« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月29日 (土)

5月新刊の新書・文庫・選書

5月新刊の新書・文庫・選書から気になるものを私の蔵書とリンクしてピックアップしました。

◎岩波新書「霊長類 消えゆく森の番人」井田徹治
森が消えれば番人もいらないということでしょうか。
うちの本棚では「ヒトの誕生」が森林と人類誕生の関連を述べています。

◎岩波新書「鏡が語る古代史」岡村秀典
著者の肩書をみれば当然「古鏡」が関連するでしょう。もう少し新しいのでは「邪馬台国がみえてきた」も鏡に触れています。

◎講談社現代新書「戦争の日本古代史 好太王碑、白村江から刀伊の入寇まで 」倉本一宏
古代の東アジアと日本」「日本国家の形成」あたりが絡むはずです。ただ刀伊についてふれたものはあまりありませんでした。

◎講談社ブルーバックス「三つの石で地球がわかる 岩石がひもとくこの星のなりたち」藤岡換太郎
花崗岩とか安山岩?それとも石英とかケイ素とか?どちらにしても面白そうではあります。

◎講談社ブルーバックス「人はどのように鉄を作ってきたか 4000年の歴史と製鉄の原理」永田和宏
砂鉄を溶かしてとかそういう話なんでしょうか。
科学の考古学」「西洋事物起原」あたりでどうでしょう。

◎ちくま新書「武士道の精神史」笠谷和比古
武士の誕生」はたぶん違うんでしょうね。

◎ちくま新書「縄文とケルト: 辺境の比較考古学」松木武彦
著者のスタンスは知りませんけれど、イメージだけの安直な比較は上滑りなことが多いですね。
縄文とケルト: 辺境の比較考古学」あたりでしょうか。

◎ちくま新書「万葉集から古代を読みとく: 古代社会と歌」上野 誠
もちろん日本古代の解明に万葉集は欠かせませんが、うちのでは「神話と国家―古代論集」が近いでしょうか。

◎新潮新書「秘伝・日本史解読術」荒山 徹
わりとトンデモな著者ですから…きっと読まないでしょう。

◎白水社文庫クセジュ「隕石:迷信と驚嘆から宇宙化学へ」マテュー・グネル
興味を惹かれます。もちろん類書は持っていませんが、「異貌の科学者」「世界の終末」にかすっているのかもしれません。

◎岩波文庫「まっぷたつの子爵」カルヴィーノ
カルヴィーノのでは「マルコ・ポーロの見えない都市」「むずかしい愛」「柔かい月」「レ・コスミコミケ」を持っています。

◎ちくま文庫「混浴と日本史」下川耿史
風呂に関しては「江戸文化評判記」「イザベラ・バードの日本紀行」でちょっと。

◎ちくま学芸文庫「西洋哲学史: ルネサンスから現代まで」野田又夫
著者はフランス哲学の人ですよね。うちには「ルネサンスの思想家たち」があります。
ただ今何十年も前の哲学史の教科書というのは古くないですか?

◎ちくま学芸文庫「近現代仏教の歴史」吉田久一
わが家の「日本仏教史入門」に触れていますが、近現代は新宗教がらみ以外は面白くありませんね。

◎講談社学術文庫「星界の報告」ガリレオ・ガリレイ
岩波文庫版はあります。

◎講談社学術文庫「中世ヨーロッパの騎士」フランシス・ギース
学術文庫の中世ものでおなじみの著者ですが我が家にはありません。「ヨーロッパ中世の城」「十字軍騎士団」あたりが近いのかもしれません。

◎講談社学術文庫「自然魔術」ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタ
錬金術研究では欠かせないテキストの文庫化は喜ばしいことです。関連書で手元にあるのは「ルネサンスの神秘思想」「イタリア・ルネサンス」「科学革命」あたり。

◎角川ソフィア文庫「古代研究VI 国文学篇2」折口信夫
まだ続きます。

◎角川ソフィア文庫「越境の古代史―倭と日本をめぐるアジアンネットワーク」田中史生
上の「戦争の日本古代史」とダブります。古代史を列島にとどまらない視点で捉えるのは常識になりつつあるようです。「古代の東アジアと日本」「倭国―東アジア世界の中で」あたり。

◎光文社古典新訳文庫「ケンジントン公園のピーター・パン」バリー
講談社文庫版はあります。

◎光文社古典新訳文庫「哲学書簡」ヴォルテール
世界の名著」に収録されています。
ヴォルテールでは他に「浮世のすがた」「カンディード」「バビロンの王女・アマベッドの手紙」とくだけたのばかり。

◎講談社選書メチエ「アダム・スミス 競争と共感、そして自由な社会へ」高 哲男
書棚には「国富論」はあります。ほかに「アダム・スミス」や「十八世紀イギリス思想史」でいかがでしょう。

◎講談社選書メチエ「フラットランド たくさんの次元のものがたり」エドウィン・アボット
「二次元の世界」などたびたび翻訳されている古典の新訳です。

◎筑摩選書「アガサ・クリスティ-の大英帝国: 名作ミステリと「観光」の時代」東 秀紀
大英帝国」「旅の思想史」「女たちの大英帝国」あたりかな。「シャーロック・ホームズの履歴書」はちょっと違うでしょうか。

◎角川選書「井伊直虎の真実」黒田基樹
大河便乗本ですね。お勉強的には「徳政令」が参考になるかもしれません。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「〈ものまね〉の歴史: 仏教・笑い・芸能」石井公成
なんとなく「日本の民俗宗教」「中世的世界とは何だろうか」「江戸の見世物」あたりに関連しているはずです。

◎吉川弘文館人物叢書「柿本人麻呂」多田一臣
我が家の蔵書で人麻呂に触れているのは「古事記と日本書紀」「壬申の内乱」ぐらいです。


今月の目玉は何といっても「自然魔術」。これは是非は買わなくてはいけません。
新書は岩波とブルーバックス、クセジュが気になりますがやや弱いかな。
選書では「フラットランド」ですね。
あとは「アガサ・クリスティの大英帝国」も必読。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

DVD4枚

近所のレンタルショップでDVDを4枚。

永い言い訳
湯を沸かすほどの熱い愛
孤独のススメ
帰ってきたヒトラー
昨年度の各ベストテンで評判の邦画が2本とひねったコメディ洋画が2本。

『永い言い訳』は、西川監督で本木くんですからまっとうな作品なはずです。>
『湯を沸かすほどの熱い愛』は、予告編見る限り私の不得意な肝っ玉母さんの話みたいで心配です。>
『孤独のススメ』は、さっぱりわかりませんが脱力系なのでしょうか。予告編で気になってたので、ついでです。>ダメでした。映像のテンポがつかめないままでさっぱり入ってきませんでした。参りました。
『帰ってきたヒトラー』は、昨年いやにヒトラー物が多くありませんでしたか?トランプとかルペンとかとダブらせてるんでしょうか。いや作ったのはもっと前ですが、ドイツではその予兆を感じているのでしょう。てな暢気なことではないですよね。日本の現状を鑑みるとむしろ欧米の先を行って極右が政権を担っているんですから。>ま、予想どおりでした。もっとぶっ飛んだ何かを期待していたんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

図書館で1冊+1枚

午後から妻と散歩。
帰りに図書館に寄って予約していた新書1冊とCD1枚を受け取りました。

海の向こうから見た倭国

ノイタミナ10TH ANNIVERSARY BEST MIXED BY DJ和』あ予約して1年近く待ってたけどこれ違った。馬鹿か私は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

CDいただき物

お付き合いのあるメーカーからCD2W頂きました。
いつもいつもありがとうございます。

Mitani_teruyo_omoidenofirstkiss
三谷晃代/想い出のファースト・キッス コンプリート・コレクション

Mokobeaverolive_ilovehowyouloveme
モコ・ビーバー・オリーブ/わすれたいのに+7 コンプリート・コレクション

どちらもオールディーズ風ポップスです。
三谷晃代「絶交」は最高です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた図書館で2+3冊

急な仕事が入って、資料探しに図書館へ。
私の図書館カードはいっぱいいっぱいなので、
妻のカードを借りて資料を3冊借り出しました。

といいつついっぱいいっぱいの私のカードでは2冊返却して予約していた2冊を受け取りました。
応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱
人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか

突然のベストセラーで予約が100人越えだった「応仁の乱」。
蔵書冊数が多かったせいか意外に早く借りられました。
目次を見る限り、目新しく感じないのですが、さて好評の理由がわかるでしょうか。
参考文献も豊富です。うちの本棚で見かける著者の本も多くありましたが、そのものずばりは1冊もありませんでした。
「人類と気候の10万年史」は水月湖堆積層調査の責任者が著者。期待の1冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

1日遅い誕生日プレゼント&図書館

上の子の誕生日のプレゼントに通学にも使えるリュックを買いに池袋へ。
駅近くでマルイやパルコをウロウロした挙句、サンシャインのヴィレッジヴァンガードで彼女の欲しいものが見つかり疲れたけれどめでたしめでたし。
帰りに中村橋で買い出しをして、図書館で予約していた4冊を受け取りました(予約は5冊入っていたけれど借り出し冊数がオーバーで4冊で打ち止めでした)。
ヒトと文明: 狩猟採集民から現代を見る
天災と日本人: 地震・洪水・噴火の民俗学
理性の起源: 賢すぎる、愚かすぎる、それが人間だ
死者はどこへいくのか: 死をめぐる人類五〇〇〇年の歴史

今日の4冊はどれも豊富な参考文献が掲載されていました。そのなかで手元にあるものを上から順に挙げておきます。
インディアスの破壊についての簡潔な報告」「生物進化を考える」「シュメル」「栽培植物と農耕の起源」「アリストテレスとアメリカ・インディアン」「法律」「ホモ・ルーデンス」「人間不平等起原論」「悲しき熱帯
龍の棲む日本」「南方熊楠コレクション〈5〉森の思想」「江戸のはやり神
進化思想の歴史
葬制の起源」「ローマ帝国の神々」「歴史」「現代アラブの社会思想」「インド文明の曙」「リグ・ヴェーダ讃歌」「古事記」「日本霊異記」「ギリシア案内記」「原典訳 アヴェスター」「イリアス」「変身物語」「日本書紀」「東方見聞録」「ギリシア神話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

1日早い誕生日

上の子の17回目の誕生日は明日なのだけど、私が留守にするので池袋のデパ地下でケーニヒスクローネのイチゴのパイケーキを買ってお祝いをしました。

Konigskrone


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

西荻の古書店でル・グィン 追悼 松本俊夫

妻と西荻あたりをブラブラ散歩。
以前にも入ったことのある古書店盛林堂盛林堂でル・グィンの「所有せざる人々」を購入しました。
こじんまりとしていながら日本の怪奇物やミステリーを中心にいい品揃えの店です。価格も良心的です。

The_dispossessed


映画監督の松本俊夫氏が亡くなりました。
前衛映像作家として知られ『薔薇の葬列』で映画監督としてデビュー。
生涯4本の劇場用映画を監督しています。
私はその後の3本
修羅
十六歳の戦争
ドグラ・マグラ
を観ています。
このうち『十六歳の戦争』は76年の私の第8位です。
この年の私のベストテンでは2位『さらば夏の光よ』,3位『パーマネント・ブルー』,4位『挽歌』,5位『あにいもうと』、そしてこの作品と5作も秋吉久美子主演が並んでいます。しかも悲しいことに全然DVD化されていない。

好き嫌いはともかく松本俊夫の映像は印象に残っています。

合掌


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

レンタルDVD4本

近所のレンタルショップでDVDを4本。
少女
バースデーカード
ある天文学者の恋文
グランドフィナーレ

目玉は、まったく世評の芳しくない『少女』です。>確かに、ミステリーとしての骨格がちゃんとしていないことが評判の良くない原因なのでしょう。監督の意図はともかく、ただ私のように本田さんや山本さんを愛でたいという類の観客には納得の作品となっていました。もちろん山本さんと本田さんでは女優としての格が違うので、ひたすら本田さんを見続けることになるのですけれど。
『バースデーカード』は、あらすじを見る限り『ニライカナイからの手紙』みたいですが。>これは拾い物です。ただただ宮崎さんの素晴らしさを堪能するためだけの作品ですが、それがきちんとできているという意味で評価に値するはずです。ただクイズ番組のシーンは余計でしたね。話はほとんど終わっているのにあれはないでしょう(あの余計なシーンのために制作された作品なので文句は言えないですが)。
『ある天文学者の恋文』>うん?これも死者からのラブレター。荒唐無稽さは同じでもこちらは全然伝わらない。死後も恋人を自分のものにしたいという気持ちの悪い世界です。
『グランドフィナーレ』>人生をリタイアしたセレブたちが集うスイスの高級ホテル。「魔の山」を思わせます。いい気なもんだという気もしますが、贅沢な映像の連続で、素敵なシーンもあります。ミスユニバースのヌードとか昔の女優たちの幻想とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

図書館で4冊

買い物のついでに図書館で予約していた4冊を受け取りました。

真淵と宣長 - 「松坂の一夜」の史実と真実
教養としてのゲーテ入門: 「ウェルテルの悩み」から「ファウスト」まで
「軍」の中国史
共同体のかたち イメージと人々の存在をめぐって

今回の4冊は自分で予約していていうのも変ですが、私にとっては地味なラインナップという感じです。
しかもざっと眺めたところ、4冊のなかでは「共同体のかたち」の参考文献に「想像の共同体」が挙げられているのが唯一私の蔵書にあったものでした。よく見たら「存在と時間」「複製技術の時代における芸術作品」もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

オールタイム・LPベストテン

ジャケ写もそろったのでオールタイムベストテンを並べてみましょう。

<第1位>
P1030124
『ひとかけらの純情』南 沙織
アルバムの完成度なら『20才まえ』や『シンシア・ストリート』でしょうが、このアルバムにおける有馬三恵子の歌詞は絶品です。
P1030123P1030129

<第2位>
P1030078
『Candy』松田聖子
『スコール』でも『風立ちぬ』でも初期の松田聖子のアルバムに甲乙はつけられません。あえてこのアルバムを選んだのは「ブルージュの鐘」「真冬の恋人たち」の故でもあります。
P1030073P1030076

<第3位>
P1020879
『硝子坂』木之内みどり
名曲「東京メルヘン」所収。タイトル曲は高田みづえのデビュー曲のオリジナルです。
<第4位>
P1020980
『ペイパームーンに腰かけて』高見知佳
泣きの入った抒情派のA面とサウンドが楽しめるB面。どちらも歌手高見知佳の魅力を引き出しています。

<第5位>
P1020784
『つかさ』伊藤つかさ
このアルバムだけにすべてを出し切ったといっていいワン・アンド・オンリーの伊藤つかさです。

<第6位>
P1020821
『春のささやき』大場久美子
ちょっとぶっきらぼうのナレーションと奇跡のヴォーカルが絶妙な取り合わせのファーストアルバムです。

<第7位>
P1020968
『サブリナ』高岡早紀
最早CD時代に突入した最後期のLPです。性別年齢を超えた妖精のような歌声を加藤和彦サウンドが絢爛に彩ります。

<第8位>
P1020836
『ヴィーナス誕生』岡田有希子
坂本龍一による1曲目から最後まで「くちびるNetwork」を除いて統一されたこの完成度、このきらめき。いまでもこのアルバムを涙なしに聞くことはできません。

<第9位>
P1030062
『Greeting Cards』ポニーテイル
ユーミン「二人は片想い」やオフコース「僕の贈りもの」などを含む鈴木慶一によるオールディーズ。

<第10位>
P1020985
『ビギニング』竹内まりや
たぶん本人も意識していないし誰も賛成しないでしょうが、私にとってはキャンパスライフをうたう彼女は第2の南沙織というイメージでした。

<次点>
P1020991
『哀愁のオリエント急行』つちやかおり
タイトル曲はロジックシステムによるテクノサウンドですが、ほかはライダースによるオールディーズ。他の80年代アイドルにはない泣きの入ったヴォーカルを堪能できます。


他にも
松本伊代、金井夕子、香坂みゆき、石川ひとみあたりも入れたかったのですが溢れてしまいました。また、当然入ってしかるべき太田裕美は現物を持っていないので、涙を飲みました。

P1030095P1020862
P1020915P1020753

こうして眺めてみると、1970年代後半の作品が多いですね。アルバムが売れて当然の80年代のアイドルよりも無茶して作っていた感じが楽しいからでしょうか。(ムーンライダーズ物が並んでいるのは偶然です。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

中央公論新社4月新刊

中央公論新社の4月新刊がサイトに出ましたので、そのなかから気になるものを3冊。

中公新書「謎の漢字 - 由来と変遷を調べてみれば」笹原宏之
中公新書「詭弁論理学 改版」野崎昭弘
中公叢書「大航海時代の日本人奴隷」ルシオ・デ・ソウザ/岡美穂子

新書の2冊はどうでもいいですが、「大航海時代の日本人奴隷」は前から気になってはいたのにさっぱり手掛かりがつかめなかったテーマ。これはぜひ読まなくてはいけません。戦国時代に奴隷を輸出していたという記述は目にするのですが、新大陸における日本人奴隷については、何で読んだか記憶があやふやです。
これは楽しみです。
うちの本棚では「大航海時代」「南蛮太閤記」「南米ポトシ銀山」あたりに絡むでしょうか。


アルバムのジャケットは80枚ほど撮って女性ヴォーカルはどうにか終了。

P1030115
水谷 圭『ミステリューズ』

P1030162
優雅の中国盤(タイトルは読めません)

P1030176
鷲尾いさ子『彼女の風』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作2本&花見

もろもろせわしなくてややお久しぶりのDVDレンタルです。
日本映画新作を2本
怒り
SCOOP!

『怒り』は、宮崎さんに池脇さんに広瀬さん。これで悪かったら困りものです。>困りものでした。最後には全員泣いてめでたしめでたしですか?いい役者が出てきちんと作っていればストーリーなんてどうでもいいっていうつもりではないでしょうけれど、森山さんが勝手に自滅しただけでした。その伏線もありませんし。広瀬さんのラスト、あれでいいんでしょうか。とはいえ、宮崎さんさすがです。
『SCOOP!』は、『少女』とどっちにしようか悩んだけど、二階堂さんに期待してこちらを選択。>悪くはないと思います。ラストに福山雅治の過剰な思い入れは感じますが、もうちょっと肩の力を抜いた軽妙さがあれば、と思わせました。二階堂さんもそれなりで新たな発見はありませんでした。それが残念。

昼から家族みんなで新宿御苑へ行って花見。
途中でサンドイッチやおにぎりを買ってブラブラ。
ここはいろんな種類の桜を楽しめるのがいいところ。
大島桜に枝垂桜や江戸彼岸桜。バイゴジジュズカケザクラなんて一見しては読めない呪文のような種類も(漢字では梅護寺数珠掛桜と書きます)。
目立つ中国系に加えて東南アジア系の団体客もチラホラ。
振り袖姿で記念撮影をしている外人さんやウェディングドレスのお嫁さんなど、いろいろ楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

まだまだ続くジャケ写撮り

今日はサ行からタ行さらにナ行へ80枚。

P1020931
斉藤美和子『GIRL MEETS BOY

P1020952
篠塚満由美『TURNING POINT』

P1020963
シャワー『Sing Sinsle Singles』

P1020968
高岡早紀『サブリナ

P1020980
高見知佳『ペーパームーンに腰かけて

P1030015
夏水リセ『セルビア林檎』

P1030019
能瀬慶子『ほほえみプレリュード』

夜にさらに80枚追加。マ行に突入しました。
P1030034
速水栄子『恋人くん』

P1030059
ふくじゅ草『ファースト』

P1030061
ヘレン笹野『心細いな』

P1030062
ポニーテール『GREETING CARD

松田聖子とか松本伊代は大好きな名盤が複数ありますが今更ですのでよしときます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

ジャケ写(番外)

意外とCD化されてますね。
もっと偏屈でCD化されてないのをピックアップしてみました。

P1020720
青田浩子

P1020750
安野とも子

P1020892
黒沢ひろみ

P1020921
高田橋久子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

ジャケ撮り(承前)

昨日の続きを少々。
こんなのやこんなのを80枚ばかり。
やっとカ行を抜けました。
P1020850
かとうゆかり『シェイキング・メモリー
オールディーズ歌謡です。

P1020858
かわいさとみ『TYPE=B
AV出身のアイドルさん。かすかな歌声が魅力です。

P1020861
金井夕子『ecran
もっともっと評価されていい70年代後半アイドル不毛時代のシンガー。

P1020879
木之内みどり『硝子坂
これも10本の指のひとつです。

P1020925
小林啓子『あげます
フォークシンガー時代の小林啓子です。
A面がカレッジ・フォーク、B面が洋楽のカバー。そういう時代でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

LPジャケ写撮り

思い立ってうちにあるLPのジャケ写を撮り始めました。
シングル盤はスキャンできるのですが30㎝のアルバムはカメラで撮るしかありません。
夕方から始めて100枚ほど撮りました。
まだア行が終わっていません。
400枚ぐらいだと思いますが、写真を撮るためにいちいちビニール袋を外すのが意外と手間です。
ジャケ写以外の部分はカットするつもりですがとりあえず背景付きで。

P1020744
浅野ゆう子『とびだせ初恋
デビューしたての浅野ゆう子です。

P1020807
『梅木マリ/ベニシスターズ』
60年代の少女シンガーです。最高です。

P1020836
岡田有希子『ヴィーナス誕生
不幸な事件を抜きにしてもオールタイムで10本の指に入る名作アルバムだと思います。
あとの9枚は撮影が出来たらおいおい紹介していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »