« 渋谷で友人と | トップページ | 1月の新刊 »

2017年12月30日 (土)

TSUTAYAで5枚

年末年始の休みをひかえて、DVDを借りるため2年ぶりぐらいに駅二つ先のTSUTAYAまで自転車で。
こちらは5枚で1000円。今までのところが4枚で990円だからこっちの方が割安。
ただし、前よりも扱っている商品が手薄になった感があり、捜していたマイナーな作品は取り寄せなければならないとのこと。
というわけで借りたのは
花芯
暗黒女子
夜は短し歩けよ乙女
東京喰種 トーキョーグール
海辺のリア

『花芯』は、2016年の作品で見逃していた1本。評価はされていないみたいですが、村川さんの頑張りに期待しています。
『暗黒女子』は、女の子満載の嫌あな映画のようです。たぶん私向きではないでしょうが、女の子満載の方に賭けてみました。>無理なストーリーではありますけれど、その点は許せます。ただ、清水さんのもったいぶった語り口がおかしいでしょう。もう少しうまく作れたんじゃないかと思います。
『夜は短し歩けよ乙女』は、アニメですが昨日友人に勧められた1作。>ダメでした。家族と一緒に見ていたら途中寝て起こされた。やっぱアニメ向いてないな。
『東京喰種 トーキョーグール』は、『暗黒女子』に続いて清水さん主演。>うーん、設定というか、状況がいまいちつかめない。もし、グールが大っぴらな社会問題なら、あんな個人プレイではなくもっと徹底したグール狩りが権力によってなされるのではないでしょうか。出演者も無駄遣いというか、生かされていないのはなぜなんでしょう。余計なことですが相田翔子の役は佐々木希がやってこそ生きたのではないでしょうか。
『海辺のリア』は、仲代達矢の作品ですよね。>徹頭徹尾仲代達矢。黒木華さんにも阿部くんにも仲代さんが乗り移ってしまいました。ま、これはありでしょう。

帰りに高野台のBOOKOFFによって90年代初頭のアイドルのアルバムを1枚。
中野理絵『ボーダーレス
手元に音源がないシングル曲が収録されているとか、ファンだからという理由ではないのですが、格安で落ちていたのでつい手に取ってしまいました。バブリーなボディコンのジャケ写が今となっては受けます。いやシングルCDを2枚も持っているんですから嫌いなアーティストではないんですよ。
Nakano_rie_borderless

こっちが裏面
Nakano_rie_borderlessb


「天使のカウントダウン」
Nakano_rie_tennsinocountdown

「MIS‐KISS」
Nakano_rie_miskiss


|

« 渋谷で友人と | トップページ | 1月の新刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TSUTAYAで5枚:

« 渋谷で友人と | トップページ | 1月の新刊 »