« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月29日 (火)

9月新刊

9月新刊のなかから気になる新書・文庫・選書をピックアップして私の蔵書とリンクしてみました。

◎岩波新書「日本の歴史を旅する」五味文彦
氏の著作では「中世のことばと絵」「藤原定家の時代」「絵巻で読む中世」「源義経」が手元にあります。

◎岩波新書「イギリス現代史」長谷川貴彦
うちにあるイギリス史はほとんどが大英帝国についての近代史。
現代史も大事なことは言うまでもないのですけれど。

◎講談社ブルーバックス「時間とはなんだろう 最新物理学で探る「時」の正体」松浦 壮
時間」なんて本がありますが、これは現象学でした。

◎ちくま新書「フランス現代史 隠された記憶: 戦争のタブーを追跡する」宮川裕章
ナチ占領下のフランス」とかが近いのでしょうか。

◎ちくま新書「経済学講義」飯田泰之
タイトルだけなら「経済学とは何だろうか」「経済学の考え方」などがありますが、おそらく全然違う経済学のような気がします。

◎岩波文庫「ヨーロッパの言語」アントワーヌ・メイエ
新書「現代ヨーロッパの言語」も楽しめましたから、これもその類でしょうか。

◎岩波現代文庫「中国文学の愉しき世界」井波律子
氏の著作では「読切り三国志」「酒池肉林」「三国志演義」「中国の五大小説」がありますが、どれも読ませてくれます。

◎ちくま学芸文庫「初稿 倫理学」和辻哲郎
和辻先生のものでは「風土」「日本古代文化」がありますが哲学プロパーは敬遠してしまいます。

◎ちくま学芸文庫「日本社会再考: 海からみた列島文化」網野善彦
網野さんのでは「海の国の中世」が絡みそうですが。

◎ちくま学芸文庫「中国史談集」澤田瑞穂
中国史泰斗によるエッセイなのでしょう。拾い読みするにはいいのかも。

◎講談社学術文庫「江戸の大普請 徳川都市計画の詩学」タイモン・スクリーチ
うちには「大江戸異人往来」がしかありませんが、本当ならもっと読んでもいいはずのテーマを書いている人です。

◎講談社学術文庫「『快楽の園』を読む ヒエロニムス・ボスの図像学」神原正明
同じ著者による「天国と地獄」が書棚にあります。
ボスについては「世紀末と楽園幻想」でも触れています。

◎講談社学術文庫「宗教改革三大文書 付「九五箇条の提題」」マルティン・ルター
ルターに関連するのでは「ルターとドイツ精神史」「宗教改革の真実」でどうでしょう。

◎講談社学術文庫「興亡の世界史 地中海世界とローマ帝国」本村凌二
著者のものでは「馬の世界史」。ローマ帝国絡みでは「皇帝たちの都ローマ」「ローマ五賢帝」。

◎中公文庫「人はなぜ戦うのか - 考古学からみた戦争」松木武彦
タイトルだけではテーマが見えにくいのですが、うちの蔵書では「森と文明の物語」あたりが近いのかも。

◎角川ソフィア文庫「文明論之概略 ビギナーズ 日本の思想」福沢諭吉
王道の「文明論之概略を読む」でどうでしょう。

◎角川ソフィア文庫「宇治拾遺物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」伊東玉美
たとえば「説話の森」あたりでも宇治拾遺は扱っています。

◎角川ソフィア文庫「クラシック音楽の歴史」中川右介
先日音楽関連の書籍は処分しましたが、クラシックは雑学本くらいしかありませんでした。

◎角川ソフィア文庫「イスラーム世界史」後藤 明
同じ著者の「メッカ」。通史的では「新書イスラームの世界史」シリーズが最適です。

◎河出文庫動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学」千葉雅也
うちにも「ドゥルーズの哲学」なんてのがありますが、たぶん理解できないでしょう。

◎河出文庫「性愛論」橋爪大三郎
テーマとしては「スカートの下の劇場」あたりも絡むのでは。

◎ハヤカワ文庫「神は数学者か?―ー数学の不可思議な歴史」マリオ・リヴィオ
数学史では「魔術から数学へ」くらいです。

◎光文社古典新訳文庫「君主論」マキャヴェッリ
うちにあるのは「世界文学大系〈第74〉ルネサンス文学集」に収録されているもの。新訳も読んでみたい気はします。
マキャヴェリについては「マキァヴェリ」でどうでしょう。

◎講談社選書メチエ「丸山眞男の憂鬱」橋爪大三郎
近年、丸山さんはいい肴になっています。

◎講談社選書メチエ「凱旋門と活人画の風俗史 儚きスペクタクルの力」京谷啓徳
類書は手元にはありませんが、「博覧会の政治学」とか「フランス革命―祭典の図像学」あたりが似たテーマなのでしょう。面白そうです。

◎河出ブックス「鉄道と観光の近現代史」老川慶喜
大きく言えば「旅の思想史」にも関わるでしょうし、「大英帝国」「ウィーン」あたりでも触れられています。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「闘いを記憶する百姓たち: 江戸時代の裁判学習帳」八鍬友広
百姓一揆というのなら「一揆」「一揆論」あたりでしょうか。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「土木技術の古代史」青木 敬
古代の都城遺跡では「難波王朝」がありますし、神社建築については「古代朝鮮と日本文化」。「古地図からみた古代日本」あたりも関連しそうです。

◎平凡社東洋文庫「世界最古の物語: バビロニア・ハッティ・カナアン」H・ガスター
現代教養文庫版は持っていますが、今この本を出す意義はあるのでしょうか。

今月の目玉は「凱旋門と活人画」です。
新書は「フランス現代史」以外これといったものがありません。
文庫では「江戸の大普請」「『快楽の園』の図像学」は読みたいですね。
選書も「凱旋門と活人画」以外ありません。全体に低調ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

エアコン取り換え

午前9時半にエアコン交換の業者が到着。
1時間ほどで工事は終了。
やっぱり新しいエアコンは効きがいいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

学校説明会

下の子が都立高校の学校説明会に行くのに付き合いました。
単位制高校という私の時代にはなかった制度の高校です。
美術系と福祉系がメインで女子の割合が多いせいか、同じ偏差値の普通科の高校に比べて静かな雰囲気でした。
説明でも、勉強以外の問題行動がないとか遅刻が少ないとか退学者が少ないとか、その辺をアピールしていました。
下の子の意欲を刺激してくれたらいいのですが。どうでしょうか。

午後からは明日のエアコン工事に備えて大掃除。
少なくとも工事の場所だけは確保しなければ。
暑い。汗だくで何度も着替えました。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

エアコン購入

午後、リモコンが使えず本体のスイッチで無理やり使っていたエアコンをついに買い替えることに。近所のヤマダ電機へ。冷暖房、除湿のほかはなんだかんだ機能がなくいちばんお手頃価格のものを選びました。
土曜日の午前中には工事に来るそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

『日本で一番悪い奴ら』&図書館で2冊

レンタルショップのポイントが貯まったので1本。
日本で一番悪い奴ら
これまたあんまり愉快な話ではないのですが、後学の為ということで。>見て損はないけれど、お話の垂れ流しという感じ。私が感動するタイプの作品ではありませんでした。

もう8月も下旬というのに昨年度分の気になる作品で見逃しているものがまだあります。
花芯』とか『溺れるナイフ』とか。
なぜか近所のレンタルショップに置いていません。
遠くのメジャーな店に行けばあるんだけど、返しそびれて延滞金取られそうだしなあ。

夕方、買い物ついでに図書館で予約していた2冊を受け取りました。
隕石:迷信と驚嘆から宇宙化学へ
「維新革命」への道: 「文明」を求めた十九世紀日本

「隕石」は、古代からの隕石の観測や研究史からはじまり、現在の知見までを網羅した内容らしい。拾い物かも。
「「維新革命」への道」は、明治維新を準備した江戸思想史。新しい筋道が見えているのかどうか。

参考文献のうち手元にあったのは「「維新革命」…」の「日本思想大系〈44〉本多利明・海保青陵」「江戸の歴史家」の2冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

オープンキャンパス

上の子の夏休みの課題のオープンキャンパス巡り。
2校目は池袋の近くの小ぢんまりとした仏教系総合大学。
とくに彼女の志望校というわけではないけれど、どんな学科があるのか雰囲気だけでも見てもらおうかと思ってピックアップしたなかから交通の便を優先して選択しました。
彼女の興味に引っかかるところが何かあればと思ったけれど、微妙な反応。むしろ、キャンパス見学ツアーの学生スタッフと私とのやり取りとか、学食とか、関係ないところで受けていたようです。志望校を決めるにはまだまだ時間がかかりそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

ファイル復活

映画の各年度のデータが入ったエクセルファイルが開かなくなってしまい、2日間ぐらい困っていました。
答えは簡単で、拡張子を変更して解決しました。もともと古いエクセルで作ったものにフリー・オフィスでコピーと訂正を繰り返していたせいでしょうか。ま、ともかく使えるようになって良かった良かった。

夕方、買い物途中にいつもの図書館で予約していた1冊を受け取りました。
ウニはすごい バッタもすごい - デザインの生物学
ずいぶん待たされました。人気の本なのでしょう。気軽に読めそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

DVD2本

久しぶりに近所のレンタルショップで新作2本。
ジムノペディに乱れる
風に濡れた女
ロマンポルノ復活企画から2本です。
『ジムノペディに乱れる』は行定監督。グチャグチャした人間関係が得意そうだから普通のロマンポルノを撮れるかも。>思った通りちゃんとしたロマンポルノでした。もてまくる中年(初老)男性というのは東陽一の映画みたいで羨ましい限りですが、もてすぎるのでエロまでの過程があとひとつもの足りないですね。
『風に濡れた女』は塩田監督。ピンク出身だしホラーも撮る人だから面白くなるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

元の木阿弥

古い漫画を売りに中野まで行きましたが、今回は状態が悪くて値が付かず往復の交通費で結局元の木阿弥でした。
ま、こんなこともあるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

追悼 西村昭五郎

映画監督の西村昭五郎が亡くなりました。

日活で監督デビュー。青春映画からアクション映画を手掛け、1971年以降はロマンポルノの旗手として『団地妻シリーズ』など主にメロドラマとしてのロマンポルノを量産し続けました。ロマンポルノ終了後はテレビドラマで活躍しました。
生涯監督作品数は101本。

私が観たのは計10本。
青春の風
団地妻 昼下りの情事
実録ジプシー・ローズ
本番(ほんばん)
団地妻 雨やどりの情事
肉体の悪魔
禁じられた体験
マダムスキャンダル 10秒死なせて
連続暴行 白昼の淫夢
あんねの子守唄

異色のサスペンス『連続暴行 白昼の淫夢』がこのなかでいちばんというぐらいで、西村流メロドラマが私好みじゃなかったのは残念です。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

図書館で5冊

しばらくぶりに図書館へ。
予約していた1冊を受け取り、開架棚から4冊借りました。
というのも、行きそびれている間に予約していた3冊が受け取り期限を過ぎて流れてしまうというお粗末で、せっかく来たのに受け取るのが1冊だけではもったいないので、ついでに4冊借りたという次第。流れてしまったのは縁がないということで予約し直したりしません。その程度の本でしたから。

予約していたのが「霊長類 消えゆく森の番人」。
借りたのが
鏡が語る古代史」日本史の話かと思ったら中国の鏡でした。面白いかも。
縄文とケルト: 辺境の比較考古学」ケルトの方が手堅く検証されているのに、縄文の方が自分が専門なだけに飛ばしてる感じです。
超能力微生物」知ったかぶり向きの読み物としてたのしめそう。
日本語全史」さっそく近代のとこ読んでしまいました。問題は、それで?に答えがあるのかってことでしょうか。

参考文献に挙がっているので手元にあるのは「縄文とケルト」にある「騎馬民族国家」の1冊だけでした。今さらこの本を引っ張ってくるのはどうでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

中公新書8月新刊

いつものように発表の遅い中公新書8月新刊から。
今月は気になったのが1冊しかありませんでした。
闘う文豪とナチス・ドイツ - トーマス・マンの亡命日記
これも、それほど食指の動くものではないですけどね。「永井荷風日記」みたいなものですか?なわけないか。
トーマス・マンで読んだことがあるのは「魔の山」。これはけっこう好きですけど、これしか読んでません。
マンについて触れている本は書棚を探してみたらいくつか出てきました。やっぱりドイツを代表する作家のひとりですからね。
知識人と政治」「トーマス・マンとドイツの時代」「戦後ドイツ」あたりでどうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

オープンキャンパス

上の子のオープンキャンパスについて行きました。
高校の夏休みの課題で最低2校の見学に行かなくてはいけないそうです。
本日は川越にある芸術系の大学です。
遠いうえに高校1,2年が対象ということで、去年行った都内の女子大よりも参加者も少なくいまいち盛り上がりに欠けていました。それでも演劇のワークショップに参加したり、スタジオの設備に触らせてもらったり、それなりに楽しめたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

アルバム売却

池袋のdisc unionで手持ちのLPから洋楽並びに日本のロック、サントラなどを40枚ばかり売却。
これで女性アイドル物以外のLPはほとんどなくなりました。
サントラに1点高値がついて、予想の倍近くに売れてホッとしました(それ1枚で全体のほぼ半額です)。わからんものです。
CDは見本盤の買取をしてくれないので処分にてこずっています。
書籍も半分ぐらいに減らしたいのですが、悩ましいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

神保町から上野まで

神保町で古書を4冊売却。
最初の店ではほとんど値が付きませんでしたが、次の店では予想最低限とはいえそこそこの価格で売れました。
神保町でカレーを食べてから、妻の希望で秋葉のパフェ屋に移動。
その後、上野で不忍池を一周。
雨は予報より遅めで助かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »