« 追悼原節子 | トップページ | 報知映画賞決定 »

2015年11月26日 (木)

図書館で4冊

下の子の誕生日。
中村橋でケーキを買って、宅配を注文。彼女の大好きなチーズピザ。
おめでとう。

ついでに図書館で予約していた4冊を受け取る。
戦国大名論 暴力と法と権力
五稜郭の戦い: 蝦夷地の終焉
ロラン・バルト -言語を愛し恐れつづけた批評家
ヒョウタン文化誌――人類とともに一万年

「戦国大名論」の註には膨大な文献が引用されていますが日本語文献は手元にないものばかりで、手元にあるのは「リヴァイアサン」と「暴力批判論」となぜか外国物ばかり。

「五稜郭の戦い」は、幕末史とではなく蝦夷史としての箱館戦争という視点。これは面白そう。
参考文献は書棚にありません。

「ロラン・バルト」
彼の著作では「神話作用」。
バルトについては「物語批判序説」ぐらい。

「ヒョウタン文化誌」
参考文献にあったのは「アフリカの神話的世界」「ヨーロッパ歳時記」。

|

« 追悼原節子 | トップページ | 報知映画賞決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/62755990

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館で4冊:

« 追悼原節子 | トップページ | 報知映画賞決定 »