母親と一緒に投票したようです。

で結果ですが。
区長選は
前川あきお 101,887
松村友昭   46,514
田中まさゆき 19,782
大木武夫    9,578
で、予想通り自公推薦の現職が共産党元都議に圧勝しました。

区議補選(定員5)は、
柴田さちこ 自由民主党 38,486
野沢なな 立憲民主党 28,444
のむら 説 日本共産党 22,758
高口ようこ 市民の声ねりま 22,369
たかはし慎吾 自由民主党 20,709
高松さとし 都民ファーストの会 20,084
はしぐち奈保 都民ファーストの会 14,611
松田わたる NHKから国民を守る党 8,483
つちどいみつお 無所属 3,025
渋谷 誠 環境党 1,185

政党別では自民2、立憲民主1、共産1、市民の声ねりま1です。
都民ファーストが1人に絞っていれば自民と入れ替わっていたかもしれませんが、前にも書いたように今回の補欠には都民ファーストの議席3が含まれていたのですから、出戻りの一人だけというわけにはいかなかったのでしょう。
実を言えば立憲民主がもっと取るのかと思っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼 ミロシュ・フォアマン

映画監督のミロシュ・フォアマンが亡くなりました。
チェコ出身で、のちにアメリカに亡命しています。アカデミー賞を2度も獲得していますが寡作で渡米後に監督した作品はすべて日本でも公開されていますが、全部で10本。
私が観ているのはそのうち3本
『ヘアー』
『ラグタイム』
『アマデウス』
ほぼ80年代前半に限られています。
ジャンルは違うとはいえ、すべて音楽映画(『ラグタイム』は無理やりですが)で、3本すべてが私の年度別ベストテンに入っています。つまりお気に入りの監督なはずなのですが、なぜかほかの作品は『ラリー・フリント』もおそらくは代表作といえる『カッコーの巣の上で』も観ていません。

合掌


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

バースデーケーキ

本当は明日が上の子の誕生日なのですが、私が不在となるためケーキを買って帰りました。
18歳おめでとう。もう18歳なのですね。彼女の成長を思えば、何もせずのうのうと生きている私の怠惰には呆れるばかりです。

Birthday18415


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

期日前投票

今度の日曜は仕事で戻らないので、本日期日前投票に行ってきました。
練馬区長選挙と区議補選です。
区長選はまあ現職でほぼ決まりでしょうが、補選は定員5で立候補者10ですからけっこうおもしろい戦いになっているのかも知れません。欠員は自民から都議選に2、衆院選に1(ともに都民ファーストでの立候補)の3議席。共産は都議選で1議席、無所属が(民進から立候補した)都議選の1議席の計5議席です。
立候補しているのは自民2、立憲民主1、共産1、都民ファースト2、市民の声ねりま1、諸派無所属3となっています。普通に考えれば公明が出ても当選できるのでしょうがここで当選してしまうと普通選挙の時に現職が多すぎて困るということなのでしょう。また、逆に都民ファーストが2人というは多くないかと思うでしょうが、欠員のうち3議席が都民ファーストの議席ですからやむを得ないでしょう。
ちなみに期日前投票者数は13日現在36,902で前回を1万人ほど上回っています。国会で加計問題が盛り上がっているせいでしょうか。

そのあと、私の机を子供たちに明け渡すために部屋の片付け。結局本棚は未整理のまま机の上だけスペースを確保。道はまだ遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

入学式

下の子の入学式。
自由な校風というか気ままな感じは、今までに経験したことのない新鮮な驚きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

図書館で7冊

図書館で7冊
ひとり空間の都市論
こころは内臓である スキゾフレニアを腑分けする
近代日本一五〇年―科学技術総力戦体制の破綻
マルクス 資本論の哲学
王政復古 天皇と将軍の明治維新
オッペケペー節と明治
古代韓半島と倭国

それぞれ詳細な参考文献が挙げられていますが、いつもの読書傾向とは違うタイプのテーマを扱ったものが多かったせいか、うちの蔵書中で挙がっているのは下の5冊だけでした。
ニューロマンサー」「ボードレール 他五篇
マルクス遺稿物語」「新哲学入門
天皇の肖像


