« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月30日 (月)

12月の新刊

12月の新刊新書・文庫・選書から気になったものをピックアップしました。
手元にある関連書をリストアップしてあります。
コメントはのちほど

◎岩波新書「蘇我氏の古代」吉村武彦
吉村氏の著作では「聖徳太子」を持っています。
蘇我氏関連で手元にあるのは「蘇我蝦夷・入鹿」でしょうか。

◎ちくまプリマー新書「だれが幸運をつかむのか: 昔話に描かれた「贈与」の秘密」山 泰幸
たぶん「経済の誕生」が近いような。

◎平凡社新書「オペラでわかるヨーロッパ史」加藤浩子
デパートを発明した夫婦」とかどこかでオペラにからんだ本もないわけではありませんが、オペラをテーマにしたのはありません。

◎平凡社新書「カレル・チャペック」飯島 周
私が持っているのはSFの「ロボット」「絶対製造工場」「山椒魚戦争」。
妻は園芸家としてのチャペックのエッセイを好んでいます。

◎集英社新書「消えたイングランド王国」桜井俊彰
ノルマンコンクエスト以前のイングランド。手元にあるのは「ベーダ英国民教会史」ぐらいでしょうか。

◎集英社新書「ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論」ヤマザキマリ
うちの本棚のルネサンスといっても思想史的なものが多いので、美術といえば、「フィレンツェ―初期ルネサンス美術の運命」。

◎文庫クセジュ「唯物論」オリヴィエ・ブロック
唯物論といって出てくるのは「ダランベールの夢」「人間機械論」「唯心論と唯物論」とかクセジュの「無神論」。

◎岩波文庫「ヘーゲルからニーチェへ――十九世紀思想における革命的断絶(上)」レーヴィット
オリジナルは持っています。見取り図を得るのに重宝する一冊です。

◎岩波現代文庫「境界線の政治学 増補版」杉田 敦
人類学・民俗学的な意味での境界なら「祝祭都市」などいくつかありますがたぶん本書とは違うでしょう。

◎岩波現代文庫「ジャングル・クルーズにうってつけの日――ヴェトナム戦争の文化とイメージ」生井英考
ちくま学芸文庫版はあります。

◎岩波現代文庫「書誌学談義 江戸の板本」中野三敏
氏の著作は「江戸名物評判記案内」「江戸文化評判記」。

◎ちくま文庫「しぐさで読む美術史」宮下規久朗
いろいろな絵の見方を教えてくれたのは若桑みどり氏や荒俣宏氏ですが、これもそんな1冊でしょうか。

◎ちくま学芸文庫「一揆の原理」呉座勇一
一揆に関するのは「一揆論」「一揆」ぐらいです。

◎ちくま学芸文庫「読む聖書事典」山形孝夫
山形氏には大学で講義を受けたことがあります。氏の治癒神イエス論は実に明快です。
著作では「レバノンの白い山」「聖書の起源」「治癒神イエスの誕生」「砂漠の修道院」があります。

◎講談社学術文庫「大政翼賛会への道 近衛新体制」伊藤 隆
まあいちおう挙げておきます。

◎講談社学術文庫「秩禄処分 明治維新と武家の解体」落合弘樹
こちらも多分読まないでしょう。

◎ハヤカワ文庫NF「千の顔をもつ英雄〔新訳版〕上」ジョーゼフ・キャンベル
やや、眉唾な気がしてしまうのはベストセラーのせいでしょうか。
神話好きゆえ書棚にも関連書は多いですが、とりえず「世界神話事典 創世神話と英雄伝説」「冒険の文学」「民間説話」をピックアップしておきましょう。

◎河出文庫「日本の聖と賎: 中世篇」野間 宏、沖浦和光
野間氏では「暗い絵・崩解感覚」だけ。
沖浦氏のものでは「竹の民俗誌」があります。
テーマ的に関連するのでは
異人論序説」「さんせう太夫考」「鎌倉新仏教の誕生」あたり。

◎光文社古典新訳文庫「ニコマコス倫理学(上)」アリストテレス
アリストテレスでは「動物誌」しか持ってません。

◎講談社選書メチエ「ロシアあるいは対立の亡霊 「第二世界」のポストモダン」乗松亨平
関係するのか分かりませんが、現代ロシアの政治思想というと「権力とユートピア」でしょうか。

