« 追悼 川地民夫 | トップページ | 誕生日 »

2018年2月15日 (木)

TSUTAYAで4枚、図書館で5冊

久しぶりに自転車で練馬区役所前のTSUTAYAに行ってみました。
野のなななのか
ナミヤ雑貨店の奇蹟
彼女の人生は間違いじゃない
スウィート17モンスター

『野のなななのか』は大林監督2014年の作品。近所のレンタルショップになくてなかなか見ることができなかったもの。当然期待作。
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は、娘が舞台で観た演劇の映画化。評判は芳しくないけれど、娘が気にっていたので観ておきましょう。>うーん。小説や舞台ならば手紙の朗読でも可能でしょうが、映像で見せると時間の流れがご都合主義に見えてしまいます。少年たちがなぜ手紙を信じているのかが見えてきません。門脇さんや尾野さんの造形も無理すぎます。残念でした。
『彼女の人生は間違いじゃない』これも廣木監督作品。もちろんこちらが本音でしょう。>同じ監督、同じカメラマンでこうもレベルの違う作品になってしまう。不思議なものです。言うまでもなく圧倒的にこっちを支持します。原発物でもあるし『牝猫たち』に通じるデリヘルものでもありました。それをつなぐ長距離バスという構成。ラストはハッピーエンド?そのへんがいささかもやもやしますが、廣木さんの演出力はいつもながら引き込まれます。
『スウィート17モンスター』は、アメリカの少女成長物語でしょうか。

TSUTAYA帰りに図書館に寄って予約していた5冊を受け取りました。なかなか充実したラインナップです。
兼好法師 - 徒然草に記されなかった真実
義経伝説と為朝伝説―日本史の北と南
大洪水が神話になるとき
剣と清貧のヨーロッパ - 中世の騎士修道会と托鉢修道会
維新史再考―公議・王政から集権・脱身分化へ

わが家の蔵書のうちで参考文献で取り上げられていたのは
「大洪水…」の「世界神話事典」「アトランティス大陸の謎」「ムー大陸の謎」「ギルガメシュ叙事詩」「マヤ神話 ポポル・ヴフ」と「維新史…」の「八十日間世界一周」「日本人の西洋発見」「クビライの挑戦」「国定忠治」「茶の世界史」「ケンペルと徳川綱吉」「玄奘三蔵、シルクロードを行く」「西大西洋の遠洋航海者

|

« 追悼 川地民夫 | トップページ | 誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TSUTAYAで4枚、図書館で5冊:

« 追悼 川地民夫 | トップページ | 誕生日 »