« 追悼 左 とん平 | トップページ | 受験は終わらず »

2018年2月28日 (水)

3月新刊

3月新刊からきになる新書・文庫・選書をピックアップしました。

◎岩波新書「インド哲学10講」赤松明彦
うちの蔵書では「はじめてのインド哲学」が近いです。

◎講談社ブルーバックス「鳥! 驚異の知能 道具をつくり、心を読み、確率を理解する」ジェニファー・アッカーマン
当然類書は持ち合わせていませんがあえて言うなら「攻撃」か「知性はどこに生まれるか」ぐらいでしょうか。

◎ちくま新書「世界がわかる地理学入門: 気候・地形・動植物と人間生活」水野一晴
オーソドックスに地理学の基本「人文地理学原理」「大地と人類の進化」はあります。

◎ちくま新書「絶滅危惧の地味な虫たち: 失われる自然を求めて」小松 貴
類書は持ってませんが、覗いてはみたい内容です。

◎ちくま新書「明治史講義 【テーマ篇】」小林和幸
“最新研究で描き直す新しい近代史入門の決定版”というのですから目を通してもよいでしょう。著者は「谷干城」のひとですね。

◎平凡社新書「イギリス肉食革命: 胃袋から生まれた近代」越智敏之
そのものずばりはありませんが、肉食については「食と文化の謎」でイギリス近代の日常については「路地裏の大英帝国」と、関連していけそうです。

◎角川新書「陰謀の日本中世史」呉座勇一
本能寺の変にせよ関ケ原の戦いにせよ、陰謀はなかったというのが基本でしょうか。そう書いちゃうと身も蓋もない気もします。著者の腕の見せ所ですね。

◎角川新書「古写真で見る幕末維新と徳川一族」永井 博
慶喜さんも写真好きだったような。

◎角川新書「日本人の遺伝子 ヒトゲノム計画からエピジェネティクスまで」一石英一郎
目次を見るとやや眉唾じみてますが大丈夫でしょうか。

◎星海社新書「中国古代史研究の最前線」佐藤信弥
今までここの新書は見てきませんでしたがこれはまともな内容みたいなので一読しようかと思いました。

◎白水Uブックス「ペンギンの島」アナトール・フランス
新集世界の文学」版を持っています。抱腹絶倒の傑作です。

◎岩波現代文庫「平面論―1880年代西欧」松浦寿輝
松浦氏のでは「知の庭園」があります。その続きなのでしょうか。

◎ちくま学芸文庫「ホームズと推理小説の時代」中尾真理
ホームズについては「シャーロック・ホームズの履歴書」「シャーロック・ホームズの深層心理」「シャーロック・ホームズの記号論」なんてやつはあります。

◎ちくま学芸文庫「増補ハーバーマス: コミュニケーション的行為」中岡成文
ハーバーマスのでは「近代の哲学的ディスクルス」「ポスト形而上学の思想」「未来としての過去」はありますが肝心のコミュニケーション的行為については読んでいません。

◎講談社学術文庫「精霊の王」中沢新一
縄文の思想だの古代の神々だの検証不能なものを民俗学や宗教学、果ては現代哲学の用語を纏って紡ぎだすやり方は、ある意味刺激的ではありますが、今の私に読む意味は見出せません。

◎講談社学術文庫「ホモ・ルーデンス 文化のもつ遊びの要素についてのある定義づけの試み」ヨハン・ホイジンガ
中公文庫版は持っています。

◎講談社学術文庫「オスマン帝国の解体 文化世界と国民国家」鈴木 董
ちくま新書版は持っています。

◎講談社+α文庫「西太后秘録 近代中国の創始者 上」ユン・チアン
わが家で関連するのは「清朝と近代世界」あたりです。西太后再評価の一冊です。

◎角川ソフィア文庫「現代語縮訳 特命全権大使 米欧回覧実記」久米邦武
上とも関連しますが、近代化へ向かう日本の象徴的一冊です。
岩倉使節団『米欧回覧実記』」は最適な解説です。

◎講談社選書メチエ「危機の政治学 カール・シュミット入門」牧野雅彦
今カール・シュミットを持ち上げるのはいささか危うい気がします。

◎講談社選書メチエ「ラカンの哲学 哲学の実践としての精神分析」荒谷大輔
ラカンについては何冊か目を通しましたが、やっぱり心理学や精神分析は性に会いませんでした。

◎角川選書「日本の風水」諏訪春雄
著者のものでは「日本の幽霊」「安倍晴明伝説」があります。
本棚で風水について触れているのは「道教の神々」ぐらいです。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「墓石が語る江戸時代: 大名・庶民の墓事情」関根達人
江戸の墓制については「墓と葬送の社会史」でどうでしょう。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「近世の巨大地震」矢田俊文
地震と噴火の日本史」でも近世の地震が取り上げられています。

今月の目玉は、
新書で「インド哲学10講」「イギリス肉食革命と近代」「中国古代史研究の最前線」
文庫で「西太后秘録」、
選書で「日本の風水」ぐらいでしょうか。
これぞというのはありません。

|

« 追悼 左 とん平 | トップページ | 受験は終わらず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月新刊:

« 追悼 左 とん平 | トップページ | 受験は終わらず »