◎筑摩選書「メソポタミアとインダスのあいだ: 知られざる海洋の古代文明」後藤 健
面白そう。「海のシルクロード史」とか「エリュトゥラー海案内記」とかインド洋交易の原点ですね。

◎角川選書「怪しいものたちの中世」本郷恵子
タイトルだと妖怪みたいですがテーマは山伏、占い師、ばくち打ち、勧進聖だそうです。
当然「増補 無縁・公界・楽」でしょう。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「神と死者の考古学: 古代のまつりと信仰」笹生 衛
多分違いますが、神社の起源ということで「古代朝鮮と日本文化」を挙げておきます。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「タネをまく縄文人: 最新科学が覆す農耕の起源」小畑弘己
近年の考古学の成果があるのでしょう。

今月の目玉は、新書の「蘇我氏の古代」「消えたイングランド王国」。
選書の「メソポタミアとインダスのあいだ」「怪しいものたちの中世」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月29日 (日)

大宮&BOOKOFF

大宮に行ってご機嫌伺い。
3日もテレビがつかないというのでみたら、主電源がOFFになっていました。
そうだろうとは思っていましたが、相変わらずいろいろ難しいです。
何やかやをして終了。
帰宅途中に振込みをもろもろして、疲れたのでBOOKOFFで気分転換。
新書を2冊にCD1枚をゲット。
琵琶法師―“異界”を語る人びと
イギリス近代史講義
CDは
いつも笑っていられるように』植村花菜

「琵琶法師」
DVD付きで108円はお買い得。
著者のものでは「太平記「よみ」の可能性」「平家物語」も持っています。
「イギリス近代史講義」
著者のものでは「洒落者たちのイギリス史」「路地裏の大英帝国」、訳書では「近代世界システム 」「近代世界システム 1600~1750」「旧世界と新世界」。

Uemura_kana_itumowaratteirareruyoun
「トイレの神様」の人のファーストアルバム。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月27日 (金)

報知映画賞決定

報知映画賞が決定しました。
作品賞・邦画 『ソロモンの偽証 前篇・事件後篇・裁判』成島 出
監督賞 堤 幸彦『イニシエーション・ラブ』『天空の蜂』
主演男優賞 佐藤浩市『愛を積むひと』『起終点駅ターミナル』
主演女優賞 樹木希林『あん』
助演男優賞 本木雅弘『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』
助演女優賞 吉田 羊『愛を積むひと』『脳内ポイズンベリー』『HERO』『映画 ビリギャル
新人賞 広瀬すず『海街diary
      藤野涼子『ソロモンの偽証』
作品賞・海外 『おみおくりの作法
特別賞 ももいろクローバーZ・本広克行監督『幕が上がる

意外だなあ。
『海街diary』が取ると思ったがなあ。
『ソロモンの偽証』いいのかなあ?わかりません。
俳優賞も地味な人選だし、さてこれが今年の賞レースの傾向になるのかというとちと疑問です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月26日 (木)

図書館で4冊

下の子の誕生日。
中村橋でケーキを買って、宅配を注文。彼女の大好きなチーズピザ。
おめでとう。

ついでに図書館で予約していた4冊を受け取る。
戦国大名論 暴力と法と権力
五稜郭の戦い: 蝦夷地の終焉
ロラン・バルト -言語を愛し恐れつづけた批評家
ヒョウタン文化誌――人類とともに一万年

「戦国大名論」の註には膨大な文献が引用されていますが日本語文献は手元にないものばかりで、手元にあるのは「リヴァイアサン」と「暴力批判論」となぜか外国物ばかり。

「五稜郭の戦い」は、幕末史とではなく蝦夷史としての箱館戦争という視点。これは面白そう。
参考文献は書棚にありません。

「ロラン・バルト」
彼の著作では「神話作用」。
バルトについては「物語批判序説」ぐらい。

「ヒョウタン文化誌」
参考文献にあったのは「アフリカの神話的世界」「ヨーロッパ歳時記」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼原節子

女優の原節子さんが亡くなりました。
亡くなりましたっていうか、失礼ながらまだ生きていたんだっていうのが正直な感想。
出演112本のうち
私が観たのは11本。
わが青春に悔なし
お嬢さん乾杯
晩春
白痴
麦秋
めし
東京物語
東京暮色
日本誕生
秋日和
小早川家の秋

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月25日 (水)

『寄生獣完結編』

寒い雨の一日。
久々にDVDをレンタル『寄生獣 完結編』。
前篇がそこそこ面白かったので借りてみた。
うーん。悪くないけど、前篇以上のものはないのかも。
もういいやっていう感じ。
これは作品がどうのこうのよりも飽きっぽい私のせいでしょう。
深津さんだって橋本さんだってがんばっているのに申し訳ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月23日 (月)

個別相談会

上の子の高校入試に向けて私立高校の個別相談会へ、妻と子が出かけた。
彼女の実力からはやや難しいところと思ったが、妻の話では好感触らしい。
本人のほうに聞くとやはり無理だと思っているようだ。彼女はどちらかというと悲観的だからなあ。

近頃の高校入試しかも東京のは難しい。
サッパリ分からん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月16日 (月)

追悼阿藤海

阿藤快さんが亡くなりました。
私にとっては食レポのいい人ではなく、凄味のある脇役というイメージですので、当然阿藤海の表記のほうがしっくり来ます。
デビュー当初は脇役ばかりなので出演作品数もデータによって異なるかと思いますけど、全部で75本の作品に出演し、そのうち次の47本を観ています。

女囚さそり 第41雑居房
修羅雪姫
『赤い鳥逃げた?』
祭りの準備
君よ憤怒の河を渉れ
原子力戦争 Lost Love
襲う!
最も危険な遊戯
野性の証明
殺人遊戯
赫い髪の女
俺達に墓はない
蘇える金狼
白昼の死角
『夜叉ヶ池』
『ザ・ウーマン』
影武者
野獣死すべし
ヒポクラテスたち
『獣たちの熱い眠り』
駅 STATION
風の歌を聴け
夏の秘密
野獣刑事
海峡
十階のモスキート
逃がれの街
唐獅子株式会社
北の螢
ユー★ガッタ★チャンス
ビー・バップ・ハイスクール
カポネ大いに泣く
幕末青春グラフィティ Ronin
『ゴルフ夜明け前』
夜汽車
自由な女神たち
新宿純愛物語
フリーター
いこか・もどろか
『ババカヤロー!私、怒ってます 第三話運転する身になれ!』
悲しい色やねん
香港パラダイス
『びんばりハイスクール』
よるべなき男の仕事・殺し
きらきらひかる
とられてたまるか!?
アナザヘヴン [DVD]

彼の存在が記憶に残っていない作品もありますけれど、『赤い鳥逃げた』『祭りの準備』『ヒポクラテスたち』など大好きな映画が並んでいます。
その意味でも忘れられない俳優のひとりです。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月14日 (土)

道徳公開講座&BOOKOFF

妻の調子がよくなかったので代わりに中学校の道徳公開講座に出席。
春にPTAの係りを決めるときに、これなら楽だろうと決めたらしい。
どうやら都教委のお偉いさんが来るので出席する保護者を確保するための要員のようです。

道徳が特別科目となるにあたっての取り組みみたいなものの説明。
配布資料で充分なのにくだくだ聞かされても面白いわけがありません。

帰りに高野台駅前のBOOKOFFに寄って1冊。
アマテラスの誕生―古代王権の源流を探る」。
もはや半世紀になる日本神話とのお付き合い。いまさらでもありますが、つい手が伸びてしまいました。
参考文献では「日本神話」「日本古代の氏族と天皇」「遊牧騎馬民族国家」「古代遊牧帝国」「古事記と日本書紀」が書棚にあり、ほかに、本書とは違う訳でうちにあるのは「宋書倭国伝・隋書倭国伝
」「元朝秘史」「蒙古史」。

ほかに関連するのは
筑紫申真の「アマテラスの誕生」や「日本の神々」あたりでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月13日 (金)

報知映画賞ノミネート発表

報知映画賞のノミネートが発表になりました。
例年通り本数が多いので、詳細はのちほど。

作品賞・邦画
愛を積むひと
あん
イニシエーション・ラブ
海街diary
駆込み女と駆出し男
風に立つライオン
岸辺の旅
きみはいい子
くちびるに歌を
劇場版 MOZU
この国の空
進撃の巨人/エンド オブ ザ ワールド
ソロモンの偽証 前篇・事件後篇・裁判
罪の余白
天空の蜂
野火
バケモノの子
HERO
百円の恋
映画 ビリギャル
幕が上がる
味園ユニバース

監督賞
朝原雄三『愛を積むひと』
呉 美保『きみはいい子』
河瀬直美『あん』
紀里谷和明『ラスト・ナイツ』
黒沢 清『岸辺の旅』
是枝裕和『海街diary』
鈴木雅之『HERO』
塚本晋也『野火』
堤 幸彦『イニシエーション・ラブ』『悼む人』『天空の蜂』
土井裕泰『ビリギャル』
成島 出『ソロモンの偽証』
橋口亮輔『恋人たち』
原田眞人『駆込み女と駆出し男』『日本のいちばん長い日
松尾スズキ『ジヌよさらば ~かむろば村へ~
三木孝浩『くちびるに歌を』
本広克行『幕が上がる』

主演男優賞
浅野忠信『岸辺の旅』
綾野 剛『新宿スワン
江口洋介『天空の蜂』
大泉 洋『駆込み女と駆出し男』
大沢たかお『風に立つライオン』
亀梨和也『ジョーカー・ゲーム
木村拓哉『HERO』
高良健吾『きみはいい子』『悼む人』
佐藤浩市『愛を積むひと』『起終点駅ターミナル』
竹野内 豊『at Home』
中井貴一『アゲイン 28年目の甲子園
永瀬正敏『あん』『KANO~1931 海の向こうの甲子園~
本木雅弘『天空の蜂』
役所広司『日本のいちばん長い日』

主演女優賞
綾瀬はるか『海街diary』『ギャラクシー街道』
新垣結衣『くちびるに歌を』
有村架純『ストロボ・エッジ』『ビリギャル』
安藤サクラ『百円の恋』
大島優子『ロマンス
尾野真千子『きみはいい子』
樹木希林『あん』
桐谷美玲『ヒロイン失格』
中谷美紀『繕い裁つ人
能年玲奈『海月姫
樋口可南子『愛を積むひと』
深津絵里『岸辺の旅』
藤野涼子『ソロモンの偽証』
松 たか子『HERO』

助演男優賞
新井浩文『バクマン。』『百円の恋』
伊藤淳史『ビリギャル』
大倉孝二『ロマンス』
神木隆之介『脳内ポイズンベリー』『バクマン。』
国村 隼『寄生獣 完結編』『進撃の巨人/エンド オブ ザ ワールド』『天空の蜂』
小松政夫『岸辺の旅』
田中 圭『図書館戦争THE LAST MISSION』
松坂桃李『日本のいちばん長い日』『ピース オブ ケイク』
松重 豊『ソロモンの偽証』『HERO』
ムロツヨシ『幕が上がる』
本木雅弘『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』
柳葉敏郎『アゲイン』
山崎 努『日本のいちばん長い日』
山田孝之『新宿スワン』『バクマン。』

助演女優賞
池脇千鶴『きみはいい子』
石原さとみ『進撃の巨人/エンド オブ ザ ワールド』『風に立つライオン』
市原悦子『あん』
樹木希林『駆込み女と駆出し男』
北川景子『愛を積むひと』『HERO』
黒木 瞳『縫い裁つ人』『幕が上がる』
戸田恵梨香『駆込み女と駆出し男』『予告犯
長澤まさみ『海街diary』
波瑠『アゲイン』
広瀬すず『海街diary』
前田敦子『さよなら歌舞伎町
満島ひかり『駆込み女と駆出し男』
吉田 羊『愛を積むひと』『脳内ポイズンベリー』『HERO』『ビリギャル』

新人賞
有村架純『ストロボ・エッジ』『ビリギャル』
石井杏奈『ソロモンの偽証』『ガールズ・ステップ』
内田伽羅『あん』
黒島結菜『ストレイヤーズ・クロニクル』『at Home』
坂口健太郎『海街diary』『ヒロイン失格』『俺物語!!』
桜田ひより『さいはてにて やさしい香りと待ちながら』『脳内ポイズンベリー』
下田翔太『くちびるに歌を』
平 祐奈『案山子とラケット』
恒松祐里『くちびるに歌を』
永野芽郁『俺物語!!』
野田洋次郎『トイレのピエタ
広瀬すず『海街diary』
藤野涼子『ソロモンの偽証』
百田夏菜子『幕が上がる』
山田涼介『暗殺教室』『グラスホッパー』
芳根京子『向日葵の丘』
吉本実憂『罪の余白』

作品賞・海外
アメリカン・スナイパー
アリスのままで
アントマン
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
ヴィンセントが教えてくれたこと
おみおくりの作法
KANO
きっと、星のせいじゃない
キングスマン
ゴーン・ガール
シェフ 三ツ星フードトラック始めました
ジュラシック・ワールド
セッション
妻への家路
ナイトクローラー
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
博士と彼女のセオリー
ベイマックス
マイ・インターン
マッドマックス 怒りのデス・ロード
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
ミニオンズ
ワイルド・スピード


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 9日 (月)

塾のカウンセリング

上の子の塾でカウンセリング。
こっちもやっぱり高校受験。
内容そのものは中学校と同じようなものですが、こっちは商売だから、受験に向けて冬期講習の講義をたくさん取りましょうという話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

三者面談

中学校3年の三者面談。
テーマは当然高校受験。
併願する私立の選択について、もう少し考えましょうという話。
うーん厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中公新書11月新刊

11月新刊のうち発表の遅れていた中公新書から4冊

◎中公新書「日本陸軍とモンゴル - 興安軍官学校の知られざる戦い」楊 海英
新資料の発掘が進んでいるのでしょうか、このところ満蒙関連が面白そうな気がします。
うちの蔵書では「日中十五年戦争史」「日中戦争」「キメラ」あたり。

◎中公新書「戦国大名の正体 - 家中粛清と権威志向」鍛代敏雄
うちのでは「戦国武将」ぐらいかな。

◎中公新書「儒教とは何か 増補版」加地伸行
旧版は持っています。
著者のイデオロギーはさておき、儒教を知るには最適な1冊です。

◎中公新書「ヒトラーに抵抗した人々 - 反ナチ市民の勇気とは何か」對馬達雄
反ナチ運動の政治史というよりは、倫理的視点からの記述のような。

第二次大戦ものと戦国時代。歴史系売れ線ばかりのラインナップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 5日 (木)

追悼 加藤治子

女優の加藤治子さんが亡くなりました。

出演した映画は76本
そのうち私が観ているのは42本。
私のKINENOTEよく観るキャストに登場する18人の女優の一人です。

観ている作品リストは
風と樹と空と
『ぜったい多数』
私が棄てた女
『初めての愛』
『蔵王絶唱』
『童貞』
季節風
泥だらけの純情
霧の旗
幸福号出帆
野菊の墓
の・ようなもの
ときめきに死す
瀬戸内少年野球団
いつか誰かが殺される
カポネ大いに泣く
花いちもんめ
鑓の権三
波光きらめく果て
ウホッホ探険隊
自由な女神たち
精霊のささやき
マルサの女2
海へ -See You-
舞姫
魔女の宅急便
タスマニア物語
満月‾MR.MOONLIGHT
写楽

人でなしの恋
身も心も
絆 -きずな-
ピストルオペラ ス
阿修羅のごとく
スパイ・ゾルゲ
ハウルの動く城
魂萌え!
間宮兄弟
歩いても歩いても
わたし出すわ
おとうと

このうち
『私が棄てた女』『初めての愛』『童貞』『霧の旗』『幸福号出帆』
『の・ようなもの』『ときめきに死す』『波光きらめく果て』
『ウホッホ探検隊』『精霊のささやき』『身も心も』『間宮兄弟』
の12本が私の年間ベストテン。しかもベストワンが2作品。
脇役ですが欠かせない存在でした。

テレビの浅見光彦シリーズでもおなじみです。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月)

追悼 佐木隆三

作家の佐木隆三氏が亡くなりました。
我が家には
復讐するは我にあり
海燕ジョーの奇跡
があります。

氏の小説が原作となった映画は上記の
復讐するは我にあり
海燕ジョーの奇跡
のほかに『南へ走れ、海の道を!』があり、どれも観ています。
私にとっては小説家というよりは映画の原作の人です。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »