« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月31日 (土)

花見

すでに満開を過ぎて大賑わいの光が丘で花見。
光が丘は3年ぶりだったけど以前より屋台が多くてファミリーよりもお祭りムードの団体が目立っていささか騒々しい感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

伊藤麻衣子『ベストコレクション』

吉祥寺で伊藤麻衣子『ベスト・コレクション』をゲット。

Itou_maiko_bestcollection


手元にはシングル7枚アルバム2枚のビニール盤があります。うーんこっちの方が可愛いぞ。
Itou_maiko_binetsukanaItou_maiko_yumenoiriguchi

Itou_maiko_akinohohodueItou_maiko_abunaikanshou

Itou_maiko_sayonaranocalenderItou_maiko_yasashiikizuna

Itou_maiko_kangekilovemotion

P1020790

P1020792

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

図書館で1冊

買い物ついでに図書館で予約していた1冊を受け取りました。
縄文の思想」です。

わが家の蔵書で参考文献にあげられていたのは「日本論の視座」「無縁・公界・楽」「葬制の起源」のあんまり縄文に関係のない3冊のみでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

TSUTAYAでDVD5枚

石神井公園のTSUTAYAで新作5枚をレンタル。
三度目の殺人
散歩する侵略者
予兆 散歩する侵略者 劇場版
パターソン
IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
充実したラインナップです。

『三度目の殺人』は、是枝監督によるサスペンス。真面目そうですが面白いかは疑問。広瀬さんに期待しましょう。>うーん、弁護士が依頼人に呑み込まれていくという構図で最後には神の前に懺悔するようでした。しかも真実は闇に葬り去られ死刑という第三の殺人が待っている。少女はその闇を抱えたまま生きていかなければならない。たぶん監督は思ったように表現できたのでしょうが、私にとっては嫌な話でした。
『散歩する侵略者』は、黒沢清によるSFチックなホラー。長澤さんの評判がいいので楽しみです。>概念を集めるという設定が(私は見ていないですが)舞台のようにはうまく機能していないんじゃないかな。
『予兆 散歩する侵略者 劇場版』は、上の作品のスピンオフ・テレビシリーズの再編集劇場版。一部ではオリジナルより評価が高いみたいです。>こちらの方が、ホラー寄りの作りになっていて黒沢監督の柄ですね。
『パターソン』は、久々のジャームッシュ。期待しましょう。
『IT/イット』は、スティーヴン・キング原作のホラー。『スタンド・バイ・ミー』的要素もあるらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

テレビで『相棒 劇場版Ⅳ』

テレビでやっていた『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』をついつい見てしまいました。
とはいえ、女の子の走りのカッコ良さには見とれましたが、人質は50万人という緊迫感もなく、銀座には見えない銀座通りも含めていささか物足りない内容でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

エンジェルス『東京天使』

西川口のBOOKOFFでエンジェルス『東京天使』。
奥貫薫のいた昭和最後のアイドルグループです。TBS系“土曜深夜族”でオーディションをして1988年11月21日にデビュー、6か月連続のシングル発売だったのですが、89年1月に天皇が崩御した影響で番組はなくなり(後番組が“イカ天”)、せっかくのプロジェクトも梯子をはずされて腰砕け。不運なグループです。
シングルはたしか全部持ってるんですが、ラストの「ロンリー・スターダスト・ダンス」以外はCDじゃないのでとりあえずゲットしました。
この1stアルバムにはなぜかデビューから2枚のシングル「恋はブラック」「天国ギャング」は収録されていません。収録曲では「ルビー・チューズデイ」がいちばんお気に入りです。

Angels_tokyoangel

手持ちのシングルジャケ写です。(「恋はブラック」はジャケなしで盤だけなので省略)
Angels_paradisegangAngels_stopthemusic

Angels_amenikietahatukoiAngels_rubytuesday

Angels_oneAngels_lonelystardustdance

メンバーはデビューから5枚目まで9人、6枚目は8人、ラストは4人です。そのラストシングル「ロンリー・スターダスト・ダンス」は私の1990年度女性ヴォーカルベストテン10位です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

中学卒業式

下の子の中学校の卒業式。
これで義務教育の終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

下の子の高校入学

ようやく下の子の進学先が決まりました。
卒業式の前日とはいうものの、
まずはめでたい。
家族一緒に回転寿司で昼食をとりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館で4冊

集中講義! ギリシア・ローマ
大坂 民衆の近世史-老いと病・生業・下層社会
世界神話学入門
幕末の海軍: 明治維新への航跡

わが家の蔵書で参考文献にあげられていたのは、
「集中講義!ギリシア・ローマ」の「ギリシア哲学者列伝」「ギリシア案内記」「イリアス」「オデュッセイア」「古代ギリシアの女たち」と、「世界神話学入門」の「原典訳 アヴェスター」「『西遊記』の神話学」「神話の系譜」「世界神話事典」「ベーオウルフ」「カレワラ」「カレワラ神話と日本神話」「ニーベルンゲンの歌」「ケルト神話と中世騎士物語」「リグ・ヴェーダ讃歌」。
日本史関連はあまり役に立つ本を持っていないということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

