« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月31日 (木)

今年の本

2015年も今日で終了。
今年読んだ本から10冊を選んでみました。

◎「王権
構造主義の先駆ともいうべき分析。これは刺激的でした。
◎「裏面: ある幻想的な物語
世界の果ての幻想的なユートピア物語。以前から読みたかった一冊です。
◎「ブルゴーニュ家
毀誉褒貶いろいろあるようですが、へんてこな文体も私には楽しめました。
◎「民俗学・台湾・国際連盟 柳田國男と新渡戸稲造
柳田の思想的な基盤をめぐるひとつの視点。
◎「アホウドリを追った日本人――一攫千金の夢と南洋進出
ミッドウェーから尖閣までアホウドリから浮かび上がる日本史の裏側。痛快に面白い。
◎「〈階級〉の日本近代史 政治的平等と社会的不平等
戦前日本における民主主義とファシズムのバランスを解き直す。
◎「満蒙 日露中の「最前線」
満州事変以前の勢力均衡の歴史をロシアを中心に記述。新たな視点が興味深い。
◎「近代政治哲学:自然・主権・行政
ホッブズ、スピノザ、ロックなど教科書的な思想の流れをスッキリと読み解く。目から鱗の一冊。
◎「村 百姓たちの近世〈シリーズ 日本近世史 2〉
期待のシリーズだけど、全体に平凡な内容で失望。なかでこれは出色の出来。
◎「琵琶法師―“異界”を語る人びと


新書が6冊(岩波3、講談社現代新書、ちくま新書、白水社Uブック各1)
文庫が1冊(岩波文庫)
選書が3冊(全部講談社メチエ)

書店で購入したのが1冊
古書店が1冊
BOOKOFFが2冊
図書館で借りたのが6冊

ジャンルでは
日本史が4冊
西洋史が1冊
民俗学が2冊
文化人類学1冊
思想史が1冊
小説が1冊
いつもより日本史が多い気がします。しかも、台湾・南洋・満蒙と戦前日本の海外進出に関するものが並んでいます。これも安保法制の影響でしょうか。なわけないですけど。
もっとも思想史や社会史、科学史などいつもの私の好みの分野で面白いのに出会えなかったということのほうが大きいかもしれません。もしかすると私の知的好奇心が衰えているだけなのかもしれません。

この10冊以外では
ポスト資本主義――科学・人間・社会の未来
源頼政と木曽義仲 - 勝者になれなかった源氏
も面白かった。とくに頼政にスポットを当てた後者は後知恵ではない歴史の視点を与えてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月29日 (火)

大宮

いい年をした兄弟三人集まって大宮の母親のうちで大掃除。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月27日 (日)

図書館&レンタルショップ

図書館で予約していた2冊を受け取る。
大乗経典の誕生: 仏伝の再解釈でよみがえるブッダ
ガリレオ裁判――400年後の真実

「大乗経典の誕生」は、目次を見る限り伝統的な漢訳仏典用語が使われていて、読み通せるのかいささか不安です。
参考文献で手元にあったのは、「東洋人の思惟方法」ぐらいです。
「ガリレオ裁判」は、有名なそれでも地球は回っているの裁判ですが、見方が根底から変わるそうです。期待しましょう。
うちにある参考文献は「星界の報告 他一編」「ガリレオ」の2冊。

ついでにCDを2枚借りる。
湯川潮音『Sweet Children O'Mine
フェイバリット・ブルー『BEST ETERNAL TRAX
開架棚を眺めて目に入った2枚というだけで。いやあまり意味はありません。

近所のレンタルショップでDVD4枚レンタル。
味園ユニバース』『リトル・フォレスト 冬・春』『悼む人』『繕い裁つ人
ちょっと刺激不足の感のある4枚、近年はやりの“~人”が2作もあります。
そろそろ今年のベストテン投票に向けて見なくてはと思っているのだけれど、今年は秋以降忙しかったので、これを含めて今年の作品は14作品。投票までにはせめて20作以上は観たいですね。
あと見ておきたいのは
くちびるに歌を』『さいはてにて』『駆込み女と駆出し男
きみはいい子』『この国の空』『白河夜船』『あん』
新宿スワン』『お盆の弟』『岸辺の旅』『バクマン。』
映画 みんな! エスパーだよ! 』『向日葵の丘』『ロマンス』
『起終点駅 ターミナル』『母と暮せば』
あたり。
このうちすでにDVDが出ているのは5本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月25日 (金)

アトムのイベント

私の知り合いがイベントを開くというので、聞いてみるとわが家の目と鼻の先。
アトムの声優さんを招いてのディープな世界。
こちらも用があったので早々に退散しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月24日 (木)

国会図書館&イブ

国会図書館で調べ物。
あまり面白いものは見つからず予想通りの結果でした。
帰りに石神井のケンタッキーに寄って予約していたクリスマスセットを受け取り、その他夕食の買い物をして帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kokkaitosyokan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

ステレオポニーそしてガスファンヒーター

近所のレンタル屋でレンタル落ちのCD。
ステレオポニー『ハイド.ランジアが咲いている
シングル3曲が収録されたファーストアルバムです。

Stereopony_ahydrangeablooms

15年以上使っていたガスファンヒーターの調子がおかしくなり、さすがに危険なので買い換えることに。
近所のヤマダ電機へ直行。
リンナイ製から東京ガスへ。いやスイッチの表示とか見るとほとんど同じような製品です。

110801200385sp00


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

追悼岡本おさみ

作詞家の岡本おさみ氏が亡くなりました。
70年代に吉田拓郎とコンビで活躍しましたが、それ以降は何をしていたのかよく知りません。
手元には、氏の作品の音源は14曲あります。
そのうち吉田拓郎作曲の作品が10曲。
拓郎のでは「旅の宿」が代表曲ですが個人的には「落陽」の方がお気に入りです。
他では、由紀さおり「ルームライト」や猫「地下鉄にのって」がいいですね。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

新作3本+図書館で2冊

近所のレンタルショップ新作半額デーで3本借りる。
海街diary
イニシエーション・ラブ
トイレのピエタ

『海街diary』は、今年いちばんの期待作。素敵な女優さんが4人も出ているんですから間違いないでしょう。>完璧です。映像、出演者、演出、どれをとっても文句なしです。観ていてこんなに幸せになれた映画は実に久しぶりです。中だるみもなければバランスの悪いところもありません。よほどの作品が出てこない限り、おそらく今年度の私の1位になるでしょう。不満があるとすれば、その完璧さです。予告編やテレビでの紹介で私の想像していたもの以上のつきぬける何かがなかったような気がします。もう一点、夏帆さんの立ち位置も気になりました。綾瀬さん、長澤さんの2トップの丁々発止、広瀬さんのフレッシュさにはさまれて、彼女に求められていたものは、何だったんだろう。いや、これは作品とは全然関係ないことなんですけど。ただ、もしこの作品をひっくり返す要素があったとすれば彼女だったのかもしれないとは思っています。
『イニシエーション・ラブ』は、原作も読んでるしさて堤監督がどう仕上げている楽しみです。>はずしたなあ。原作読んで知るからオチは分かっていて。どうするかと思いきや。ただの腑抜けた恋愛ドラマじゃないですか。私はまた木村さん主演の裏ドラマが展開しているのかと思いました。前田さんもいいところないし。
『トイレのピエタ』は、よく分からないけど気になるところ。>突然悪ぶった女子高生、しかもめちゃくちゃ可愛い、に好かれる。これまでも何度も映画になったテーマ。ありきたりだと思いつつ、私にとってはユートピアです。破綻ばかりの作劇ですが、それを超えて嫌いになれない作品です。プールで金魚と泳ぐ少女に100点満点を差し上げます。

買い物のついでに図書館で予約した2冊を受け取る。
人間・始皇帝
地図から読む江戸時代

「人間・始皇帝」は、新たに発見された史料から「史記」に描かれた始皇帝像に見直しを迫るものらしい。新しい史料のことは知りません。これは面白そう。
「地図から読む江戸時代」は、時期によって求められる地図が変化していくという歴史地理学。
参考文献では「絵地図の世界像」「想像の共同体」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

光が丘で買い物

子供たちの衣類が足りなくなって、光が丘へ。
GUとダイエーとユニクロでお買い物。
若干予算オーバーでしたがまあ良しとしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

ふたりの三者面談+島田奈美ベスト

中学校の三者面談。
3年と1年の二人が同じ日。
まずは1年生。
学校生活には問題はありませんが、テストの成績が…。
まさしくその通り。ひどすぎる。
授業で当てたりしないんですか。と聞いたところで詮無いこと。
彼女は、黙り込んでしまうだけでしょうから。
とにかく、30分でもいいから勉強する習慣を付けましょう。
確かに、勉強を始めてもすぐ飽きてしまうしなあ。
しっかり1年生!

次に3年生。
いつもは饒舌な先生ですが、今日は志望校決定についての事務的な面談です。
私立の併願校はどうやら決まりました。
都立の受験校は1月に決めればいいということで、他のみんなもチャレンジ校を第一志望にしている。とのこと。
娘の志望校はちょっと無理だから、1月までに良く考えてねという意味でしょうか。

ふたりの面談の空いてる時間にBOOKOFFで気分転換。
つい目に付いた島田奈美『NAMI BEST COLLECTION SCENE 12』を買ってしまう。
Shimada_nami_best

島田奈美さんの曲では私のベストテンに
87年の6位に「内気なキューピッド」、
88年の4位に「タンポポの草原」が入っています。
Shimada_nami_utikinacupidShimada_nami_tanpoponosougen

デビュー曲も持っています
Shimada_nami_garasunogensoukyoku


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

日刊スポーツ映画大賞

第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞が決定しました。

作品賞 『ソロモンの偽証 前篇・事件後篇・裁判
監督賞 原田真人『日本のいちばん長い日』など
主演男優賞 高良健吾『悼む人』『きみはいい子
主演女優賞 綾瀬はるか『海街diary
助演男優賞 本木雅弘『天空の蜂』『日本のいちばん長い日』
助演女優賞 長沢まさみ『海街diary』
新人賞 広瀬すず『海街diary』
外国作品賞 『セッション
石原裕次郎賞 『日本のいちばん長い日』
特別功労賞 品田雄吉氏

個人賞をまったく獲得しない『ソロモンの偽証』が報知に続いて作品賞。
いいのかなあ。あまりそうは思えないのだけれど。
『海街…』では夏帆さんだけがひとり無冠。あぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

J2入替え戦

サッカーのJ2J3入替え戦があり今年のJリーグは終了。

その結果
J1からは、松本、山形、清水がJ2に陥落。
J2から大宮、磐田、福岡がJ1昇格。
J2から、栃木、大分がJ3に陥落。
J3から山口、町田がJ2に昇格。
またJFLの鹿児島ユナイテッドFCがJ3入り。
となりました。
地域的には、J2の九州勢が2つ減ったぐらいで大きな変動はありませんね。

またJ3にG大阪、C大阪、東京、鳥栖のセカンドチームが参入するという話もあるようです。
U-22はなくなるようです。詳しくは追って。

JFLではSP京都が退会して、地域リーグからラインメール青森とブリオベッカ浦安が昇格します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

第37回ヨコハマ映画祭発表

第37回ヨコハマ映画祭のベストテン&個人賞が発表になりました。

2015年日本映画ベストテン
順位 作品名 監督
第1位『海街diary』是枝裕和
第2位『恋人たち』橋口亮輔
第3位『百円の恋』武 正晴
第4位『バクマン。』大根 仁
第5位『野火』塚本晋也
第6位『あん』河瀬直美
第7位『岸辺の旅』黒沢 清
第8位『トイレのピエタ』松永大司
第9位『お盆の弟』大﨑 章
第10位『さよなら歌舞伎町』廣木隆一
次点『ビリギャル』土井裕泰

2015年日本映画個人賞
授賞名 受賞者 対象作品
作品賞 『海街diary』是枝裕和監督作品
監督賞 是枝裕和『海街diary』
監督賞 橋口亮輔『恋人たち』
森田芳光メモリアル
新人監督賞 松永大司『トイレのピエタ』
脚本賞 足立 紳『百円の恋』『お盆の弟』
撮影賞 瀧本幹也『海街diary』
主演男優賞 永瀬正敏『あん』
主演男優賞 渋川清彦『お盆の弟』『アレノ』
主演女優賞 綾瀬はるか『海街diary』
助演男優賞 光石 研『お盆の弟』『恋人たち』
助演女優賞 河井青葉『お盆の弟』『さよなら歌舞伎町』
最優秀新人賞 広瀬すず『海街diary』
杉咲 花『トイレのピエタ』『愛を積むひと
藤野涼子『『ソロモンの偽証 前篇・事件後篇・裁判
審査員特別賞 『バクマン。』制作スタッフ・キャスト
特別大賞 樹木希林

『お盆の弟』はまったく聞いたこともありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

中公新書12月新刊

遅れていた12月新刊から。
1冊だけです。
蘇我氏 ― 古代豪族の興亡」倉本一宏
あれれ、同じ月に岩波新書でも蘇我関連が出ています。
蘇我氏に何か起きているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

クラムボン

西川口のBOOKOFFでクラムボンの『best』。
音源は図書館でも借りていたけれど、なんとなく手元におきたくて。

Clammbon


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »