« 毎日映画コンクール・ノミネート | トップページ | 江古田のBOOKOFF »

2017年1月14日 (土)

図書館で4冊

買い物のついでに図書館で予約していた4冊を受け取りました。
異端カタリ派の歴史 十一世紀から十四世紀にいたる信仰、十字軍、審問
江戸の都市力: 地形と経済で読みとく
柳田国男: 知と社会構想の全貌
平安京はいらなかった: 古代の夢を喰らう中世

何といっても本文750ページという「異端カタリ派の歴史」に圧倒されました。これをメチエで出そうという編集のチャレンジにとりあえず敬意を払いましょう。総括的にカタリ派の歴史を見るには最適な一冊のなるのではと期待しています。参考文献は仏語ばかりでした。
「江戸の都市力」の著者は経営学博士で日本史プロパーではありません。我田引水的な江戸論のような気もしますがどうでしょうか。参考文献では「折りたく柴の記」「戦争論」が手元にありました。
「柳田国男」も570頁を超える分厚い新書。目次を見る限り、官僚時代から民俗学へというだけでなくマリノフスキー、フレイザー、デュルケーム、ウェーバーなどその思想的基盤を明らかにしようとするようです。それだけに参考文献が巻末にないのは残念です。
「平安京はいらなかった」はこの意味のつかみにくいタイトルとは異なる京都愛に満ちているようです。参考文献で手元にあるのは「クビライの挑戦」。

|

« 毎日映画コンクール・ノミネート | トップページ | 江古田のBOOKOFF »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/64763487

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館で4冊:

« 毎日映画コンクール・ノミネート | トップページ | 江古田のBOOKOFF »