« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月30日 (水)

西川口BOOKOFFで2冊

仕事帰りに西川口駅前のBOOKOFFで
清朝と近代世界―19世紀〈シリーズ 中国近現代史 1〉
玄奘三蔵、シルクロードを行く
をゲット。
各108円じゃ申し訳ない。
参考文献で手元にあったのは
大清帝国」「洪秀全と太平天国
玄奘三蔵 西域・インド紀行

本を減らそうと思っているのにまた買ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月の新刊

4月の新刊から気になる新書文庫選書をピックアップしました・

◎岩波新書「風土記の世界」三浦佑之
岩波文庫の「風土記」はあります。ほかに、当然日本神話関連ではさまざまなところで触れられています。

◎ちくま新書「現代思想史入門」船木 亨
現代思想に関する本もいろいろ読んできましたが、「格闘する現代思想」あたりの今村仁司氏の著作が本書にいちばん近い問題意識かもしれません。

◎ちくま新書「カール・マルクス: 「資本主義」と闘った社会思想家」佐々木隆治
社会変革の思想家としてのマルクスだそうですが、そりゃそうでしょう。
近いのは「今こそマルクスを読み返す」かなあ。

◎ちくま新書「日本建築入門」五十嵐太郎
うちにあるもので建築と名がつく本は西洋のものばかり、
日本のでは「東京の空間人類学」「都市のコスモロジー」あたりがかすりそうです。

◎平凡社新書「リメイクの日本文学史: リライトの日本文学史」今野真二
文学史にはうといのでどういう内容なのか掴みかねますが、気になります。

◎角川新書「復権するマルクス 戦争と恐慌の時代に」的場昭弘、佐藤 優
あれ?またマルクスものだ。


◎岩波文庫「法の原理―人間の本性と政治体」ホッブズ
ホッブスはリバイアサンを世界の名著で。

◎講談社学術文庫「興亡の世界史 モンゴル帝国と長いその後」杉山正明
杉山さんのモンゴル物が面白くないわけはありません。
うちにも「クビライの挑戦
モンゴル帝国の興亡<上> (講談社現代新書)
「遊牧民から見た世界史」
があります。

◎講談社学術文庫「日本古代呪術 陰陽五行と日本原始信仰」吉野裕子
うちにある吉野氏の著作は「ダルマの民俗学」「神々の誕生」。
これも陰陽五行説と日本の神話・民俗です。

◎講談社学術文庫「天才数学者はこう解いた、こう生きた 方程式四千年の歴史」木村俊一
さて私に理解できる内容なのかお手上げなのか。

◎講談社学術文庫「カントの時間論」中島義道
カントの人間学」は持ってます。

◎角川文庫「知の巨人 荻生徂徠伝」佐藤雅美
徂徠に関しては「荻生徂徠」「江戸人とユートピア」がありますが、江戸の思想史は問題意識がわかりにくくて難しい。

◎新潮文庫「エレクトリックな科学革命 いかにして電気が見出され、現代を拓いたか(仮)」ディヴィッド・ボダニス
関係ありそうなのは「西洋事物起原」「図説 発明狂の時代」。

◎ちくま学芸文庫「基礎講座 哲学」須田 朗/監 木田 元/監
おそらく手に取らないでしょう。

◎平凡社ライブラリー「日露戦争史 1」半藤一利
これも調べ物でもない限り読まないだろうなあ。

◎講談社選書メチエ「金太郎の母を探ねて 母子をめぐる日本のカタリ」西川照子
きっと「桃太郎の母」がヒントになっているんでしょう。
ほかにも「童話と樹木の世界」や「蘇る中世の英雄たち」でも金太郎に触れています。

◎講談社選書メチエ「江戸諸國四十七景 名所絵を旅する」鈴木健一
似たような内容では「東京ざっくり探訪―江戸切絵図と今」みたいなお手軽本しかありません。

◎角川選書「忍者の歴史」山田雄司
忍者については「考証忍者物語」。

おまけです
◎東洋文庫「エリュトラー海案内記 1」蔀 勇造 訳註
中公文庫版は持っています。
余裕があったら買いたいですね。

目玉は
新書が「風土記の世界」
文庫は「荻生徂徠伝」「エレクトリックな科学革命」
選書は「金太郎の母を探ねて」
本当を言えば、やっぱり東洋文庫がいちばん気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月29日 (火)

図書館で1冊

買い物ついでに図書館で予約していた1冊を受け取りました。
蘇我氏の古代
豊富な参考文献が挙げられていますがうちの書棚の本はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月26日 (土)

南十字星共和国

先日書いた「南十字星共和国」池袋にてゲットしました。

Respublika_yuzhnogo_krestao

帰りの電車で訳者の解説を読みました。
1973年のオリジナルのままなのでしょう。その発達史観に基づいた記述は、今の読者が読んでおそらくはほとんど理解できない内容です。いや当時学生だった私が読んだとしてもそうとう違和感を感じたはずです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月25日 (金)

itunesインストール

先日試みたらなぜかダウンロードできなかったまま、
いろいろ忙しくて手を付けていなかったitunesを
やっと新しいPCにインストールしました。
音源を移転すると重くなりすぎる気もしたので、
しばらくは外付けHDで対応しようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

朝から検査 「南十字星共和国」復刊

上の子の検査のために朝から病院へ。
まあ快方に向かっているとのことでひと安心。

おお、絶版になって久しい「南十字星共和国」が白水社のUブックから出ます。
うれしいじゃありませんか。今度買ってこようっと。
この次は河出書房の「緑のこども」か早川さんの「角笛の音の響くとき」をお願いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

北区図書館

資料探索に北区の図書館へ。
あたりを付けた資料はハズレでした。
仕方なく、同区の別の図書館へ。コミュニティバスが直通で助かった。
ここでは数ページコピーだけで終了。
北区は隣接区の住民でなくてもカードが作れるというのでいちおう作っておくことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月17日 (木)

図書館で3冊

仕事関連で図書館で3冊かりました。
豊臣秀吉99の謎」「信長の謎」「図説「信長公記」で読む信長の謎
秀吉のほうはほぼ整いましたが、
信長の私が知りたい謎はまだ解明されていません。
困った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

レンタルで1枚、図書館で1冊

近所のレンタルショップで1枚
チョコリエッタ』。
風間志織の新作。好きな監督だけどあまり話題にならなかったみたいです。どうでしょう。

図書館で予約していた「怪しいものたちの中世」。
目次には博打、夢、勧進、異形と見たことのある単語が並んでいますが参考文献に私の持っている本はありませんでした。

あ、もうひとつ
いつもいただいているメーカーからCD『YOU'RE IN+12 コンプリート・コレクション』のサンプルもらいました。
ありがとうございます。

Yamamoto_risa_yourein
山本理沙はあんまり詳しくありません。
歌手よりも、ピーカブーとかいう深夜番組に出ていたという記憶ぐらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

追悼 毛利敏彦

このところ物故者のニュースが続きます。
維新史の毛利敏彦氏が亡くなりました。

うちにあるのは「明治六年政変」だけですが、
江藤新平」など中公新書から数多く出版されています。
図書館から借りて随分読みました。
目からうろこの維新史とでも言いますか、江藤新平には泣かされました。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

物故者三題

最近ジャンルはそれぞれ違いますけれど、若い頃から親しんでいた3人が相次いで亡くなりました。

最初がキース・エマーソン。
いわずと知れたエマーソン、レイク&パーマー=ELPのキーボードプレイヤーです。
キングクリムゾン、ピンクフロイドともにプログレ人気の頂点にいました。
ど派手なプレイスタイルは、その後追随するミュージシャンがいない孤高の存在と言っていいでしょう。
おそらくは小室哲哉などに影響を与えたのでしょうが比べようもありません。
残念ながら音源は持っていません。
高校のころ「展覧会の絵」や「ナットロッカー」を真似たりしました(決してコピーではありませんよ)。

次に飛び込んできたのが上田正昭氏。
中学生だった私の邪馬台国ブームのころ、九州説の井上光貞に対する畿内説の筆頭といった感じでした。ちなみに私は九州説でした。
持っているのは
日本神話の世界
日本神話
論集日本文化の起源〈2〉日本史」(編)
の3冊。


もう一人亡くなったのは映画監督の出目昌伸。
東宝出身で、東大映研の先輩森谷司郎とともに黒澤明の助監督を経て、60年代後半から70年代前半の東宝青春映画路線を担ったひとりです。80年代半ば以降は東映で作品を手掛けています。
全18作品中私が観ているのは14作品。割合とすれば決して小さくないでしょう。
年ごろ
『俺たちの荒野』
『その人は女教師』
『誰のために愛するか』
『卒業旅行』
神田川
『パリの哀愁』
『星と嵐』
天国の駅
玄海つれづれ節
白い野望
ガラスの中の少女
きけ、わだつみの声
霧の子午線

『年ごろ』は7位、『俺たちの荒野』は1位、『その人は女教師』と『誰のために愛するか』は9位と、最初の4作は私の年間ベストテンに入っているぐらいなのに、以下はさっぱり。
どうしてこうなっちゃうんだろうという出来の映画ばかりでした。
それでもオールタイムでもベストテンの上位に来るぐらい好きな『俺たちの荒野』1本を残してくれただけでも、私にとって大事な監督でしょう。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

成増図書館で1冊、古本屋で1冊

探していた1冊があるというので午前中に成増図書館へ。
もう切れていると思っていた板橋区の図書館カードですが、まだ使えました。
でその1冊は
秀吉を拒んだ女たち
昨日から続くお仕事関係です。
ざっと見たところいちばん役に立ちそう。

その足で妻と落ち合って荻窪~西荻を散歩。
西荻の古本屋で発見したサンリオ文庫の「1985年」をゲット。

1985
以前江古田のBOOKOFFで2000~3000円してあきらめていたもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

図書館で7冊

図書館で予約した7冊を受け取る。
カレル・チャペック: 小さな国の大きな作家
戦国大名の正体 - 家中粛清と権威志向
戦国武将と男色―知られざる「武家衆道」の盛衰史
戦国武将はイケメンがお好き?
男色の日本史―なぜ世界有数の同性愛文化が栄えたのか
豊臣秀吉の秘密―日本で一番出世した男
徳川妻妾記
最初の2冊はいつもの選択ですが、
以下のとんでもない5冊はお仕事に使えるかと思ってあたったものです。
さてどうなりますやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火)

新作4本レンタル、図書館で1冊

近所のレンタルショップでDVDを4作。
バケモノの子
罪の余白
赤い玉、
KINGSMAN / キングスマン

図書館で1冊
消えたイングランド王国


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

中央公論新社3月新刊

中央公論新社の3月新刊から気になる新書と選書。

◎中公新書「入門 国境学 - 領土、主権、イデオロギー」岩下明
我が家にある国境問題は、統合欧州に関するものばかり。当然固有の領土などという寝言とは無縁です。

◎中公新書「天使とは何か」岡田温司
多作の岡田氏。今度もそそられます。うちの本棚では「守護聖者」「魔女とキリスト教」「悪魔の話」あたりが関連しそうです。

◎中公新書「第一次世界大戦史 - 諷刺画とともに見る指導者たち」飯倉 章
風刺画が力を持った最後の戦争なのかもしれません。
最近図書館から借りたクセジュ「第一次世界大戦」を読んだばかり。

◎中公新書「食の人類史 - ユーラシアの狩猟・採集、農耕、遊牧」佐藤洋一郎
食と文化の謎」「人類の生活」「緑の世界史」あたりでどうでしょう。

◎中公叢書「論語 - 多様な読みの愉しみ」影山輝國
儒教とは何か」あたりでいいでしょう。


「天使とは何か」「食の人類史」はともに中公新書らしいテーマで期待できますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

日本アカデミー賞決定

日本アカデミー賞の最優秀賞が決定しましたね。

作品賞『海街diary』
アニメーション作品賞『バケモノの子』
監督賞 是枝裕和『海街diary』
脚本賞 足立 紳『百円の恋』
主演男優賞 二宮和也『母と暮らせば』
主演女優賞 安藤サクラ『百円の恋』
助演男優賞 本木雅弘『日本のいちばん長い日』
助演女優賞 黒木 華『母と暮らせば』
外国作品賞『アメリカン・スナイパー』

業界的には東宝と松竹と東映が分け合ってめでたしめでたしってとこでしょうか。
ただ、男優賞がジャニーズ系に独占されてるっていうのもなあという気はします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

