« 結露 | トップページ | TSUTAYAで4枚、図書館で5冊 »

2018年2月13日 (火)

追悼 川地民夫

俳優の川地民夫さんが亡くなりました。
日活の『陽のあたる坂道』でデビュー。以来日活青春・アクション映画のスターとして100本以上の作品に出演しました。日活がロマンポルノ路線に転換するとともに東映ヤクザ映画で活躍しました。
その出演作はおよそ180本。資料によってカウントされていない作品があったり、1990年代以降のヤクザ物では劇場用作品かどうか判断が分かれている作品があるため概数でしか分かりません。
そのうち私が観ているのは24本。彼が最も輝いていた最初の10年をほとんど観ていないのですから仕方ありません。

陽のあたる坂道
太陽は狂ってる
憎いあンちくしょう
風と樹と空と
春婦伝
大空に乾杯
東京流れ者
青春の風
娘の季節
夜の牝 花のいのち
仁義なき戦い
新幹線大爆破
鉄騎兵跳んだ
大日本帝国
女帝
チ・ン・ピ・ラ
結婚案内ミステリー
ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー
べっぴんの町
陽炎
ザ・ギャンブラー
ありふれた愛に関する調査
獅子王たちの最后
スキヤキ

合掌

|

« 結露 | トップページ | TSUTAYAで4枚、図書館で5冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 川地民夫:

« 結露 | トップページ | TSUTAYAで4枚、図書館で5冊 »