« 追悼 高山一彦、脇田晴子 | トップページ | 中公新書10月新刊 »

2016年10月 2日 (日)

DVDレンタル

いつものレンタルショップで4枚。
『ちはやふる 上の句』
俳優 亀岡拓次
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
リリーのすべて

『ちはやふる 上の句』は、アニメ、コミック原作の青春物はいいかなとも思ったんですが、広瀬さん目当てで観ることに。そういえば上白石さんも姉妹で女優さんです。>熱いドラマでしたね。それぞれの家庭を描いていないというのもまだるっこしくなくていいと思います。ただ、最後の逆転劇がいまいちピンときませんでした。あれだと実力さえ出せば勝てたのに、前半チームがぎくしゃくしていたから調子を出せなかっただけということになりませんか。とにかく広瀬さんは素晴らしいということはきちんと描いています。それだけでもちゃんとした作品です。
『俳優 亀岡拓次』は、微妙ですが麻生さんも出てることだし。わがままはエライという話でなければいいのですが。>いやいやまっとうな助演専門俳優の生きざまを描いた作品でした。自堕落にも陥らず、無鉄砲にもならず、与えられた仕事を確実にこなす主人公。ロケ先で美人女将と知り合ったり、舞台に挑戦したり、世界の巨匠からオファーが来たり素敵なこともあるけれど、やっぱり本業は助演俳優。といえば傑作みたいだけど、ドラマが転がりません。私と波長が合わないのかひたすら間延びして感じました。麻生さんはもちろん言うことないです。
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、何をいまさらのSW。どんな出来でも観て損はないはず。>うーん。スター・ウォーズがこんなに驚きのない映画だなて。悪くはないけど、予想通りの作品でした。もっと興奮させてくれなければ。
『リリーのすべて』は、予告編の美術が素晴らしい感じがしたので、気になりました。

|

« 追悼 高山一彦、脇田晴子 | トップページ | 中公新書10月新刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/64288208

この記事へのトラックバック一覧です: DVDレンタル:

« 追悼 高山一彦、脇田晴子 | トップページ | 中公新書10月新刊 »