3月新刊

3月新刊文庫新書選書から気になるものをピックアップしました。

◎岩波新書「鎌倉幕府と朝廷〈シリーズ日本中世史 2〉」近藤成一
うちにある日本中世史関連だとなぜか南北朝ものが多く、直接鎌倉幕府を扱ったものがありませんでした。

◎岩波新書「古代東アジアの女帝」入江曜子
7世紀の東アジアは、激動のなかで唐、新羅、そして日本に女帝が並び立っていました。
うちの書棚のでは「大化改新」や「則天武后」あたりでしょうか。

◎ちくま新書「カストロとフランコ: 冷戦期外交の舞台裏」細田晴子
フランコについてなら「スペイン現代史」がありますが、カストロについては映画でゲバラを通じて知っているぐらい。

◎平凡社新書「こころはどう捉えられてきたか: 江戸思想史散策」田尻祐一郎
江戸の思想史全般なら「日本の思想文化」ぐらいでしょうか。

◎岩波文庫「幕末遣外使節物語――夷狄の国へ」尾佐竹猛
うちにあるのは「岩倉使節団『米欧回覧実記』」「維新の科学精神」と、岩倉使節ばかりで幕末はありません。

◎岩波現代文庫「歴史を哲学する―七日間の集中講義」野家啓一
歴史哲学といってもヘーゲルじゃなくて、ベンヤミンみたいなのかな。

◎ちくま学芸文庫「ラカン入門」向井雅明
現代思想の入門書で見かけるお名前ですが、根っからの心理学オンチゆえ理解できるはずもありません。

◎ちくま学芸文庫「謎解き『ハムレット』: 名作のあかし」河合祥一郎
名作の謎を解くのは「罪と罰」をはじめ、いくつか読みました。
ハムレットなら「シェイクスピアのフォークロア」あたりに関連しているのでしょう。

◎ちくま学芸文庫「マクニール世界史講義」ウィリアム・H・マクニール
世界史をひとまとめ。人気はあるみたいです。

◎講談社学術文庫「興亡の世界史 シルクロードと唐帝国」森安孝夫
シルクロードなら「中央アジア歴史群像」「埋もれたシルクロード」あたりに近いはずですが、唐帝国についてはさて。

◎講談社学術文庫「科学社会学の理論」松本三和夫
科学社会学って何か知りませんが、「現代社会学の名著」なら分かるかも。

◎講談社学術文庫「唯識の思想」横山紘一
まあ仏教の真髄ではありますよね。
「覚り」と「空」」でしょうか。

◎河出文庫「完全版 名君 保科正之」中村彰彦
上杉鷹山だの池田何某だの、名君などという言葉はサラリーマン向けの人生訓でしか使われないのですが、これはいかがでしょう。

◎河出文庫「インドカレー伝」リジー・コリンガム
食い物の文化史は多分面白いでしょう。

◎ハヤカワ文庫「最初の刑事――ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件」ケイト・サマースケイル
ロード・ヒル・ハウス殺人事件を解決したスコットランド・ヤード最初の刑事ウィッチャー警部。コナン・ドイルも触発された事件のノンフィクション。
面白そう。

◎講談社選書メチエ「怪物的思考 近代思想の転覆者ディドロ」田口卓臣
我が家のディドロは「世界の名著」に岩波文庫の「ダランベールの夢」「ラモーの甥」「百科全書―序論および代表項目」。哲学というより啓蒙思想の宣伝マンみたいな印象ですが。

◎講談社選書メチエ「都市の起源 古代の先進地域=西アジアを掘る」小泉龍人
まあ似た内容では「シュメル―人類最古の文明」でしょうか。

◎角川選書「真田信之 真田家を継いだ男の半生」黒田基樹
大河便乗本でしょうか。大泉さんじゃ年上に見えないけど。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「洛中洛外図屏風: つくられた〈京都〉を読み解く」小島道裕
洛中洛外図では「謎解き洛中洛外図」なんていうのがあります。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「犬と鷹の江戸時代: 〈犬公方〉綱吉と〈鷹将軍〉吉宗」根崎光男
綱吉吉宗時代では「将軍と側用人の政治」がぴったり。
名著「生類をめぐる政治」も忘れちゃいけません。

今月の目玉は
新書の「古代東アジアの女帝」
文庫の「最初の刑事」
選書の「怪物的思考」「都市の起源」かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »