« 洋楽シングル処分 | トップページ | 中公新書3月新刊 »

2017年3月 2日 (木)

追悼 かまやつひろし

歌手のかまやつひろしが亡くなりました。
ニュースではあまり触れられていませんでしたが、ロカビリー歌手としてデビューをして水原宏、井上ひろしとともに“三人ひろし”と呼ばれるほど注目を集めました(守屋浩を加えて4人ひろしとか、水原の代わりが守屋とか諸説あるようです)。
その後ザ・スパイダースの結成に参加。音楽、ファッションの両面からバンドの方向性を決定付けました。
スパイダース解散後は自身のソロ活動のほかに、ウォッカコリンズやガロなどプロデューサー的な役割も担っていました。

うちにある音源は、
ロカビリー時代かまやつヒロシ名義の9曲とザ・スパイダースのシングル全曲、それにソロになってからの
「どうにかなるさ」「青春挽歌」「我が良き友よ」と拓郎とのデュエット「シンシア」。

彼の作曲した作品は
本人の「どうにかなるさ」。
スパイダースの
「フリ・フリ」
「ノー・ノー・ボーイ」
「ヘイ・ボーイ」
「サマー・ガール」
「なんとなくなんとなく」
「いつまでもどこまでも」
「あの時君は若かった」
「真珠の涙」
「黒ゆりの詩」
「エレクトリックおばあちゃん」
「夜明けの二人」
「ふたりは今」
井上順
「人生はそんなくり返し」
テンプターズ
「帰らなかったケーン」
ゴールデン・カップス
「人生は気まぐれ」
ロック・パイロット
「月旅行」
女性歌手に提供した作品で、
安西マリア「恋の爆弾」
長谷直美「レディス・アングル」の19曲。

なんといってもかまやつさんの曲はコード進行が不思議ですよね。
今聞くとシャレてるとか言うんでしょうが、子供のころの私には合っているのか外れているのか首をひねりたくなるサウンドでした。
ガロの「四葉のクローバー」なんかも素敵でした。

Golden60scollectionguys


合掌

|

« 洋楽シングル処分 | トップページ | 中公新書3月新刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/64963057

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 かまやつひろし:

« 洋楽シングル処分 | トップページ | 中公新書3月新刊 »