« 図書館で1冊 | トップページ | 追悼 平幹二朗 »

2016年10月22日 (土)

新作4本

近所のレンタルショップで新作DVDを日本映画と外国映画を2本ずつ4本借りました。
無伴奏
『ちはやふる 下の句』
『LOVE』
ヘイル,シーザー!

『無伴奏』は、いちばんの期待作です。もちろんお気に入りの成海さんがどれだけ頑張っているかが楽しみです。>成海さんは納得です。70年頃の生真面目な少女らしい不機嫌さがうまく表現されていました。私はヒロインよりも2つ3つ下の世代で、私が入学する直前の卒業式で制帽を燃やすという事件があったり、高校3年の時には制服自由化になったり、また、70年代には仙台で学生生活を送っていましたので、何となく雰囲気を楽しめました。ただ、もう少し学生運動寄りの話かと思いましたが、描かれているのはセックスにのめりこんで行く少女だけでした。それはそれでありでしょうけど。問題は池松君と斎藤君ですね。とくに池松君の薄ら笑いはとても気味が悪いです。後半の展開は無理やりですね。人を殺しちゃダメでしょう。
『ちはやふる 下の句』は、『上の句』が上出来だったので、どうでしょうか。>なぜでしょう。辛気臭いです。上の句と大違いです。純粋な心を失っている私には千早のグダグダがちっとも伝わりませんでした。
『LOVE』はよくわかりませんが、ギャスパー・ノエですからエロ・グロいのでしょう。>エロエロですね。日本じゃ絶対に作れないでしょう。女優よりも男優がいないでしょうね。話だけならセンチメンタルな恋人回想ものです。小沼勝だって石井隆だってありそうです。
『ヘイル,シーザー』は、コーエン兄弟。>いまいちでした。これだとアカ狩り時代のキャンペーンと変わりません。当時はそうだったからそう作ったといいたいのでしょうか。それではパロディではありません。作者が当時と同じアカ狩りをしているのですから。

|

« 図書館で1冊 | トップページ | 追悼 平幹二朗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/64385496

この記事へのトラックバック一覧です: 新作4本:

« 図書館で1冊 | トップページ | 追悼 平幹二朗 »