« 追悼 山下賢章 | トップページ | ゴジラ再見 »

2016年9月 8日 (木)

DVD4枚+書籍3冊とCD1枚

近所のレンタルショップでDVDを4枚レンタル。

リップヴァンウィンクルの花嫁
『蜜のあわれ』
シェル・コレクター
『ヘイトフル・エイト』
今回はなかなかの4作。期待してます。
(amazonにリンクできない作品があるのはなぜなんでしょう?)

『リップヴァンウィンクルの花嫁』は、黒木華さんのというより岩井監督ですから話はつまらなくても映像はきれいなはずです。>3時間はちと長いです。とくに離婚するまでの話が回りくどいです。どんくさい黒木さんが不幸になっていくという話そのものはイライラするだけであまり愉快なものではありませんでしたが、Coccoさんの登場から映画が素敵になり、黒木さんも輝いていきます。とにかくCoccoさんはすごい。それにしてもこのヒロイン、危なすぎます。ちょっと間違えば風俗だってAVだってやっちゃいそうです。黒木さんにそんな役は期待しませんけれど(どこかで期待しているのかな)。
『蜜のあわれ』は、最近アイドル路線へ転向(?)してきた二階堂さんが、小悪魔路線で頑張ってくれてるんでしょうね。>中高年作家によるファンタジー&エロス。二階堂さんのお尻ダンスにウキウキ、セクシーシーンにドキドキってな具合で、身に沁みすぎて切なくなります。
『シェル・コレクター』は、よくわからないけど橋本愛さんに期待しましょう。>橋本さんはあまり登場しませんでした。がんばってたのはやっぱり寺島さん。評価は低いみたいですが、説明不足な部分はあっても、こういうファンタジーは嫌いじゃありません。
『ヘイトフル・エイト』は、予告編が悪人面ばかりで面白そうだったタランティーノ作品。>予告編が面白すぎました。話が始まるまでが長いし、展開もくどい。表現がえぐいのは当然でしょうが、その割に事件の謎解きがあっさりとしすぎでこくがないような。全体に不発気味でした。


夕方買い物ついでに予約していた本とCDを図書館で受け取る。
本は
よみがえるヴァンパイア―人はなぜ吸血鬼に惹かれつづけるのか―
国分寺の誕生: 古代日本の国家プロジェクト
集合住宅: 二〇世紀のユートピア
の3冊。今回は適当にテーマがバラケていていい感じ。
ちなみに参考文献で手元にあるのを探してみたら
ドラキュラ伝説」「未来のイヴ」「ファウスト
参考文献に蔵書なし
都市フランクフルトの歴史

CDは赤い公園『猛烈リトミック

|

« 追悼 山下賢章 | トップページ | ゴジラ再見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/64174984

この記事へのトラックバック一覧です: DVD4枚+書籍3冊とCD1枚:

« 追悼 山下賢章 | トップページ | ゴジラ再見 »