追悼 脇田 修

日本近世史の脇田修氏が亡くなりました。
うちの書棚にあるのは「秀吉の経済感覚」のみです。
奥様が「中世に生きる女たち」の脇田晴子なんですね。知りませんでした。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 7日 (水)

図書館で3冊

買い物途中に図書館で予約していた3冊を受け取りました。
三つの革命 ドゥルーズ=ガタリの政治哲学
我々はなぜ我々だけなのか アジアから消えた多様な「人類」たち
渤海国とは何か

3冊ともわが家の蔵書で参考文献に挙がっているものはありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中央公論新社3月新刊

中央公論新社の3月新刊から新書と文庫を1冊ずつ。

中公新書「カラー版 - 横山大観 - 近代と対峙した日本画の巨人」古田 亮
中公文庫「ルネッサンスの光と闇- 芸術と精神風土(上) (下) 」高階秀爾

残念ながら中公新書が不作でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

TSUTAYAで5枚

買い物ついでに石神井公園のTSUTAYAでDVDをレンタル。
5枚借りると安くなるので無理やり5枚借りました。
幼な子われらに生まれ
海辺の生と死
ブレードランナー2049
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)
聖の青春

『幼な子われらに生まれ』は、流行の家族構築ものがたりでしょうか。評判の田中麗奈さんに期待です。>もちろんよくできていることはわかるのですが、長女(妻の子)の扱いはあれで終わりですか。え?おばあちゃんのうちに行くの?唐突だなあ。家族の問題は一刀両断じゃ解決できないけれのはあたりまえだけど、それならそれで、ハッピーエンドみたいな顔をしないでほしい気もします。いや、これから大変だぞという笑顔なのかもしれませんが。田中さんは素敵でしたが、むしろ宮藤官九郎がもうけ役でした。
『海辺の生と死』は、南の島での軍人と女教師の物語で、島尾敏夫夫妻の出会いの物語。こちらも満島さんに期待です。>もっとドロドロかと思いましたが、端正なセリフ回しのズンと胸に沈み込んでくるような作品でした。短剣を手に海を眺める満島さんがきれいです。好きな作品です。
『ブレードランナー2049』は、前作からどう展開するのか見所です。>旧作通りの雨降るアジア街から荒れ果てた廃棄物処理施設や廃墟となった核汚染地帯、無機質な施設内部など、映像的に見せてくれます。仮構された記憶というのは当然のテーマで、その点はややひねり不足な気もします。とはいえ最強の女レプリカントや3Dの恋人、隔離された少女など女性キャラも多彩で見応え十分です
『猿の惑星 聖戦記』は、私が子供のころに観た『猿の惑星』がいまだに作られていることに驚きです。それだけよくできた設定ということでしょう。>どうでしょう。旧約物語みたいなキリスト教臭さが芬々です。ほとんどSFの意味はありません。
『聖の青春』は、5本目に悩んだ末に未見の準新作のうち評価の高そうなものを選びました。いい話過ぎて私好みかどうか疑問ですが。>自分の命も才能も何にも大事にしない転載の話です。師匠も病気を分かっていて殺したようなものです。死んでもいいというのなら、それはそれで結構。勝手に死んだだけです。みんなに迷惑かけないでくれといいたいですが、いや迷惑かけてもいいんだ。きっとそういう話でしょう。私は嫌いですそういうの。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

第41回 日本アカデミー賞決定

第41回 日本アカデミー賞 最優秀賞 受賞作品・受賞者が決定しました。

■最優秀作品賞 『三度目の殺人
■最優秀アニメーション作品賞 『夜は短し歩けよ乙女
■最優秀監督賞 是枝裕和『三度目の殺人』
■最優秀脚本賞 是枝裕和『三度目の殺人』
■最優秀主演男優賞 菅田将暉『あゝ、荒野 前篇
■最優秀主演女優賞 蒼井 優『彼女がその名を知らない鳥たち
■最優秀助演男優賞 役所広司『三度目の殺人』
■最優秀助演女優賞 広瀬すず『三度目の殺人』
■最優秀撮影賞 柴主高秀『関ヶ原
■最優秀照明賞 宮西孝明『関ヶ原』
■最優秀音楽賞 鈴木慶一『アウトレイジ 最終章
■最優秀美術賞 倉田智子『花戦さ
■最優秀録音賞 矢野正人『関ヶ原』
■最優秀編集賞 是枝裕和『三度目の殺人』
■最優秀外国作品賞 『ラ・ラ・ランド
■新人俳優賞 中条あやみ『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~
浜辺美波『君の膵臓をたべたい
北村匠海『君の膵臓をたべたい』
竹内涼真『帝一の國

『三度目の殺人』の圧勝です。
作品賞であんなノミネートをしておいて、無難なところに逃げましたね。竜頭蛇尾もいいとこです。
いっそのこと『花戦さ』にでもやりゃ良かったのにと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

受験は終わらず

下の子の結果は期待していたんですが残念に終わりました。
まだ受験は終わらないということです。あとひと踏ん張りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »