« 図書館で2冊 | トップページ | 立憲民主党 »

2017年9月29日 (金)

10月の新刊

10月の新書・文庫・選書の新刊から気になるものをピックアップして、私の蔵書とリンクしてみました。

◎岩波新書「出羽三山――山岳信仰の歴史を歩く」岩鼻通明
学生時代、この辺の講義を取っていたので、「現代宗教」という雑誌の山岳宗教特集号を持っていたりします。
新書では「日本のシャーマニズム」あたりです。

◎岩波新書「アウグスティヌス――「心」の哲学者」出村和彦
アウグスティヌスでは「神の国」。
基本的なところは「西洋古代・中世哲学史」でどうでしょう。

◎講談社現代新書「愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか」堀井憲一郎
クリスマスの起源や変遷は「サンタクロースとクリスマス」「サンタクロースの大旅行」あたりに詳しくあります。

◎講談社現代新書「珈琲の世界史」旦部幸博
コーヒーについては「コーヒーが廻り世界史が廻る」、イギリスでの役割は「コーヒー・ハウス」という名著がありますからこれを超えるのは難しい気がします。

◎講談社現代新書「天皇家のお葬式」大角 修
元都知事の「ミカドの肖像」に触れています。

◎講談社ブルーバックス「カラー図解 新しい人体の教科書 下」山科正平
◎講談社ブルーバックス「DNAの98%は謎 生命の鍵を握る「非コードDNA」とは何か」小林武彦
◎講談社ブルーバックス「現代暗号入門 いかにして秘密は守られるのか」神永正博
ブルーバックスは、理科系に疎い私にとっては貴重な宝です。

◎ちくま新書「イスラーム思想を読みとく」松山洋平
たぶん「イスラーム思想史」では哲学すぎて、「現代アラブの社会思想」が近いのかも。

◎ちくま新書「空海に学ぶ仏教入門」吉村 均
空海については「生命の海「空海」―仏教の思想〈9〉」があるだけです。

◎ちくま新書「素晴らしき洞窟探検の世界」吉田勝次
タイトル似ているのは「地底旅行」ぐらい。いや全然違いますね。

◎ちくま新書「ケルト 再生の思想: ハロウィンからの生命循環」鶴岡真弓
鶴岡さんの本では「聖パトリック祭の夜」「ケルトの宗教ドルイディズム」があります。
他のケルト関連は「妖精学入門」「ケルト神話と中世騎士物語」あたりでしょうか。

◎平凡社新書「漢字とカタカナとひらがな: 日本語表記の歴史」今野真二
仮名については「日本論の視座」「文字の文化史」あたりで触れています。

◎河出新書「ロシア革命100年の謎」亀山郁夫、沼野充義
亀山氏のでは「ロシア・アヴァンギャルド」「『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する」「ドストエフスキー」、
沼野氏は訳書だけですが「ユートピア旅行記叢書〈第9巻〉」「ライロニア国物語」。
ロシア革命については「ロシア史」と「裏切られた革命」で。

◎白水社文庫クセジュ「科学の本質と多様性」ジル=ガストン・グランジェ
科学論とは何を議論してる学問なのかよくわかりませんが、「哲学の最前線」に近いのでしょうか。

◎岩波文庫「国語学史」時枝誠記
いまさら読まないと思いますが。

◎岩波現代文庫「新版 はじまりのレーニン」中沢新一
うちにあるのは同時代ライブラリー版です。うちに8冊ある中沢氏のものでは数少ない理解可能な本でした。

◎ちくま学芸文庫「原典訳 原始仏典 上」中村 元 編
氏の「スッタニパータ」は私の大好きな1冊です。

◎ちくま学芸文庫「記号論」吉田夏彦
本棚にも「記号論への招待」などというのがありますが、結局お手上げでした。

◎講談社学術文庫「言語起源論」ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー
ヘルダーのものでは「世界の名著〈続 7〉ヘルダー・ゲーテ」があります。

◎講談社学術文庫「漬け物大全 世界の発酵食品探訪記」小泉武夫
当然類書は持っていません。「食と文化の謎」ぐらいです。

◎講談社学術文庫「興亡の世界史 近代ヨーロッパの覇権」福井憲彦
著者のものは「時間と習俗の社会史」のほかアナール系の共著で数冊持っています。
テーマ的には「近代世界システム」「歴史の破壊 未来の略奪」あたりでしょうか。

◎講談社学術文庫「c道徳を基礎づける 孟子vs.カント、ルソー、ニーチェ」フランソワ・ジュリアン
中国哲学とフランス哲学を結びつける啓蒙思想家のような発想。あまり食指が動きません。

◎角川ソフィア文庫「花祭」早川孝太郎
民俗学の古典的名著だそうです。うちの蔵書では「仏教民俗学」が関連するのでしょうか。

◎講談社選書メチエ「享徳の乱 中世東国の「三十年戦争」」峰岸純夫
面白そうですが、惹句を読むといささか著者の押しの強さに鼻白んでしまいます。

◎筑摩選書「神と革命: ロシア革命の知られざる真実」下斗米伸夫
ロシア革命と正教異端の関わり。これは読みたい。
イスラムとの関わりは「ラディカル・ヒストリー」に、正教会については「ロシア精神の源」、正教の異端については「『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する」あたりで触れています。

◎角川選書「杉山城の時代」西股総生
全く未知の城名ですが、きっと重要なのでしょう。
うちのでは「真説戦国北条五代(歴史群像シリーズ 14)」「国別 戦国大名城郭事典」が関連します。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「よみがえる古代の港: 古地形を復元する」石村 智
似たようなテーマでは「古地図からみた古代日本」、東海道の内海世界を描写している「中世の東海道をゆく」。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「江戸の出版統制」佐藤至子
江戸の本屋」が関連します。

◎平凡社ブックレット〈書物をひらく〉「聖なる珠の物語: 空海・聖地・如意宝珠」藤巻和宏
上にも空海があります。

◎平凡社ブックレット〈書物をひらく〉「南方熊楠と説話学」杉山和也
熊楠はいくつかありますが、「南方熊楠コレクション〈第2巻〉南方民俗学」「十二支考」あたりでしょうか。>これはどうやら11月刊のようです。

今月は選書をはじめ面白そうなものがけっこう並んでいます。
新書は「出羽三山」「珈琲の世界史」「ロシア革命100年の謎」
文庫は「言語起源論」
選書は「享徳の乱」「神と革命」「よみがえる古代の港」「南方熊楠と説話学」
豊作ですね。なかで目玉は「神と革命」かな、政治史が専門なだけに正教異端への理解がやや心配ではあります。

|

« 図書館で2冊 | トップページ | 立憲民主党 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月の新刊:

« 図書館で2冊 | トップページ | 立憲民主党 »