« じんぶん大賞2016 | トップページ | レンタル新作2本 »

2016年2月13日 (土)

図書館からレンタルショップへ

図書館で予約していた1冊を受け取る
骨が語る日本人の歴史
参考文献に手元の本はなし。


帰りにレンタル・ショップによって4枚。
この国の空
ピースオブケイク
インヒアレント・ヴァイス
コングレス未来学会議

『この国の空』は、二階堂さんの熱演が楽しみ。>二階堂さんの抑えた欲望みたいな表現は、たとえばトリュフォーみたいな雰囲気なのでしょうか。それにしては隣の男に魅力がないのが最大の難点です。作り手の思いは伝わるのですが(まったくの誤解なおかもしれませんけど)、それが成功していたとは言いにくいところです。
『ピースオブケイク』は、多部さんがどうでしょう。田口トモロヲが監督だから何かヒネりがあるのではないかと期待。
>いいです。多部さん乗ってます。もっとやっちゃえって言う気もしますけど、ま、それは置いといて、ありそうでなかなかない素敵(?)なヒロインです。ただしこれも男が魅力的かというと全然です。それも狙いなのでしょうか、まさかね。
外国映画2本はトマス・ピンチョン、スタニスワフ・レムの小説の映画化という曲者。>うーん曲者過ぎます。あくまでも、こういうのもいいよね、という作品で、これが好きとはいえない気分です。

|

« じんぶん大賞2016 | トップページ | レンタル新作2本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/63206957

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館からレンタルショップへ:

« じんぶん大賞2016 | トップページ | レンタル新作2本 »