« 下の子の誕生日 | トップページ | 図書館で4冊 »

2017年11月27日 (月)

新作3本

近所のレンタルショップで
銀魂
3月のライオン 前編
3月のライオン 後編

『銀魂』は、今年いちばんの邦画実写興収作。アニメもよく見ていたし、評判も悪くなさそう。>うーん。私にはダメでした。むっちりした神楽ちゃんだけがしっくりしましたが、男たちにはさほど興味がもてませんでした。そっか。もともとアクション映画が嫌いだったんだ。
『3月のライオン 前編』はこれまたコミック→アニメからの実写映画化。>アニメがひたすら内省的な作品だったのに比べると、神木くんが演じる主人公は開かれているように感じました。悪いことではありません。実際の人間の動きが見えるとはそういうことなのかもしれません。同時に有村さんもアニメにはない柔らかさを表現しています。ほかの出演者、例えば倉科さんや豊川さんにしても同様です。そうはいっても、この作品のいいところは、ほぼ原作によるものであることに違いはありません。
『3月のライオン 後編』>主人公の将棋との格闘の日々。悪いとは思いませんが。『聖の青春』みたいなライバルも登場しててんこ盛りのエピソードがかえって展開を平板にしている気もします。

|

« 下の子の誕生日 | トップページ | 図書館で4冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新作3本:

« 下の子の誕生日 | トップページ | 図書館で4冊 »