« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月29日 (日)

11月新刊

11月新刊から気になる新書文庫選書をピックアップしました。

◎岩波新書「会計学の誕生――複式簿記が変えた世界」渡邉 泉
複式簿記の起源については「西洋事物起原」「中世イタリア商人の世界」あたりにふれています。

◎講談社現代新書「戦争調査会 幻の政府文書を読み解く」井上寿一
何か未知の情報があるのなら面白いのですが。

◎講談社現代新書「縄文の思想」瀬川拓郎
蝦夷、琉球など列島の周辺から縄文を復元しようというらしいのですが、それだけでは方法の妥当性には疑問符が付きます。うちのでは「東西/南北考」あたりが近いでしょうか。

◎講談社ブルーバックス「城の科学 個性豊かな天守の「超」技術」萩原さちこ
城のことなら「城郭」「国別 戦国大名城郭事典」でどうでしょう。

◎ちくま新書「人類5000年史I: 紀元前の世界」出口治明
サラリーマン向けのはったり世界史でしょうか。

◎ちくま新書「流罪の日本史」渡邊大門
著者は戦国時代が専門ですが、むしろ戦国時代に流罪というイメージがありません。本書はどこを扱っているでしょうか。

◎ちくま新書「日本の人類学」山極寿一、尾本恵市
ここでの人類学とは自然人類学です。

◎ちくま新書「朝鮮思想全史」小倉紀蔵
タイトルには興味がありますが、著者に思い付きではない実証的な朝鮮思想史を語る力があるのかどうかはいささか疑問符をつけておきます。

◎ちくまプリマー新書「ヨーロッパ文明の起源: 聖書が伝える古代オリエントの世界」池上英洋
うちのでは「聖書の起源」「聖書以前」「物語 イスラエルの歴史」があたります。

◎平凡社新書「ルネサンス再入門: 複数形の文化」澤井繁男
澤井氏の著書では「ユートピアの憂鬱」「錬金術」「イタリア・ルネサンス」「ナポリの肖像」、訳書に「カルダーノ自伝」「ガリレオの弁明」があります。
またルネサンスについては「イタリア・ルネサンスの文化」「科学史の逆遠近法」でいかがでしょう。

◎文春新書「北斎漫画入門」浦上 満
北斎漫画は面白そうです。

◎角川新書「幕末雄藩列伝」伊東 潤
幕末の長州」「幕末の薩摩」なんてのは持っています。

◎角川新書「新撰組顛末記」永倉新八
新選組実録」とか新選組についてもそこそこ読みましたが、生き残りによる基本資料のひとつです。

◎角川新書「最後の浮世絵師 月岡芳年」監修 平松洋
まったく知りませんが、いちおう挙げておきます。

◎岩波文庫「世界の共同主観的存在構造」廣松 渉
講談社学術文庫版はあります。
他に「マルクス主義の地平」「新哲学入門」「哲学入門一歩前」「今こそマルクスを読み返す」「近代世界を剥ぐ」。
いまどき廣松さんは流行らないでしょうね。

◎岩波現代文庫「歴史のなかの新選組」宮地正人
こちらも「新選組実録」とか。

◎ちくま学芸文庫「ハリウッド映画史講義: 翳りの歴史のために」蓮實重彦
映画は好きですが、映画についての文章が作品以上に面白かったためしはありません。

◎ちくま学芸文庫「社会分業論」エミール・デュルケーム
デュルケムでは「宗教生活の原初形態」しか読んでません。

◎ちくま学芸文庫「鏡の背面: 人間的認識の自然誌的考察」コンラート・ローレンツ
攻撃」は手元にあります。

◎講談社学術文庫「バロックの光と闇」高階秀爾
高階氏の著書では「フィレンツェ」「近代絵画史」「芸術のパトロンたち」があります。

◎講談社学術文庫「興亡の世界史 東インド会社とアジアの海」羽田 正
羽田氏では「勲爵士シャルダンの生涯」があり、テーマ的には「東インド会社」がピッタリでしょう。

◎講談社学術文庫「キリスト教史」藤代泰三

◎角川ソフィア文庫「ALL ABOUT COFFEE コーヒーのすべて」ウィリアム・H・ユーカーズ
コーヒーについては「コーヒーが廻り世界史が廻る」がいちばんです。

◎角川ソフィア文庫「猪・鹿・狸」早川孝太郎
民俗学への招待」でも動物について触れています。

◎角川ソフィア文庫「戦国大名の危機管理」黒田基樹
戦国時代はいつも危機の時代ですからね。

◎ハヤカワ文庫NF「人体六〇〇万年史ー科学が明かす進化・健康・疾病(上)(下)」ダニエル・E・リーバーマン
「ヒトの誕生」「文明と病気」でどうでしょう。

◎筑摩選書「陸軍中野学校: 「秘密工作員」養成機関の実像」山本武利
中野学校といっても大映映画でしか知りません。

◎角川選書「国民国家と戦争 挫折の日本近代史」加藤聖文
最近やたらと日本の近代についての刊行物が多いような。自画自賛的な歴史観に陥らなければいいのですが。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「織田信長と戦国の村: 天下統一のための近江支配」深谷幸治
テーマは違いますがうちにあるのは「信長と消えた家臣たち」ぐらいです。

◎平凡社ブックレット〈書物をひらく〉「南方熊楠と説話学」杉山和也
〉「南方熊楠と説話学」杉山和也
熊楠はいくつかありますが、「南方熊楠コレクション〈第2巻〉南方民俗学」「十二支考」あたりでしょうか(10月新刊から転載)

今月の目玉は
新書では「ヨーロッパ文明の起源」「ルネサンス再入門」
文庫では「バロックの光と闇」「猪・鹿・狸」
選書では「南方熊楠と民俗学」あたりでしょうか。
いささか手薄です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

図書館で6冊

図書館で予約していた3冊を受け取り、ついでに開架棚からも3冊借りました。
海賊の世界史 - 古代ギリシアから大航海時代、現代ソマリアまで
カラー図解 進化の教科書 第3巻 系統樹や生態から見た進化
『百科全書』
フランス現代史 隠された記憶: 戦争のタブーを追跡する
凱旋門と活人画の風俗史 儚きスペクタクルの力
舞台の上のジャポニスム―演じられた幻想の「日本女性」

参考文献でわが家にあるのは
「海賊…」の「神の国」「プルタルコス英雄伝」「歴史」「イーリアス」「オデュッセイア」「中世シチリア王国」「十字軍」「十字軍騎士団」「物語 スペインの歴史」「ドン・キホーテ」「君主論」「コロンブス航海誌」「リヴァイアサン」「コロンブス」「略奪の海カリブ」「インディアスの破壊についての簡潔な報告
「百科全書」の「エミール」「カルガンチュワとパンダグリュエル物語」「世界図絵」「法の精神」「ラモーの甥
「凱旋門…」の「中世の秋
「舞台の…」の「ミカドの肖像

「進化の教科書」と「フランス現代史」の参考文献はまったくありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

追悼 篠沢秀夫

フランス文学者の篠沢秀夫氏が亡くなりました。

保守派の論客としての彼の発言はほとんど雑音でしかありませんでしたが、家の書棚には教授が訳したロラン・バルト「神話作用」がありますし、なによりクイズダービーの解答者として楽しませていただきました。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

追悼 遠藤賢司

フォークシンガーの遠藤賢司さんが亡くなりました。
私の手元にある音源は
オルタナティヴ・フォーク・コレクションVOL.2』収録の「遠い汽笛」とハードディスク上の「東京ワッショイ」の2曲だけですが、高校の文化祭でヘアスタイルまで真似した誰かが歌っていた「夜汽車のブルース」や「カレーライス」「満足できるかな」「寝図美よこれが太平洋だ」など70年代初期のニール・ヤングに影響されててたころの遠藤賢司が好きでした。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

山路ふみ子映画賞

第41回山路ふみ子映画賞が発表になっていました。
気にしていたんですけど、見落としていました。

山路ふみ子映画賞 三島有紀子監督「幼な子われらに生まれ」
同女優賞 田中麗奈
新人女優賞 石橋静河「映画 夜空はいつでも最高密度の青空だ」
同福祉賞 「光」の製作委員会
同功労賞 アルタミラピクチャーズ
山路ふみ子文化財団特別賞 吉行和子、西田敏行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

DVD4枚

ほんとに久しぶりにDVDをレンタルしました。
この世界の片隅に
ANTIPORNO
彼らが本気で編むときは、
22年目の告白-私が殺人犯です-

『この世界の片隅に』は、昨年度の最注目作ですから今さらですが観ないわけにはいかないでしょう。私好みとは言えない題材なのですが。>どうなんでしょう。戦時下の日常生活みたいなことですが、私には退屈でした。後半、ヒロインが狂気をはらんでいくあたりは惹かれましたが、それならおそらく実写で撮るべき題材であったはずです。もちろん、良心的な作品であることは認めますが、映画的興奮を伴うかといえばそうであはありませんでした。
『アンチポルノ』は、ロマンポルノ復活シリーズの園子温。この人の作品は私にとって当たりはずれの幅が大きいので心配です。>微妙の極致です。こういう寺山修司崩れみたいな作品は嫌いじゃありません。問題はそれが成功したかどうかです。ヒロインの演技は意図したものなのでしょうがいくらなんでも硬すぎました。
『彼らが本気で編むときは、』は、トランスジェンダーもの。どうかなあ。>悪くはありません。この監督の作品の中ではいちばん人間が描けているように思います。でもリンコさんが完璧すぎてそこがこの映画の難点かもしれません。編むことで表現される彼(女)の裂け目があと一歩出ていればと思いました。もちろん、ヒロインの女の子は最高でした。彼女の成長物語として楽しめました。
『22年目の告白』は、藤原竜也主演。彼の演技が好きだったことなんて一度もないですが、夏帆さんも石橋杏奈さんも出ているので…。>夏帆さんも石橋さんも付け足しでしかありませんでした。こんな嫌な話に付き合わされても困ってしまいます。残念ながらまたしても藤原君は私とは無縁の存在でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

「愛をあなたに」

時間つぶしに寄った西川口駅前のTSUTAYAで
杏の「愛をあなたに」。
女優の杏さんです。

An_aiwoanatato


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

期日前投票終了

衆議院(小選挙区選出)議員選挙(第9区)期日前投票者数
日計/累計 前回日計/前回累計
29,208/107,369 17,200/70,040
全有権者に対する割合は22.9%。ほぼ1/4。
ところが同じ区内でも隣の小選挙区では18.6%とばらつきが結構あります。
候補者によるものなのか、選挙結果と関連するのか気になるところではあります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

期日前投票大幅に伸びる

衆議院(小選挙区選出)議員選挙(第9区)期日前投票者数
日計/累計 前回日計/前回累計
18,715/78,161 9,016/52,84
雨は夕方だけだったので、投票者数が一気に伸びて、すでに前回総選挙時の最終期日前投票者数を超えました。
選挙区の有権者数が469,720ですので、およそ6人に1人が期日前投票をしたことになります。
おそらく、小選挙区に関しては大勢に影響はないと思いますが、比例区に関しては大きな動きがあるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館で4冊

買い物ついでに図書館で予約していた4冊を受け取りました。

和算への誘い: 数学を楽しんだ江戸時代
物語 ポーランドの歴史 - 東欧の「大国」の苦難と再生
浮世絵細見
一遍 捨聖の思想

参考文献で私の書棚にあったものは「一遍」の「フーコー―知と権力」「神々の変貌」「一遍上人語録」。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

期日前投票速報

衆議院(小選挙区選出)議員選挙(第9区)期日前投票者数
日計/累計 前回日計/前回累計
8,300/59,446 6,670/43,824

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

期日前投票速報

久々の晴天で期日前投票者数が伸びました。

衆議院(小選挙区選出)議員選挙(第9区)期日前投票者数
日計/累計 前回日計/前回累計
15,705/51,146 8,324/37,154

ただし予報では、このあと投票日まであまり芳しい天気ではないようなのではたしてこの勢いが続くのか心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

今日の期日前投票数

衆議院(小選挙区選出)議員選挙(第9区)期日前投票者数
日計/累計 前回日計/前回累計
10,375/35,441 7,675/28,830

天候がやや回復したおかげでまた盛り返しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

本日の期日前投票者数

衆議院(小選挙区選出)議員選挙(第9区)期日前投票者数
日計/累計 前回日計/前回累計
5,656/25,066 6,325/21,155

今日の投票者数は、前回を下回っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

期日前投票&速報値

仕事の都合で投票日に行けそうもないので、期日前投票に行ってきました。
最近の傾向からすると新聞の選挙情勢通りの結果が出ていますから、たぶんそうなるのでしょう。
ま、若者が戦さに出かけて死ぬ時代にならないことをひたすら願うのみです。戦争の大義などどこにでも落ちていますからね。

ところで、期日前投票数速報が区の選挙管理委員会で発表になっています。天気が悪いのに前回より増えています。盛り上がっているようには見えないのですが。そういえば前回は最低の投票率でしたか。

衆議院(小選挙区選出)議員選挙(第9区)期日前投票者数
期日前期間 日計/累計 前回日計/前回累計
10月11日㈬ 473/473 349/349
10月12日㈭ 992/1,465 421/770
10月13日㈮ 1,070/2,535 870/1,640
10月14日㈯ 8,088/10,623 4,645/6,285
10月15日㈰ 8,787/19,410 8,545/14,830


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

図書館で4冊

妻の自転車の乗って、図書館へ予約していた4冊を行け取りに。
日本の近代とは何であったか――問題史的考察
モンゴル帝国誕生 チンギス・カンの都を掘る
園芸の達人 本草学者・岩崎灌園
帝都防衛: 戦争・災害・テロ

「モンゴル帝国誕生」の参考文献では、「元朝秘史」「中央アジア・蒙古旅行記」「東方見聞録」「馬の世界史」が手元にあります。
他の3冊のうち「帝都防衛」の参考文献は手元になく、あと2冊はそもそも参考文献が提示されていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

上の子の眼鏡

上の子の眼鏡の度が合わなくなってきたというので、前回も作った池袋東武のJiNSに。
彼女のは乱視もないし、普通の仮性近視なのであえて眼科に行くまでもないでしょう。
ついて行ったこちらは、待ち時間に変なおしゃれ眼鏡をかけて遊んでいるだけ。

ともかく2時間ほどで終了。昔から比べれば早いもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

またまたLP処分

アルバムを42枚処分。
これでうちにあるアルバムは、ほぼ女性アイドルと若干のグループサウンズのみです。
今回も大穴はなし。こちらの予想通りに落ち着きました。

さあ次は、問題の本棚整理に掛かろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

第9回TAMA映画賞

日本一早い映画賞第9回TAMA映画賞が発表になっていました。

最優秀作品賞
『散歩する侵略者』黒沢清監督、及びスタッフ・キャスト一同
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』石井裕也監督、及びスタッフ・キャスト一同

特別賞
湯浅政明監督、及びスタッフ・キャスト一同
夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた
富田克也監督、及びスタッフ・キャスト一同
『バンコクナイツ』

最優秀男優賞
浅野忠信
『幼な子われらに生まれ』『沈黙-サイレンス-』『淵に立つ』『新宿スワンⅡ
池松壮亮
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『映画 続・深夜食堂』『デスノート Light up the NEW world』『永い言い訳

最優秀女優賞
満島ひかり
『海辺の生と死』『愚行録
長澤まさみ
『散歩する侵略者』『銀魂』『追憶』『金メダル男

最優秀新進監督賞
菊地健雄
『ハローグッバイ』『望郷』
瀬田なつき
PARKS パークス

最優秀新進男優賞
間宮祥太朗
『トリガール!』『帝一の國』『劇場版 お前はまだグンマを知らない』『闇金ウシジマくんザ・ファイナル
高杉真宙
『逆光の頃』『散歩する侵略者』『トリガール!』『想影(おもかげ)』『ReLIFE リライフ』『PとJK

最優秀新進女優賞
石橋静河
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『PARKS パークス』『密使と番人』
土屋太鳳
『トリガール!』『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』『金メダル男』

作品賞の2作品と瀬田なつきの『PARKS パークス』は是非観たい作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

修学旅行から帰宅

今日私は帰れなかったのですが、冷たい雨の中下の子が修学旅行から帰ってきたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

10月の新刊補遺(中公新書、NHK新書)

早朝、下の子が修学旅行に出発しました。
京都奈良に2泊3日。


間に合わなかった中公新書とNHK出版新書の10月新刊から

◎中公新書「物語 フィンランドの歴史 - 北欧先進国「バルトの乙女」の800年」石野裕子
あれ?「物語 北欧の歴史」にフィンランド入ってなかったっけ?
もちろんフィンランドだけで語るべきことはいくらでもあるでしょう。
わが家でフィンランドに関わるのは「カレワラ」「民俗学方法論」「サンタクロースの大旅行」ぐらいかな。

◎中公新書「日本史の内幕 - 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで」磯田道史
たぶん気軽な日本史エッセイでしょう。

◎中公新書「折口信夫 日本の保守主義者」植村和秀
折口といえばマレビト信仰なわけでうちにある「異人論序説」「神と翁の民俗学」もそのような民俗学的アプローチです。本書はそことは違う政治思想からみた折口なんでしょう。>うん?アマゾンに出てこない。発売延期ですか。

◎中公新書「聖書、コーラン、仏典 - 原典から宗教の本質をさぐる」中村圭志
宗教現象学出の私には宗教の“本質”みたいな話は趣味に合いませんがどうでしょう。

◎中公新書「光明皇后 - 平城京にかけた夢と祈り」瀧浪貞子
惹句を読むと少女漫画の大河歴史物みたいで心配ですが、うちの本棚のでは「続日本紀」でしょうか。

◎NHK出版新書「世界は四大文明でできている」橋爪大三郎
橋本さん、いくら年寄り相手の与太話とはいってもいまどき“四大文明”なんて言って大丈夫ですか?

◎NHK出版新書「〈女帝〉の日本史」原 武史
ちょっと前にも女帝ものが流行っていた気がしますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

レコード&書籍処分

映画関係の書籍とアルバムを少々処分しました。
今回は目ぼしいものがなく、想定の最低限の売値でした。
ま仕方なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

図書館で3冊

買い物ついでに予約していた3冊を受け取りました。
生命に部分はない
海に沈んだ大陸の謎 最新科学が解き明かす激動の地球史
江戸の博物学: 島津重豪と南西諸島の本草学
地味めな3冊です。
なんと、「生命に部分はない」は単行本の新書化なんですね。しかもタイトルが変えられてる(原題「すばらしい人間部品産業」)。白水社のUブック以外でこういう例はあったんでしょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

立憲民主党

国会の解散があり、なんと民進党も解党するという。前原氏は何のために党代表に立候補したのでしょうか。
と思ったら立憲民主党。
枝野氏の志しはともかく、このネーミングのセンスは何だろう。
思い出すのは、大隈重信の立憲改進党だったり、戦前の立憲政友会だったり。
どう考えても教科書的な記憶でしかありません。

さあて、うちの地元は誰がどの党から出るのやら。
投票すべき候補がいるのやらまだまだ混沌です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »