« 図書館で1冊 | トップページ | 図書館で4冊 »

2017年9月13日 (水)

久々のDVD4本

久しぶりにDVDをレンタルしました。
裏切りの街
牝猫たち
愚行録
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

昨年の作品が1本で、あとは2017年公開の作品です。
『裏切りの街』は、出会い系を題材にした不倫物。寺島さんと池松君というピッタリすぎる配役がわかりやすすぎて心配です。>ふたりの関係は予想通りの展開ですが、むしろ同棲相手とか夫とか妹とか彼らを取り巻く人たちも同じようなもんだということが面白いんですね。それがタイトルの意味ですね。ただ、池松君の演技は私の好みではありません。
『牝猫たち』は、復活ロマンポルノの1作。>いいですね。私好みの青春(やや年上の)映画です。
『愚行録』はよくわからないのですが、例の世田谷一家殺人事件をネタにしているようでその扱いが気になります。>全員愚行から逃れられないという意味では上の『裏切りの街』に通じるものがあります。もちろんこれでハッピーエンドというわけではなく、主人公に裁きが下されることを含意したラストなのでしょう。事件を客観的に伝えるような落ち着いたトーンの映像もぴったりでした。もちろん事件がヒントになってはいるのでしょうが現場を描いていないということが、エクスキューズと言えなくもありません。もし関係者が観たら不愉快になること間違いなしですが。
今回観た邦画三本はどれもこれも愚行の連鎖。
『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』は、ティム・バートンです。最近やや彼の毒気が枯れているような気がするのですが、どうでしょう。>予想通り予告編で十分という期待外れ。永遠に同じ時間を生きる子供たちと時間をさかのぼり祖父の謎に迫ろうとする少年。そして彼らを狙う魔物たち。設定はありなのですが、前半の説明が冗長でテンポが出てきません。後半は、お子様向けのような魔物たちとの闘いが延々続いてあっけないハッピーエンド。監督らしい映像はあるもののこれでは納得できません。ナチの反ユダヤ主義との闘いという寓意は必要だったのでしょうか。

|

« 図書館で1冊 | トップページ | 図書館で4冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/65785608

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のDVD4本:

« 図書館で1冊 | トップページ | 図書館で4冊 »