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

追悼 高畑 勲

アニメ作家監督の高畑勲氏が亡くなりました。
東映アニメ映画『わんぱく王子の大蛇退治』で演出助手をしてTVアニメ“狼少年ケン”が氏の監督デビュー。
私が子供のころ大好きだった作品に関わっていたんですね。
劇場用の監督作品としては
パンダコパンダ
パンダ・コパンダ 雨降りサーカスの巻
火垂るの墓
平成狸合戦ぽんぽこ
ホーホケキョ となりの山田くん
かぐや姫の物語
の5本を観ています。
宮崎アニメっぽい『パンダコパンダ』を除けば地味すぎたり悲しすぎて私には向いていませんでした。

合掌


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

LANケーブル交換

昨日から家庭内Wi-Fiがたびたび切断されて調子がおかしい。
いろいろ確かめてみると、どうやらルーターからWi-FiへのLANケーブルの接続に問題があったようでした。断線しているのかコネクタが甘いのかよくわかりませんが。
そこで近所のヤマダ電機でケーブルを購入して付け替えてみました。
いまのところWi-Fiの接続は順調なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

TSUTAYAで邦画4作

石神井公園のTSUTAYAで日本映画を4作レンタル。
ユリゴコロ
亜人
氷菓
家族はつらいよ2

『ユリゴコロ』は、殺人犯吉高さんに期待します。>あれれ、期待外れもいいところ。犯罪日記ものですが、緊迫感がないというか、あれじゃ普通に捕まりそうな犯罪ですものね。ミステリーになっていません。それに殺人マニアだからって戦闘能力が高いわけじゃないんだから、複数のやくざ相手に単独で勝てるのかっていう疑問は残るでしょう。
『亜人』は、『東京喰種』などと同じ吸血鬼物のヴァリエーションでしょう。微妙な設定が効いてくるコミックやアニメと違い俳優が演じると似てくるような。>結局はただのアクションもの。亜人の悲しみは微塵も伝わってきませんでした。
『氷菓』は、普通の学園ミステリーでしょう。広瀬さんがキチンと撮れていればいいと思いますが。>残念です。キチンと撮れてません。高校生じゃなくたって高校生に見えるように撮ることぐらいできるでしょうに。浮世離れしたお嬢様というよりも気持ちの悪いお姉さんにしか見えませんでした。話もどこがミステリーなのやら。グダグダでした。
『家族はつらいよ2』は、第1作がつまらなかったから観るのよそうかと思っていたけど、蒼井さん観たさですね。>これは意外と面白い。山田監督の言いたいことはしっかりと伝わってきます。オーロラを見たらいつ死んでもいいという妻と、別れたとはいえみんなの憧れの美人を奥さんにした友人はパラレルです。おそらく彼はもはやオーロラを見てしまったのに違いありません。彼の一生は決して不幸ではなかったはずです。だからこそ彼を死を粗略に扱ってはいけない。そう、人の尊厳の問題は老いた主人公の運転免許問題へと繋がります。悪くはありません。でもいまいち好きになれないのは、たぶんこの作品をコメディーとして作っていることにあるのでしょう。死体をめぐるドタバタなど見ていて恥ずかしくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

追悼 内田稔

俳優の内田稔氏が亡くなりました。

舞台やテレビがメインですので出演映画は28本とそんなに多くありません。
わたしも子供のころ観た“ザ・ガードマン”の悪役によく出ていた俳優として記憶しています。

私が観ているのは以下の13本。
『夜霧よ今夜も有難う』
『陸軍中野学校 開戦前夜』
『戦争と人間 第二部・愛と悲しみの山河』
『恋人って呼ばせて』
『人間革命』
『日本沈没』
『続・人間革命』
『高校大パニック』
『俺達に墓はない』
『鬼龍院花子の生涯』
『Wの悲劇』
『ラブ・ストーリーを君に』
『いこかもどろか』

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

美術館でザヴィニャック&図書館で1冊

図書館で予約していた1冊を受け取ってから上階の美術館へ。
受け取ったのは
畜生・餓鬼・地獄の中世仏教史: 因果応報と悪道
蔵書で参考文献に挙げられていたのは「源義経」。

美術館ではザヴィニャック展。
もちろん妻の選択です。わが家のトイレには『ボタン戦争』のポスターが飾られているぐらいですから。

Savignac_flyer

Savignac_ticket


夕食の買い物をしてブラブラ散歩をして帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月新刊

4月新刊から気になる新書文庫選書をピックアップしました。

◎岩波新書「後醍醐天皇」兵藤裕己
著者のものでは「太平記「よみ」の可能性」「平家物語―「語り」のテクスト」「琵琶法師」が手元にあります。
また、後醍醐天皇については「異形の王権」「皇子たちの南北朝」がかかわります。

◎岩波新書「五日市憲法」新井勝紘
うちにある「自由民権」は、著者の恩師色川の著書。そこのゼミから本書が生まれています。

◎講談社現代新書「日露近代史 戦争と平和の百年」麻田雅文
わが家の蔵書は近代以前のものがほとんどです。「漂流民とロシア」とか「千島列島黎明記」とか。

◎講談社ブルーバックス「もうひとつの脳 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」」R.ダクラス・フィールズ
よくわからないだでしょうけど読んでみたい一冊です。

◎ちくま新書「神道・儒教・仏教: 江戸思想史のなかの三教」森 和也
江戸期の宗教思想については「日本の思想文化」。

◎ちくま新書「明治史講義 【人物篇】」筒井清忠 編集
どの辺の人物が取り上げられるのでしょうか。総花的になるようならつまらない気もします。

◎平凡社新書「江戸の科学者: 西洋に挑んだ異才列伝」新戸雅章
面白いに決まっていますが、切り口に新鮮さはあるのでしょうか。うちには「江戸人物科学史」などというのがあります。

◎白水社文庫クセジュ「ギリシア神話シンボル事典」ソニア・ダルトゥ
同じクセジュの「ギリシア神話」や呉 茂一の「ギリシア神話」、岩波新書の「ギリシア神話」など概説本はいくつかありますが、図像学的な扱いは面白そうです。

◎岩波文庫「明治維新」遠山茂樹
旧左翼の図式的な歴史でありながらそれを支える資料的な裏付けも豊富で、浅薄な英雄史観のアンチとして刺激的かも。いまさら読みませんけど。

◎岩波現代文庫「大乗の教え(上)<仏典をよむ> 」中村 元
大乗経典を読む」などというのが本棚にあります。

◎岩波現代文庫「ラディカル・オーラル・ヒストリー―オーストラリア先住民アボリジニの歴史実践」保苅 実
いちおうチェックしておきます。

◎ちくま学芸文庫「フィレンツェ史 上」ニッコロ・マキァヴェッリ
マキャベリなら「世界文学大系 ルネサンス文学集」所収の「君主論」ぐらいです。

◎ちくま学芸文庫「論証のレトリック: 古代ギリシアの言論の技術」浅野楢英
古代のレトリックについてふれているのは「キケロ ヨーロッパの知的伝統」「プラトン入門」ぐらいでしょうか。

◎ちくま学芸文庫「大都会の誕生: ロンドンとパリの社会史」喜安 朗、川北 稔
川北氏の著書では「洒落者たちのイギリス史」「イギリス近代史講義」共著「路地裏の大英帝国」があります。
喜安氏のパリについては読んでいません。

◎講談社学術文庫「明治維新史 自力工業化の奇跡」石井寛治
明治期の経済史でうちにあるのは「日本財閥史」ぐらいです。

◎河出文庫「ボルヘス怪奇譚集」ホルヘ・ルイス・ボルヘス
ボルヘスのものは「幻獣辞典」「伝奇集」があります。

◎文春文庫「帳簿の世界史」ジェイコブ・ソール
うちの「中世イタリア商人の世界」が関連します。

◎文春学藝ライブラリー「民族と国家」山内昌之
オリジナルはあります。ほかに山内氏のでは「ラディカル・ヒストリー」「神軍 緑軍 赤軍」。

◎講談社選書メチエ「言葉の魂の哲学」古田徹也
言語哲学はたぶん読んでも理解できないと思います。丸山圭三郎の「言葉と無意識」はソシュールだから違うんですよね。その辺もわかりません。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「陸軍中野学校と沖縄戦: 知られざる少年兵「護郷隊」」川満 彰
たぶん読まないでしょう。でも気にはなります。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「埋葬からみた古墳時代: 女性・親族・王権」清家 章
古墳についての考古学で関連のありそうな本は「古墳文化と古代国家」「実在した神話」。いささか古いのばかりなので本書の視点は興味はあります。

今月の目玉は
新書の「後醍醐天皇」「神道・儒教・仏教」
文庫の「大都会の誕生」。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »